<< 前の記事      [お知らせの一覧に戻る]      次の記事 >>
月明かりの下


浅草に吹く風も秋の香りが濃くなり、
ようやく衣替えに踏み切れそうな陽気になって参りました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
風邪などで体調を崩しやすい時期でもございますので、
予防対策を講じて、お出掛けも楽しんでいただきたいと存じます。

さて、日が落ちるのも早くなりました。
今回は「秋の夜長」という語の似合う時間にオススメの書籍をご紹介したいと思います。


まずはこちら。

watanabe20-1.jpg
◆「変わり兜×刀装具 戦国アバンギャルドとその昇華」 ¥2,484

造形としての芸術性が機能性と共に国内外で高く評価されている、日本の武器武具。
中でも「アバンギャルド(前衛的)」としか表現できない、変わり兜と刀装具が一挙に収録されています。
縁起担ぎや武将の好みの為、或いは自然や神仏の加護を求めたが故の異形の数々と、
時の武将たちの権力、そして名工たちの技術力が伝わる一冊。
その迫力を是非お確かめください。

続いては当館でご好評いただいている「絞り染め大全」のシリーズから。

watanabe20-2.jpg
◆「世界の絞り染め大全」 ¥8,100

国外の絞り染めにも着目して編集されたこちらには、
絞りの技術が古代から存在したとされるインド・東南アジア・中国をはじめ、
南アメリカ・ペルー・アフリカ大陸まで7ヶ国11種類の絞り染めを網羅。
その技法を鮮やかな写真資料と詳細な解説で再現します。
色とりどりの布たちに、心躍ること間違いありません。

お悩みがある方にはこちらがオススメ。

watanabe20-3.jpg
◆「仏像の見方 正しく理解する仏像のカタチ」 ¥2,376

写真と共に、仏像を正しく理解するための基礎知識であるそのお姿の特徴は勿論、
姿勢や印についてのイラスト解説、更には禅僧である筆者のコラムにも注目です。
ゆっくりと向き合うのに良い書籍、と云えるかもしれません。

同シリーズからは浮世絵に関するものも。

watanabe20-4.jpg
◆「浮世絵の見方 芸術性・資料性を正しく理解する」 ¥2,376

医学部を卒業し医師としてバイオ研究に携わっていた著者が自然科学的手法で研究を進め、
一般の浮世絵研究の成果も踏まえた結果、従来の人文科学の立場からの入門書とは異なる、
ユニークな浮世絵入門書となったという本書。
オリジナルの浮世絵の芸術性を損なわない、
現代の印刷技術にも感謝しながら読み進めたいものです。

以上は4冊とも、「眺めているだけで楽しい」書籍たちです。
リラックスした皆様の傍らに、そっと寄り添ってくれることを願っております。

それでは、やんちゃな飼い犬がどうしたら大人しくカイロ替わりを務めてくれるか考えている、
アテンダントのワタナベでした。

カテゴリ:

page top