[浮世絵エピソードの一覧に戻る]      次の記事 >>
国際浮世絵学会 小林理事長からのメッセージ


アミューズ ミュージアムにおいて、高精度デジタル画像で公開されている
ボストン美術館所蔵の浮世絵スポルディング・コレクションについて、
国際浮世絵学会 小林忠 理事長よりいただいたメッセージをご紹介いたします。


「浮世絵の正倉院」ボストン美術館・浮世絵 スポルディング・コレクションについて
小林 忠(国際浮世絵学会 理事長)

UKIYOE_Nihonbashi.jpg浮世絵は江戸時代に花開いた大衆文化の一つであり、日本を代表する美術として国際的に広く知られています。そこに描かれた主題は、当時の社会の風俗がありのままに反映されています。文章のみでは確かめにくい江戸文化の実態も、視覚的に伝えられていますので、丁寧に画面の細部まで「読み解く」ならば、今は失われてしまった多くのことが生き生きとよみがえってくるはずです。

米国・ボストン美術館の浮世絵スポルディング・コレクションとは、1921年に製糖業で巨万の富を得たスポルディング兄弟によって「展示しない」、「一般公開しない」という厳しい条件が付けられ寄贈された、6,500点にもおよぶ貴重な浮世絵版画のコレクションです。

浮世絵は、和紙に植物性の絵の具で摺った木版画ですので、外気や光線の影響を受けやすく、そのための褪色や汚損を恐れての厳しい制限でした。したがって本コレクションは幸いに、温・湿度その他環境の万全な収蔵庫に秘蔵されたまま今日に至っており、将来的にも現状がそのままに保たれることは疑いありません。

私はこのコレクションにその圧倒的な質と量から「浮世絵の正倉院」との愛称を授けて、浮世絵の美が遠い未来にまで維持されることを、嬉しく頼もしく思っています。

制作当時のままの色彩を保った良質な浮世絵版画から、現代の先端技術によって、大画面で細部にわたり鑑賞することは、江戸文化の真の姿を確かめることのできる素晴らしい機会となることでしょう。また、専門家ばかりでなく、一般の観覧者が楽しみながら浮世絵を読み解くことができるこのアミューズ・ミュージアムは、過去に例のない有意義なものであり、学び、教えられるところの多い興味深い内容となっています。

多くの方々に愛され、親しまれるミュージアムとして発展する事を期待しています。

カテゴリ:

page top