<< 前の記事      [お知らせの一覧に戻る]      次の記事 >>
染め人にっき 7/28 "龍図"


龍は嫌い。とは聞いた事がない。
女子に関しては、かわいい!、と言ったする。
何が可愛いのか、よく分らないが、男はみな龍好きである。私もまたしかり。
古の絵師たちも、十人十色のドラゴンを描いている。
そんな中で、一番のお気に入りは、狩野探幽の八方に睨みの龍。
妙心寺の天井画でもある雲龍図で、どこから観ても睨まれている様に見えるという。

※以下の画像はクリックで大きく表示されます。

some13-1.JPG

some13-2.JPG

私もその絵が欲しくて、京都まで行き、お寺を探して、天井画を拝んだ。
そして、シコシコ模写して、彫り込んで、型紙にした。大中小と三つの龍を彫り込んでいる。
some13-3.JPG

聞いた話では、日本の龍は三本足で、中国は五本足。韓国は四本足とのこと。
龍の文化は中国を起点にしているので、日本が描けたのは三本まで。
そんなうんちくで、眺めてみるのも、龍図の面白み。
some13-4.JPG


八方睨みの龍、これからどう染めようか。
あれこれ考えるのが、この夏の課題となりそうです。

龍好きの方に唸って頂けるかどうか。魂込めて、染め抜かねば。


blue souls

カテゴリ:

page top