AMUSE MUSEUM BLOG

■2010年10月アーカイブ

浅草近辺での忘年会や新年会、ご友人の結婚パーティーなどのプライベート・パーティーの会場場探しに苦労される幹事様も多いのではないでしょうか?

そんな幹事様にお勧めなのが、当ミュージアムのバー Bar sixと織り姫の間

おいしいフードやドリンク類、更には、浅草寺境内からスカイツリーまで一望の下に見渡せるアミューズ ミュージアムならではの独特の眺望でご好評頂いていますが、この度、プライベート・パーティープランをご用意させて頂きました。

皆様のご会食のひとときが、いっそう思い出深くなりますように季節の食材を使ったお料理と、明るいサービスでおもてなしいたします。
15名様以上のパーティーは貸切とさせて頂き、よりプライベート感の高い空間を実現いたします。

是非、忘年会、新年会、また結婚式の二次会などの会場探しのご参考になさって下さい。

アミューズミュージアム プライベート・パーティープランメニュー例
party_food1s.jpeg

5000円コース例    
ドリンク(2500円・飲み放題プラン)
・ビール・ワイン(赤・白)・日本酒・焼酎
・ソフトドリンク3種(ウーロン茶・オレンジジュース・グレープフルーツジュース)
フード例(2500円・ブッフェ形式)
冷製料理:
グリーンサラダ・スモークサーモンとアジのエスカベッシュ盛り合わせ・ブイヤベースゼリー寄せ
温製料理:
フライドポテト・フライドシュリンプ、トマトとモッツァレラチーズの大型ピザ or ペンネアラビアータor キーマカレーライス(1品お選びください)

7000円コース例
ドリンク(3500円・飲み放題プラン)
・ビール・ワイン(赤・白)・ウイスキー・日本酒・焼酎
・カクテル3種(カシスソーダ・ジントニック・スクリュードライバー)
・ソフトドリンク4種(ウーロン茶・オレンジジュース・グレープフルーツジュース・コーラ)
フード例(3500円・ブッフェ形式)
冷製料理:
生ハムとマッシュルームのサラダ・スモークサーモンとアジのエスカベッシュ盛り合わせ・ブイヤベースゼリー寄せ・ビーフコールドチーズ
温製料理:
アランチーニ(シチリアの郷土料理)・フライドポテト・フライドシュリンプ・トマトとモッツァレラチーズの大型ピザ or トリッパのパスタ or キーマカレーライス(2品お選びください)

1万円コース例
ドリンク(4500円・飲み放題プラン)
・スパークリングワイン・ビール・ワイン(赤・白)・ウイスキー・日本酒・焼酎
・カクテル3種(カシスソーダ・ジントニック・スクリュードライバー)
・ソフトドリンク4種(ウーロン茶・オレンジジュース・グレープフルーツジュース・コーラ)
フード例(5500円・ブッフェ形式)
冷製料理:
生ハムとマッシュルームのサラダ・スモークサーモンとアジのエスカベッシュ盛り合わせ・ブイヤベースゼリー寄せ・ビーフコールドチーズ
温製料理:
宮城産殻付きカキグラタン・ガーリックトーストとフルーツトマト・アランチーニ(シチリアの郷土料理)・フライドポテト・トマトとモッツァレラチーズの大型ピザ・トリッパのパスタ・牛タンシチュー or キーマカレーライス(どちらかお選びください)
デザート:季節のフルーツ盛り合わせ

*上記メニューはすべて15名様以上のパーティープランです。価格はいずれも税別です。
*メニューは季節によって多少変わります。
 また料理内容はご要望に応じて詳細のご変更等の対応をいたします。
*パーティーのご利用時間は基本2時間30分とさせていただきます。
 2時間30分 お一人様 5,250円〜(税込)

 また、以下のようなご延長プランもございます。
 3時間 お一人様 6,300円〜(税込)

 3時間以上にも対応できますので、スタッフまでお問合せ下さい。

*ドリンク各プランにプラス3000円でシャンパンをご用意いたします。
*貸切りプライベート・パーティープランご利用のお客様には当館の音響機材(ワイヤレスマイク×2・CD・ipod等BGM用音響)を無料でご提供いたします。
*52インチモニター、プロジェクターなど映像機材をご希望の方は別途ご相談ください。
*バンド演奏等でさらなる機材使用の場合は音響エンジニア費等別料金にてオペレートいたします。

プロ、アマ問わず、「興行」としてご利用の場合は、別途、アミューズミュージアムまでお問合せください。

ご予約、お問い合せは:
電話 アミューズ ミュージアム 03-5806-1181(10:00〜18:00)
   Bar six(バー・シス)  03-5806-5106 (18:00〜)
または、こちらの問い合わせフォームからお願いいたします。

(2012年6月現在)

カテゴリ:

みなさんこんにちわ!はたまたこんばんわ!織り姫のなおです(^_^)
 
ハロウィンが近付いて来て、日本人の私たちだってなんだかとてもウキウキしますよね♪
 
仮装はちょっと。。という人も、ハロウィングッツで年に一度のハロウィン楽しみましょー!!
 
 
1階ミュージアムSHOPも、ハロウィンコーナーがあって、盛り上がっていますよ!

nao2_2.jpeg
ハロウィン柄のてぬぐいがたくさん!
 
nao2_1.jpeg 
お部屋に飾ってあるだけで陽気になれそう(^_^)
 
 
くま君やお兄さんも仮装を楽しんでるよ☆
 
 nao2_3.jpeg

 nao2_4.jpeg

 こんな感じで、いつもSHOPでは、色んなテーマでお店を模様替えしてます♪
 
イベントがあるときは、ぜひ、ハイセンスな和小物たちをのぞきに来てくださいね!

カテゴリ:

アミューズミュージアム開館1周年記念特別展
LOVE!Handmade〜手しごと刺繍展〜
消費文化の対極のアート <重要有形民俗文化財 南部菱刺しタッツケ>
2010年11月11日(木)〜2011年4月3日(日)

A4_flyer.jpeg

大きなサイズの画像は、こちらからどうぞ→A4_flyer.pdf

明治時代〜大正時代のリアルクローズ。
殿様や姫様のものではない、120年前の日本の「普通の女の子」の普段着・仕事着の美しさに驚かされる。

タッツケとは、相撲の呼び出しなどが着用している膝から下が細く仕立てられた袴「裁着(たちつけ)」が転じたもので、青森県南部地方では女性の仕事着である股引(ももひき)の呼称だが、女性の下肢にこれほどの刺繍が施された衣類はこの南部地方に固有のもので世界的にも稀なものだ。

南部地方は青森県を二分する太平洋側の地域である。雪が少なく緑豊かだが、土壌が稲作に向かない畑作地帯で東北の中でも特に貧しい地域だった。木綿は高級品だったので衣類はもっぱら麻布が中心。貧しさゆえ衣類を染める藍さえも多量に使うことができず、淡い浅葱色の染めが主流だった。
また、この地域は北東風(ヤマセ)が強く人々を苦しめた。寒冷で過酷な風土は衣服にも表れ、上衣はもちろん下衣にも保温と補強のために刺し子がほどこされた。下衣は上衣よりも損傷が激しいため、タッツケは特に丁寧に手刺繍された。過酷な環境が固有の風土的美意識を育み、浅葱色の麻布に貴重品だった木綿糸を縫いつける刺し子の技の粋が集められた。それが「南部菱刺しタッツケ」である。

寒村の農民の仕事着というと、現代の我々はついつい「ボロボロの作業着」だと思い込んでしまうが、当時の農村での仕事着は単なる作業着ではなく人が集まる場所に着ていく衣類でもあるので、現代でいうOLのオフィスウェアやビジネススーツに近い感覚の衣類だった。特に男性同様に畑仕事などの労働を行っていた若い女性にとって仕事着は、パーティーウェア(晴れ着)ではないものの決して単なるワークウェアではなく、美しくありたいと精一杯の工夫を凝らした装いでもあった。

もちろん機能的なデザインとなっており、膝上は畑仕事の時に動きやすいようゆったりと、また膝下は害虫に刺されないため体にフィットするよう極端に狭くなっている。このジョッパーズのようなシルエットの裏地の傷んだ部分は、つぎあてされ補強され新たな合わせの妙をみせている。全面に施された刺し子は、娘たちの技を競うものであり、美しくありたいと願う心の発露であった。

そんなに昔のことではない。かつては日本でも自分や自分の家族の衣類を一家の女性たちが自ら作ることは日常的なことだった。豊かではない暮らしの中、わずかな端切れ布や短い糸もとても大切にし、手に入るものを最大限工夫して、美しくありたい、健康でありたい、と願った想いが、これら美しい仕事着に残されている。これら一般女性の技術と想いをご覧ください。

アミューズミュージアム

カテゴリ:

"アートと社会をつなぐ"をコンセプトとした雑誌 NODE(ノード)が、アミューズミュージアム2Fのギャラリースペースで、兵庫県西脇市を中心とした地域で生産されている綿織物・播州織作家、小東風彩さんの錦織作品展を開催しています。
播州織の新たな側面をクローズアップし、アートとして発信していく本展をお見逃しなく!

この展示の詳細は、こちらのページをご参照下さい。
NODE presents 空間ARTプロジェクト アミューズミュージアム x 小東風彩

開催期間:10月1日(金)〜11月14日(日)
     ※11月8日(月)〜11月10日(水)は休館させていただきます。
NODE05.jpg
↑画像はクリックすると大きく表示されます。

カテゴリ:

※このイベントは終了いたしました。

毎回、ご好評頂いている激安着物市。きたる10月11日に開催が迫ってきました。

詳細は以下のデジタルフライヤーでご確認下さい。
kimonoichi3.jpg

カテゴリ: