<< 前の記事      [ブログの一覧に戻る]      次の記事 >>
演奏リポート〜雨との戦い〜


去る5月22日、都内に新しく出来ました、とあるマンションの街開きイベントにお呼びいただき出演させていただきました! こちらはかなり戸数が多く、大きなマンション群です。

Dai25-1S.jpg

午前から様々なアトラクションが続き、私の津軽三味線は最後の出番です。

DAI25-2S.jpg

当日は野外演奏、朝から曇り空。
やがて、午後の私の出番にはあいにくの雨が激しく降り出しました。

雨をしのぎ、傘天井下にて演奏。しかし、雨風は少々横から吹いて参ります。

ステージ後方には金屏風まで豪華に飾っていただきました!
マイク無しの生演奏による撥音は雨ニモ負ケズ、マンションビル群にこだまします!!


髪型は久しぶりのオールバックです(笑)事前の宣伝ポスター写真がオールバックの場合に髪を垂らすと、別人に間違われてしまうことが多いのです。
なので、この日はポマードをべったり!気合いが入ります。

Dai25-3S.jpg


三味線は動物の皮が張られていますので、皮は湿気に弱く、直接水をかけてしまうなどすると張り具合が弱くなります。1度張りが弱くなると元には戻らずに緩みます。
乾いてきた時に膨張して破れる場合もありますので気をつけなくてはなりません。

現代の津軽三味線は非常に強い力で皮が張られていますが、昔の門付けしていた頃の津軽三味線は、あらかじめ緩く張られていたそうです。
緩めると音は♪ボンボンとした、こもり気味な音になりますが、しかし、それはそれで味のある良い音です。   
糸(弦)も絹なので湿気ってしまうとブライトさが無くなります。

あらかじめ野外演奏や海外演奏では、緩く張った三味線を使ったりしてきましたが、この日は生音の演奏ですので一番良い音のする強めに張られた三味線を持って行きました。真剣勝負!手は抜けません。

しかし、生き物達を犠牲にして作られた天然素材の三味線です。
皮などは大切にして、できるだけ長く使いたいものです。


お集まりいただいた住民の皆様へお聴きいただく為に、雨模様でも予定通り最後まで演奏させていただきました! 

セットリスト 

津軽じょんがら節   曲弾き
津軽じょんがら節 旧節
津軽じょんがら節   中節 
津軽よされ節
十三の砂山
じょんがら即興

さらにアンコールをいただき、予定時間超で津軽じょんがら節の新節を演奏させていただきました。
雨の中、立ち見の大盛況!多くの方々に最後までご熱心にお聴きいただき心より感謝致します。

DAI25-4S.jpg

後日、心配していた皮は破れることなく無事でした!何よりです。


お集まりいただいた住民の皆様方、天候の悪い中お聴きいただきまして大変にありがとうございました。お呼びいただきました関係者各位、スタッフの皆様もお世話になりました。

またお会いしましょう!
以上、演奏レポートでした!

カテゴリ:

page top