<< 前の記事      [お知らせの一覧に戻る]      次の記事 >>
染め人にっき 5.1 "藍の糸"


浅草寺の横にある浅草神社。
ここは、三人の神様をお祀りし、「三社さま」
とも言われています。
この祭りの聖地は、ブルーハンズにとっても神の杜。

some26-1.JPG
三騎の神輿が眠る、とある日の蔵。

三社祭の半纏を染める、紺屋さんで働いて
浅草でミュージアムに出逢って、
屋上でも染めさせて頂いて、
投網にかかったような人生が始まっています。

運命か、ご縁か、悪戯か。

この藍の糸は、一体何処へつながっているのか。
毎回訪れる煩悩は、いつ晴れるのか。
豊かな心は、いずこにあるのか。

some26-2.JPG
願いを叶える「to 7. 」のロゴマーク

Make a wish. for luck to you
ま、きっと、いいコトあるさ

と。


さて、

5月の第三週が近づいて参りました。
15~18日は、浅草がお江戸に変わる日。
お囃子、神輿、お酒に、はちまき。
もちろん衣装は、藍染はんてん。
江戸の風情がウェルカムバック。

some26-3.JPG
三社の網をあしらった藍染印半纏

染める側から、楽しむ側へ行ける日は、
また頑張ろ、と思える時。

威勢よく花開く、春ぼたんの様にデザインされた牡丹字。
吉原の外堀をあしらい、人との繋がりも示した吉原つなぎ。
町の名称に合わせた、色んな動物たち、などなど。

some26-4.JPG
金龍がいる浅草寺は、もちろん龍。

町内会ごとに異なる "しるし" を背負う、印半纏は、
意味があって、洒落っ気があって、本当にカッコイイ。

反骨精神、義理人情、
てやんでいな、職人魂、いなせな姿、
後悔なんて一昨日来やがれ。
思い立ったら、すぐ動け。やってダメなら考えろ。
心意気から始まる物語り、江戸っ子ソウルを、
この日に、思いっきり、吸収します。

三社際で、日本の心を、深呼吸。

some26-5.JPG
とある日の浅草寺・宝蔵門

藍の手
ブルーハンズ

●近況報告

その1
三社祭のために作ったハンチング、
十数点、完成しました。
ミュージアム1階で、是非どうぞ。
お祭りに合わせて、最終仕上げ中です。

その2
5月末から、2階ギャラリーで始まる、
"(仮称)妖怪展"へ、藍染品を出展します。

some26-6.JPG
※この画像はクリックで大きく表示されます。

Think Japanプロジェクト第一弾、
「いいコト、届け、東北。~国芳からの贈り物~」
そんな想いのハンカチ、染めてみます。

カテゴリ:

page top