AMUSE MUSEUM BLOG

■2012年6月アーカイブ

アミューズミュージアムの辰巳館長がアドバイザー、コンセプトプランナーを務める、京都伝統工芸協議会の伝統工芸イノベーション事業アドバイザー業務も今年で3年目となります。

Kyomono2011.jpg
今年度はアミューズミュージアム・プロデュースの新商品開発だけでなく、広く、若手デザイナー・プランナー・美大生などから、「伝統工芸の技術を応用した、新商品のアイデアを募って商品化しよう」ということで公募のコンペもやる事になりました。

「Kyoumono Showcaseー未来の京ものデザインコンペ2012」

NPO法人京都伝統工芸情報センターでは、京都の伝統工芸職人とデザイナーのコラボレーションで、新しいオリジナル商品を生み出すプロジェクト「Kyomono Showcaseー未来の京ものデザインコンペ2012」を実施いたします。

これは2010年度より当センターと京都伝統工芸協議会が行ってきた試みをさらに発展されるものであり、現代生活にマッチした商品のアイデアを求めている伝統工芸職人と、手づくりの魅力や伝統の技術をデザインに生かしたいデザイナーが出会うことにより、新たな伝統工芸商品の創出を目指すものです。
京もの文化を創り上げてきた伝統の技を活用して「未来の京もの」をつくりせんかーー。

<日 程>  作品提出〆切 2012年8月31日
< 賞 >  商品化

詳細は特設サイト にて御確認ください。

主催・kyomono showcaseプロジェクト・
NPO法人京都伝統工芸情報センター
後援・京都伝統工芸協議会
協力・アミューズミュージアム
<お問い合わせ> kyomono showcaseプロジェクト事務局
NPO法人京都伝統工芸情報センター内 kyoto@kyo-kogei.net

カテゴリ:

※このイベントは終了いたしました。

新しい和のスタイルを発信するイベント平成ロマン!! 
魅力的な出演者や出店ブースが盛り沢山です。 
バーからはスカイツリーと浅草寺が一望出来ます。 
ぜひ、夏祭り気分でお越し下さい。 
着付けサービスもございます。 

2012.8.18hr-omote.jpg      2012.8.18hr-ura.jpg
※画像はそれぞれ、クリックで大きくなります。

●イベント名● 
平成ロマン 

●日時● 
8月18日(土)12:30~16:30 

●会場● 
布文化と浮世絵の美術館 アミューズミュージアム 6F 織り姫の間 

●料金●  
予約:¥3,000(1ドリンク付) 当日:¥3,500(1ドリンク付) 

★茜澤茜プロデュースShow★ 
ー怪談牡丹灯籠ー 
Lumi(Brillante.)  
重住綾(The JACABAL's) 
吉祥花 
chan 
茜澤茜 

★LIVE★ 
ーKIJIー(三味線) 
遠藤直幸(尺八) 
重住綾(The JACABAL's) 
竹本洋平(The JACABAL's) 
茜澤茜 

★SHOW★ 
MoMo×茜澤茜 
カリタス(偉伝或~IDEAL~) 

★山中隆介プロデュースshow★ 
綿屋十目治(The JACABAL's) 
久保田真由美 
山中隆介(キャンパスシネマ) 

special thanks 
小松雅樹 
小松優恵 

★DJ★ 
Gヤマ 
yumi (VERONICA) 

★MC★ 
綾乃彩(ココロプロモーション) 

★出店ブース★ 
●リンパマッサージ● 
マッサージ CREW『A.T.P』 
理学療法士のノーボルとひぐっちゃんが疲れた体を癒します。 

●たっくんの言葉コーナー● 
イオンで年賀状が全国発売、『あなたの瞳を見て直感で言葉を産み出します』 
即興であなただけへのメッセージを筆文字で届けます。 

●咲々-sakusaku-● 
Brillante.がプロデュースをしている"和"を意識した小物ブランド。 
和装にも洋装にもお使いいただける商品をご用意しております。 

●VERONICA● 
着物スタイリストyumiが浴衣、着物持参の方、500円で着付けいたします! 
着物に関する相談も受け付けております。 

●かんざし富美子● 
古布帯地等を使用してかんざし、アクセサリー等を製作、お洋服にも使えるクールな商品ばかりです。古いのに新しい魅力に生まれ変わった作品たちを、お手にとってご覧ください。 

●スタッフ● 
cana 
pamela works 
shio irony 
林檎酢 
吉賀俊輔 

◎special thanks◎ 
台東区フィルムコミッション 

◆SNS◆ 
【Twitter】heisei_roman  【mixi&facebook】平成ロマン 

カテゴリ:

皆様こんにちわ。
アテンダントのじゅんです。
 
ひと足早い台風に、豪雨。
最近はお天道様も号泣しきって、街もなんだか。ジメジメとドンヨリとした雰囲気。
こうも雨ばかりだと、気分も塞いじゃってお家に引きこもりがちになっちゃいますね。
 
だけれど、こんな塞ぎがちなお天気だからこそ、お出かけをして気持ちを晴れやかにしたいものです。
そんな気分upなお出かけに、是非お供させていただきたい一品が登場致しました。
 
それがこの「舞妓さんのバックハンガー」¥4200-
 
Ohara15-1.jpg
 
ホラホラ、綺麗なお花でしょう?
まるで朝露に輝く紫陽花のよう。
お色は銀色と赤、ピンクがございます。
これは赤。
 
Ohara15-2.jpg
 
とてもゴージャスに輝いていますね。
 
実は、このバックハンガー、京都の伝統技法、「つまみ細工」で作られてるのです。
「つまみ細工」とは、一枚の四角い布を折り、草花蝶などを表現する繊細な技法。
江戸時代から舞妓さんのかんざしの飾りとして多く用いられていたそうです。
かんざしだと、「和服じゃないと決まらないわ。
でも普段は着物なんて着ないしな。」とおっしゃる方もいらっしゃるかも知れませんが、
このバックハンガーだと、カジュアルなジーンズ、そしてパーティードレス、場面を選ばず、手にされたアナタに華を添えてくれるでしょう。
 
このバックハンガー、一つ一つ、カワイイ小箱に入っていますので、プレゼントにも最適です。
(次の写真のお色はピンクです。)
 
Ohara15-3.jpg
 
持ち運ぶ時はカバンのアクセサリーとして凛とした花に、
カバンを引っかける時には、力強い花になるこのバックハンガー。
 
Ohara15-4.jpg
 
梅雨の憂鬱なこの季節。
この美しさに溢れたバックハンガーを連れて、笑顔を絶やさない素敵な舞妓さん気分になってみてはいかがですか?
 
ぜひお手にとってご覧になってください。
皆様のご来館、心よりお待ちしております。
 
アテンダント
じゅん

カテゴリ:

※このイベントは終了いたしました。

今年ももうすぐ夏本番!今年は、あのサンバカーニバルも開催されます。

浅草といえば「江戸下町情緒」というイメージがありますが、実は大の新しもの好きなのが浅草ッ子の気質。

1956年「国際劇場」(現在の浅草ビューホテル)に、 マンボの王様ペレス・プラード楽団の初来日公演が行われました。それを契機に「全国津々浦々伝染病のごとくマンボが流行」(当時のNHKニュースより)日本に一大マンボブームが沸き起こりました。

そう!浅草は、サンバではなく日本のマンボ発祥の地だったのです!!

しかし、直後にロカビリーブームが到来、いつのまにかマンボは人々の記憶から忘れ去られてしまいました。さらに、浅草喜劇俳優の故・伴淳三郎氏と当時の台東区長が、マンボではなくそれまで浅草とはまったく関係のなかったブラジルのサンバをテーマにしたお祭りをやろうと決めてしまいました。

今では浅草サンバカーニバルは東京下町の夏を代表するお祭りのひとつにまで成長。
パラダイス山元氏はただただ指をくわえて、それをうらやましがって見ていました。

昨年、サンバカーニバルは諸事情で中止となりましたが、その隙を突いて日本のマンボ発祥の地、ここ浅草で、「第1回浅草マンボカーニバル」が開催されました。今年はついにサンバカーニバルと同日、AKB東京ドーム公演にぶつけて「第2回浅草マンボカーニバル」が開催されることになりました。

ご期待ください。

Paradise2_s.jpg

【公演内容】
マンボの王様 ペレス・プラード、ティト・プエンテ、それにザビア・クガート、エドムンド・ロスの名演奏に加え、トニー谷、江利チエミなど和モノマンボも爆音でお楽しみ頂きつつ、パラダイス山元の情熱のコンガプレイが炸裂!

Kiyomi Lee・Mioのマンボベリーダンス、さらに、ミス・キャバレッタ嬢、Pink Loves You のマンボバーレスクダンスなど、浅草で情緒あふれるヌードが満開。
miss_cabaretta2_s.jpg
ミス・キャバレッタ

Kiyomi_Lee_s.jpg Mio2_s.jpg
          Kiyomi Lee                           Mio

「ザ・マン盆栽」「餃子のスゝメ」「読む餃子」など、これまでパラダイス山元の著作の87%以上をプロデュースしてきた石黒謙吾、「中南米マガジン」編集長 金安顕一、パラダイス山元によるマンボトークを、お座敷に雑魚寝しながらゆるゆる気分でお楽しみ頂きます。

参加者全員にもれなくパラダイス山元のいらないモノが当たる「お楽しみ大マンボ抽選会」を開催。終演後の火照ったカラダを冷やすのに最適!入浴剤ソムリエ パラダイス山元の新作入浴剤「クール蔓潤湯」(昨年は試作品をお配りしましたが、今年は完成品)をご来場頂いたみなさまにもれなくプレゼント!

なお、18歳未満の入場は固くお断りいたします。
当日のUstream中継等の予定は一切ございません。
リアルでしかご体感できませんので、是非おでかけ下さい。

【出演】
〔第1弾出演者発表〕
パラダイス山元 (ぱらだいすやまもと: 東京パノラママンボボーイズ)
ミス・キャバレッタ (マンボバーレスクダンス)
Kiyomi Lee ・ Mio (マンボベリーダンス)
Pink Loves You (マンボバーレスクダンス)
石黒謙吾 (いしぐろけんご:著述家・編集者・分類王)
金安顕一 (中南米マガジン編集長)
余語丈範(よごとものり:ペレスプラード楽団 日本人初のメンバー)
ほか
(7月中旬頃に、出演者の第2弾発表があります。お楽しみに!)

【会場】
浅草アミューズミュージアム6階 織り姫の間

【日時】
2012年8月25日(土)
12:30 開場、13:00 開演(16:30 終演予定)

【料金】
予約 3500円 当日 4000円 (1ドリンク+1入浴剤 「クール蔓潤湯」+抽選券)

【主催】
浅草マンボカーニバル実行委員会

ご予約は、電話 アミューズ ミュージアム 03-5806-1181(10:00〜18:00) 

または、こちらの問い合わせフォームからお願いいたします。

カテゴリ:

じめじめとした梅雨が明けると今年も猛暑がやってきます。
昨年の浅草は溶けるような暑さでした。
日本の夏は年々暑くなってきているような気がするのですが・・・
熱中症で体調をくずされる方も少なくないと思います。
そこで、なかなか会えない人に暑中見舞いを出してみてはいかがでしょう?
 
Yone14_1.JPG
各399円
 
涼しげなイラストだけでなくあおげて実際に涼しくなるミニうちわに
メッセージを添えて送ります。
封筒に入れると定形郵便として80円で送れますよ。
 
Yone14_2.JPG
各420円
 
スカイツリーの絵もあります。
 
自分は手描きのものを送りたいという方は
最後にこの遊印を押すと絵が引き締まりますよ。

Yone14_3.JPG
3,230円
 
180種類あるのでお客様のお名前の印を探してください。
作家さんの手彫りなので、同じ字でも微妙に違います。
 
印泥も2種類ご用意しております。

Yone14_4.JPG
各1,260円
 
文字や絵をかくのが苦手という方でも押すだけで不思議とキマッて見える遊印。
朱色だけでなく、金泥や銀泥で押してデザインの一部として使用するなど
センスとアイデアが活かせます。
 
メールが主流の時代ですが、思いがけずポストに便りが届いていると
うれしくなりますよね。
ぜひひさしぶりの方にお便りを出してみてください。
 
アテンダント米岡でした。

カテゴリ:

アミューズミュージアムの倉庫に眠る作品・商品を期間限定で展示・販売します。
 
「世界でもっとも美しい」と言われる浮世絵、アメリカ・ボストン美術館所蔵 スポルティング・コレクションの高精細デジタルプリントを中心に、田中忠三郎コレクションから初公開の古民具など貴重なものばかりです。
 
Takaranosouko.jpg
※画像はクリックで大きく表示されます
 
また、近年ロシアのエルミタージュ美術館(最後の宮殿)にて『現代錦絵』展を行った錦絵師の中根幹夫氏の原画、 当館正面にて毎月一回開催の「市川笑三野菜市」でおなじみ、歌舞伎役者 市川笑三の『英国 獨道中五十三驛(ひとりたびごじゅうさんつぎ)』の写真も同時に展示します。

※このチラシをお持ちの方は、2Fギャラリーのみ無料でご覧頂けます。 
その他の展示室へは入館料1,000円がかかります。
上のイメージをプリントアウトしたものを持参、または携帯電話などで上の画像をチケットカウンターにて提示して下さい。
 
場所:アミューズミュージアム二階ギャラリースペース
2012年6月19日(火)〜7月22日(日)10:00~18:00
毎週月曜日定休 ※月曜祝日の場合は翌日休館
※最終日、7月22日は17:00までとなります

カテゴリ:

入梅し、なんとなく不安定な空模様ですが
みなさまいかがお過ごしでしょうか?
アテンダント平田です。

今回は当館の定番商品、
弘前こぎんをご紹介いたします。
 
hirata14-1.jpg

こぎん刺しの特徴は、
藍染めの麻布に、白い木綿で織り目にそって手刺しするもので、
今日では用途によってウール地なども用いられているそうです。
ふくらみのある綿の糸で綴られたこぎん刺しを
ワンポイントにあしらった小物などは
今を生きる私たちの目にも、とてもかわいらしく映ります。

◆くるみボタン

hirata14-2.JPG

ヘアゴムにも、ブローチにも。
(中)800円/(小)650円/(ミニ)550円

◆こぎん手鏡

hirata14-3.jpg

大切な方への贈り物に。
各 2,100円

◆こぎんキーケース

hirata14-4.JPG

紳士にだってオススメです!
各 1,575円

 
このほかにも
 
しおり・ストラップ・楊枝入れなどの小物や
コースター・ランチョンマット・がま口などの日常使いできるもの、
お化粧用ポーチ・トートバッグ・ポシェット・信玄袋などなど!
とってもたくさんの種類のアイテムがございます。

浅草にお越しの際は
ぜひ!こぎん刺しコーナーに足をお運び下さいましね。
ではでは、アテンダント平田でした。

カテゴリ:

2012年6月3日、浅草アミューズミュージアムにて、第4回山本大津軽三味線教室ライヴ!!を開催しました。

教室生徒有志14名と、ゲストと私の16名の演奏による2時間番組でございました!
今回は満員御礼の立ち見まで出る大盛況!お越し下さいましたお客様、誠にありがとうございました!!

Dai50_1.jpg

私山本大がライヴ企画、プログラム考案〜各生徒演奏指導〜アンサンブルとアレンジ〜舞台演出〜司会進行〜そして演奏を行いました。

〜当日プログラム セットリスト〜

津軽甚句 

四段〜五段〜六段 

ねぶた囃子 

リンゴ節 

嘉瀬の奴踊り

黒石よされ

六段(一段〜三段)

生徒2名姉妹による、東京音頭 スーパーマリオブラザーズ

生徒友人合奏

生徒ソロ 津軽じょんがら節旧節

生徒津軽三味線ソロ

カチユーシャ

ベンチャーズパイプライン

山本大ソロ

ゲスト ランブリンアラタ ソロ

ランブリンアラタ×山本大

津軽甚句 ランブリンアラタ×山本大出演生徒全員による合奏

今回も全員による合奏はもちろんでしたが、ユニットを組んでいただき様々に演奏もしていただきました。少しご紹介いたします。

Dai50_2.jpg
六段演奏の有志!

Dai50_3.jpg
双子姉妹、付け髯に扮してスーパーマリオブラザーズを演奏!

Dai50_4.jpg
友人が集い合奏!

Dai50_5.jpg
司会を進めながら、出演者の意気込みなどをインタビュー。

Dai50_6.jpg


Dai50_7.jpg
ゲストランブリンアラタさんは普段は新宿のブルースバーのバーテンダー。
ハーモニカで蒸気機関車を模して会場を沸かしました!流石です。

Dai50_8.jpg

アラタさんと私との演奏は最もらしい、津軽じょんがら節の曲弾きとのセッション〜12小説のブルース〜リンゴ追分を演奏していただきました!
レトロな響きのハーモニカと三味線は非常にマッチしました。

今回は諸事情によりギター用のピックを用いて演奏させていただきました。
ソロ演奏では撥には表せない音表現と可能性を得るに至り、演奏させていただきました。
これは新しい世界です!!益々ひろげて行きたいと思います。

習い事の成果を演奏する発表会では無く、お客様に喜んでいただけるエンターテイメントを目指して始めたライヴ。プログラムや司会進行も含め、これからも益々楽しく面白く、涙あり、笑いありの舞台にして行きたいと思います。目指すは欽ちゃんの仮装大賞?でしょうか。

Dai50-9.jpg

津軽らしさの追及も勿論大事ではありますが、今回のようなポピュラーソングや仮装など含め、砕けた演出を広げて行き、益々皆様に楽しんでいただけるライヴを心がけたいと思います。これからも山本大教室ならではのナンバーをご期待ください! 
この度はご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました!御礼を申し上げます。
また次回のお越しを一同心よりお待ちいたしております。 

Dai50-10.jpg

カテゴリ:

皆さま梅雨入り前にこんにちは!

本日はこれからの夏のファッションに
取り入れたくなるRaffiaラフィアのアイテムを
ご紹介します!

Tajima14-1.jpg

ラフィアは椰子(ヤシ)の葉を加工した天然の素材。
軽くてやわらかく、ある程度の防水性もあります。
使えば使うほど艶がでてくるのが特徴です。

●まずはオーソドックスなラフィアバッグ
Tajima14-2.jpg
ラフィアバッグ(大) ¥1,4700
小もあります
A4サイズも楽々入る大きさで、
持ち手部分は馬革でしっかりしています。
人気があり、昨年は売り切れてしまいました。

●次にラフィアと相性のいいリネン生地との組み合わせバッグ
Tajima14-3.jpg
ミニバッグ ¥6,825

Tajima14-4.jpg
東袋 ¥9,240

ちょっとした買い物から、浴衣にも合う優しい色合いです。
グレーとグリーンの他にネイビーもあります。

●そして帽子を

Tajima14-5.jpg
ラフィアの帽子 ¥6,090
風通しがよく、
日差し対策もラフィアの帽子なら涼やかです。
軽くてシワになりにくいので、畳んバッグに入れて持ち歩けます。

いかがですか?
見た目も涼やかな実用派、ラフィア。
オススメです!

アテンダント タジマ

カテゴリ:

「月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり」。私の好きな松尾芭蕉先生の言葉です。生そのものは旅人のようなものであり、人は生まれて土に還るまで、いろいろな人たちに出会い、別れていく。私たちは宇宙のなかの星、地球に生きて、また、生かされており、今まで生きてきた時間には多くの"私'が凝縮されています。幼い時に見た空の色や、学生の頃、顕微鏡で覗いた植物の細胞が美しかったこと・・・・・。それらはみな、アートの世界であり、描くことによって意識の底に重なっていたものが浮かんでくるのです。/細谷玉江

Hosoya.jpg
※画像はクリックで大きく表示されます。


細谷玉江【ほそや・たまえ】
油彩画家。ギャルリーヴェルジェ主宰。日本美術家連盟会員、新構造社委員、
相模原芸術家協会会員、現代俳句協会会員。

油彩画家 細谷玉江作品展「空の旅人」

場所:アミューズミュージアム二階ギャラリースペース
2012年6月5日(火)〜17日(日)10:00~18:00
※最終日、6月17日は17:00までとなります

カテゴリ: