<< 前の記事      [お知らせの一覧に戻る]      次の記事 >>
裂織展・・・それぞれの物語・・・


気が付けばいつも何か作っています
それは日々の暮らしにとけ込んでくれる、そんなモノがいい

はるかな時の流れの中から、縁あって手元に集まった古布や糸
それは新しい時を動き出す為の、カタチとなる素材

ほどいて洗い、つないでみたり、裂いて、織る
用の美から、それぞれの物語が生まれるであろうと
今日も手を動かしています

Sakioriten.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

●会期
2017年11月21日(火)~11月26日(日)
10時~18時(最終日は16時まで)
入場無料

・・・・・・・・

「裂き織り」とは麻や木綿の経糸に
細く裂いて紐状にした古布を横糸にして織り込んだ布です。

この織物は昔から主に東北地方や日本海側の寒冷地で
農作業や漁業の作業着として織られました。

綿花の栽培ができない寒冷地では北前船などで運ばれる
古手の木綿が唯一の供給源でした。

その貴重な布を最後まで使い切るための再生技術として
裂き織りや刺し子などが発達したのです。

このようなリサイクルの知恵は日本各地や世界各地で
同じような布を見ることが出来ます。

裂織 Matouは、現代のくらしにあったおしゃれな裂き織りを
心をこめて バッグや小物にし提案しています。

裂織 Matou 岡﨑美恵子
WEB : http//www.matou65.net/
MAIL : a.matou.shop@gmail.com

みなさまのご来館お待ちしております。

カテゴリ:

page top