1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ポエムピクチャーアーティスト・折り句作家のMIKAKOさんが顧問を務めている日本折り句協会が、アミューズミュージアムとコラボして開催している「心つながる和文化講座」

Wabunka03.jpg

第3回目となるゲストは、第1回目にも出演していただき大好評だった歌舞伎俳優の大谷桂三さんが再登場。

奥深くて面白い歌舞伎の世界へ皆様を誘います!ぜひ、ご堪能ください!

皆様のご参加お待ちしております。

日本折り句協会主催「心つながる和文化講座」第3回目「歌舞伎の文化」

日時:2018年2月4日(日) 開場12:30 開演13:30
チケット料金:一般 4,000円 会員 3,600円 
※折り句協会賛助会員、桂三会の方は会員価格

お申込み・お問い合わせ先:一般社団法人日本折り句協会 03-5615-8124
賛助会員ご入会ご希望の方は日本折り句協会HPよりお願い致します。

カテゴリ:

毎月恒例!次回開催、第97回公演は、

2018年2月11日(日)に開催します。

開演は、いつもと同じ15:00を予定しております。

OKA_1403.jpg

カンカラ三線やギターを弾きながら、懐かしい明治・大正演歌や昭和歌謡、フォーク・ソングなど日本の古きよき曲と唄声を聴かせてくれるのが、岡大介さん。

岡大介:

自由民権運動から始まった明治大正演歌をうたう現代唯一のカンカラ三線・演歌師。

特に演歌師・添田唖蝉坊(あぜんぼう)・知道(ともみち)親子の作品をうたっていることで、NHKや新聞各社など各メディアから注目を集めている。"オッペケペー"な政治家に"マックロケ"な世の中に"ああわからない"と笑い飛ばす!

演芸場、集会、流し、祭りなど年間ステージ数は365を超える。

岡さんの詳しいプロフィール等は岡大介HPでご覧下さい。

アミューズミュージアムには、8年以上に亘って、マンスリーでライブを開催しています。

遂に記念すべき第100回までカウントダウンです。

今回の料金は、

料金、予約:2,160円、当日:2,700円(1ドリンク付、税込価格)

確実にライブをご覧頂く為には、ご予約をお勧めいたします。ご予約はこちらから。

各記入項目の他に、「お問い合わせ内容」欄に、観覧希望日と予約人数を明記して下さい。
ネットでの予約受付は、ライブ前日の24時までとさせて頂きます。

電話の場合は、03-5806-1181 (10:00〜18:00) アミューズ ミュージアム

岡大介さんの奏でる日本の古き良き名曲、そしてフォークの名曲を是非、聞きに来て下さい。

カテゴリ:

漫画家しげおか秀満さんによる変身似顔絵、好評につきレギュラー開催しています。

変身似顔絵とは、こんな作品
HENSHIN01.jpg
もっと見る?こちらでどうぞ。

もっと、妖怪が好きなら、
Nigao03.jpg
こんな風にもお願いできます。
もっと、妖怪を見ます?こちらでどうぞ〜

次回開催予定:

2月10日(土)、11日(日)11:00~16:00予定です。

1枚 ¥1,200〜です。

妖怪や動物、時代劇風などお好きなものに変身できる楽しい似顔絵です。
変身しにぜひお越しください。

カテゴリ:

厳しい寒さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
もうすぐ大寒を迎える今、まさに一年で一番寒い時期と言えますね。
そんな時期は、あたたかいおうちの中でゆっくり過ごすのが一番!
今回は、日々の暮らしに彩を添えてくれる、新商品の陶器をご紹介します。

まずは、「からすうり陶房」の商品から。
兵庫県在住の作家様が制作される、やさしい陶器たち。

Jeong23-1.JPG
◎左:小さなそばちょこ/2,000円  右:大きなそばちょこ/2,500円(税込)

Jeong23-2.JPG

そばちょこは、野の草花をモチーフにした絵付けが素朴な雰囲気。
ストライプ柄やドット柄もあり、大きさは、大・小2種類あります。
そばちょことしてはもちろん、湯呑みや小鉢としても使えそうです。

Jeong23-3.JPG
手に持ったのは、小さいそばちょこの方。

Jeong23-4.JPG
◎線刻水差し(大)/12,000円(税込)

Jeong23-5.JPG
◎線刻水差し 鉄(中)/8,000円(税込)
季節の花を生けたくなる水差し。
ずっしりと重く、存在感があります!

続いては、「ねぎし窯」の商品をご紹介します。
栃木県のご夫婦が、地元の益子の土と、籾殻や木枝の灰で作った灰釉と鉄をつかって制作される、個性的な陶器。
「ねぎし窯」オリジナルのカオス紋様が特徴的です。

Jeong23-6.JPG
◎片口(カオス紋様) 各2,000円(税込)

Jeong23-7.JPG
◎左:そば猪口(カオス紋様) 各1,500円
右:そば猪口(白釉) 各1,500円


ショップには、その他の陶器類も多数取り揃えています。
日々の暮らしの中に「イイモノ」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

アテンダント ちょん

カテゴリ:

チャーリーとは何か?

