<< 前の記事      [ブログの一覧に戻る]      次の記事 >>
『世界初!?津軽三味線でパンクロック』


昨年の2010年、3月22日に渋谷で行われたイベント『WILD・ROVER』に出演させてもらいました。

イベント出演アーティストの大半はパンクバンド系で、アイルランドの音楽や、ケルト音楽、アメリカのジャグバンド形式の要素を取り入れたバンド達が多く出演。
バグパイプやアコーディオン、笛にバイオリンなどに、ギターとベースにドラムと多彩な編成が多く見られました。

パンクロックを知らない方の為にできる限り短くご説明しますと、70年代半ばごろアメリカで生まれて、イギリスから世界に広がりました。80年代に盛り上がりを見せ、テクニックを極力排除し、既成のロックを破壊し、ロック本来のエモーションを取り戻すような音楽で、メッセージのある歌詞がある楽曲と云った所でしょうか...サウンドもロックンロール調から民族音楽まで様々です。
アイルランド出身の若者が組んだバンドで『セックスピストルズ』などが有名です。


話しは戻りまして、当日会場は幾つもある中の『GLAD』での出演。バンド演奏あとにはDJタイムもありました。盛り上がる中、1人ステージへ登場し津軽三味線のソロです!♪ベベーン。

客層は派手。パンクファッションで身を固めた若者達などの多い中で、紋付き袴で登場しましたが、笑われるかと思いきや、登場から盛り上げていただきました!
そして一気に演奏スタート!MCは無し、喋りなんか要りません突っ走ります。30分の演奏でしたが、曲中も連続業が来ると拍手をいただき驚きました。

wildrover.jpg

割れんばかりの拍手と、ヒューヒュー!イエーイ!と歓声をいただき、こちらも感激したものです。

「津軽三味線もパンクに通じるよ!何か似通ったものがあるね」と、その後もお客さんから大反響でした。ボサマとパンクのスピリットは通じる何かがきっとあるのでしょう!

そして、このイベント出演からあるCDのレコーディングのお話しをいただきました。
アメリカはニューヨークのパンクロッカーで、ボーカリストの『ジョニー・サンダース』のトリビュートアルバムに参加して欲しいとのことでした。

johnny3.jpg

アルバムは全編オムニバスで、参加アーティストは全てアコースティック。
なので、津軽三味線だって有り?な訳です。


これは面白い!私は大喜びで企画をお引き受けしましたが、さて、どの曲をカバーをして三味線で演奏するかをかなり悩みました。

ジョニーサンダースの歌う唄はあんまりメロディがありません、単調です。
バックのリフは特徴的だったりもします。
カバーなのであえて全く別物の曲にする為、私なりにアレンジしました。

曲は、ジョニーサンダースの代表曲のひとつとも云える『BORN TO LOOSE』を選びました。

YOU TUBE よりJohnny Thunders and the heartbreakers-Born to loose

録音はドンカマのクリックに合わせることも無く、多重録音もせず、一発気合いの録音です!
途中にじょんがら節のアドリブソロを入れました。
とにかくシンプルでストレートを心がけて見ました。

ご興味を持たれましたら是非とも、ご一聴を願う所存です。
他にも素晴らしいアーティストが勢揃いです!
世界初!?津軽三味線でパンクロックをお聴きあれ!

Jacket.jpg


アーティスト:
V.A ジョニー・サンダース
タイトル:
ジョニー・サンダース・トリビュート プラグド・イン−プラグド・アウト
JOHNNY THUNDERS TRIBUTE PLUGGED IN - PLUGGED OUT

レーベル
:ヴィヴィド・サウンド
品番
:VSCD5497
価格
:2625円
商品区分
:CD
発売日
:10.07.28
バーコード
:4540399054971
ジャンル
:ジャパニーズ・ロック&ポップス
サブジャンル
:PUNK / ACOUSTIC / JOHNNY THUNDERS

VIVID SOUND CORPORATION

カテゴリ:

page top