<< 前の記事      [イベント情報の一覧に戻る]      次の記事 >>
津軽三味線 山本 大 ソロライヴ!!


※このイベントは終了しました。

枯葉踊る街角、津軽三味線の太い音色が心の隙間に忍び寄る。ふと耳を掠める異国の歌声...
東京・下町浅草で、遥かなる地に思いを馳せて...

津軽三味線、山本大の即興演奏の数々をお楽しみください。

アミューズミュージアム閉館までのソロライヴは残すところ後2回となりました。

Dai_solo1007-1.jpg


本来津軽三味線は、盲人だけが演奏するものでした。ですので譜面は無く、即興性が強くなりました。人真似をしてはならないとの厳しい教えがあり、奏者はオリジナルの演奏を努めて、同じ曲を弾くたびに内容も変わるように演奏して来ました。
盲人達の門付け芸は、野外で家々の軒先で演奏するにあたり、三味線の皮は湿気などで破けぬよう緩められ、糸も切れないように緩めて低い音で演奏したとのこと。

今回のライヴでも門付け三味線の再現をする緩めた低い音の三味線を演奏いたします。

一方で、津軽三味線の可能性を探り、他では聴けないよう響きと奏法を、オリジナルな演奏をお聴きください。

Dai_solo1007-2.jpg
コラボレーションの様子 ゲスト/ウィンチェスター・ニテテ・ボーイ


そして今回のゲストにはエジプト人歌手、ガーダ・サイードさんと、ウード奏者の幸福趣得さんをお迎えし、三味線でエジプトの曲を演奏し、アラブ音楽のみならず、日本民謡をアラビア語で歌っていただきます。

津軽三味線にアラブの唄を!今世紀始まって以来のコラボレーションをお聴きあれ。

もはや舞台に国境は無い!!

Dai_solo1007-3.jpg
ゲスト/ガーダ・サイード (歌手)プロフィール

エジプト人。日本で生まれ10年過ごした後にエジプトカイロに移る。2年前に再来日をする。
エジプトでは、カイロオペラハウスにて、ジャズアーティストのfathi salamaの公演に出演をし、アレキサンドリアのジズイットカルチャーセンターでの公演や、劇団ワルシャへの参加など、幅広く活動。
自身による作詞作曲は、アラブ音楽にとどまらず、ジャズ、クラシックにも及ぶ。
音楽は魂の言語。歌は魂の呼びかけ。と言う信念の元に歌を歌っている。
現在は、日本のアラブ音楽家や、様々なアーティスト達と共演を重ねながら、イベントやライブハウスなどで活動中。

Dai_solo1007-4.jpg
ゲスト/幸福 趣得 (ウード奏者)

アラブ音楽の奥深い魅力に惹かれ、日本におけるウード演奏の第一人者、常味裕司氏に師事し、自身も独自に研究を重ねている。
モロッコへの渡航・滞在を経て演奏活動を始め、エジプト人歌手のガーダ・サイードの伴奏や、国内のアラブ音楽家達と演奏を重ねている。

Dai_solo1007_flyer.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。


日時:2018年10月7日(日) 開場 15時 開演 15時30分
予約制 料金 3000円
(当日券+500円で、入場につきましてはお問い合わせください)


ご予約は、電話 アミューズ ミュージアム 03-5806-1181(10:00〜18:00) 
     または、こちらの申込みフォームからお願い致します。

カテゴリ:

page top