AMUSE MUSEUM BLOG

■2012年1月アーカイブ

こんにちわ。
アテンダントのじゅんです。 
 
さて2月。
恋人達が愛を語るイベントがやってきました。
 
バレンタイン。
 
日本では、「女性から告白していい日」みたいな風習になってるので、
今日は、そんなバレンタイン告白時に、是非贈って頂きたい商品を、
恋のシチュエーション別にご案内します。
 
まずは、幼なじみで、今更好きとは言えない彼にはこれ。

Ohara12-1.jpg
ちょこっとてぬぐい(¥525-)
 
可愛らしいチョコレートの半分サイズのてぬぐいです(勿論食べられません)
これなら、ジョーク混じりに気軽に渡せそうです。
 
続いては、高値の花な彼に、乙女な自分をアピールしたい場合はこれ。
 
Ohara12-2.jpg

Ohara12-3.jpg
ハートふきん(¥525-)
 
ピンクのハートが薄ビニールに包まれてるかのような包装。
まるで心に秘めた恥じらいを演出しているかのよう。
まさに乙女。
そしてふきん=料理なので、料理上手をアピールすることも可能です。 
 
続いては、ずっとアピールしてるのに、彼が鈍感過ぎて気持ちに気づいてくれない場合にはこれ。 
 
Ohara12-4.jpg
ハートのふせん(¥630-)
 
紅白のハート形のふせんです。
勿論、書き込む事も可能なので、彼の周りに「好き」と書いて貼りまくってください。
 
そして、世界で一番大好きな彼の胸に飛び込みたい!という、真っ向勝負に出る方にはこれ。
 
Ohara12-5.jpg
麻のハートピンブローチ(¥2100-)

先日もこのブログで、中田さんも紹介したこの商品は、とにかく大人気!
小ぶりだけれど鮮やかな赤いハートは、あなたの深い愛をきっと伝えてくれるハズです。
 
今年のバレンタインは、おいしいチョコレートだけじゃなく、
こんな可愛いグッズも贈られてみてはいかがですか?
 
アミューズミュージアムは恋する乙女を応援しています!
そして、念願叶ってカップルになりましたら、お二人でミュージアムに遊びに来てくださいね。
 
皆様のご来館、心よりお待ちしています。
 
アテンダント・じゅん

カテゴリ:

※このイベントは終了いたしました。

1年間予定でスタートしたゼミナール企画、
震災時とお盆を休ませていただいたので、1年でキリよく10回目が、卒業式的に。
ならばここは、<編集者同士>で、エディーターシップの神髄など語り合いズバッと締めたい。
というわけで、僕が知っている編集者の中でもリスペクト3本の指に入るこの人です!

ゲストは、柳瀬博一(ひろいち)さん

1964年生まれ。
日経ビジネスオンライン プロデューサー。

1988年日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社、日経ビジネス編集、日経ロジスティクス創刊を経て、開発部門で新規媒体開発に従事したのち、96年書籍部門の出版局立ち上げに参加。2008年まで書籍編集者として、「小倉昌男 経営学」、「矢沢永吉 アー・ユー・ハッピー?」、「養老孟司 デジタル昆虫図鑑」など数百の本の編集を行い、数々のヒット作を生み出す。
2008年より日経ビジネス オンラインのプロデューサー。
TBSラジオ「文化系トークラジオ Life」サブパーソナリティとしても活躍中。

これまでの、「酒場ゼミナール」ヒストリーと、柳瀬さんとのストーリーはこちらで!

【日時】
3月7日(水)
18:00 〜19:30 フリードリンク&ブッフェの飲食タイム
19:30 〜20:30 ゼミナールというか講演タイム
20:30 〜21:00 歓談というかコミュニケーションタイム

★21:00 〜終電までは各自適当に
 別会計となりますがご希望の方は一緒にバーで
 2人とさらにコミュニケーションタイム。

【会場】
アミューズミュージアム6階「織り姫の間」& bar six

【料金】
5000円ぽっきり!
3時間のフリードリンク&食事(ブッフェ形式)・ゼミ受講費、全部コミコミ。

どの様なトークが炸裂するのか?どの様なドリンク&フードが供されるのか?
当日お越しになってのお楽しみです。

【ご予約・お問い合わせ】

電話 アミューズ ミュージアム 03-5806-1181(10:00~18:00)
または、こちらの問い合わせフォームからお願いいたします。
※飲食アリのイベントの特性上、できるだけ事前にご予約いただけるようお願いします。

*ご予約特典:
イベントご予約者特典として、「布文化と浮世絵の美術館」アミューズミュージアムの
「LOVE ! Handmade~針と糸が織りなす世界〜展」招待状(1枚で2名様までご観覧いただけます。2000円相当)をプレゼントします(4月3日まで有効)。

重要文化財70点を含む約1500点の日本のテキスタイルアートは必見!
(石黒謙吾プロデュース本→ 「物には心がある。」
著者の田中忠三郎氏が50年がかりで収集した布のコレクション)
招待状は当日会場でお渡しします。
(イベント当日は美術館は閉館時間を過ぎていますので後日ご利用ください)

カテゴリ:

新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。
皆様にとって、御多幸な年でありますように!

しばらくぶりの更新、新年の第1段は、マニアックなレコードのご紹介!!

Dai45-1.jpg

世紀の大対決!三橋美智也対寺内タケシ『津軽じょんがら節/黒い瞳』
演奏・三橋美智也/寺内タケシとバーニーズ
キングレコード(株)/HIT-718/1967年

以前当ブログにこのレトロなレコードジャケット写真をのせたところ質問が多く寄せられました。
ジャケットから印象深く、大変に強烈です。

世紀の大対決とは、昭和42年当時に人気絶頂のスターであるお2人が三味線とエレキで演奏対決することなのでしょう。 

両者背中がギザギザに爆発し、闘いはジャケット写真からすでに始まっています!
エレキギターが不良といわれた時代、テケテケ演奏するエレキギターと、北海道の旅廻り民謡一座出身の津軽三味線早弾きとの対決は、ボクシングのチャンピオンであるモハメッドアリと、プロレスラーのアントニオ猪木の異種格闘技戦を思わせます。
さあ、闘いの行方はいかに!!

三橋美智也はキングレコードよりLP「三味線リサイタル」を1963年に発売。
ラテンビッグバンドの見砂直照率いる東京キューバンボーイズと三味線で共演。
ここで美智也は唄わずに三味線の演奏のみのインストロメンタル。

Dai45-2.jpg

寺内タケシは66年に「寺内タケシとブルージーンズ」で、津軽じょんがら節をエレキギターで演奏しています、こちらもインスト演奏です。

Dai45-3.jpg

レコードのライナーノートによると、67年に国際劇場などの両巨頭の顔合わせから実現した、とあります。事前に御両人の打ち合わせのみで、本番一発で録りあげることを約束!

67年9月14日午後1時、1歩先に寺内タケシがスタジオへ入場、5分遅れて美智也が三味線を抱えて入場。お互いにフェアプレイを誓って固い握手を交わし、1時13分、いよいよ世紀の対決が開始されました! 

A面『津軽じょんがら節』オープニングはバーニーズの演奏から始まり、続いて美智也のコーラスエフェクトがたっぷりかけられた三味線演奏から三味線のソロ、ギターのソロと続き、
ソロの掛け合いが遂に始まります!美智也に対してメラメラ敵意むき出しの寺内タケシは、リズムお構い無しにハシります。

続いてバーニーズは寺内タケシのバックバンドなので、ついていかない訳には行きません!バンドみんなでハシリます。

リズムは熱を帯び、ファズのかかったギタートーンに、エイトビートを刻むスネア、電子オルガンが響き、三味線は泣き叫びます。

一発録りならではの演奏の荒さは両者の闘いの息づかいが聴こえて来るようで、まるでライヴ演奏のようです。

B面の『黒い瞳』はロシア民謡。電子オルガンバックに三味線は寄席囃子調の『佃』で始まり、三味線にはたっぷりエコーがかかってます。ジャケット写真と音から推測すると、美智也は細棹を使っているようです。
歌メロのアンサンブルあとに、こちらでも両者の掛け合いが聴けますが、A面の鼻息の荒さはこちらでは落ち着いていて、私としてはこちらの『黒い瞳』の方が好きです。
ロシア民謡のカチューシャ、トロイカ、1週間など私は今まで三味線で演奏しましたが、ロシア民謡の旋律は津軽三味線で弾くと、しっくり来るように思います。単なる思い込みなのか、寒い地方の音楽同士、通じるものがあるかもしれません...。

両者、三味線とエレキの日本一を自認され、津軽じょんがら節の名手と云えるお2人はお互い楽器が違えど、民謡をエンターテイメントに高める志は一緒!
対決の果てに両者の心は見事にシンクロしたのでありました。

よって、引き分け!! 

(敬称は略させていただきました)

カテゴリ:

※このイベントは終了いたしました。

2月の浅草Performerショーケースは、京本千恵美の『マイム de よみきかせ』
kyomotochiemi-1s.jpg

おやこで楽しむパントマイム 

みんなが知ってる童話のよみきかせです。
あらあら、登場人物たちが本から飛び出し、動き出します。

日本を代表する"異色コメディエンヌ"京本千恵美が
みんなの知っている姫とちょっと違う、イキイキとした白雪姫を描いていきます。


2月18日(土)/開演14:00 (開場13:30)

料金/予約1500円  当日2000円  
★大人が同伴する小学生以下の子どもは無料
★小学生以上のご入場者1名につき、ドリンク(¥500)を別途お買い求めください。
★小学生のみでの入場は不可とさせて頂きます。

ご予約は:
電話 アミューズ ミュージアム 03-5806-1181(10:00~18:00)
または、こちらの問い合わせフォームからお願いいたします。

カテゴリ:

こんにちは。

東京でも雪が降り毎日寒い日が続いていますが、
そんな中でもミュージアムショップには沢山のお客様が
足を運んでくださっています。ありがとうございます。
 
さて、早速ですがオススメ商品のご紹介。
今回は庄内さしこの小物やバックをご紹介します。
Yone11-1.jpg
 
こちらの庄内さしこ、一目見た瞬間に濃紺と白のコントラストに
思わず釘付けになってしまいました。
おもいっきり刺し子が主張している感じがいいです!
 
私とアテンダント平田さんは、模様違いでこちらのバレッタを即購入。
ショップでも時々身に付けていますよ!
Yone11-2.jpg
バレッタ 各1600円
 
津軽のこぎん刺しとはまた違った味わいで、どこか素朴な感じがします。
そんな素朴さと現代風のデザインが組み合わされなんとも言えない
かわいらしさです。
Yone11-3.jpg
手さげバック 9450円 、小銭入れ 2500円
 
店内は庄内さしこ以外にも沢山の刺し子小物があります。
ぜひお気に入りの刺し子を探してみてくださいね。
 
アテンダント米岡でした。

カテゴリ:

こんにちは!
この身を切るような寒さ!
日本列島にもついに冬将軍がやってまいりました。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?アテンダント平田です。

今日は冬に因みまして
冬の花のモチーフとして愛されている
『椿』グッズを紹介したいと思います。

tsubaki_4.jpg
◆ちりめん小風呂敷◆
赤・白・黄 の三種類 各1,050円(税込)
 
THE・正統派のツバキ。
贈り物を包んでお渡しするときなどに、
季節感を添えてみてはいかがでしょう?

tsubaki_1.jpg
◆紅椿ギャザーポーチ◆2,100円(税込)

リップクリームやハンドクリームなど
すぐ出したいのに見つからない時、ありますよね?
そんな時はこのポーチに入れて、
カバンの取っ手につけておけば安心。
冬のコーディネートのアクセントにもなりそうです。

tsubaki_3.jpg
◆紅椿がま口◆3,675円(税込)

こちらも同じ麻素材・椿柄のがま口です。
大きめなので、ポーチとしてもご利用いただけます。

tsubaki_2.jpg
◆紅椿ブックカバー◆2,100円(税込)

寒い日には、おうちで読書などどうでしょう。
本といっしょに贈り物にしたら、
相手のほころぶ顔が目に浮かぶようです。
 
 
こんな感じで
とっーーても可憐な椿グッズ。
季節のものを身の周りに取り入れて、
寒い冬も粋に!楽しく!!過ごしてみませんか?
 

ではでは、今回は平田がお送りしましたー!

カテゴリ:

当ミュージアムともコラボして、Wネームの商品を開発、販売しているこだわりの藍染工房「ブルーハンズ」


藍染工房「ブルーハンズ」は、天然藍を使用し、自らオーガニックコットンに染め作業をした生地を使い、江戸時代から愛されてきた粋な模様と、ちょっとした遊び心を大切に、ひとつ一つデザインし、同じものは二度と作らないという「究極の一点もの」は、「いつかは飽きる物ではなく、いつまでもかっこイイ物」を目指し、バッグや帽子などの小物を制作しています。

その藍染工房ブルーハンズが、2回目となる作品展を開催。

そのタイトルは、
Blue Hands「藍染め職人が作る、オトコの暮らしに必要な雑貨」展

詳しくは下記フライヤーでご確認ください。

※画像はクリックで大きくなります。
otoko-ten.jpg

会期中には主宰の片岡氏も会場に登場してくれます。お楽しみに。

カテゴリ:

※このイベントは終了致しました。

歳友と検定クイズを勝ち抜け!

「土方歳三 検定問題集【初級編】」ご購入者先着100名様を無料でご招待します。

Fan+flyer.jpg

※この画像はクリックで大きく表示されます。

土方歳三ファンによる、歳三好き同士がコミュニケートして友達になるきっかけを創るイベント。
彼が生きた「幕末」という時代を分かりやすく、おもしろいプレゼンテーションを皮切りに、ランダムに編成された歳三好き同士のチームで歳三クイズに挑みます。

「土方愛推奨ルート 函館五稜郭ツアー ペア招待」「名刀兼定レプリカ」など
超豪華賞品が用意されています!!

イベントコンセプトは、「歳三で共有」。
基本、土方歳三という人物が好きなひとたちが集まるので、
そんな「きっかけ」を提供できたらと思います。

<イベント概要>

開催日:2012年1月27日(金)
開場/開演/終了:18:30/19:30/21:30

場所:AMUSE MUSEUM 6F織り姫の間

入場予定数:100名(1ドリンク、軽食付き)
プレゼンター: 渡部麗(レキシズル)、早川知佐(六龍堂)
協力:新人物往来社・角川コンテンツゲート・レキシズル
制作:コンテンツ・キッズ
主催・企画:NTTプライム・スクウェア

詳しくは:月刊「歴メン土方歳三」まで

このイベントに関するお問合せ先:
(株)コンテンツキッズ 担当 佐治さま TEL:03-5842-1511

カテゴリ:

みなさま、こんにちは。
中田でございます。

今回、わたくしは、ついつい寒い冬、黒っぽい服装になりがちな方へのオススメ商品です!

はい、こちら〜。

Nakata11-1.jpg

麻生地でくるんだハート型のピンブローチです。 

シンプルな洋服や帽子、バッグなどの小物のポイントとしていかがでしょうか。

では、早速使い道実践編!

Nakata11-2.jpg

超シンプルなマフラーが、可愛く変身です。

Nakata11-3.jpg

アミューズミュージアムでお馴染み、ブルーハンズの藍染帽子にも、付けてみました。

ぜひぜひ、このピンブローチでこの冬のおしゃれを楽しんで下さいませ。

そして、嬉しいことに桐箱入りなので、プレゼントとしてもオススメです!!! 

皆様のご来店お待ちしております。

カテゴリ:

※このイベントは、終了いたしました。

Shinoharu2_s.JPG
立川志の春が、パフォーマーをゲストに迎えお届けする落語会「春色日和」。

svp-5_s.jpg
今回のゲストはスタイリッシュ、ノスタルジック、そしてクスッと笑わずには
いられないパントマイム劇場を見せてくれる「シルヴプレ」。
日本全国のみならず、海外でも人気のステージをお楽しみください。

2012年1月26日(木)
13:30開演(13:00開場) ←赤ちゃんもお子さまもご一緒にどうぞ!

19:30開演(19:00開場) ←未就学児のご入場はご遠慮ください。

予約2000円 当日2500円(いずれも1ドリンク付)

各回とも、お客さまと出演者との雑談タイムあり。
そしてお昼の会は、小さなお子さま(未就学児無料)もご一緒にお越しいただけます。

ご予約は:
電話 アミューズ ミュージアム 03-5806-1181(10:00~18:00)
または、こちらの問い合わせフォームからお願いいたします。

カテゴリ:

※このイベントは終了致しました。

「月を詠んで暦を知り、明日を占う。その昔、人は月とともにに生きた。」

月詠-TSUKUYOMI-は月によって今を生き、明日を知った日本人の心を日本の楽器を通して詠います。

tsukuyomi_5s.jpg
月詠-TSUKUYOMI-は、2008年結成の音楽ユニットです。
グループとして、映画のサウンドトラック、CMや企業PVなどにも楽曲を提供し、2009年には1stアルバム「月詠-TSUKUYOMI-」もリリースしています。

メンバー個人が各々のフィールドで活動する中、pops、jazzなどの要素を取り入れたオリジナル楽曲を中心に民謡やjazzアレンジなども取り入れたパフォーマンスで、ライブ、イベントと活動を展開。
情感、躍動感あふれる演奏、またそれを彩る数々の曲は、世代を問わず好評を博しています。

和楽器の持つ魅力とジャンルの枠に留まらない月詠-TSUKUYOMI-独自のサウンドを更に確立させ広く世界へ発信する。
tsukuyomi_lives.jpg

そんな月詠-TSUKUYOMI-のアミューズミュージアム初ライブは:

2月17日(金)18:30 OPEN, 19:00 START
前売り・当日共に¥2,500(ワンドリンク付き)です。

ご予約は:
電話 アミューズ ミュージアム 03-5806-1181(10:00~18:00)
または、こちらの問い合わせフォームからお願いいたします。

カテゴリ:

皆様
明けましておめでとうございます。
 
Tajima11-1.JPG
毎年恒例のお飾りが入口でお出迎え。
 
 
新年を迎えた皆さまに向けて、
この度、オリジナルグッズが増えました!
 
Tajima11-2.JPG
歌川国芳 めでたづくしのクリアファイル(A4) 399円
 
おかめに天狗に達磨に福助、
あらこれは何かしら・・・?と
毎日使っても飽きのこないファイルです
 
Tajima11-4.JPG 
達磨に福助。

Tajima11-3.JPG
天狗とおかめが鉢合わせ。

Tajima11-5.JPG
猫づくしもあります。どうぞ招き猫代わりに。
 
 
裏面にも各々オマケがあります・・・秘
当館限定グッズですので、
是非足をお運びください。
 
 
浅草寺の初詣が済みましたら、
どうぞ右へ右へ、
二天門前でお待ちしています。
 
引き続きこのブログでも
魅力ある商品をご紹介していきます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
アテンダント
タジマ

カテゴリ: