<< 前の記事      [イベント情報の一覧に戻る]      次の記事 >>
7月の『編集者的酒場ゼミナール』


※このイベントは終了いたしました。

7月15日(金)開催の第5回『編集者的酒場ゼミナール』のゲストが決定しました。

毎回注目される、そのキャスティング、、、さて、そのゲストとは!?

トヨザキ社長こと、書評家でコラムニストの豊崎由美さん。

TOYOZAKI_s.jpg



近刊『ニッポンの書評』が好評のトヨザキ社長は、『文学賞メッタ斬り!』シリーズ、『百年の誤読』など、文芸書評を中心に活動しているので、カルチャー&エンタメ系中心の石黒氏とは、ジャンルも仕事のスタイルも違っていて普段は仕事のやりとりは無いとの事ですが、その文章の面白さ、本に関わる仕事のシャープな姿勢、など大いにリスペクトしている人物だとか。

石黒氏が初めてトヨザキ社長の原稿を読んだのは97年頃『Number』の連載で、この人は面白い!と。

今回は、トヨザキ社長のテリトリーである文学系の話しではなく、共にフリーとしてたくさんの出版社と関わってきた視点で、本、書き手、出版界的苦労談的な悲哀漂うトークを、いつものように「徹子の部屋」的に引き出したいなと画策中とのこと。

トヨザキ社長のトークイベントは毒がある笑いで、文学的ネタがわからなくても引き込まれるそうです。

「ちなみにプロフィール写真でおわかりのようにのんべいなので(笑)、このイベントの雰囲気にぴったり!?
トヨザキファンにとっても、いつもとは違う話しが聞けるレアな体験となるでしょう。」

との事です。次回も期待して待ちましょう!!

【日時】
7月15日(金)

18:00 〜19:30 開場というか飲食タイム
19:30 〜20:30 ゼミナールというか講演タイム
20:30 〜21:00 歓談というかコミュニケーションタイム

【会場】
アミューズミュージアム6階「織り姫の間」

【料金】
これまた、5000円ぽっきり!
3時間のフリードリンク&食事(ブッフェ形式)・ゼミ受講費、全部コミコミ。

ご予約は:
電話 アミューズ ミュージアム 03-5806-1181(10:00〜18:00)
または、こちらの問い合わせフォームからお願いいたします。

*ご予約特典:
イベントご予約者特典として、「布文化と浮世絵の美術館」アミューズミュージアムの
「Japanese Beauty 〜もっとかわいく!女らしく展l」招待状(1枚で2名様までご観覧いただけます。2000円相当)をプレゼントします(10月10日まで有効)。 

重要文化財70点を含む約1500点の日本のテキスタイルアートは必見!(石黒謙吾プロデュース本「物には心がある。」著者の田中忠三郎氏が50年がかりで収集した布のコレクション)
招待状は当日会場でお渡しします。
(イベント当日は美術館は閉館時間を過ぎていますので後日ご利用ください)。

カテゴリ:

page top