<< 前の記事      [お知らせの一覧に戻る]      次の記事 >>
三人のかたち展-布と紙と蝋-


布の紙と蝋、それぞれのかたちはあなたの日々の暮らしに豊かな彩をあたえてくれます。

3nin_katachi-1.jpg

3nin_katachi-2.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

布と紙と蝋で、三人が織り成す世界とその交叉するもようをお楽しみください。

2017/04/25(TUE)-30(SUN) 10:00-18:00(最終日16:00まで)*入場無料


裂織Matou 岡崎美恵子 − 布 −

「裂き織り」は麻や綿のたて糸に、細く布を裂いてテープ状にしたものを横糸にして織り込んだ布。
この織物は、昔から主に東北地方や日本海側の寒冷地で農作業や漁業の作業着として織られました。

綿花の栽培が出来ない寒冷地では北前船などで運ばれる古手の木綿が唯一の供給源だったようです。
その貴重な布を最後まで使い切る為に再生技術として裂き織りや刺し子等が発達したのです。
こうしたリサイクルの知恵は日本各地や世界各国で同じような布を見ることが出来ます。
布や糸が大好きで、ちいさな端切れにも愛着を感じそれらを使いモノ作りしていた中、ある日裂き織りに出会った事から、裂織Matouはスタートしました。
いつもの暮らしの中で使って欲しいから、気さくでやさしくて少し遊び心あるオシャレなバッグや小物を心がけて作っています。
そして、手織りならではの優しい肌触りのストールをご用意しました。
連絡先email : HP


荒川真由美 − 紙 −

一枚の紙から生まれる物語を紡ぎ、切り絵や立体の本で表現しています。

花びら一片、葉一枚、小さなひとひらに宿るいのちにこころを寄せて、今日もナイフを握ります。
連絡先email : HP


ゆらり本舗 − 蝋 −

ロウソクの灯りはひと時のやすらぎを与えてくれます。
灯りと香りの贈り物を自分に、大切な人に。日本の、和のこころと共に。
連絡先email : HP


*会期中、下記の日程でペーパーアーティスト荒川真由美による切り紙ワークショップを開催致します。

完成品はそのまま飾ったりプレゼントとして贈ることができます。

この機会にぜひ、新しい体験を楽しんでみませんか?
ご参加お待ちしております。


荒川真由美 切り紙ワークショップ
「Mother's Day~カーネーションを贈ろう」

3nin_katachi-3.jpg

3nin_katachi-4.jpg
はさみやカッターで切り紙のカーネーション(A)とポップアップカード(B)をつくります。
どちらかご希望を選んで頂き、完成品はフレームに入れるなどしてお持ち帰り頂きます。

日時)
4/27(木)①11~13時 ②14~16時
4/29(土)①11~13時 ②14~16時
4/30(日)①11~13時

会場)アミューズミュージアム2F 手仕事のギャラリー&マーケット
人数)各回6名 *はさみやカッターが使える方
参加費)3500円(道具・材料含む)*当日お支払い下さい
*内容は画像と異なることがあります。

お問合わせ・参加申込み)
参加希望日時、希望作品(AまたはB)、お名前、ご連絡先を明記の上、4/25までにこちらへお申込み下さい。
当日の参加もお問合わせ下さい。


浅草散策に清々しい季節です。

皆様のご来場心よりお待ちしております。

カテゴリ:

page top