AMUSE MUSEUM BLOG

■2010年11月アーカイブ

※このイベントは終了致しました。

暦作成委員会が門前会と名称変更をした記念すべき第一回目のお題は『江戸が東京になって』

内容は、江戸時代には無かった物や、江戸が東京になって変わった物事など、一昔前の東京を、ご自身の子供時代なども振り返りながら楽しく語り合って頂きます。また時節柄、少し昔の東京の暮れからお正月にかけての思い出話なども聞かせていただけそうです。

また、当日会場では、終演後に荒井修さんの新刊書籍の発売を記念して、サイン即売会も行います。

著書名:「江戸・東京 下町の歳時記」
著者:荒井修
発売日:12月17日
出版社:集英社
内容:元旦から大晦日まで、一年を通じて日本人の中に根を下ろした行事、しきたり、衣食住等を豊富なエピソードとともにご紹介します

開催日時:2010年12月25日(土)15:30 Open, 16:00 Start
開催場所:アミューズミュージアム 6F織り姫の間
料金:予約2500円、当日3000円(お飲み物、季節のお菓子付)


ご予約は:
電話 アミューズ ミュージアム 03-5806-1181(10:00〜18:00)
または、こちらの問い合わせフォームから、必要事項と参加ご希望人数をご記入の上、お申し込み下さい。
※座席数に限りがあります為、お申し込み人数が80名に達しましたらご予約受付は終了させて頂きます。

まだ、名簿登録をお済みでない方でご希望の方は、文末に「門前会名簿登録希望」とお書きになりご登録頂けますと、今後のイベント開催のお知らせなどをお届けいたします。また、今回参加できない方も同様に、「門前会名簿登録希望」とご送信頂けましたら、次回以降のイベントをご案内いたします。当サイトでイベントをお知りになってご予約頂いた皆様も名簿登録させて頂き、今後同様にご案内を差し上げます。

ご登録頂きました個人情報に関しましては、当サイトのプライバシー・ポリシーに準じて取り扱わせて頂きます。

※門前会とは

アミューズミュージアムでは、浅草らしく江戸/東京にちなんだトークイベントを定期的に開催しています。

このイベント、「門前会(旧暦作成委員会)」は、春夏秋冬の日本の風物詩や歳時記を、江戸文化ならではの「語り」で楽しむ会です。江戸の口承文化を紡ぐのはこの3人。

荒井 修(扇職人 荒井文扇堂四代目当主)、
いとうせいこう(クリエーター)、
橘右之吉(江戸文字・寄席文字書家、株式会社UNOS代表)

江戸文化発信の地、浅草に生まれたアミューズミュージアムで楽しむ、日本の夏を彩る四方山話、どうぞお楽しみに。

カテゴリ:

お久しぶりです!アテンダントの奥村です。
今日は『干支グッズ』を紹介します。
 
もう11月ですね〜。
SHOPには、来年の干支のグッズが続々と増えています。

来年の干支、皆さん何だか分かりますか?
 
そう!「兎」です!そして実は私、兎年です。

十二支の逸話を一つ紹介しましょう。

動物の神様が動物達に「元旦に新年の挨拶に来なさい。早い順に一等から十二等まで選んで、その一年の間動物のリーダーとし、人間世界を一年ずつ守らせてやろう」と、いうお触れを出しました。
そして、動物たちは我先にと競争をしました。
今の十二支は、その競争の順位で決まったという話です。
諸説はあるのですが、この競争で、兎は眠らず走り続けたため目が赤くなってしまったそうですよ。

では、SHOPの干支グッズを紹介します。
てぬぐい〜人形、ストラップまで様々な兎グッズを販売しています。
 
oku3-1.jpg
 
 
なんと兎コーナーも作ってあります。
 
oku3-2.jpg
 
可愛いですよね!