写真家、野口さとこの相棒、モデルである。

たいていの人は、その写真の前で口元を緩める。

そして、どうしてモデルにしたのか?

衣装はどうしているのか?

どうやって旅にでているのか?

疑問があふれる。

Charly_flyer.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

参加作家は、このチャーリーさとこに惹かれ、

この度初のグループ展を開催する。

あなたもチャーリーに会いに来ませんか?

◆会期
2018年1月23日(火)〜1月28日(日)
10:00〜18:00(最終日は16:00まで)

詳しくはこちら

カテゴリ:

アミューズミュージアムは、
・ぼろ布のアート性に着目した展示でNHKほか多数の美術メディアに高い評価を受ける美術館
・全国の工芸アーティストの作品を中心に扱う和のセレクトショップ
・音楽ライブやアート系トークショーはもちろん、楽しみながら学ぶ浮世絵講座、落語や野菜市から
 和風クラブイベントまで、毎日のように館内で実施されるイベントなど、
館内の運営全般に関わるスタッフを募集いたします。


株式会社アミューズエデュテインメント


職種:アミューズミュージアムスタッフ(契約社員)

業務内容:複合型エンタテインメント施設(美術館・和のセレクトショップ・イベントホール)でのイベント企画、制作、運営・接客案内・商品販売

スキルや応募資格
【求めるキャリア】
・イベント運営業務や物販など接客サービス業の経験者

【歓迎するスキル】
・人と接することが好きで、コミュニケーション力に自信がある方
・気遣いが出来て人の先回りをして動き、『気が利く』と言われる方

雇用形態:契約社員(6ヶ月~1年更新)

勤務地 :アミューズミュージアム 東京都台東区浅草2-34-3

勤務時間:シフト制
基本勤務時間:9:30~18:30(勤務シフトにより、変更の可能性あり)

給与 月給:20万円~
※前職給・経験・能力等を考慮の上、当社規定により決定します。

待遇・条件:交通費全額支給、各種社会保険完備
休日・休暇:シフトによる週休2日の他、リフレッシュ休暇、有給休暇、その他

必要書類:履歴書(写真貼付)及び職務経歴書を下記住所宛にご郵送ください。
※履歴書には必ず、メールアドレスを記載願います。

郵送応募のみ受付

宛先 〒111-0032
東京都台東区浅草2-34-3
株式会社アミューズエデュテインメント スタッフ採用係宛

【問い合わせ】
メールアドレス:amuseedutainment@amuse.co.jp


選考スケジュール:
書類選考の上、面接にお越しいただく方のみにご連絡させていただきます。
選考の結果、不合格の方にはe-mail等でご連絡しますので、予めご了承ください。

注意事項 ※応募書類は返却致しません。
※電話でのお問い合わせはご遠慮ください。

・新卒採用ではございません。
・応募の秘密は厳守いたします。またご郵送頂いた書類は、採用目的以外での使用は一切致しません。
・早めに終了する場合もあります。 募集終了予定日2018/02/28


From Recruiter採用担当者から
アミューズミュージアムは、エンタテインメント企業㈱アミューズの100%子会社 (株)アミューズエデュテインメントが運営する複合型エンタテインメント施設で、2009年11月に大衆芸能の聖地でもある浅草にオープンしました。
浅草の文化施設・アート施設・商業施設として、多数のマスコミに取り上げられるなど話題を呼んでいます。
今回はこの施設で一緒に、エンタテインメントな接客・サービスをして頂ける仲間を募集します。
20~30代前半の若いスタッフが中心の元気で明るい職場です。
4月から勤務が開始できる方を募集致します。ご応募お待ちしています。

カテゴリ:

皆様明けましておめでとうございます。
お正月はいかがお過ごしでしたか。既に仕事モードに入られましたか。
今年の冬は昨年より寒く感じられますので、皆様どうぞお体にお気をつけください。

それでは、今回は、古くて新しい品物を紹介させていただきます。

こちら
cho17-1.jpg
裂織りです。
当館は、約200年前に青森で暮らした人々が着ていた服や、使っていた民具をメインに展示しております。
当時は、寒冷気候のために綿の栽培や入手が困難でした。
命を守る為に布を大切にするのが常識で、東北の女性は、端切れなどで仕事着やたっつけなどを作ったり、継ぎ接ぎするのがライフスタイルでした。
小さくて使えなくなった布を細く裂き、巻いて作られたのがこちら
cho17-2.jpg
緯(ヌキ)と呼ばれる、裂織りの材料です。

