<< 前の記事      [手仕事のギャラリー&マーケットの一覧に戻る]      次の記事 >>
「日本の彩・自然の彩」展@2Fギャラリースペース


"アートと社会をつなぐ"をコンセプトとした雑誌 NODE(ノード)が、アミューズミュージアム2Fのギャラリースペースで、着用しなくなった正絹着物地や帯を新たな織物としてリニューアルする技法「再彩織(さいさいおり)」を手掛ける織物作家・倉井多鶴さんの初個展を開催します。

この展示の詳細は、こちらのページをご参照下さい。

開催期間:9月1日(水)〜9月30日(木)

また、下記フライヤーをプリントアウトしてお持ち頂けますと、ミュージアム入館料が100円引きとなります。この機会に、ぜひ起こし下さい。
NODE04.jpeg
↑画像はクリックすると大きく表示されます。

カテゴリ:

page top