AMUSE MUSEUM BLOG

■2012年7月アーカイブ

皆様こんにちは!
毎日暑いですね!!
 
早速ですが、、
前回お知らせした、
食品サンプル体験。既に沢山の方に参加して頂いてます。
実はこの期間中限定で、1Fショップでは、
自分で作るサンプルキットを販売しています。
その名は「さんぷるん」!
Tajima15_1.JPG
手前:かき氷シリーズ(全4種)¥1,600
 
このキットがあれば、あの美味しそうなサンプルが
自宅で手軽につくれちゃいます!
 
現在の一番人気はこちら、
パフェシリーズ(全5種)¥1,800

Tajima15_2.JPG
チョコレートパフェ(オプションパーツ¥210〜)

キット 内容はこんな感じ。

別売のパーツを付け足せば、オリジナルパフェの完成です。
写真のパフェにはアイスとチェリーをトッピング!
 
 
次は料理シリーズ!(全8種)¥2,000

Tajima15_4.JPG
やきそば

Tajima15_5.JPG
キット内容はこんな感じ。
 
具材の配置や、お箸で持ち上げた時のリアルな感じ、
これはもしかしたら、、、
子供たちより大人の方がハマってしまうのでは!
 
この夏、 
サンプル製作体験&美術館ツアーと合わせて、
自宅でも食品サンプルデビューしませんか!?
 
ご来館お待ちしております。
 
暑いので、くれぐれもお体には
お気を付け下さい。。
 
アテンダント 
タジマ

カテゴリ:

夏休みがはじまりました!
浅草の夏のイベントといえば、花火大会や灯篭流し、そしてサンバカーニバルでしょうか?
どれも毎年大勢の人でごった返していて、子供連れではちょっと。。とか、帰りが混み合っていて。。という声をよく聞きます。
そんな方々にお勧めしたいのが、当館の夏休み特別企画「We Love HANDMADE!」です。
 
いったいどんな内容かというと、レストランの店頭によく飾られている、アレを作るのです。

溶かした蝋(ろう)を巧みな温度調節によって、あっという間に天ぷらや野菜に早変わり!
この体験教室では、スタッフがはじめに実演し、その後丁寧に教えてくれるので、初めての方も楽しく体験できます。

当館のスタッフもさっそく試してみました。
suzuki15-1.JPG
まずお湯に白い蝋(ろう)を入れます。

suzuki15-2.JPG
次に緑の蝋(ろう)も入れ、ふわっと伸ばします。

suzuki15-3.JPG
芯の部分を作ります。

suzuki15-4.JPG

suzuki15-5.JPG
レタスに見えるように、ふんわり包んでいきます。

suzuki15-6.JPG
包み終わったら、半分にカット。

suzuki15-7.JPG
さて、レタスに見えるでしょうか? 

レタスの他にも、えび天や野菜天ぷらも体験でします。
この体験教室の後は、当館のスタッフがアミューズミュージアムをご案内します。 
100年前の着物や古民具を手で触りながら、日本の手仕事のすばらしさや、もったいない精神を感じて頂きます。

今年の夏は、家族みんなでアミューズミュージアムに遊びに来てみませんか?
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

鈴木

この体験教室へのご予約は以下にお電話ください。
フリーダイヤル 0120-17-1839(9:00~17:30)
定員になり次第締め切りとなります。最新の空き状況はお電話にてお問い合わせください。
※アミューズミュージアムではご予約をお受けしていません。
※お電話の際、「食品サンプル体験、夏の特別プランの予約」とお伝えください。

カテゴリ:

2012年7月24日(火)〜8月26日(日)まで、角川マガジンズ「毎日が発見」との共催イベント、震災復興支援企画「希望のふきん」展を開催しています。

Fukin2s.jpg

今回ご応募頂いた「毎日が発見」読者の皆様の手作り作品を上記の期間中、展示・販売し、少しでも震災復興の支援にお手伝い出来ればという企画です。

全国各地からご応募頂いた皆様の作品は、ふきん・ぞうきん1枚500円、布地蔵1体1,000円で販売し、売上の50%を日本一心プロジェクトを通じて、東日本大震災被災各地へ寄付します。

展示作品は2種類で、

【ふきん・ぞうきん部門】タオルまたはさらしに刺し子(または刺繍)したもの。
Fukin6s.JPG

【布地蔵部門】自作の布地蔵。
Fukin3s.jpg

となっています。

場所:アミューズミュージアム二階ギャラリースペース
2012年7月24日(火)〜8月26日(日)10:00~18:00
毎週月曜日定休 ※月曜祝日の場合は翌日休館
※最終日、8月26日は17:00までとなります

カテゴリ:

みなさん、こんにちは

毎日暑いですね。
梅雨があけたといってもこの暑さは堪えます。

そんなときこそ気分を新たにちょこっとおしゃれをするなんてどうですか?

夏になると浴衣を着る人も多くなりますよね。
なのでかんざしなんかいかがですか?
もちろん洋服にだって似合いますよ。

というわけでかんざしを紹介させていただきます。

まずはとんぼ玉のかんざし

kobayashi1-1.jpg
4200円です。

同じくとんぼ玉のかんざし。
kobayashi1-2.jpg
こちらも4200円

かわいいですよね〜

続いては京七宝のかんざしです。
kobayashi1-3.jpg
8925円 
色合いも素敵で涼しげです

kobayashi1-4.jpg
5775円
赤がとってもおしゃれ

このほかにもまだまだあります。
自分だけのかんざしを見つけにぜひ浅草にいらしてください。
きっとこの暑さに負けない素敵な気分になりますよ

アテンダント 小林

カテゴリ:

Dai51-1.jpg

唸り上げる一の糸、どこか妖しく切ない二の糸〜三の糸の音色。
SPレコードに針を落とすと、民謡伴奏の前奏が聴こえてきます。

こざかしいフレーズは一切無く、シンプルな演奏は胸を打ち、その音色にしばらく息は止まります。

張りの緩んだ皮から発するその音はリズムを刻み、妖艶な響きを発します。

ところで、津軽三味線の三羽烏と呼ばれたのは、白川軍八郎、福士政勝、木田林松栄の御三方。そしてもう1人、忘れてはならない方がいます。津軽三味線三羽烏+1で幻の四天王の1人と云われた、五十嵐清栄(いがらしきよえい)です。

Dai51-2.jpg

五十嵐清栄は、大正9年(1920年)6月11日生まれ。
三浦柾市に三味線の手解きを受け、昭和15年20歳の時にレコード吹き込みに参加するが、間も無く徴兵により入隊し、三味線を置きます。中国の大連〜フィリピンへと幾多の戦地をくぐり抜け生き延びますが、兵役に関する法律が改正されて3年の満期は延びてしまい、戦火の激しい宮古島の前線に向かいました。大戦が終わる頃、青森で待つ家族からは戦死したと思われていました。 
ところが、終戦を迎えた翌昭和21年、五十嵐は生きて青森に帰って来ます。
農作業をする傍ら、演奏活動を再開。宵宮などの舞台や、お祭りの余興、青森県民謡大会での伴奏、俚謡、民謡レコードの吹き込みで大活躍。戦後の昭和20年代は最も充実した演奏活動を行っていたようです。 

Dai51-3.jpg

そんなある日、順調に思われた五十嵐の三味線人生の行く手を阻む出来事が起こります。
宵宮の演奏あとに仲間と酒を呑んだ帰り道、岩木川に架かる安藤橋が増水により壊れてしまい、川を渡れなくなってしまいました。何とかして渡ろうとやむを得ず川に入ります。三味線の入った鞄を括り付けた自転車を担ぎ上げ、家族の待つ家を目指しますが、酒に酔った五十嵐はそのまま流されてしまい行方不明になります。2週間後に発見されましたが、昭和27年、31歳の若さで帰らぬ人となってしまいました。

服のポケットからは家で待つ子どもへの土産のキャラメルがありましたが、水に溶けて中身はすべて無くなり、空き箱になっていたそうです。 

幾多の戦地を潜り抜け、九死に一生を得て帰国し、再び三味線を弾き活躍しましたが、川に流されあっけなく人生の幕を閉じてしまいます。数奇な運命の巡り合わせに悲しみを禁じ得ません。

続く...。 

Dai51-4.jpg
(所有SPレコードの1枚)

参考/2008年3月20日放送・ATV(青森テレビ)『りんごの花咲く頃〜津軽三味線・五十嵐清栄伝』

キングレコード・『津軽三味線大全』ライナー(1986年発売)

カテゴリ:

いつのまにか太陽の陽射しがジリジリと熱い季節になってきました
浅草は朝顔市、ほおずき市と夏の風物詩で賑わっております

暑い夏 アイスを食べたりプールに入ったり、ビールを飲んだりといろいろな方法で暑さを凌いで夏を乗り切っていくわけですが、今回私は日本ならではの夏の楽しみ方!!
音で涼を感じさせてくれる、風鈴をご紹介したいと思います

まずはこちら
かき氷に見立てたかわいらしい風鈴 2,100円
kaji18-1.JPG

シンプルが一番 そんな方におすすめな白い風鈴 2,520円
kaji18-2.JPG
音を鳴らす部分が貝になっているのでとてもキレイな涼しい音を鳴らします

浅草名物の朝顔市、ほおずき市にあやかりまして
朝顔とほおずきの風鈴 2,100円
kaji18-3.JPG
飾っておくだけで趣がでます

風鈴につづいて節電対策として大活躍の団扇もご紹介致します

少しこぶりな豆団扇 840円
kaji18-4.JPG

kaji18-5.JPG

小さいけれど風はしっかり 実用的 鞄にも入るので持ち運びもできます
もちろんお子様にも使っていただけます

柄はたくさんありますのでお気に入りをぜひ見つけてください

これから夏本番 花火大会、サンバカーニバルと夏も浅草はお祭り目白押し!!!
暑さに負けず、夏を楽しみにぜひお越しくださいませ 

アテンダント 梶

カテゴリ:

皆様こんにちは。いよいよ7月になりました!
今年の夏の予定は決まってきましたか?
浅草もスカイツリーや浅草寺を見に来るお客様でますますにぎやかになることでしょう。
ただ、暑い暑い夏のことを考えると心も窮屈になってきてしまいますよね・・・。
そんな皆様に、夏の夜、暑さで疲れ切った心の透明感を取り戻すアイテムをご紹介しましょう。

日本で最も金箔産業が盛んな地、金沢。
そこで打たれる金箔や銀箔、プラチナ箔は金沢箔と総称されています。
アミューズミュージアムのショップでは、そんな伝統技術の金沢箔を使用した洗練されたグッズを取り扱っておりますが、最近、こんなアイテムが仲間入りしました。
 
kou×Kanazawaの金箔キャンドルです!
Okada2-1.JPG
各3990円(税込)

ゼリーワックスでつくられたキャンドルで、中には金沢箔である金箔が閉じ込めてあります。
Okada2-2.JPG
 
火を灯すと、とても幻想的な光が揺らめきます。
香りは、3種類をご用意しております。
Okada2-3.jpg
 
Sougen―草原―
爽やかで心ものんびりと、どこか懐かしい。
そんなノスタルジーを感じさせる落ち着いた香り。
 
トップ:フレッシュレモン、リーフグリーン、ユーカリ
ミドル:シナモン、ローズ、ガーデニア
ラスト:サンダルスィート、シダーウッド、ムスク

Nobara―野薔薇―
日本人女性の「大和撫子」をイメージして作られているそうで、凛と強い存在感の香り。
 
トップ:レッドアップル、シトラスミックス
ミドル:ゼラニウム、フルーティーローズ
ラスト:パウダリーローズ、クローブ

Umikaze―海風―
色とりどりの花が咲く満開の花畑に吹いてくる海風。
心をクリアにし、幸せになれる香りで満たしてくれます。
 
トップ:フレッシュグリーン、ミューゲ、ライム
ミドル:バイオレット、ローズ、ジャスミン
ラスト:ホワイトムスク、ホワイトシダー

ちなみに、このトップ、ミドル、ラストという香料の種別は、
揮発性の高いものから順に3タイプに分けられてバランス良くブレンドされるそうですよ。
この透明感の中には、こんなに多くの香料がブレンドされて、豊かな香りを表現しているんですね。

こちらの金箔キャンドルは、箱自体にそれぞれ、グリーン、ピンク、ブルーの水引のようなリボンがかけられているので、そのままプレゼントしても喜ばれます。
使うまで、このまま飾っておいても、かわいらしいですよね。
Okada2-4.jpg

夏の暑ささえも忘れさせてくれる、透明感あふれるこのキャンドル。
揺らめく火を眺めて、しばし心をリセットしてみませんか?
 
新人アテンダント
OKADA

カテゴリ:

※このイベントは終了いたしました。

「布文化と浮世絵の美術館」アミューズミュージアム
×
元祖食品サンプル屋


夏の特別コラボ企画
We Love HANDMADE!
世界に誇る日本の和・美・技術を見て触れて体験しよう!!
asakusa_AM201207-08.jpg
※画像はクリックで大きくなります。

NHK「美の壷」「新日本風土記」などでも特集が組まれるなど、新しいアートスポットとして注目されている「布文化と浮世絵の美術館」アミューズミュージアム(東京・浅草)の館内で、日本が世界に誇る食文化の伝統「食品サンプル製作」の体験教室&美術館ガイド付きアートツアー開催!!

「食品サンプル製作」体験教室は、スタッフが実演し丁寧にご指導しますので、初めての方も楽しく体験して頂けます。また、展示品に直接触れられ、写真も撮れるミュージアム見学は、スタッフが展示品を分かりやすく解説するスペシャルガイドツアー!
日本人が生み出した世界に誇る文化と技術を一度に体験できるスペシャル・コラボ企画となっています。ミュージアム屋上の展望デッキでは、浅草寺境内、スカイツリーをバックに記念撮影も出来ます。

定員:1回20名様まで ※対象年齢10歳(小学校4年生)以上

料金:お一人様2,000円(税込)
   食品サンプル製作体験とミュージアム見学料が含まれます。

時間:1日4回開催を予定しています。(1回90分程度)
   詳しい開催予定時間、ご予約状況はこちらをご確認ください。

内容:食品サンプル体験は下記より2品選んで製作し、お持ち帰りいただきます。
ろう細工の天ぷら(エビ・ナス・カボチャ・シイタケ・サツマイモ 他)
ろう細工のレタス

食品サンプルの原点である「ろう」を使用した食品サンプル作りの体験です。熟練職人が考案したサンプルをもとに、専門のスタッフが食品サンプル作りの伝統の業をご指導いたします。また、ものづくりの楽しさを仲間と共有できる食品サンプル製作体験は、学校、職場、趣味のサークルなどのレクリエーションの場としても好評です。

また、アミューズミュージアムで開催中の「美しいぼろ布展~日本人は何を失い、何を守ってきたのか?~」で展示されている約1500点の資料は、100年以上の時を越えて公開されている布のエコロジーの極致で、布を愛し慈しんだ人々が生んだ消費文化の対極のアートであるといえるでしょう。針目の一つ一つに、大切に繕われた布の温もりに、垣間見えるお洒落心に、どんなに貧しく過酷な境遇にあっても、優しさを抱き、人を愛し、豊かに生きた人々の心を、ぜひこの機会に感じ取って頂ければと思います。

定員になり次第締め切りとなります。最新の空き状況はお電話にてお問い合わせください。

フリーダイヤル 0120-17-1839 (9:00~17:30)
※アミューズミュージアムではご予約をお受けしていません。

※お電話の際、「食品サンプル体験、夏の特別プランの予約」とお伝えください。

カテゴリ: