<< 前の記事      [手仕事のギャラリー&マーケットの一覧に戻る]      次の記事 >>
甦る古布の世界Ⅵ


過去5回、当館2階ギャラリーで個展「甦る古布の世界」を開催し、大好評だったテキスタイル作家の坪内シモナさんの個展を開催します。
simona06.jpg
※画像はクリックで大きく表示されます。
シモナさんは結婚を機に日本にやってきたルーマニア出身の女性です。
もともと、ルーマニアの服飾学校で学び、洋服づくりをしていた彼女は、来日を機に、日本的なテキスタイルの色使いや細かな刺繍にインスパイアされて、着物や帯など古布をリメイクした独創的な作品を生み出してきました。
これまでも、着物をリメイクしたコート、羽織紐をリメイクしたネックレス&ピアス、男物の帯をリメイクして畳のヘリを装飾に加えたバッグなど、シモナさんのインターナショナルなリクリエイトセンスが満載のコーディネート。
今回のテーマカラーは赤と黒。どんな作品を見せてくれるのでしょうか?
 
古い着物地が、洋服やバッグに。
日本の伝統美とヨーロッパの感性が融合した、新たなデザインをお楽しみください。
「甦る古布の世界Ⅵ」
共同出展(敬称略 順不同):
石田ふく子(着物リメイク)、清原めぐみ(織)、柴田和子(バッグ)
島田祥子(草木染サクラ織)、保坂光枝(小物)、吉田和代(小物)
場所:アミューズミュージアム二階手仕事のギャラリー&マーケット
期間:2014年10月3日(金)~10月19日(日)10:00~18:00
※10月6日(月)、14日(火)は休館となります。
※最終日、10月19日は16:00までとなります。

カテゴリ:

page top