<< 前の記事      [手仕事のギャラリー&マーケットの一覧に戻る]      次の記事 >>
点字アート作品展~テンジノテンジ~


点字は、主に目の不自由な人が指で触れて読む文字です。
点字をモチーフに、色や素材をアレンジしたアート作品「ブレイルフレンド(BrailleFriend)」の展示を行います。

TENJI.jpg
※この画像はクリックで大きく表示されます。

日時:11月20月(火)~25日(日)
10:00~18:00(最終日は16:00まで)

「ブレイル(Braille)」は、英語で点字のこと。
点字には、日本語だけでなく、数字やアルファベット・音符などがあります。
そして、身近なところにもたくさんあるんです!
例えば、歩道の点字ブロックや、エレベーターの操作ボタン・木工用ボンド・缶のお酒のプルトップ部分など。
見つけたら、実際に触れてみて下さい。
その小ささに驚かれると思います。

「ブレイルフレンド」は、「自分らしさは気付いた回数」をテーマに、日常のなかでなんとなく見えているけれど、本当には見ていないものに気付くきっかけ作りをしています。
点字の音符をモチーフにした作品は、見るだけでなく直接さわったり楽器で演奏したり、目の不自由な人も、どんな人でも一緒に楽しむことができます。

また、実際に点字を作る体験ワークショップや、点字をモチーフにしたグッズ販売も行いますので、

ぜひお越しください!

○点字で作るクリスマスカードと年賀状ワークショップ

日時 11月21・22・23・25日 13時30分~14時30分
定員 各3名
参加費 2000円(資料・材料込み)

内容

点字器を使ってクリスマスカードと年賀状を作ります。
凸凸の感触が楽しいオリジナルカードが出来上がります。


○お坊さんと語ろう。宮沢賢治の話
日時 11月24日 15時~16時 入場無料
定員 15人ほど
講師 日蓮宗八王子市 興栄山 善龍寺 副住職 澁澤光祐

内容
童話作家で詩人の宮沢賢治は、仏教への信仰が厚く、作品にも仏教の思想やエピソードが反映されています。
さこで、お坊さんをお招きして、分かりやすく解説してもらい、賢治作品を味わってみましょう!

主催・お問い合わせ:ブレイルフレンドリープロジェクト(加藤)
TEL: 090-8667-5030
MAIL: braillefriend@gmail.com

カテゴリ:

page top