1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

かわいらしい歌声でみんなを魅了するシンガーソングライター、あーたさんのワンマンライブ開催します!

A~Ta2nd-01.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

★プロフィール
東京都調布市出身 アコギ弾き語りシンガーソングライター
唯一無二のガーリーボイス&抜群にポップなメロディ、愛嬌のあるキャラクターで老若男女問わず幅広い層から支持されている。

A~Ta2nd-02.jpg
● 2013年7月
あーた 活動開始

● 2015年11月
開催されたモナレコードガールズオーディション「モナレコ女子!2015」では数多くの応募の中から準グランプリを受賞。

● 2016年3月9日
つるうちはな全面プロデュースによる人生初のミニアルバム「あーた」でつるうちはな主催レーベル「花とポップス」から全国デビューを果たす。

● 2016年8月31日
2nd mini album「naked」が花とポップスより全国リリース。

● 2016年12月
中標津87.0「FMはな」にて、ラジオ番組「あーたとわかの23時にちんからほい!」がスタート。


★ライブ詳細
●2017年4月30日(日曜日)開場 12:30/開演 13:00


●チケット 予約:2,500 当日:3,000円(税込)(別途1ドリンク540円必要)

●act:Vo/Gt.あーた Gt.安藤力 Perc.河鰭文成
●Opening talk:ちんからほい!(あーた・わか)

●あーたの音楽遍歴も感じてもらいつつ、弾き語りあり、カホーン&サポートギターの3人編成ありで、カラフルにリッチにあーたワールドを堪能していただく日!!

● あーた手作りチケットを4/30までの各出演ライブ会場にて発売中!

入場順はチケットご購入、ご予約に関わらず、整列順とさせていただきますが、イベントの記念としてお買い求めいただければ幸いです!
● お席が少ないため、お早めのご予約をおすすめいたします◎


★チケット予約はこちら


★オフィシャルウェブサイトはこちら

皆様のご来場お待ちしております。

カテゴリ:

お陰様で、座席はすべて完売となりました。

ありがとうございました。

いつまでも毎日がドキドキ、キラキラする青春時代のような人生を送りたい。
そう憧れているひとも多いのではないでしょうか?


そんな憧れを体現している、ゲキアツな中高年集団が、この春、再びアミューズミュージアムに登場致します。
その名は【劇団一季】改め【中高年ゲキアツ劇団 IKKI】!!!


燃えてる中高年が、中高年を沸かす!
IKKIは、中高年のミュージカル風コメディ風劇団です!
中高年、シニアと呼ばれる世代の皆様が、「芝居は、観てるだけよりやった方が断然面白い!
ウマいヘタより、ひたすら楽しむ!!」をモットーに活動されている劇団!!


今回は3月11日、4月1日の2月をまたいでの公演!
出し物も演者も違うので、両方観れば倍楽しい!!
ついでに、浅草を遊び倒せば百倍楽しい!!!!
浅草で ゲキアツな春を満喫してください。


中高年ゲキアツ劇団IKKI 『浅草 全力演芸会~浅草観光は、ここから始まる~』

IKKI2017.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

3月11日(土) ①12:00 開場 12:30 開演 ② 14:30 開場 15:00 開演

出演・・・黒川乃逢・かづのりん・河井晴美・竹馬和子・Meg・のぶっち・ごましお・すみれ真以

     きゅん☆・伊藤眞奈美・安良城このん・庄司幸恵


4月1日(土) ①12:00 開場 12:30 開演 ② 14:30 開場 15:00 開演

出演・・・ゆーこ・かわたゆうこ・白河どら美・やじま笑・こばなわ☆りえこ・こがめ恵子・とーさん
     Joe・唯茶・リエ・ひろみ・伊藤眞奈美・安良城このん・庄司幸恵


          中高年ゲキアツ劇団IKKI:公式ホームページ

カテゴリ:

自然溢れる栃木県益子町で活動する、父母と娘の家族三人によるクリエイター集団【アトリエ草冠
昨年夏に開催して以来2回目の作品展を当館で開催致します。


各々が写真、染色、工芸の仕事をされており、全作品がオリジナルのデザインで製作されています。
当館でも月に一回開催されている【アトリエ草冠・手作りワークショップ】でも人気の筒描藍染という伝統技法を基礎としながら、現代の日常生活が楽しく豊かになるような作品をと心がけて製作された作品は、使えば使うほど愛着が湧いてくることでしょう。


季節感や流行にいつも敏感でありたいと願って制作しているアトリエ草冠。
今回は「春うらら」をテーマに華やかな春を皆様にお届けいたします。
ご家族それぞれが表現する「春うらら」を浅草の地でお楽しみください。


たくさんの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

アトリエ草冠「異ジャンル*ファミリー 春うらら」展

Haru_Urara.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

2017年3月31日(金)~4月9日(日)
アミューズミュージアム2F 手仕事のギャラリー&マーケット

10:00~18:00 (入館受付 17:30まで・最終日は16:00まで・月曜定休)

カテゴリ:

アミューズミュージアムにお越しくださるお客様は、

藍染などの染織に興味を持っている方が多くいらっしゃいます。
藍染の素敵なファッションに身を包んだ方や、

自分で染めていらっしゃる方もご来館されます。

そんな染物好きの皆様に、遠い国から藍の便りが届きました。


西アフリカの『藍』です。


Okada32-1.jpg
ブルキナファソ原産
モシ族の藍染布 SmallHigh 各16,200円(税込)
モシ族の藍染布 Small 2nd 各15,000円(税込)
サイズ:約100×160cm

ただ置いてあるだけで、手作りのぬくもりを感じるこの風合い。

色味。何ともオシャレな藍染です。

Okada32-2.jpg

西アフリカという土地で出会った素敵なものをたくさん買い付けていらっしゃる

SOLOLAというブランド。
現地の方とオリジナルを作ったりもしています。
以前、2階の手仕事のギャラリー&マーケットにて限定ショップをしていただいたご縁で、オーナーさんから、当ショップにも素敵な藍染布を少し分けていただきました。

Okada32-3.jpg

Okada32-4.jpg
とっても素敵な絞り染めが施されています。

ブルキナファソという国は、綿花の栽培が盛んだそうで、細幅木綿布というのが伝統的な布。
その細幅木綿布を繋ぎ合わせたのがこの布です。
女性が摘んだ綿花を紡ぐ。男性が織り、布に仕立てる。
触ったときの肌馴染みの良さは、やはり手紡ぎ・手織りだからこそ。
ぜひ、実際に触っていただきたい布です。
ハーフケットくらいのサイズなので、ソファにかけてもよし、壁に飾っても良し。
インテリアにもしっくり馴染む落ち着きがあります。

Okada32-5.jpg

ところで、ブルキナファソという国をご存知ですか?

この国のことを知っている人がいるとすれば、
歴史や世界情勢、政治に詳しい人、もしくは、スポーツ好きでしょう。
フィリップ・トルシエというフランス人を覚えていますか?サッカー元日本代表監督です。
彼は過去に、この国のサッカー代表監督だったんです。
それから、高知のプロ野球チームにブルキナファソ出身の選手がいたりします。
こうしてみると、日本との関わりもあることがわかります。
なんだか、嬉しいですね。

次は、深い藍が美しいこちらの布。
Okada32-6.jpg
ナイジェリア原産
アディレ・エレコの布 各23,000円(税込)
サイズ:約228cm

アディレと呼ばれるこの藍染の布。
ナイジェリアにいる、ヨルバ族によるもので、制作できる人が少なく、とても貴重なものだそうです。
ちなみにSOLOLAのオーナーさんは、素敵なスカートに仕立てていらっしゃいました。
この細かい模様は、キャッサバから作った糊を丁寧に載せて描いたもの。
特に貴重とされる所以は、この美しい色を出す、藍。
西アフリカの一部にしかない、『ヨルバ藍』という藍で染められています。

この布を現地で買い付けているSOLOLAのオーナーは、
現地の方と親密な関係を築き上げ、この技術を後世に残すべく、活動していらっしゃいます。
こうした活動により、私たちの手元にも、こんなに素敵な藍が、遠い国から届けられているのですね。

かつて、日本にはたくさんの藍染文化がありました。
最近のブームもあり、若者たちも興味を持って、藍染復活の流れが来ています。
便利になると、手仕事は衰退していきます。
しかし、手仕事にしかできないことはたくさんあります。
手仕事にしか伝わらないことも、たくさんあります。
その場所にしかないもの、その場所でなければできないもの。
そういったものがなくなっていってしまうのは、本当に悲しく、もったいないことです。

こうして、遠く西アフリカの布に出会うことができて、他の誰かにまたこれを伝えることができる。
それだけでも、世界は広がり、変わっていくのかもしれません。
もし、興味があれば、調べてみてください。
まだ足りなかったら、現地へ行ってみるのもよいでしょう。
自分の知らない世界を覗いて、それがあまりにも素敵なものだったなら、ぜひ、その世界に飛び込んでみましょう。

アミューズミュージアムが皆様にとって、そんな『発見できる場所』になれたら、嬉しいです。
皆様のお越しをお待ちしております。


SOLOLA web site

アテンダント オカダ

カテゴリ:

花文様アートとは...

Rieco-01.JPG

定規、コンパス、下絵、当たり等は一切使用せずに、その時のインスピレーションで、花文様を書き上げていきます。
どんな物が描きあがるのかは、私にも分かりません(笑)
どんな物が描きあがるのかを楽しんで頂けます。

実演させて頂きますので、是非ご覧ください。

その際には、お気軽に話し掛けてくださいね!!

◆日時:2017年4月16日(日曜日)

 10時〜16時頃(時間は多少前後する場合がございます。)
◆場所:1F特設スペース

◆【花文様アーティスト Rieco プロフィール】

Rieco-02.JPG
2013年に独学で絵を描き始める。
独自の手法で、花文様を書き上げる技術を生み出し、フリーマーケット等で販売活動をスタート。
今では、平面のみならず、球体や、多少の凹凸あるもの。紙だけではなく、布、竹、アクリル等のいろんな素材に直に書き上げる事によって、「世界に一つ」をテーマに製作活動をしております。
最近は、新しく「持ち歩けるアート作品」というのをテーマに製作しております!
カルチャーセンターにて講師活動もスタートしております。
「大田区伝統工芸発展の会」準会員

◆-主な経歴-
【実演販売経歴】
ハンドメイドインジャパンフェス(2014年、2015年、2016年)
デザインフェスタ(2014年春)
東急ハンズ(豊洲・表参道・西武池袋・南船橋)
浅草てしごと市(ギャラリー ブレーメンハウスにて4回)
沖縄ミネラルショー(コンベンションセンター)
おおた商い産業展
おおたフェスティバルin空の日
等、年間150日以上

【個展経歴】
都立大学のギャラリー(2014年12月)
大田区大森のカフェ(2015年2月)
下北沢 ギャラリー(2015年8月)
下北沢 ギャラリー(2015年12月)
日蓮宗 瑞光寺 客殿(2016年3月)
墨田区押上のカフェ (2016年5月)
下北沢 ギャラリー(2016年12月)

【受賞歴等】
ヨシ和紙えはがきコンテスト 大賞受賞(2014年2月)
ロイヤルパークホテル・ザ・羽田 客室アートコンペ 入選 2部屋担当

◆実演当日は、こちらの
「直書きクルミボタン ブローチ」(1080円) をご用意致します。
(名前・イニシャル入れ無料)
Rieco-03.JPG

皆様のご来館お待ちしております。

Riecoオフィシャルウェブサイト

カテゴリ:

カラーペンと色鉛筆でカラフルに描く動物大好き作家SANAさんが、
アミューズミュージアムの店頭で作品を描きながら、グッズ販売をいたします。

Sana2017.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

作品制作の過程を近くでご覧いただけます。
(一日で完成する作品ではありませんが、制作過程をご覧いただけます)


SANAさんは、大好きな動物に会いにケニア、タンザニア、とアフリカを2回旅しています。
店頭では、気軽に声をかけてみてください。アフリカの動物の話も聞けるかも知れません。


◆日時:2017年4月23日(日曜日)10時~16時頃(時間は多少前後する場合がございます。)
◆場所:1F特設スペース

◆販売予定グッズ(絵柄は他にもございます)

 Sana_goods01_s.JPG    Sana_goods02_s.jpg
  タンブラー 1,700円             シール 200円

Sana_goods03_s.JPG   Sana_goods04_s.JPG
     ポストカード 150円              ミニ額 600円

   Sana_goods05_s.JPG
     ペーパースタンド 1,000円

ポストカードより大きい2Lサイズのインクジェット印刷イラストがペーパースタンドに入ってます。
★ペーパースタンドの縁には、その場でミニイラスト&サインを描いてくださいます★
そのままお部屋に飾っていただけます!


