<< 前の記事      [お知らせの一覧に戻る]      次の記事 >>
染め人にっき 9/1 "もろもろ、イロイロ"


好きな色、好きな柄、好きな人。
その好みを追いかけて行くと、ゴールは霧の中。
でも、自分が作る物は、どこか好みが会う人に、もらって欲しい。
やっぱり、この柄がいい!という人に着て欲しい。そんな人の為なら、何回も染め直したい。
いつまでも、ボロボロになっていくストーリーを分かち合いたい。

そんな人に出会える事が、何よりのご褒美。

アトリエを開かせて頂いて、紺屋の工場では出逢えなかったお客さんが、ポツポツと現れてくれて、"にっきを観てます。"なんて言って頂いたり、"また来ます。"と、お声を頂いたり。
自分の小さな世界の扉が、少しづつ開いて行く感覚が芽生えてきています。
その反面、厳しい現実を教えて頂いたりもしています。高いと。

自分の好き勝手に作ったモノに共感していて、藍染めの手間ひまに掛ける想いや価値を分ってくれる人や、そうでない人から、もろもろ、イロイロ、日々勉強させて頂いてます。

9月頭は、秋用にロンTをいくつか型付けさせて頂きました。

※以下、画像はいずれもクリックで、大きく表示されます。
some15-1.JPG
染める前のピンキーベアー(熊画 by インディアン)

some15-2.JPG
北斎の虎、般若などのメンズのロンT

some15-3.JPG
染めた後の蓮のロンT(レディース)と、北斎のロンT(メンズ)

そして、fromアメリカ。
8/23、24、25に行われたエキスポジャパン in SFのご報告。

some15-4.jpg
BOROを背景に、がま口やTシャツ、トートbagなどが、会場の一角で、藍の嵐が巻き起こりました。

some15-5.jpg
美しい通訳のスタッフさん越しの、アミューズミュージアムブース。
館長さんも同席されての出展でした。

さて、さて、
9/18から始まる、ブルーハンズの一点モノ展も、大詰めです。
今回は、おもてなしの精神で、少しでも皆様に満足して頂けるようにと思っています。

染めの相談や、オーダーメイドなどに少しでもお応えできたらと。
会場の好きな柄を見つけて、Tシャツにして欲しい。手拭いにして欲しい等、自由にオーダーください。

10月からは、その作業に没頭できたらと思っています。そんなお手伝いが、アトリエで出来たら嬉しいです。
もちろん会場品は即売なので、売切り御免で頭を下げます。

ブルーハンズ

追伸
9/22、23、29日は、13時頃から本人が会場にいますので、御用の際は、お気軽にご要望くださいませ。

カテゴリ:

page top