<< 前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ポエムピクチャーアーティスト・折り句作家のMIKAKOさんが顧問を務めている日本折り句協会が、アミューズミュージアムとコラボして開催している「心つながる和文化講座」

『知りたい』『観てみたい』けれど、なかなか敷居が高いと感じてしまう日本の伝統文化を、それぞれのジャンルで活躍されているゲストをお迎えして、初心者にも分かり易く、お楽しみいただきながら、学べる大人気の企画です。

6月は2つの講座を開催。それぞれの分野で活躍するゲストの方を、講師としてお招きします。

①日本折り句協会主催「心つながる和文化講座 第6回~開運和柄とスマホ風水~」

Wabunka6.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

日時:2018年6月3日(日) 開場13:00 開演13:30
場所:6F イベントホール

チケット料金:一般 4,500円 会員 4,000円 
※折り句協会賛助会員は会員価格

開運カウンセラーの富士川碧砂さんをお迎えし、着物で使われている和柄の深い意味や、今日からできる!運が開けるスマホ風水をご伝授いただきます。
声優としてもご活躍の富士川さんから普段聴くことができない『開運』の話をお楽しみください。

Guest:富士川碧砂さん(開運カウンセラー・声優)
老舗呉服屋の娘に生まれ、和の世界に造詣が深く、和の引き寄せをテーマにした『開運和柄』が絶賛発売中‼
声優・寺瀬今日子としても活躍中!

②日本折り句協会主催「心つながる和文化講座 第7回~万華鏡ワークショップ 色彩心理講座~」

Wabunka7.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

日時:2018年6月29日(金)・30日(土) 
◆万華鏡ワークショップ 両日10:30 ~
◆色彩心理講座 両日14:00 ~

場所:アミューズミュージアム4F

チケット料金:万華鏡ワークショップ 12,900 円 色彩心理講座 15,000 円

オイルの入ったオリジナル万華鏡をあなたに合う色をベースに一から創作します。
普段から使える色彩の意味や折り句を書くときに役に立つ色彩心理を学びます!

Guest:草木 裕子さん(アトリエ for me 代表)
京都市生まれ京都市在住 京都外語大学英米語学科卒業
阪急百貨店勤務後、インテリアデザイナー、インテリアコーディネーターとして活動。
現在は、三原色理論「RYB Color Reading®」を創始し、全国でカラー関連の講座、講演、研修などに従事する。

チケットお問い合わせ
一般社団法人 日本折り句協会03-5615-8124
協会のHP のSHOP ページよりお申込み出来ます。
※お振込みをもって、ご注文受付完了とさせていただきます。

カテゴリ:

皆様こんにちは!
1年で1番の盛り上がりをみせる三社祭も無事に終わり、浅草の街は、少しだけ穏やかな表情の毎日を見せております。

爽やかな皐月ももうすぐ終わり。
来月からは、鬱陶しい梅雨が続く6月。
気分が滅入る事も増える事もあり、今から気分が滅入っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
梅雨に負けない事前準備として、今回は心が晴れやかになる、SOLOLAさんがアフリカから買い付けたカラフルなアフリカン雑貨をご紹介致します。
主役はアフリカの衣類と聞いて、まず想像する色鮮やかなアフリカンプリントです!

まずはこちら。

Ohara53-1.jpg
アフリカンプリント 風呂敷 1,500円

丁度、お弁当箱を包むのに最適なサイズとなっています。この風呂敷の注目していただきたいのはその鮮やかな発色と個性豊かなデザインです。

そもそもアフリカンプリントは、インドネシアのジャワ更紗がルーツになっていて、19世紀中頃、ヨーロッパ経由でアフリカに入ってきました。

当時はもっとジャワ更紗を模倣した、アジア色の強い文様モチーフが多かったのだそうです。
それをアフリカの各地を植民地としていたヨーロッパ人デザイナー達が、「アフリカっぽい雰囲気の色はこっちだよね?」、「アフリカの人が好きなのはこのモチーフだよね?」という話がされ、現在のアフリカの赤土にマッチする強い発色、植物や動物をモチーフにしたアフリカらしいデザインになったのだそうです。

続いてはその図柄を作り出す技法に注目してみましょう。

こちらをご覧ください。
Ohara53-2.jpg
アフリカンプリント コースター 540円(税込)

大きさなどはスタンダードな使いやすいサイズ。

細かな模様が描かれているので拡大してみるとこうです。

Ohara53-3.jpg

こちらの染色の技法はワックスプリント。先にご説明したインドネシアではバティック、日本でも臈纈染めと言われ、親しまれている技法で仕上げています。

この技法、ロウで防染の土手を作り、色別に染めを繰り返す技法なのですが、アフリカではロウだけでなく、キャッサバ(※タピオカの原料となる落葉低木)から作られたノリで防染の土手を作る事もあるそうです。
色彩豊かなアフリカンプリントでは染の回数もきっと多いでしょう。

大胆な色、図柄使いに反し、とても丁寧に作られているのがアフリカンプリントなのです。

こちらのコースターと同デザインの商品もございます。

Ohara53-4.jpg
アフリカンプリント ランチョンマット 1,200円(税込)

一気に食卓が華やぎそうですね。
またこちらは大柄な図柄を使ったものもございます。

Ohara53-5.jpg
アフリカンプリント ランチョンマット 1,200円(税込)

同じく大柄な図柄を使ったオススメの商品がこちら。

Ohara53-6.jpg
アフリカンプリント クッションカバー 3,500円(税込)

茶色のグラデーションが淡い紫に溶けていくかのような、可愛くてちょっと淫靡なとてもオススメのクッション。大きさは約40cm四方の使いやすいサイズとなっております。

(手作りのタメ、若干の誤差はご了承ください)※カバーのみの販売となります。


さて、本日、なぜこんなにもアフリカンプリントをご紹介させていただいたかというと、私ごとですが、先日、友人から結婚するという嬉しい報告がありました。
彼女はケニアと日本のハーフなのですが、数年前に帰国し、現地で見初められ見事ゴールイン。6月に結婚式をするとのこと。

アフリカの結婚式では、現地の方はアフリカンプリントを使ってドレスを作るのだそうです。

SOLOLAさん曰く、ナイジェリアでは、招待客は新郎新婦が選んだ柄を事前に購入し、皆お揃いで披露宴に出かけるそうです。
気になったのでネットで画像を検索すると、柄は一緒なのに、様々なデザインに仕立てられたドレスの数々に圧巻されました!
ケニアの友人の話では、現在は新郎新婦含め全員がお揃いするのは少なくなってきていて、招待客はワンポイントだけ柄を揃えたり、同柄で色違いで揃えたりする事が多いのだそうです。

到底、現地にまでお祝いには行けないのですが。。行くことができたらこちらを披露宴会場に持って行こうかと考えちゃいました!

Ohara53-7.jpg
左 アフリカンプリント クラッチバッグ 3,600円(税込)
右 アフリカンプリント ブリーフケース 5,500円(税込)

どちらも薄いバッグですが、その分身軽になり何より色鮮やかなアフリカンプリントが披露宴にピッタリだと思いますがいかがでしょうか?

遠い異国の地。アフリカ。
そごで生まれたアフリカンプリントは奴隷制度や植民地時代など、決して明るい道だけを歩んだものではありません。
アフリカの方々がそれでも希望を持ち、明るく楽しく生きていこう!という心意気、国民性が色濃く現れているのがアフリカンプリントの発色の原点なのかな?と私は思います。
ぜひ皆様も鮮やかなアフリカンプリントを実物でご覧くださいませ。

当館開催ではないのですが、SOLOLAさんが、アフリカンプリントで浴衣を制作した展示会が間も無く開催されるそうです。

SOLOLA【アフリカ布の浴衣展】

こちらも合わせてアフリカンプリントの魅力をご堪能ください。

あ!アミューズミュージアムも忘れないでくださいね!

皆様のご来館心よりお待ちしております。

大原

カテゴリ:

元TBSアナウンサーの須賀雅子さんの朗読と、ゲストをお招きした生のトークライブ第3段!
今回は皆様ご存知「日光さる軍団」の猿回し師が登場!普段は舞台でお猿と共に愉快な芸を見せて下さる猿回し師さん。この度はめったに聞けない貴重なお話しを伺います。
また、日本人には馴染みの深い伝統芸である猿回しの歴史、さらには主役であるお猿についての猿学まで...。知っているようで実は知らない?お猿と猿回しについて見識を深める「お猿づくし」の生ライヴ!!
(今回はお猿さんは出演しませんので悪しからずご了承ください!)

企画・製作/山本 大

SUGA3-1.jpg

SUGA3-2.jpg

※画像はいずれもクリックで大きく表示されます。

須賀雅子より

「人と猿」には太古の昔から深い関係がありました。
猿回しの芸の裏には、どんな物語があるのでしょう?
私もまた、興味津津です。


ゲスト/日光さる軍団

SUGA3-3.jpg

日光鬼怒川にある専用劇場「日光さる軍団劇場」で猿回しを披露する団体。
複数のお猿による多才な芸を披露する。
今回は軍団の猿回し師がゲストとして登場。調教や舞台での苦労、またお猿との絆など、普段は中々聞く事のできない貴重なお話しを伺う。
尚、今回はお猿さんは出演しませんので、悪しからずご了承下さい!


SUGA3-4.JPG

須賀雅子プロフィール

元・TBSアナウンサー。
野口雅子として番組に多数出演。
テレビ「JNN おはようニュース&スポーツ」
「3時にあいましょう」
「朝のホットライン」
ラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」

TBSアナウンススクール特別講師として18年間、就職活動の大学生を500人以上指導。
「Mako's 話し方サロン」も開き、幅広い年代の人たちの要望に対応している。
白山朗読の会・会員。

須賀雅子の興味津津  第3弾!

2018年6月24日(日)

ゲスト/日光さる軍団

2月18日(日)
開場14時30分 開演15時

予約制 料金 3000円
(当日券+500円で、入場につきましてはお問い合わせください)

ご予約は、電話 アミューズ ミュージアム 03-5806-1181(10:00〜18:00) 
または、こちらの問い合わせフォームからお願いいたします。

カテゴリ:

3月に開催し好評だった古作こぎん研究会をアミューズミュージアムで再び開催します。
こぎんデザイナーとして各方面で活躍する山端家昌(kogin.net主宰)が、こぎん刺しの魅力を語り尽くします。
みなさまのご参加をお待ちしております!

KOGIN3.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。


『第2回 古作こぎん研究会 in 浅草』

日時:2018年7月22日(日)
11時〜13時/14時〜16時
場所:アミューズミュージアム 4F
(〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目34番3号)

参加費:2,000円 


定員:20人
当日は申込者優先でご案内します。当日、空席が出た場合はお越しいただいた順にご案内を予定しています。但し、座席には限りがあるため入場できない場合もありますのでご了承のほど宜しくお願いいたします。


事前申し込み制(5月23日 水曜日 10時〜
お申し込み先:アミューズミュージアム
電話番号 03-5806-1181(10:00 ~ 18:00)
または、こちらのお申込みフォームより
※定員に達しましたら、お申し込み受付を終了させていただきます。


《当日のスケジュール》
午前の部 ※おかげさまで満席となりました。
10:45 受付開始(当日、参加費お支払い)
11:00 イベントスタート
13:00 イベント終了
------------------------------
午後の部 ※若干名様ご予約可能です。
13:45 受付開始(当日、参加費お支払い)
14:00 イベントスタート
16:00 イベント終了

カテゴリ:

みなさま、こんにちは。
暑かったり寒かったり天候不順が続いておりますが、体調などは崩していませんか。
先日ニュースを見ていたら、なんと今年既に、蚊が発生し始めていると...梅雨を通り越して夏の気分ですね。
さて、本日はそんな夏の定番?とも言える蚊よけ対策にもってこいの商品をご紹介致します。

1つ目はこちら
Tsushima15-1.jpg
蚊遣り 猫 7,020円(税込)

なんとも言えない可愛さがあるのに、蚊取り線香を設置するとみるみる蚊を退治してくれそうです。
Tsushima15-2.jpg
蓋を閉めた時の真ん丸猫感がとてもたまりません!
猫好きのあなたにおすすめです!
最近は、ペット用の低刺激の蚊取り線香もあるそうなので、ぜひこの夏、愛猫のそばにおひとついかがでしょうか。

続きましてはこちら
Tsushima15-3.jpg
蚊取り線香(紫陽花・柑橘の香り、朝顔・西瓜の香り)各1,404円 (税込)

小さめの蚊取り線香ですが、香りがついており、蚊取り線香独特の香りが苦手な方でもご使用できます。
Tsushima15-4.jpg
このようにスタンドもセットになっている為、ちょっとした贈り物にも最適です!

最後はこちら
Tsushima15-5.jpg

Tsushima15-6.jpg
蚊除け香 匂い袋 各1,080円 (税込)

匂い袋タイプの蚊よけです。
蚊を完全に除ける商品ではないですが、カモミールやレモングラスなどの虫が嫌がる自然の素材を使うことにより、蚊をよせつけにくくします。
見た目も可愛いですので、カバンなどに付けていてもとても自然ですね。
こちらも、ご贈答におすすめです!

本日は蚊よけグッズをご紹介致しましたが、いかがでしたか。
気になる方は、是非お手にとってみてくださいませ。
皆様のご来館、心よりお待ち致しております。

アテンダント津島

カテゴリ:

木々の緑が日増しに濃くなるこの季節、初夏のさわやかな風が気持ちいいですね。
アミューズミュージアム1Fのミュージアムショップでは、
日頃より季節の手ぬぐいを豊富に取り揃えておりますが、
今回新入荷したのは、【かまわぬ×ドラえもん】手ぬぐい!
キャラクター物と侮るなかれ、かまわぬの粋なデザインが大人心をくすぐります。

jeong25-01.JPG
   ドラえもん手ぬぐい 各1,620円(税込)

数量限定で再入荷はございません。
お求めの方はお早めにご来館ください。

jeong25-02.JPG jeong25-03.JPG
   ドラえもんだるま       ドラえもんかまわぬ

jeong25-04.JPG jeong25-05.JPG
   ひしめきドラえもん       どら焼きづくし

jeong25-06.JPG jeong25-07.JPG
   ドラミちゃん格子        ひみつ道具づくし

使用しているのは手ぬぐい用タペストリー棒(税込2268円)。
マグネット式で取り外し簡単!
リバーシブルなので、手ぬぐいの柄や好みによって木の色が変えられてオススメです。


jeong25-08.JPG
        どこでもドア

jeong25-09.JPG
       ジャイアンリサイタル

こちらに使用しているのは、はめ込み式の横柄手ぬぐい用タペストリー棒(税込1,944円)
お気に入りの手拭いを飾ってみて下さいね。

そして番外編。
ここにもいました、ドラえもん!【エニシング×ドラえもん】前掛け。
外国のお客様にも人気の商品です。
jeong25-10.JPG
  ドラえもん前掛けロング 5,292円(税込)


大人も子供もみんな大好きなドラえもんの手ぬぐいと前掛けをご紹介しました。
今後も新商品が続々入荷します。
浅草へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

アテンダント ちょん

カテゴリ:

皆様こんにちは。
ゴールデンウィークはあっという間に終わりました。
皆様いかがお過ごしでしたか。

5月の浅草といえば、浅草神社の例祭ーー三社祭。
今年は、17日の夜に神輿霊入れの義をはじめ、18日朝6時の宮出しから20日の夜まで続きます。
アミューズミュージアムはすでに待機している状態です。
ということで、三社祭で浅草にお越しの皆様へ、オススメの商品をご紹介いたします。

まずは、こちら
Cho19-1.jpg
墨絵三社扇子 3,996円 (税込)

Cho19-2.jpg
墨絵三社祭うちわ 1,944円(税込)
墨絵師手書きの作品。
金色に光るお神輿が動いているように見えますね。

お次は祭りに欠かせないもの
Cho19-3.jpg
三社祭手ぬぐい 紺 1,080円(税込)
氏子さん達が荒々しくお神輿を担ぐ景色はびしっと描かれています。
三社祭の賑やかさが感じられます。

浅草の祭りといえば三社祭、三社祭といえばお神輿。
三基のお神輿以外にも、氏子衆がそれぞれお神輿を所持しています。
その数は100基あまりと言われます。
また、ふんどしや法被姿の男性達が担ぐ神輿や、女性だけが担ぐ神輿、子ども達が担ぐ神輿など、
神輿の担ぎ方も地域によって様々です。
それらのお神輿について徹底的に説明してくれるのはこちら
Cho19-4.jpg
神輿大全 3,672円(税込)
本書では、神輿各部の意匠、製作工程、実際の管理から歴史的な背景までを分かりやすく
解説します。
日本人が大切にしてきた伝統文化としての神輿を、より深く理解できます。
神輿の教科書といえます。
ぜひ手にしてご覧いただきたいです。

そして、アミューズミュージアム最後の三社祭りなので、
人混みに負けず、是非浅草にいらしてくださいね。


アテンダント チョウ

カテゴリ:

みなさまこんにちは。

最近の浅草はとても暖かくなってきました。お昼は暑くて汗がでて喉がかわきます。
そんな喉がかわく日の、帰宅後のお酒はまた格別です。

最近僕はそば猪口でビールを飲んでますが、程よい容量なので大きいコップよりもたくさん飲めてしまいます。
そんな僕が気になっている酒器をご紹介いたします。

kame22-1.JPG
片口 1,500円(税込)

kame22-2.JPG
カオス紋様酒器 猪口セット 4,000円(税込)

ねぎし窯さんの酒器になります。
程よい大きさで、飾ってても可愛いです。一輪挿しにも良さそう。
9/11(火)-9/17(月・祝)の期間はギャラリーにて個展を開催されますので、新作陶器をお楽しみに!


そば猪口新柄入荷しました!

kame22-3.JPG
猫と楼閣山水図 (ねことろうかくさんすいず) 2,160円(税込)
中国の美しい風景の中に化け猫がいます。

kame22-4.JPG
七賢人図(しちけんじんず) 2,160円(税込)
竹林で知識人ったちが哲学的な談話をしている伝統柄です。

七賢人がすべてヒゲのおじさんになっています。

kame22-5.JPG
馬場文(ばんばもん) 2,160円(税込)
左向きの馬は、「馬」の裏返しで、舞う(まう)という意味合いから、福が舞い降りる吉祥の文様として用いられてきました。

kame22-6.JPG
鋏文(はさみもん) 2,160円(税込)
植物をモチーフにした縦縞の伝統文様「十草文」を波佐見焼にちなんで、糸切りバサミでチョキチョキ切ったデザイン。

kame22-7.JPG
髭花文(ひげはなもん) 2,160円(税込)
花文が髭のおじさんになったデザイン。更に髭を雲に見立て、雷や雨も描かれています。

一つ一つ手書きで、見ているだけで楽しめます。
石川県の九谷焼窯元『上出長右衛門窯』の6代目、上出恵悟による古い染付の波佐見焼をモチーフにした絵柄のこのシリーズは、サラサラした手触りで、触っても楽しめます。

以上、喉のかわきをよりおいしく潤してくれるアイテムをご紹介いたしました。
これからもっと暑い季節がやってきますので、水分はしっかりとって熱中症に気をつけてくださいね。

ご来館お待ちしております。

アテンダント亀本

カテゴリ:

津軽三味線だけでなく民謡、太鼓、銭太鼓などをこなすマルチプレイヤーとして活動している橋本大輝が、「民謡を楽しんで学んで欲しい」という思いを込めてお送りする「民謡楽学!橋本塾!!」

素敵な演奏が聞けるのは勿論のこと、民謡にまつわる小話や、お客様ご自身も邦楽楽器に触れて頂ける内容です。

HIROKI03.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

第2回目となる今回は、以前も大好評だった銭太鼓の魅力を皆さまにお伝え致します。
勿論、お客様ご自身も銭太鼓を体験して頂けますので、身近なようでなかなか触れる機会の少ない民謡の世界を、この機会に覗いてみてはいかがでしょうか?
皆様のご来場お待ちしております。


橋本大輝「民謡楽学!橋本塾!!~銭太鼓の回~」

日時:2018年6月30日(土) 開場13:30  開演14:00 
料金:2,500円(税込・ワンドリンク付)

ご予約は、電話 アミューズ ミュージアム 03-5806-1181(10:00〜18:00) 
または、こちらの問い合わせフォームからお願いいたします。

カテゴリ:

皆さま、こんにちは。

暖かい日が増え、お出掛けにピッタリな季節になってきました。
僕も先日、国営ひたち海浜公園に行き、ネモフィラとチューリップを見てきました!

次の連休はゴールデンウィーク。
皆さまはどこへお出掛けいたしますか?

今回は、この時期のお出掛けが楽しくなるような商品をご紹介いたします。


Kachi13-1.jpg
籠バッグ 縞×縞
各色19,440円(税込)

籠には【バンクアン】という、湿地帯に生える葛芋の一種を使用。
使い込むほどに良い風合いに馴染んでいきます。

Kachi13-2.jpg
スペック染リネンの籠バッグ
左:縞 右:千筋 14,040円(税込)

デニム地のような味わいあるムラ感が生まれる【スペック染め】
この技法で染めたリネン糸をチェック柄に織り上げ、籠を合わせてあります。
持ち手と袋のひもには【真田紐】を使用。
日本を感じる籠バッグとなっております。


Kachi13-3.jpg
アンダリ手編みバッグ
左:生成 右:黒 10,800円(税込)

ペーパーラフィアで作ったバッグ。
丁寧な手編みで繊細に作られており、裏地にはオックス生地を合わせてあります。

Kachi13-4.jpg
ガーナ産かごバッグ 18,500円(税込)

ガーナ北部の小さな村で、細部まで丁寧に編まれた、とても丈夫なバッグです。
取っ手を外してクラッチバッグとしてもお使いいただけます。
使ううちに飴色になり馴染んでいきますので、時間をかけて色の変化もお楽しみください。


今回は、今の時期にピッタリのバッグをご紹介させていただきました。
普段使いはもちろん、川や山へのレジャーにもいかがでしょうか?

ここ浅草も、来月は三社祭がありますのでぜひぜひ遊びにいらしてください。


アテンダント 加知

カテゴリ:

<< 前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
page top