<< 前の記事      [オススメ商品の一覧に戻る]      次の記事 >>
紅型調手ぬぐい。


みなさんこんにちわ。
アテンダントのじゅんです。
夏ももう真っ盛り!
僕が一番好きな季節がやってきました。

唐突ですが、僕の田舎は沖縄です。
青い海、白い砂浜と上限無しに広がる青空。

そんな大好きな沖縄を感じられる商品を、
ミュージアムショップで発見したので、皆様にご紹介したいと思います。

これだ!!
Ohara8-1.jpg

「ん?珍しくもない普通の手ねぐいじゃねえか。」

そう思いましたか?

実はコレ!
沖縄の伝統的な染め工芸品「紅型(びんがた)」の色彩をモチーフにした手ぬぐいなんです。

紅型の染め技法と、多くの手ぬぐい製作に行われる、染め技法「注染」の方法は良く似ています。
しかし、一番の違いはその色使いではないでしょうか?

昔、琉球王国(沖縄)の人々は、色彩豊かな自然に負けないように、紅型にも鮮やかで大胆な色使いを多用しました。
特に黄色は高貴な色とされていて重宝されていたようです。

さて、この「紅型調手ねぐい」という商品は、その色彩を注染の技法で見事に表現しています。
寄ってみてみると、色のグラデーションも見事!
Ohara8-2.jpg

まさにお江戸と琉球のコラボレーション作品!

他にも、「金魚柄」や、
Ohara8-3.jpg

「菊柄」があります。
Ohara8-4.jpg


「せっかくの夏だし、沖縄行きたいけど行けないな?」と仰る方は、ぜひ当館にお越しください。

この「紅型調手ねぐい」を手に取れば、
浅草寺の向こうに沖縄の青い海が見えてくるかも知れませんよ。

皆様のご来館、心よりお待ち申し上げます。

アテンダント
じゅん

カテゴリ:

page top