ではでは、今年もまだまだよろしくお願いします。


カテゴリ:

アミューズミュージアム6階のイベントスペース「織り姫の間」では、日本舞踊・和楽器やアコースティックのコンサート・落語、江戸楽や浅草学等の各種講演会、トークイベントなど様々なイベントを行っています。
また当館主催イベント以外の日程はイベントスペースとしてお貸し出しもしています。
幅広いジャンルに対応できる質感高いイベント会場としてご好評を頂いています。
ご利用についてはお気軽にお問い合わせ下さい。 

お問い合わせ
イベントスケジュールで日程を確認

①チャージバック方式での場合
最低保障等、ご出演者へのチケットノルマ制度はありません。販売枚数1枚目から50%のチャージバックを行います。
チケットの最低料金は@1500円とし、別途@500円のドリンク代を頂きます(1ドリンク付き2000円という表記です)。
売り上げ総額は一旦当館に入金させて頂き、ドリンク代500円を引いた金額の50%を出演料としてお支払いします(個人の場合は源泉税を差し引いてお支払いします)。
チケット価格はご相談の上決定させて頂いております。精算は原則当日行います。
控室使用料・音響照明映像設備一式を含みます。
必要であれば音響等舞台制作スタッフ1名・イベント運営スタッフ(受付等2名まで)を配置します。
キャンセル料金は、理由の如何を問わず、本番当日まで1ヶ月前の同日を過ぎた場合は4万円、 
2ヶ月前の同日を過ぎた場合は2万円をいただきます。

②ホールレンタル方式の場合
公演全般、練習スタジオ、会議・物販イベントなどのご利用が可能です。
レンタル料金は1時間2万円を申し受けます(ご使用時間は搬入開始から完全撤収までの時間で計算いたします)。

料金には控室使用料・当館所有の音響照明映像設備一式の使用料を含みます。
 必要であれば音響等舞台制作スタッフ1名・イベント運営スタッフ(受付等2名まで)を配置します。
 お申込時に予約金として、2万円を預からせていただき、すべての精算は原則ご利用当日行います。 キャンセル料金は、理由の如何を問わず、本番当日まで1ヶ月前の同日を過ぎた場合レンタル料金の100%、 2ヶ月前の同日を過ぎた場合レンタル料金の50%をいただきます。
ご来場のお客様へのドリンクの販売の手配も可能です。

③物販イベントでのご利用の場合
上記②のホールレンタル料でのお貸出し以外に、チャージバック方式でも対応させて頂きます。また6階のイベントスペース「織り姫の間」以外に、1階ショップ内の一角に1坪程度のスペースをお貸出しもできます。
売り上げ総額を一旦当館に入金させて頂き、売り上げ総額の30%を会場費として差し引き、70%をお支払いします。
(個人の場合は源泉税を差し引いてお支払いします)。精算は原則当日行います。
控室使用料・音響照明映像設備一式を含みます。
必要であれば音響等舞台制作スタッフ1名・イベント運営スタッフ(受付等2名まで)を配置します。  
   
*金額はすべて税込です。
*当館にない機材の手配・持ち込み機材についてはご相談ください。  
*オールナイトイベント等の深夜帯の公演は行っておりません。    
*演目内容については当館スタッフが事前に簡単な確認を行わせて頂きます。
 コンサートの場合は音源(音源配信サイト、メール添付、CD、MDいずれも可)の他、プロフィール、講演の場合は講演概要など内容がわかる資料をご用意の上、お問い合わせください。    
*①②の場合、公演についてのお問い合わせ、公演チケットの電話ご予約を当館で代行させて頂けます。  
*①②の場合、イベント開催時に書籍・CD・グッズ等をお持込み販売なさる場合は、物販売り上げの10%を当館にお支払い願います。 
テーブル等簡単な備品はお貸出しいたしますが商品用のPOP・販売員・釣銭は出演者様側でご用意ください。

会場見取り図、機材リストをご希望の方は、下記リンクよりダウンロードが可能です。

イベントスペース見取り図(クリックするとDLされます)→Rental_space.pdf(3P, 1.4MB)

よろしくお願いします。


カテゴリ:

今回は、私のライヴ演奏レポートをさせていただきますので是非お付き合いください!

ロックバンドの登竜門として名高い老舗『新宿ロフト』のイベントに出演させていただきました! 

出演させていただいたイベント名は『BRAIN×BRAIN』ロフトの企画です。

現在のロフトが移転前の西新宿にあったころは私はまだ10代。
ライヴを見に行った思い入れのあるお店ですので出演は大感激です!

時は11月19日の深夜。お店は前日に放火のボヤ騒ぎがありましたが今夜は静かです。
この日の私の出番は私の三味線のソロ演奏と三味線とタップダンス、
三味線とインドの楽器シタールとのコラボレーションです。

DP2-1s.jpg
ソロ演奏!MC無し、20分ほどの演奏♪ベンベン!

DP2-2s.jpg

タップダンサーの洞至さんとのコラボ!お互い即興です、燃えました!♪カタカタカタ〜♪ベベン!

タップと三味線のコラボはすでに先にやってる方がいたので今まであまり興味がなかったんですが、
これがやってみると面白いんです。やるほどにアイデアも浮かんできます。

タップも表現者によって様々だと思いますが、洞至さんは激しいです!
時に闘い、ぶつかり、そして心は一つになり、とても楽しいセッションでした!

DP2-5s.jpg

インド古典楽器のシタールとドラムの2人のユニット『conti』さんと打ち合わせ無しの本当の即興演奏! 

シタールにも三味線と同じように共鳴音があります、後ろでずっと鳴ってる♪ビィヤァ〜ンって音ですね。前々からあの音と掛け合わせたいとずっと思ってましたので思いがけない出会いでした。

DP2-3s.jpg

contiさんはインド古典音楽では無く、変拍子があり、キメだらけのプログレ風の音楽。
シタールはインドの打楽器タブラと一緒の演奏では無くて、もう1人はドラムです!手数バシバシに叩きます。

DP2-4s.jpg

シタールの魅惑的なあの音はいつまでも聴いていたくなりますので思わずセッションも時間を忘れてしまいます。エンディングは皆で盛り上がって行き終了!

このセッションを食べ物に例えるなら、インドカレーに青森の『じゃっぱ汁』を混ぜたようなもんです。食べたことの無い不思議なサウンド!

両者との三味線コラボサウンドはまだまだ色々と広げて行けそうで、
アイデアはどんどん浮かんできます。

他には無い趣のイベントでとても楽しかったです。
今度機会があれば両者是非ともアミューズミュージアムにお呼びし、
再びご一緒して皆様にもご覧いただける機会があればと思いました。

ロフトの皆様、出演者の皆様、素敵な機会をいただきまして本当にありがとうございました!

これからも様々なコラボレーションを繰り広げて行きたいと思います!!

以上レポートでした。

カテゴリ:

こんにちは市崎です。    

私、ミュージアムでは1Fのお土産コーナーを主に担当しています。

和雑貨に毎日囲まれているとなんだかほっこりした気分になります。         
そこで今日は皆さんに、てぬぐいについて語りたいと思います。

実は私、てぬぐいって自分で買う物ではなく貰う物でしょーってずっと思っていました。
よく町内会で配ってたりしますよね。手を拭くにはハンカチで充分だし布きれにそんなお金をかけるなんて、なんて贅沢な!!と憤慨してました。

でもでも、てぬぐいの魅力にとり憑かれてしまった私は、この1年間でなんと10数枚ものてぬぐいをゲットしてしまいました。

てぬぐいマジック!!!

では、一体何がそんなにいいのか...

私共のショップにあるてぬぐいは、注染(ちゅうせん)という昔ながらの技法によって職人さんの手仕事により手間隙かけて染められています。

ザックリ簡単に説明致しますと、布を何重にも重ねて、上から染料をドバドバーっとかけ、下から吸引するという方法なので、布に裏表がありません。普通はプリントされてるだけとかなので片面印刷が多いですよね。

そして素晴らしいのが生地です。綿100%の特注の晒生地を使用しているので、とっても丈夫ですし、使い続けるうちに柔らかくなり、風合いが増してきます。これがてぬぐいの醍醐味です!
染められた色がだんだん薄くなっていって自分色になってくるのです。

使って使って使いまくって、色と柔らかさがだんだん変わっていくのを楽しめるのです。
てぬぐいは切りっぱなしなので乾きがとっても早く、夏の時期は1?2時間で乾いてしまいます。
昔の人はケガをしたり下駄の鼻緒が切れたりしたら、てぬぐいを裂いて利用していたそうですよ。

またてぬぐいの柄にもちゃんと意味が込められていたり、ダジャレになっていたりします。            

Itchy3-1.jpg
例えばフクロウ。
        
当て字で【不苦労】と解釈し、縁起担ぎの柄として親しまれてきました。














Itchy3-2.jpg
こちらは歌舞伎役者の三代目尾上菊五郎が考案した図柄です。

斧は【よき】とも読み、
琴柱を【こと】、
菊花を【きく】と読ませ

【良い話を聞く】と洒落ています。














Itchy3-3.jpg
こちらの唐草模様はよく泥棒が使用するイメージがある柄ですが、連続した模様が【永遠に続く】という縁起の良い意味として、商売道具の風呂敷などに多く用いられていたんですよ。














Itchy3-4.jpg
今の時期はクリスマスの柄が大変人気ですね。こちらはサンタと富士山のコラボレーションです。サンタが日本にやってきたーーー!!!感激です。















昔からある柄や最近のデザインにも洒落や願いが込められて作っているので、ぜひ店員さんに聞いてみて下さい。カンニングペーパーを用意してお待ちしております(笑)

どうですか?ちょびっとだけでもてぬぐいが欲しくなりましたか?
ぜひ1度あなただけのてぬぐいを探しに来てみて下さいね!お待ちしております。

カテゴリ:

この度!折角ブログを定期的に書かせてもらうことになったので、三味線の弾き方とか、
奏法などを軽くご紹介させていただきたいと思います。

ご覧いただいた皆様に少しでも津軽三味線にご興味を持っていただき
身近なものになっていただければと考えております。

そんな第一回目の今回は撥(バチ)の持ち方、握り方です。
アクロバットに自在に弾く弾き方はしっかりとした持ち方にあります。

基本的には薬指と小指で挟んで持ちます。
DAI1-2.jpg
津軽三味線の場合の持ち方です。
持ち方が悪いと小指が痛くなってきたり、手首に負担がかかります。
弾いてるうちに手の中で回ってしまったりします。
  
 小指と親指が平行になるように持ちます。
DAI1-1.jpg
コツは、人差し指、中指、薬指も斜めにすることです。

親指から撥先は1cmほど出します。
DAI1-4.jpg
撥に対して上から玉を握るように手のひらの中に空間を作り、
小指の拳のこぶは出ないようにします。
薬指の第一関節が撥の握り手の角にかかると安定が良いです。 
       
DAI1-3.jpg
↑こちらは悪い例。小指を痛めてしまいます。

しっかり持てば痛くありません、演奏も思い通り自由自在!!

実際にバチを持ってみたい方、津軽三味線に興味を持たれた方。
お気軽にアミューズ ミュージアムまでお問い合せ下さい。
私の時間が空いている時であれば、無料で津軽三味線を体験して頂けます。
練習用の三味線も無料でご利用頂けます。

お問い合わせ、ご予約は:
電話 アミューズ ミュージアム 03-5806-1181(10:00〜18:00)
または、こちらの問い合わせフォームからお願いいたします。


カテゴリ:

※このイベントは終了いたしました。

前回、大好評のうちに開催されたイベント「幕末龍馬TERAKOYA」

第一回目の内容は、こちらから

早くも第2回目の開催が決定しました。

そのタイトルは【幕末龍馬TERAKOYA2〜龍馬暗殺〜】

龍馬暗殺については謎が多く、犯人についてはいろいろな説がありますが、今回のTERAKOYAでは、『龍馬の暗殺』に焦点を絞って、その謎に迫り、知られざる暗殺の真相に光を当てます!
また、前回好評だった「幕末龍馬のQ」では、今回も皆さんからの質問にレキシズルなりに答えます。

●日時:11月28日 開場 15:30 開演 16:00
●料金:前売 2,500円 当日 3,000円(共に1ドリンク込)
●会場:アミューズミュージアム 6F 織り姫の間
●ご予約: twitter→ @rekisizzle
      電話 → レキシズル(渡部商店) 03-3293-2011(担当:ワタナベ)

語り
レキシズル スナフ(歴史クリエイター)
坂本龍馬(雑誌RYOMA編集長)
早川知佐(上田観光大使)

※当日は、別途ドリンク、フードもご用意しています。
数に限りがありますので、売り切れの際はご容赦下さい。

カテゴリ:

三遊亭あほまろさんは、浅草在住の庶民文化研究家・フリーライター・カメラマン・映画監督・愛犬家。 古いパッケージ、ラベル、絵はがきや古銭などの収集、調査・研究を行っていることでも知られています。

また、あほまろさんは、ご自身のサイト「江戸ネット」で、毎朝、愛犬ナナちゃんと浅草寺さんや三社様(浅草神社)の境内を散歩しながら、一日も欠かさず日記を書いていらっしゃいます。

あほまろさんが、そんな散歩の合間に撮り続けた、愛犬ナナちゃんと野良猫ヒロちゃんの出会いからの1年間をまとめたフォトエッセー集「待ってたよ。」(徳間書店刊)が9月24日に出版されました。

浅草の四季折々の中で、繰り広げられる愛くるしい二匹の様子がたっぷり詰まったこの写真集。
こんなに仲の良い飼い犬と野良猫なんて、見たことがありますか?

という訳で、北海道犬ナナちゃんと野良猫ヒロちゃんの早朝ものがたり「待ってたよ。」の写真展です。

開催期間:11月16日(火)〜2011年1月30日(日)

AHOMARO_san.jpg
※画像はクリックすると大きく表示されます。

※ご入場には、1F受付にて入場パスをお求めください。

カテゴリ:

※このイベントは終了いたしました。

【Act AgainstAIDS 2010浅草寄席 公演概要】 

昨年、大好評を博したAct Against AIDS 2009 「Live in ASAKUSA」
俳優・小倉久寛の声掛けで個性あふれる面々が集い、AAAとしては異色の「落語会」を開催。落語に漫談、エトセトラ・・・、普段は見れない、とっておきのネタをきっと今年も堪能できるはず!!
タイトル:Act Against AIDS 2010 「浅草寄席」
ogura.jpeg  ishii.jpeg  wata.jpg

日時:12月1日(水)、18:30開場、19:00開演
会場:アミューズ ミュージアム  6F 織り姫の間 
出演:小倉久寛 ・ 渡辺正行、ラサール石井、山口良一、オオタスセリ、ウクレレえいじ
料金:¥5,000 (税込)、 全席自由(桟敷席、イス席)整理番号付

主催:アミューズミュージアム
企画制作:アミューズ、アミューズエデュテインメント
お問い合わせ:アミューズミュージアム 
       03−5806−1181 (10:00〜18:00)

チケット一般発売:11月14日(日)12:00〜 
         ローソンチケットにて発売(枚数制限・お1人様2枚まで)
         ローソンチケット・インフォメーション
         電話予約:0570−000−407(10:00〜20:00)


【発売方法・発券場所】
1. ローソン店頭Loppi (Lコード:34232)、
   電話予約0570ー000ー407(10:00〜20:00)

2. WEB, モバイル予約:ローチケ.com http://l-tike.com
   ※ WEB, モバイル予約からのご購入については、チケット代金の他に
     以下手数料が必要となります。
    (システム利用料210円/店頭発券手数料105円 計315円/1枚)
ローソン店頭Loppiにてお引き取りください。

チケットの引き取り方法はこちら http://l-tike.com/guide/reciept.htm
※ WEB, モバイル予約について、お一人様1回のお申し込み制限となります。
※ WEB, モバイルでのご購入はクレジット決済のみとさせて頂きます。
枚数制限あり:チケットの販売はお一人様2枚までとさせて頂きます。
いかなる事情が生じましても、チケット受付後の変更・払戻は致しかねます。予めご了承ください。
転売を目的としたご購入は、固くお断りいたします。
場内でのカメラ・ビデオ(携帯電話を含む)による撮影・録音等は固くお断りいたします。

●参考 【AAAとは・・・】

総合エンターテインメント事業を展開する株式会社アミューズ(社長:畠中達郎 本社所在地:東京都渋谷区 以下アミューズ)では、エイズ啓発運動AAA (Act Against AIDSアクト・アゲインスト・エイズ)に積極的に協力しています。

AAAは、1993年から日本の音楽業界が中心になり、若い世代を対象にエイズ啓発活動を行っているNGOです。主にAAAコンサート、講演、学校や保健所等への啓発活動コーディネート、啓発素材(パネル、パンフレットなど)の制作・貸し出し・配布などを行うと同時に、ルーマニアの感染孤児たちのために自立をサポートする新たなプログラムを計画し、実現化に向け取り組んでまいりました。

アミューズは、AAAの設立から積極的にこの社会活動に参加してきました。
毎年多数の所属アーティストと社員が、12月1日「世界エイズデー」を中心に全国各地で開催されるAAAライブにボランティア参加し、その収益金は様々な啓発活動に利用されています。

なお、このイベントの収益金は、国内外のHIV感染者・エイズ患者への支援、全国の学校や保健所へ貸し出すエイズ基礎知識の啓発資料の制作費などに使用される予定です。

カテゴリ:

皆様はじめまして!津軽三味線の山本大と申します。
津軽三味線のソリストです。様々なコラボレーションもします。
Dai02.JPG

アミューズミュージアムでは、ソロライヴや、イベントゲスト出演など演奏をさせていただいております。

じつは、4Fにて津軽三味線教室を行わせていただいております。
教室ライヴも行っています!教えてる生徒さんとの大合奏イベントです。
教室は、私の演奏活動が入ってない時であればいつでも行っております。

無料体験レッスンも行っておりますので、どなたでもご興味がございましたらお気軽に遊びに来てください。(ご来館の前にお電話等でスケジュールの確認をお願いします。)

山本大津軽三味線教室の詳細はこちらからどうぞ

この度、わたくし名義のブログカテゴリーが新設されました。
当ブログでは津軽三味線についての様々な話しから、マニアックなネタまでご紹介させていただきたいと思います。

それでは皆様宜しくお願い致します!!


津軽三味線 山本 大

カテゴリ:

今年最後の激安きもの市の開催が決定しました。

12月12日(日)第4回 笑門福来 【1,000円からの激安着物市】 

tirashi-omote.jpg

安くてかわいい着物をゲットして、来年のお正月には着物で初詣に出かけましょう!

カテゴリ:

浅草も寒くなってまいりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

二度めましてこんにちは、アテンダントの平田です。

今回は、先日1Fショップに入荷いたしました
青森県指定伝統工芸"善知鳥彫(うとうぼり)ダルマ"の
撮りたてホヤホヤのフォトをお届けいたします!

hirata2_1.jpg

hirata2_2.jpg

(じっ)

こちらのダルマさん
自然な木の形に合わせて作られているので、同じものはふたつとないそうです。
一般的なダルマのイメージとは対照的にほっそりとしています。

hirata2_3.jpg


アングルを変えるだけで
上のものと同じダルマなのに、表情がこんなにも変わるんです。
皆様にはどのような表情に見えるのでしょう。
(ちなみに、私はアイヌ民族の雰囲気を感じました)


7月から始まった企画展「藍きもの〜美しいはたらき着展〜」も残りわずかです。
まだご覧になっていない方は、ぜひアミューズミュージアムへお越し下さい。
善知鳥彫ダルマもあなたのお越しを待ってます!(`・ω・´)b

カテゴリ:

当ギャラリーをご使用頂くにあたり、利用規約を十分にご理解の上、お申込みください。
ご不明の点などありましたら、お気軽にメール.電話でお問合せください。<問い合わせはこちらから>ギャラリー利用規約は予告なく変更することがございます。ご了承下さい。
※2010年11月01日現在

料金のお支払い・キャンセル
お支払いについてお申し込み時に予約金としてご利用料金の半額を申し受けます。残金につきましては、ご利用開始の前日までにご入金ください。
※振込料などの入金に必要な手数料は、お支払い者のご負担とさせていただきます。
*振込先等詳細については、お申し込み時にご説明します。 

キャンセルについて
お申込者のご都合による解約については、理由の如何を問わずお支払い済みの予約金をキャンセル料として充当させていただきます。出展1ヶ月以内のキャンセルに関してはご利用料金の全額をお支払いいただきます。

展示作品の管理・免責
展示作品の監視保全はご利用者の責任においてお願いします。 万一の火災、盗難、その他不慮の損害等には当方は一切責任を負いません。

作品の販売について
作品販売は可能です。ご購入希望のお客様対応は当館スタッフが申し受けます。売上に対しての手数料は10%を頂いております。手数料の精算は、ご利用最終日にお願いいたします。

備品の使用について
ギャラリーの付属設備、備品を破損、汚損、消失された場合の補修費用はご使用者の負担とさせていただききます。 作品の梱包材料、紙袋等はご用意ください。

展示の方法
演出・デコレーションなどに必要なものはご利用者側でご用意ください。

壁面への展示付帯設備のピクチャーレール用ワイヤーをご利用いただけます。粘着テープを使用の際には、使用後必ずきれいにはがし、あとが残らないようにご注意ください。
壁面、天井、棚板等に釘、画鋲を使用する際はご相談ください。
※ピクチャーレール用ワイヤーの数には限りがありますのでご注意ください。その他必要なものは使用者側でご用意ください。

照明関係
備品のライティングレール用スポットライトを使用します。ライトの設置方法は当方にご確認ください。

その他、電源を使用する機材を持ち込む場合は事前にご連絡下さい。

火気、水の使用について
作品・演出などに火気や大量な水など使用される場合は、必ず事前にその詳細をお知らせ下さい。

その他
ギャラリー内での喫煙はお断りします。
駐車場の用意はありません。予めご了承下さい。

ギャラリー紹介ページに戻る

ギャラリースペース面積 
床面積 約34平米(約10坪):4300cm×7800cm  
天井高 246cm 展示壁面高 198cm 

※見取り図と会場内の写真です。< 大きな画面で確認する >
(241KB pdfファイルです)。
 
(ご利用にあたっては、必ず下見されることをお薦めします。)

ギャラリースペース備品 
展示用スポットライト18灯 展示用ピクチャーレール・ワイヤー・ハンガー・フック 
映像用 Panasonic 50インチ・プラズマテレビ w/
BOSE モニタースピーカー&アンプ
Panasonic Blu-ray DVDデッキ
・有線放送 
円形8人掛けソファ、長テーブル(L150cm, W45cm, H70cm)x 11台、
丸テーブル(直径75cm)

ご利用料金 
一般料金  ;105,000円(税込) 
学生割引料金:  84,000円(税込)

ご利用期間 
月曜休館のミュージアムに合わせて火曜〜日曜の6日間1単位です。 
1日単位の貸出しは行なっていません。 
月曜が祝日の週は火曜日が休館日です。
詳細はお問い合わせください。

ご利用時間 
原則的にミュージアムの開館時間と同じ、10:00〜18:00です。

搬入・展示準備・搬出
火曜日9:00から可。最終日は20:00までに撤去を終了してください。 
準備になれていない方は準備日として休館日の月曜日1日確保することをおすすめします。 
月曜日に搬入・搬出を希望なさる場合は、1日(10:00〜18:00)あたり一律10,500円(税込)にてお申し受けします。 
宅急便の発送・受取についてはご相談ください。 
展示品の包在・備品等は簡単な収納スペースをご提供いたします。
 
展示方法
詳細については事前にお打ち合わせお願いします。

お客様のご入場について 
ギャラリースペースは有料の美術館内に位置しますので、ギャラリーのみご見学のお客さまも当館規定の入館料を申し受けます。ギャラリーご利用者様にはご利用期間の事前に、ご利用料金と同額相当の美術鑑招待券を進呈いたします(例:6日間ご利用の場合、一般料金105,000円に対して100名様分の招待券)ので、ご利用ください。
ご来館者への対応は原則的に当ミュージアムスタッフが行います。

お貸出しにあたって 
展示内容について当館スタッフによる簡単な事前確認をさせていただきます。

告知物について 
宣伝告知に必要なチラシ・DM、展示品説明に必要なカタログ・キャプションはご利用者様でご用意ください。チラシ等は展示会前に持参いただくか、お送りいただけれは、ミュージアム内に置くことができます。

その他 
オープニングパーティーをなさりたい場合などは館内にパーティースペースもございますので、お気軽にご相談ください。


アミューズミュージアム2階のギャラリースペースでは、常設展・特別展とは別に、伝統工芸・絵画・イラスト・写真・彫刻・陶芸・書・手工芸作品等、ジャンルを問わず気鋭のアーティストの作品を紹介・公開しています。 

Shimona3.jpg

甦る古布の世界 II

 現在公開中の作品展と過去の作品展スケジュール → 詳細はこちら 

また当館主催展示以外の期間は、ご希望の方が個展やグループ展を行えるギャラリースペースとしてお貸し出ししています。国指定重要文化財も多数展示されている美術館の中にある、質感高いギャラリーとしてご好評を頂いています。

日ごろあたためている作品をお持ちの方々や、これからはばたこうと夢をもっている方の発表の場としても、当館ギャラリーをご利用頂ければと願っています。

お気軽にメール・電話でお問い合わせください → お問い合わせフォーム

ギャラリースペースご利用にあたって → 使用条件、会場スペック等詳細はこちら

カテゴリ:

本日、11月1日をもちまして、アミューズミュージアムはオープン以来丸1年がたち、2年目に突入いたしました。これもひとえに皆様の応援とご愛顧のお陰と感謝しております。

今後ともアミューズミュージアムをよろしくお願い致します。

カテゴリ: