<< 前の記事      [お知らせの一覧に戻る]      次の記事 >>
ご朱印のススメ


節分も終わり、早くも年が明けてから1ヶ月が経ちました。
浅草寺やお隣の浅草神社には、今日もたくさんの人が。
浅草は連日賑わっております。

ショップには、
「せっかく浅草に来たし、お隣でご朱印をいただいて帰りたい!」
と、ご朱印帳をお買い求めになる方がいらっしゃいます。
そこで、新作のかわいらしいご朱印帳をご紹介いたしましょう。

ふくれご朱印帳 1,944円(税込)・ふくれ縦がま口 2,916円(税込)
Okada37-1.jpg
椿 桃/紺  ふくれご朱印帳 1,944円(税込)・ふくれ縦がま口 2,916円(税込)

Okada37-2.jpg
菊  紫/若草 ふくれご朱印帳 1,944円(税込)・ふくれ縦がま口 2,916円(税込)

Okada37-3.jpg
梅  青/赤 ふくれご朱印帳 1,944円(税込)・ふくれ縦がま口 2,916円(税込)

こちらは、肌触りのよい生地で、ふわふわに仕上がっています。
椿、菊、梅の3種類各2色となっており、
それぞれに合わせられる、ご朱印帳用のがま口もお取り扱いしております。
入れてみるとこんな雰囲気。

Okada37-4.jpg

Okada37-5.jpg 
がま口は、ご朱印帳と同じ柄で、よりふわふわにしてあります。
表と裏で色味が逆転していて、かわいらしさが倍増していますね。

これをもってぜひ訪れてほしいのが、アミューズミュージアムのお隣の浅草神社。
というのも、 普段は、ご本尊さまと恵比寿さまのご朱印がいただける浅草神社ですが、
初詣や節分、雛祭りなどの節句や行事ごとに、特別なご朱印がいただける機会があります。
一番近い所では、 2月17日の祈年祭です。
春の耕作始めに、その年の五穀豊穣を祈るお祭りだそうです。
巫女さんが書いているブログを細かくチェックしていると、通わずにはいられません!
三社祭のときは大変な混み様の浅草神社ですが、
私は3月の『浅草寺本尊示現会・浅草神社宮神輿堂上げ堂下げ限定御朱印』と
7月の「隅田川花火特別御朱印」を、今年こそはいただきたい!と思っている次第です。
もちろん、ご朱印をいただくにはご本尊さまへのご挨拶は必須です。
皆様も、まずは自分に所縁のある寺社仏閣からスタートしてみてはいかがでしょうか?
いただいているときの、あの静かな筆の走る音だけの時間は、なんとも心が落ち着きます。
ぜひ、皆様もご体感ください。


アテンダント 岡田

カテゴリ:

page top