<< 前の記事      [イベント情報の一覧に戻る]      次の記事 >>
第14回 山本大津軽三味線教室ライヴ! !


※このイベントは終了いたしました。

この度も山本大津軽三味線教室ライヴを開催いたします!
所謂習い事の発表会とは一線を画したエンターテインメントショーです。
定番の津軽三味線の迫力のある大合奏を生徒達が一生懸命に演奏し熱演いたします。生徒達のプロとは違う手作りな風合いな演奏と、生徒の合奏をバックに私がソロを即興の演奏もいたします。

Dai_class14.JPG



毎回ゲストにお越しいただいております。
この度のゲストはテナーサックス奏者の鈴木ジョージさん。

ジョージさんは長年ライヴ活動をされ、ジャズにラテンにブラジリアンなど、サックスをいぶし銀に響かせます。気さくなお人柄がその音色にも現れます。
音楽活動以外にもジャーナリスト活動もされ様々な社会問題などをレポートし、著書も出版されております。そのジャーナリストの気概や心にある願いが音に現れてるように思います。世界の民族音楽や日本の伝統音楽にも関心が高く、今回はゲストにお越しいただけることになりました。
サックスは人の心や魂を震わすかのような響きがあり、奏者の人柄や人生観が直接出てくるように思います。感情や想いが無ければ、ただの上っ面の譜面通りの体の良い演奏として終わってしまいます。
私自身はテナーサックスで好きな奏者は、ファラオサンダースやガトーバルビエリなど叫び上げ歌い上げるサックス奏者が大好きで、彼らは自身のルーツであるアフリカや南米音楽とのコラボレーションをしていたりするところも面白いところ。今回はジョージさんが日本のルーツに立ち返り、三味線との音合わせが楽しみです。


ゲストプロフィール 鈴木 ジョージ (JOJI SUZUKI ) TS/SS

兵庫県生まれ。16歳からフルートをはじめ、後にSAXに転向。現在、都内中心に様々なライブハウスで活動中。また多くの著書や雑誌などでも様々なテーマを取材するジャーナリストとしても活躍する異色のテナーマン。

Suzuki.JPG


津軽三味線とテナーサックスの共演は、両者どんな響きとなって泣きむせぶのか!皆様のご来場をお待ちしております!

第14回アミューズミュージアム 山本大津軽三味線教室ライヴ! !
 〜テナーと三味が咽び泣く!!〜

2017年8月20日(日)開場:15時、開演:15時30分
チケット料金:2160円(税込)

ご予約は、電話 アミューズ ミュージアム 03-5806-1181(10:00〜18:00) 
または、こちらの問い合わせフォームからお願いいたします。

カテゴリ:

page top