1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

皆さま、こんにちは
12月に入ったのに、突然の暑さや寒さと体が追いつかないような気候ですが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、本日は新しく入りました商品を交えてお土産にもご自宅用にもぴったりな物をご紹介致します!
その名もジャパノラマシリーズ!

まずはこちら
Tsushima19-1.jpg
エコバッグ1,296円(税込)

1つ持っておけば便利なエコバッグ!
最近はレジ袋有料のところが多いので、お買い物の際には必須ですね!
容量も大きいため、旅行にももってこいです!

Tsushima19-2.jpg
またこのように小さく畳め収納ポーチもついていますので、とても便利です!

Tsushima19-3.jpg
柄も当館では2種類扱っており、海外の方へのお土産から普段使いする用まで幅広く使えます!

続きましてはこちら
Tsushima19-4.jpg
マグカップ1,296円(税込)

ジャパノラマシリーズの可愛い絵柄で少し大きめのマグカップになってますので、これからの季節はスープやお粥などのご飯を食べる時など色々な場面で大活躍間違いなしです!

最後はこちら
Tsushima19-5.jpg
クッション2,160円(税込)

盆栽に寿司!まさにジャパン!
最近は海外の方の間で盆栽が流行っているとか...。
手触りも良くサイズ感もゴロゴロと寝転ぶ時に枕にしても良し、とお手軽サイズです!

寿司の柄の方は...
Tsushima19-6.jpg
なんと、表と裏で玉子とカッパ巻き、鮪と鉄火巻きとデザインも変わっておりプレゼントにぴったりな可愛さです!

さて、本日紹介しましたジャパノラマシリーズいかがでしたか。
海外の方にお土産として、またご自宅用でも楽しめるデザインですね!

この機会にぜひお手に取ってご覧くださいませ。

皆様のお越しを心よりお待ち致しております。

アテンダント・ツシマ

カテゴリ:

12月を楽しくする展示販売会「しわすのマルシェ」です。
色とりどりが大好きなので、カラフルで面白いものを集めてみました。
雑貨から洋服やバッグ、アクセサリー、地下足袋まで、幅広いラインナップ。
ハンドメイド品だけでなく、面白くて珍しい海外買付の物も少しですがあります。
雑多なごちゃ混ぜ感がまさにマルシェ(市場)!
平成最後の年の瀬ステキイベントです。
寒い冬だけど、せっかくなんでめっちゃカラフルに装って色のパワーをもらいましょう!
人それぞれ好きな色があると思いますが、
しわすのマルシェなら、きっとピッタリくる元気になれる色に出会えると思います。

Marche_DM.jpg

※この画像はクリックで大きく表示されます。

「しわすのマルシェ」展
会期:12/18(火)~12/24(月)
時間:10:00~18:00 *最終日は16時まで

参加作家
たびのじ雑貨店(地下足袋とあづま袋)
コロポックルーム(貼り絵)
和楽~waraK~(丸バッグ)
ponq(異国系アクセサリー)
栗(刺繍ブローチ・布小物)
MARI COLLE(ニット地の手作り服)
gaji(刺繍)

カテゴリ:

次回は、アミューズミュージアムでのラスト輝&輝ワンマンライブです。

kiki2016-1ss.jpg

2019年2月17日(日)開場:14:30、開演:15:00

料金:予約:2,000円、当日:2,500円(税込)+ドリンク代(540円)

予約受付は、ライブ前日の24時までとさせて頂きます。

電話の場合は、03-5806-1181(10:00 ~ 18:00) アミューズ ミュージアム
または、こちらの申込みフォームからお願いいたします。

カテゴリ:

皆様、東北地方の冬を体験したことはありますか。
地元の気候は東京とあまり変わりませんが、
大学は中国の東北地方の長春で、常に-25度くらいの冬と戦っていました。
当時、お洒落より寒さを耐えるには精一杯でした。
そのため、最初にBOROを見たとき、驚きました。

当館の常設展で展示しているBOROは、田中忠三郎先生が極寒の青森で集めてきたもので、

それは、人々が生きていくために、少しでも着物を厚く丈夫にしようとして、
一枚一枚の端切れで継ぎ接ぎしたモノです。

ところで、アミューズミュージアムでは展示だけではなく、販売できるBOROも用意しております。

cho23-1.jpg
35x100cm 10,000円 税込

cho23-2.jpg
32x125cm 4,000円/5,000円 税込

それほど古くないとはいえ、80年ほど前の青森のBORO布です。

cho23-3.jpg

cho23-4.jpg
32x125cm 5,000円 税込

今の使い捨て生活と違って、まだまだ布を大事にする時代でした。
cho23-5.jpg

cho23-6.jpg
1,500円~ 税込
昔、棉が育てられなかった日本の東北地方では、木綿布が普及したのが、明治24年東北本線開通した後でした。
普及と言っても、農山村では木綿は貴重品でした。

cho23-7.jpg

cho23-8.jpg

cho23-9.jpg

cho23-10.jpg
600円~ 税込
当時の女性に、端切れを持っているかどうかはステータスが変わります。
端切れが持っていないと、家族に何も作ってあげられません。
だから、たとえ既製品の服や洋服が普及した時代になったとしても、命より大事にしてきた布は捨てられません。

最後に、使い捨てなかった布で継ぎ接ぎしたものをお見せします!

cho23-11.jpg

後 

cho23-12.jpg
ボロズポン 59,400円 税込
いかがですか。
古布に与えられた迫力を感じられますか。

BOROは単純に寒さを凌ぐためだけではありませんでした。
既に着物を少しでも厚くしようとすることに膨大な手間をかけた上、
更に工夫をして、自分をより格好良く見せようとしています。

アミューズミュージアムで、皆様にもその驚きを感じていただきたい。

アテンダント
チョウ

カテゴリ:

可愛らしい羊毛フェルト人形作品を作る13組の素敵な作家が大集合!
豪華作家陣の作品が一気に見れる機会は今回で最後です。お見逃しなく!

Yomo_final.jpg

※この画像はクリックで大きく表示されます。

●会期
2018年12月11日(火)~12月16日(日)
10時~18時(最終日は16時まで)
アミューズミュージアム2F 手仕事のギャラリー&マーケット

●出展作家(敬称略、順不同)
土方クロネ 
deme*tyoubi
mochi mochi nao' 
akatin 
Lynxtail 
Y's Felt Art
ちぇこ
candy pop
ひつじのはね
norino
森羊のクーシャ
鬼塚kama 
・sae 

●諸注意
・販売される作品の販売方法は抽選、先着など様々です。予めご了承ください。
・会期終了後発送の作品は、各作家様より送料着払いにて発送されます。

 別々の作家様の会期後発送作品をまとめてご購入されても作家様ごとに発送されます。
 予めご確認の上、ご購入ください。
・電話での作品購入のご予約、お取り置きは出来ません。直接ご来館し、ご購入ください。

皆様のご来館お待ちしております。

カテゴリ:

九十九っちんぐ、まさかの復活です。あっゲインです!

九十九一さんによるオムニバス作品集です!!

991_2019.jpg

※この画像はクリックで大きく表示されます。

日時:2019年1月19日(土)13:30/14:00, 16:30/17:00

会場:アミューズミュージアム6Fイベントホール

料金:予約3,000円、当日3,500円(ともに自由席)

出演:九十九一、岡本牧子、清田正浩、メイビ、住友優子

ご予約は、電話 アミューズ ミュージアム 03-5806-1181(10:00〜18:00) 
または、こちらの予約フォームからお願いいたします。

カテゴリ:

Sawaken1902.jpg

※この画像はクリックで大きく表示されます。

ありがとう、そしてまた逢う日まで。

サワケン・チームが万感を込めておくる、

浅草アミューズミュージアムでの最後の昭和ムード・コンサート。

【日時】
2019年2月23日(土)
開場 14:30
開演 15:00
2部制/途中休憩あり

【会場】
浅草アミューズ ミュージアム・イベントホール

【出演】
沢中健三(テナー・サックス)
中村有里(アルト&ソプラノ・サックス)
大久保治信(ピアノ)

【入場料】
前売:3,000円 / 当日:3,500円
小・中学生 前売り:2,000円/当日:2,500円(高校生以上は大人料金)
*入場時に別途ワン・ドリンク(540円)をオーダーいただきます。

お席のご予約は
アミューズ ミュージアム03-5806-1181(10:00〜18:00/月曜休館日)まで
またはこちらの問い合わせフォームよりお願いします。

カテゴリ:

花文字作家・大塚麻由さんによる花文字実演、好評につきレギュラー開催しています。

花文字とは・・・
{おめでたい図柄で文字を描く}という、書道・絵画・吉祥(開運)を融合した総合芸術で、中国に古くから伝わる伝統工芸の1つです。

たくさんのおめでたい意味や開運招福の願いが込められた絵柄の組み合わせで描かれた名前や言葉は、飾ることによって幸運が舞い込んで来る吉祥画とも言われ、旅行時での記念・おみやげや開運アイテムとしてのプレゼント、大切な方への誕生日やお子さんのご誕生、新築・引越し祝い、開店祝いなど、様々な折にた くさんの人達に喜ばれています。

Hanamoji.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

【花文字作家・大塚麻由プロフィール】

中国の伝統工芸「花文字」に魅せられ、「日本花文字の会」主宰・山本卓ニ氏に師事して学び、2014年より花文字作家・講師として本格活動。
中国・北京にて一年間語学留学し、中国の文化や芸術、生活に実際に触れ親しみ、帰国後に行った台湾で花文字に出会う。

現在はカルチャースクール各所にて生徒さんに花文字を教え、週末は花文字実演、と、精力的に活動中。

-主な経歴-
【実演販売経歴】
新宿三井ビル55HIROBA 、有楽町国際フォーラム 、浅草・アミューズミュージアム 、横浜中華街 、東京ビックサイト(デザインフェスタ2015秋)
【個展経歴】
喫茶室ルノアール川越店にて開催(2015年春)

12月の開催予定:

15日(土)・16日(日)・19日(水)

11:00~16:00予定です。

※制作料金は文字数、用紙によって異なりますので、店頭にて直接お尋ねください。

〜花文字によって毎日沢山の笑顔に出会っています。皆様とお会いできるのを楽しみにしております。大塚麻由〜

カテゴリ:

皆様こんにちは。
今年の冬は暖冬と巷で言われておりますが、冬の寒さはやはり苦手な亀本です。

今回は、その冬の寒さに負けない青森県の人の伝統工芸、こぎん刺しアイテムをご紹介いたします。

まずはこちら
kame26-1.jpg
こぎん刺し小銭入れ 各3,800円(税込)
草木染めで染められたナチュラルなグラデーションの刺し子糸が、深い味わいを出してます。

中は半分に仕切られ使い勝手もGood!
kame26-2.jpg


メガネっこ入れ(青森方言風)
kame26-3.jpg
こぎんメガネケース 各6,500円(税込)
質感は硬く、鞄に入れていても潰れなくて安心です。

中はサテンのようなサラサラした肌触りの生地で、レンズに傷がつかないよう配慮されてます。


ここからは力作バッグです

kame26-4.jpg
こぎん刺しミニトート 17,000円(税込)
普段使いに丁度よい大きさです。模様の上部は花こ囲みでしょうか。

模様を拡大するとこんな感じです。

kame26-5.jpg
中も素敵な着物の帯生地で、ポケット1つあり嬉しいです。
kame26-6.jpg



kame26-7.jpg
こぎん刺しショルダーバッグ 25,000円(税込)
ミニトートよりも大きくなり、こぎん刺しの面積が増えてますね。大変な苦労です。
拡大するとこんな感じです。
kame26-8.jpg



kame26-9.jpg
こぎん刺しトートバッグ 36,000円(税込)
大作です。どのバッグも底まで刺し子してあり、もはや芸術作品です。

中もきれいな模様の着物の帯生地で、ポケット2つと使いやすいです。
kame26-10.jpg



最後におまけでこちら
kame26-11.jpg
こぎん刺し模様のクラフトテープ 810円(税込)
いつも青森から届くダンボールは、このこぎん刺し模様のクラフトテープで閉じられており、開けるのがもったいなく感じます。
kame26-12.jpg

kame26-13.jpg

kame26-14.jpg


以上、こぎん刺しアイテムをご紹介いたしました。
青森は東京よりももっと寒いですから、こぎん刺しを見て、自分に喝を入れたいと思います。

ご来館お待ちしております。

アテンダント亀本

カテゴリ:

2018年12月〜年始のUKIYOEナイトのラインナップが決定しました。

慌ただしい年の瀬。

しばし浮世絵の世界へタイムトリップして、時のたつのを忘れてみてはいかがですか?

 年末年始はスケジュールが多少イレギュラーになっております。

日程をご確認の上ご予約ください。

講演内容詳細については、こちらのページでご覧下さい。

カテゴリ:

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
page top