cho17-3.jpg
こちらの機織り機で、着物の生地や前掛けを織ります。

昔を生き抜いた人のこうした技術は、今でも活用されています。
cho17-4.jpg

cho17-5.jpg
裂織りカードケース
左 20枚入り 4,860円  右 17枚入り 4,212円

cho17-6.jpg
左 裂織絹綱代ポーチ 6,300円
右 裂織縞織ポーチ  4,150円

cho17-7.jpg
スクエアポーチ M 3,780円 S 3,240円

cho17-8.jpg
丸コースター 830円 カレイコースター 1,080円

cho17-9.jpg
房付綱代織りコースター 1,080円
角コースター 1,080円

cho17-10.jpg
スリッパ 赤 5,832円 紫 6,333円

cho17-11.jpg

cho17-12.jpg
あじろクラッチバッグ 19,440円
男性にも使いこなせる2way クラッチバッグ。

cho17-13.jpg

cho17-14.jpg
丸バッグ 17,820円

今では、裂織は実用性重視だけでなく、芸術性も引き出され、伝統的なファッションとして男女世代問わず愛されています。

ミュージアムショップでは裂織の商品は他にも色々ありますので、ぜひお越しいただければと思います。


アテンダント
チョウ

カテゴリ:

各分野で活動する 色に魅せられたアーティスト5名が織りなす空間


昔から受け継がれているもの、また時代とともに変化してゆくものづくりの伝統や文化を大切に想い、5名のアーティストがそれぞれの感性で創り上げた色彩豊かな作品を展示販売いたします。


イロトリドリな作品を通して、その土地で生まれた文化や色が紡いだ時間の流れを感じて下さい。

Tsumuida.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

色が紡いだ時間  〜 色に魅せられたアーティスト展 〜
facebookイベントページ

〔日時〕‪2018.1.16 ‬[tue] - 1.21 [sun]

〔会期〕‪10:00-18:00‬(最終日は‪16:00‬まで)

〔場所〕アミューズミュージアム 2F 手仕事のギャラリー&マーケット


〔参加作家〕

◆ Blue Earth( 藍染め作家 ) : Facebook

◆ 一般社団法人 糸かけ曼荼羅協会 (糸かけ曼荼羅 ) : Home Page

◆ Peace Candle ( ハンドメイドキャンドル ) : Instagram 

◆ SelvedgeWork+藍 ( 藍染・シルクスクリーン ) : Home Page

◆ kaze-no-oto nanoha ( ニャンドゥティ・刺繍 ) : Instagram

カテゴリ:

芝居が好き、歌が好き、ダンスが好き、というシニアのワークショップ、チームシンデレラボーイズ&ガールズの発表会です。

仕事や家事をチョットお休みして、キラキラと輝きたい。
だって、いつだって、人生は楽しいんだもの。

teamcinderella.jpg
※画像はクリックで大きく表示されます。

◆日程
2018年 2月12日(月・祝)
開場 14:00開場、14:30開演
全席自由席

◆料金
2,160円(税込)1ドリンク付

◆場所
アミューズミュージアム 6Fイベントホール

ご予約は、電話 アミューズ ミュージアム 03-5806-1181(10:00〜18:00) 
または、こちらの問い合わせフォームからお願いいたします。

カテゴリ:

あけましておめでとうございます!

皆さま、いかがお過ごしですか?
新年はご家族・親戚と集まっている方も多いのではないでしょうか。

今回は、思わずお年玉を握って買いに行きたくなる
新春らしいデザインの商品をご紹介させていただきます。

まずはミュージアム内ではお馴染み、『米織小紋』の干支柄商品です!

『米織小紋』は米沢の織物の特徴、細番手・先染め・紋織りを活かし、小紋柄を織で表現した織物です。

今年は戌年です。
犬柄のため、2018年を過ぎても問題なく使えるのではないでしょうか。
このデザインは限定商品ですので、お気に召された方はお急ぎくださいませ。

sekiguchi02-1.jpg
米織ランチバッグ 3,240円(税込)

sekiguchi02-2.jpg
​左:米織フラットバッグ 2,160円(税込)
右:米織A4フラットバッグ  3,780円(税込)

sekiguchi02-3.jpg
左:巾着中 1,296円(税込) 右:巾着大 1,620円(税込)

続いてはこちら、

sekiguchi02-4.jpg
レトロポップ両面小風呂敷 各734円(税込)

その名の通り、両面使える50cm×50cmの小さ目な風呂敷です。
sekiguchi02-6.jpg
包み方を工夫し、ちらっと裏の別柄が見えるとおしゃれです。

最後はこちら、

sekiguchi02-7.jpg
ミニシュシュ 各378円

浅草では、着物を着ている女性をたくさん見かけます。
これだけの種類があれば、その日の着物に合うシュシュが見つかるのではないでしょうか。
娘様、奥様に買っていかれる男性もいらっしゃいます。

以上、3種の商品をご紹介いたしました。

新年は是非、浅草にいらしてください。
お詣りの後は、アミューズミュージアムに是非お立ち寄りくださいませ。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

アテンダント せきぐち

カテゴリ:

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
page top