<< 前の記事      [お知らせの一覧に戻る]      次の記事 >>
もうすぐ五月だ!ニッポン男児は歌舞伎だ!


今年の桜はどこへやら。。
なんだか例年よりも春らしくない4月は、あっという間に終盤になり、
もう5月もすぐそこに近づいて来ています。

皆様こんにちは。
アテンダントのジュンです。

「5月の行事はなぁに?」と問われると、
誰もが迷わず「5月5日の子どもの日!」と答えるのではないでしょうか?

Ohara27-1.jpg

「子どもの日」=「端午の節句」
昔から男の子の健やかな成長を願うこの日に、こんな素敵な五月人形セットでお祝いすると、男の子の第一希望の夢が叶うような気がしませんか?
まだまだ小さい男の子の将来の職業を想像する親御さんは、この日一日中ワクワクしているんではないでしょうか?。

「この子は運動神経がいいから野球選手になっているのか?」
「甘い物が好きだからケーキ屋さん?」
ご両親の夢は膨らむばかりでしょう。
沢山の選択肢がある、想像の中の男の子の将来の職業。
僕なら是非、せっかく日本男児に生まれたのだから、
「歌舞伎役者」になったご子息を想像して欲しいと思います。
(実は僕も小さな頃に夢みてました)

今日は、男の子の御両親へ「息子を歌舞伎役者へ」という想像を持って頂くために、ミュージアムショップで販売している人気の歌舞伎グッズをご紹介致します。

まずはこちら。
Ohara27-2.jpg

こちらの根付(ストラップ)、隈取をした顔をドドーン!!とアップで表現しています。
隈取には約束事がるそうで、「目のこの部分にこの色を塗ると悪者」、「このメイクは主人公」というように、登場しただけで、キャラクターの個性をすぐにお客様に伝える効果があるんだそうです。

是非、この隈取根付とにらめっこしていただいて、「うちの息子はどれが似合うのか?」を想像してみてはいかがですか?。

次はこちら。
Ohara27-3.jpg

ユニークな猫達が一列になって行進をしている手拭いです。
よく見ると、猫それぞれに名前が付いているではありませんか!
デザイナーさんにお伺いしてみると、この手拭いは歌舞伎の人気演目である「義経千本桜」をイメージしたもので、猫の名前は、その登場人物の名前だそうな。
まずはこの手拭いで登場人物名を覚えて、息子さんと生の歌舞伎をご覧いただくのはいかがですか?

そうは言っても、「歌舞伎って料金高いし、敷居が高いわ」と言う方には、
5月10日に当館で開催されるこちらのイベントをオススメ致します。

Nyabuki_new_flyer.jpgのサムネイル画像

野菜市、着付け教室なども当館で開催してくださっている歌舞伎役者市川笑三さんの出演するイベントです。

歌舞伎、演歌、江戸芸を「猫」をキーワードにゆったりと行うイベントなので、歌舞伎初心者の方も安心してご覧いただけるでしょう。

イベントの詳しい情報はこちら

江戸の頃より語り継がれる歌舞伎の世界。
未来の日本を背負って立つ男の子達にも、是非伝えていきたい伝統です。
いつの日か「アミューズミュージアムで歌舞伎の世界に目覚めて、俺は歌舞伎役者になったんだ!」
そう言われる事を夢見て。。

皆様のご来館心よりお待ちしております。

アテンダント・ジュン

カテゴリ:

page top