SANAさんが描くさなの森の仲間たちの動物は、カラフルで、愉快で、可愛く、みんなを笑顔に元気にしてくれます。
皆様のご来館お待ちしております。

さなの森ホームページ 

カテゴリ:

まだ少し陽が落ちてからの風は冷たいものの、
日中は大分暖かい日が増えて参りましたね。
春休みを迎えた学生の皆様や、
観光のお客様で浅草にも人出が増えたように感じます。

さてそんな今日この頃、開花予想も発表されるなど、
桜のつぼみが気になり始める時期でもあるのではないでしょうか?
本日は一足先に、春の香りを満喫したい方のためにぴったりの商品をご紹介したいと思います。

まずはお部屋へ手軽に春を呼び込むアイテム。
Watanabe22-1.jpg
◆花見桜フレグランスディフューザー 結桜・華桜 各¥2,106

それぞれ桜の咲き始めの可憐さと、
満開になったときの豪華さをイメージした香りが楽しめます。

同じ香りはコーンタイプのインセンスでも。
Watanabe22-2.jpg
◆花見桜コーンセット 結桜・華桜 各¥1,080

インセンスはお洋服の消臭にも便利だそうですよ。
昔から、着物に焚きしめて使われてきたお香ですが、
気になるタバコの臭いなどの撃退にはもってこいなのだとか。

もっと趣向を凝らすならば、香炉や香皿などのアイテムにもこだわりたいところ。

Watanabe22-3.jpg
◆香炉 さくら ¥3,024

南部鉄器の香炉は重厚感もありながら、
ビビットなカラーでモダンな印象。

Watanabe22-4.jpg
◆貝合わせ香皿 各色¥1,620

陶器の香皿は繊細かつ優美、
スティックタイプのインセンスも使用できる優れ物です。

どちらのアイテムもそれぞれ違ったお色柄がございますので、
ぜひ店頭でお確かめください。

最後はふわりと香りを身にまといたい方へ。
Watanabe22-5.jpg
◆練り香水 さくら ¥540

持ち運びにも便利なサイズでメイクポーチに入れても邪魔になりません。
こちらも香りの種類は豊富ですので、
お気に入りを探しにお運びくださいませ。

皆様のご来館をお待ちしております。

それでは、花粉症との死闘を繰り広げる日々が始まり少々憂鬱なアテンダント、ワタナベでした。

カテゴリ:

毎月恒例!次回開催、第87回公演は、

2017年4月23日(日)15:00開演を予定しております。

OKA_1403.jpg

カンカラ三線やギターを弾きながら、懐かしい明治・大正演歌や昭和歌謡、フォーク・ソングなど日本の古きよき曲と唄声を聴かせてくれるのが、岡大介さん。

詳しいプロフィール等は岡大介HPでご覧下さい。

現在、東京都内を中心に、演芸場、ライブハウスでの活動、居酒屋、レストランでの流しをはじめイベント出演や施設慰問などで、幅広く活躍中ですが、アミューズミュージアムには、6年以上に亘って、マンスリーでライブを開催しています。

今回は、料金、予約:2,160円、当日:2,700円(1ドリンク付、税込価格)

確実にライブをご覧頂く為には、ご予約をお勧めいたします。ご予約はこちらから。

各記入項目の他に、「お問い合わせ内容」欄に、観覧希望日と予約人数を明記して下さい。
ネットでの予約受付は、ライブ前日の24時までとさせて頂きます。

電話の場合は、03-5806-1181 (10:00〜18:00) アミューズ ミュージアム

岡大介さんの奏でる日本の古き良き名曲、そしてフォークの名曲を是非、聞きに来て下さい。

カテゴリ:

あれほど猛威を振るっていた寒波はどこへいったのか。
雛祭りも終わり、暖かな春の訪れを肌で感じられるようになった今日この頃。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

3月は変化の季節。
4月の新年度を機に、新しい環境へ進まれる方もいらっしゃるかと思いますが、
これから始まる未来に、きっと期待と少しの不安を感じておられるかも知れません。
そんな新しい季節は、手帳を華やかに彩れば、新年度への不安もなくなり、スケジュールを書き込む度にワクワクいっぱいな気持ちになることでしょう!

今日はそんな手帳周りをワクワク華やかにきてくれるオススメのグッズをご紹介したいと思います。

まずはこちら。

Ohara45-1.jpg
ハイカラペン ¥378

手帳の相棒といえばボールペンは外せません。
こちらのハイカラペンはB5サイズの手帳にピッタリのサイズ。
桜、椿といった日本を感じさせる色展開で、スケジュールを書き込む度に華やかな気持ちにさせてくれることでしょう。

続いては、あると便利なこちら。

Ohara45-2.jpg
めじるし付箋  ¥324

大事な予定を書いたページの上部に貼ると、可愛いいモチーフが手帳からちょこんと飛び出して、目印になってくれます。
兎、猫、椿と様々なモチーフがある中、1番のオススメは寿司!
1番大切な予定を書き込んだページには、ぜひ大好物のネタの付箋を貼り付けてください。

続いては、今やマステ女子なる言葉まである大人気のマスキングテープです。

Ohara45-3.jpg
芸艸堂マスキングテープ  ¥540

色々なデザインのマスキングテープが街に溢れていますが、日本唯一の手木版和装本出版会社 他とは芸艸堂さんのこちらのマスキングテープは一味違ったデザインです。

浮世絵の北斎【富嶽三十六景】、広重【猫】、国芳【猫】から、若沖の花、神楽雪佳【元禄踊り】と、和文化を堪能できるデザインなのです。
少し太めのサイズですので、こちらは大判サイズの手帳を使っている方にオススメです。

少しずつ切ったり、思いっきりページを縁取りしたりと、手帳を和の世界にデコレーションしてみてください。

続いても芸艸堂さんから和を感じるこちらのシール。

Ohara45-4.jpg
芸艸堂シール ¥324

こちらも浮世絵の富嶽三十六景、美人画、名所江戸百景から若沖、琳派模様まで和を感じるデザインです。
中でも若沖画譜コレクション(写真下部中央)は品が感じられ、1番のオススメです。

お仕事用にシックな手帳をお使いの方が、中のページにこちらをお使いになれば、崩しすぎない適度な遊び心として、周りからも好印象になるかも知れません。

新年度始まる4月。
社会人や学生の皆様の中には、4月こそが新しい年の始まりだ!という気持ちでいる方も多いかも知れません。
まだ見ぬ新年度の未来のスケジュール。
どうせならワクワクした気持ちで手帳に書き込んでいきたいですね。
当館取り扱いのグッズがそんな皆様の少しでもお役に立てれば嬉しい限りです。

皆様のご来館、心よりお待ちしております。

大原

カテゴリ:

和布リメイクのやすねこ工房(江東区白河)は、インバウンドにも、日本人にも楽しんでいただける和のハンドメイド作品展示販売会を今年も開催いたします。

好評につき回を重ね、第4回となりました。

Wandmade4-1.jpg

Wandmade4-2.jpg
※画像はいずれもクリックで大きく表示されます。


桜の開花で賑う隅田川。
浅草寺脇にある「アミューズミュージアム」の2階ギャラリーで和をテーマに9人のクリエーターによるハンドメイド作品(陶芸、型染、工芸品、アクセサリー、照明、一閑張り、和布を使った服、バッグ、小物など)を展示販売いたします。


浅草は花ざかり。

和のハンドメイド作品展示販売会 第4回 和んどめいど
と き : 3月14日(火)~3月26日(日)(21日休館)10:00~18:00(最終日は16:00)


観光客にも気軽に体験していただくよう、短時間で出来るワークショップ(要事前予約)
を土、日、祝日にご用意しています。楽しい手作り体験をお土産に。


浅草で楽しい手作り体験

●Workshop(要予約)

手描き模様の巾着
3/18(土)3/19(日)3/25(土)①11:00~ ②14:00~
参加費1000円(税込)

型染体験 オリジナルハンカチづくり
3/14(火)3/26(日)①11:00~ ②14:00~
参加費1000円(税込)

ゆかた・和布でうちわ
3/20(祝)①11:00~ ②14:00~
参加費500円(税込) 持ち物 メガネ(必要な方)


【お買上特典】3,000円以上お買い上げの方に素敵なプレゼント!(ハズレなし)
お気軽にご来場ください。


主 催:やすねこ工房
協力:NPO法人隅田川リバーサイドまちづくりネットワーク 

   外国語ボランティア・コートーク(LVC)

お問合せ:やすねこ工房 江東区白河3-1-16
アメブロFacebook


TEL : 090-9304-2277 FAX : 03-5809-8842
yasuneko@softbank.ne.jp(担当 田端)

カテゴリ:

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
page top