<< 前の記事      [ブログの一覧に戻る]      次の記事 >>
演奏リポート


8月27日 神田にある青森居酒屋『跳人』にてライヴを行いました!

第3回津軽三味線ライヴ

第1部 

オープニング イントロダクション
じょんがら節 即興 
よされ 即興 
津軽甚句 
津軽じょんがら節 旧節
(ゲスト 津軽民謡歌手 かすみさん唄)
十三の砂山 

第2部 
ゲスト ギター永守健治 
じょんがら4ビート 
リンゴ追分 
縄文 東日流 

アンコール ねぶた囃子インプロヴィゼーセョン

Dai35-1.jpg


跳人さんでのライヴは今回で3回目で、以前2回とも三味線の合奏などのスタンダードプレイでした。
今回は指向を変えて、ソロ演奏、津軽民謡、ジャズギターとのコラボレーションです。

時間は20分ほどの2ステージ。
まず最初は私のソロ演奏。じょんがら節や、よされ節の即興弾きです。
毎度のことですが、できる限り、自分らしく変わった演奏を心がけます。
津軽三味線は人真似では無いオリジナルの即興演奏が真骨頂だと考えています。
予定調和は魅力ではありません。


続いてはゲストに津軽民謡歌手の、かすみさんに唄っていただきました。
普段私は滅多にしない民謡の伴奏をさせていただきました。

事情があり、何日か前に御出演をお願いをすることとなりまして、じつは、この日が初対面だったのです。

素晴らしい唄声を披露していただき、マイク無しの生の民謡の迫力はお客様から大絶賛でした!
鍛えぬかれた本物の唄声は違います。

多くの方が、なかなか生で民謡を聴く機会はありませんので、機会があれば私のステージで津軽民謡を披露していただきたいと思いました。

そして、いつもの十三の砂山のアレンジ曲で1部は幕。

第2部は雰囲気一転!ゲストはジャズギターの永守健治さんにご登場いただきました。

Dai35-2.jpg

彼とは何年か前から、阿佐ヶ谷ジャズストリートで一緒に演奏させていただいているので、とても息が合います!

三味線は生演奏。そして、レトロなサウンドがギターアンプから流れ出し、じょんがらの三味線と融合して摩訶不思議な音世界へ。

2曲目は美空ひばりさんの『リンゴ追分』ゆったりと演奏します。

3曲目は縄文 東日流(じょうもんつがる)と題したオリジナル曲。 

青森県津軽地方は縄文の歴史が古く、木造の遮光器土偶、三内丸山などが有名です。
遺物では無く、縄文人の祭りや炎を、営みを想い、遥かなる縄文へのロマンを、マイナー調のラテンビートにのせて熱く激しく盛り上げて行きます。

アンコールをいだたき、ねぶた囃子をテーマにした即興演奏で終演。

今年も永守さんと阿佐ヶ谷ジャズストリートに出演します!


10月28日(金) 

杉並区役所前 中杉通り側玄関前。 

18時〜 

無料

28日と29日は阿佐ヶ谷のストリートやお店で、町中でジャズ演奏が溢れます。
駅前でパンフレットやプログラムも配布されておりますので、詳しくはご覧ください。
ご都合が宜しい方は是非ともお待ち申し上げます!

この度はかすみさん、永守健治さん、ご出演を誠にありがとうございました!

お越しくださいました皆様、ありがとうございました!!

カテゴリ:

page top