<< 前の記事      [イベント情報の一覧に戻る]      次の記事 >>
第9回 山本 大 津軽三味線教室ライヴ!!


年初め教室ライヴを開催いたします。

このたびも開催させていただきます、津軽三味線教室の生徒達が出演するライヴ!

所謂習い事の発表会とは一線を画したエンターテインメントショーです。

Dai9_1.JPG

毎回ゲストをお迎えしてお送りいたします。今回のゲストはアコーディオン。
現代では珍しくも無い楽器ですが、少しその歴史を辿りましょう!

日本では手風琴と呼ばれるアコーディオン。そのルーツは古代中国の殷(紀元前1400~1122頃)誕生した笙がルーツとも云われてます。空気を送り込むフリーリードの発声の仕組みを18世紀にヨーロッパからの旅行者が中国から持ち帰ったとの話があります。最初のアコーディオンはドイツのフリードリッヒ・ブッシュマンが発明。

Dai9_2.JPG

空気を送り込むリード楽器であるアコーディオンはアジアやポリネシア地域にに拡がる口琴にもルーツが辿れるようです。日本での口琴は平安時代のものが埼玉県の大宮市の氷川神社遺跡で発掘されており、アイヌ民族のムックリもあります。笙は日本へは奈良時代に伝わり、ご存じのように雅楽で演奏されます。雅楽の笙で親しんだ我々の耳にアコーディオンやハーモニカなどのリード楽器が懐かしい響きに聞こえるのはそんな歴史があるからなのでしょうか。
アジアなどにルーツを辿れるアコーディオンはアフリカ〜中東〜シルクロードを経て伝って来た三味線と、この度浅草で出会います!大袈裟なのですが、どこかロマンチックですね。津軽民謡の戦後間も無くに吹き込まれたSPレコードにはアコーディオンと三味線の演奏も幾つかあります。
現代にありそうで無い組み合わせ、レトロなサウンドを是非ともお楽しみください!

Dai9-3.JPG

ゲスト DAN アコーディオン
本名:熊澤 段
1976年5月28日生
東京出身

美術専門学生時代、屋根の上でアコーディオンを弾く友人に魅せられ、中古楽器店でアコーディオンを購入。

以来、ロマンチックかつドラマチックなオリジナル曲を中心とした、弾き語りのスタイルで日本中のカフェ、バー、ライブハウスで活動を始める。

2001年 ポルノグラフィティのTVサポートメンバーとして参加。同年12月ロックレコードジャパンからデビューアルバム「Swinging Alive」全国発売。

トリノ国際映画祭でグランプリ賞を獲得した「美式天然」(主演:吉田 日出子)に出演と劇中歌の参加。

現在東京を拠点に日本全国カフェ、バー、ライブハウスで活動中。

◉うたうアコーディオン弾き・DANの詳しいプロフィールなどはコチラ


第9回アミューズミュージアム 山本大津軽三味線教室ライヴ! !
 〜三味線とアコーディオンでレトロな音を訪ねて〜

2015年1月25日(日)開場:15時30分、開演:16時

チケット料金:2160円(税込)

プログラムは、教室生徒による津軽民謡曲の演奏〜私の即興ソロ!〜アコーディオンのソロ演奏!〜山本大とアコーディオン演奏〜全員大合奏!! 昭和歌謡なども演奏いたします。

皆様ご来場をお待ちしております。

ご予約は、電話 アミューズ ミュージアム 03-5806-1181(10:00〜18:00) 
または、こちらの問い合わせフォームからお願いいたします。

カテゴリ:

page top