<< 前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

あんなに暑い夏だったのに、気づいたら首元に巻物がしたくなるような涼しさを感じるようになってきましたね。
秋だぁとウキウキしてきます。外に遊びに行ったり、秋の食べ物も美味しいし、と楽しみ尽くしです。

そんな秋のモチーフが蚊帳ふきんに登場。
kaji48-1.jpg
かぼちゃ. 秋の幸 各¥432
どちらも秋らしい色合いでとても可愛いです。
一枚あれば一気にキッチンが秋の雰囲気に。
お皿を拭いたりしてもいいですが、私は濡らして子供の食事の時のお手拭きにしたりもしています。

お客様のお手拭きにしても風情がありますね。使い道はあなた次第!

来たる10月9日は道具の日だそうです。

浅草も合羽橋通りで10月2日から8日までかっぱ橋道具祭が開催されます。
そんな道具モチーフふきんが今年初登場しました。
色味もシンプルでかっこいいです。
kaji48-2.jpg
焼物.金物.籠物 各¥432
当館展示室にも古民具がありますが、使いこまれた道具たちはなんともいえない味があり、愛おしさを感じさせられます。道具の日にちなみ、ぜひミュージアムで昔の人の生活を感じにいらしてください。

来シーズンの柄もお出まししています。
kaji48-3.jpg
お鍋.クリスマス 各¥432
寒い日はお鍋が一番。

見るだけでホカホカしてくるお鍋の食材のふきんです。
そして、誰もがワクワクするクリスマス。

赤と緑の色合いだけでもうウキウキしちゃいます。

意外とキッチンは年中同じ雰囲気だったりしませんか?ふきんで季節感プラスしてみてくださいませ。

最後におもしろ食べ物ふきんたちを紹介します。
kaji48-4.jpg
カレー.寿司 各¥432
カレーふきんはインド人シェフまで描かれています。カレー好きにはプレゼントしたくなります。

秋のお出かけは浅草ぶらりがおすすめです!
皆様のお越しをお待ちしております。

アテンダント 梶

カテゴリ:

秋の訪れを肌で感じるようになってきました。
少し肌寒いくらいのこの時期が、とても過ごしやすく感じます。

先日、2階の手仕事のギャラリー&マーケットにて、益子焼のねぎし釜さんの個展を開催しておりました。
ミュージアムにご来館されたお客様が、偶然にねぎし釜さんの陶器と出逢い、ご購入されていくのを見て、こういう出逢いの場にしたくて、2階に手仕事のギャラリー&マーケットを作ったのを思い出しました。

そのねぎし釜さんには、1階でも商品をお取扱いさせていただいております。
ねぎし釜さんは、自然のものにこだわって制作されているので、是非お手に取って確かめてください。
今回は、新作をお預かりしましたので、皆さまにご紹介致します!

爽やかな緑色が入っているので、赤や黄色の食材でより華やかになります。
角皿は、使いやすさ抜群です。
Okada41-1.jpg

八角グリーン 2,500円(税込) 

こちらも緑色が入っているお皿ですが、角皿ではなく丸皿になります。
やわらかい雰囲気がとても美しく、食材を美味しく見せてくれそうです。
Okada41-2.jpg

グリーン皿 1,500円(税込)

少し色の濃い方が好きな方は、こちらの藍色が入っているお皿はいかがでしょう。
なんとなく色味のないお料理も、これでぼんやりさがなくなります。
Okada41-3.jpg

シェル風車 1,500円(税込)

ここからは、小さめのお皿をご紹介。
取り皿としても大活躍しそうなこちら。
三彩の色付けなので、見るだけでも楽しくなります。
Okada41-4.jpg

風車皿三彩 1,200円(税込)

ちょっとしたケーキを頂くときにも、重宝するサイズと色味がこちら。
小鉢といっても、そこまで深くないので、非常に使いやすいシリーズです。
Okada41-5.jpg

小鉢 1,200円(税込)

お醤油などを入れる手塩皿としてもご利用いただけるサイズです。
ひとつひとつ色味が違うので、ぜひ店頭でお確かめください。
Okada41-6.jpg

小鉢 1,000円(税込)

珈琲にぴったりなカップ&ソーサーも、新しい色味が加わりました。
先程の小皿におやつを乗せて、セットでいかがでしょうか。
Okada41-7.jpg

三彩カップ&ソーサー 2,500円(税込)

ねぎし釜さんのマイカップシリーズは、内容量がちょうどいいのがポイントです。
すぐなくなってしまうという量でもなく、飲みきれないほど多すぎる量でもなく、非常に口あたりも滑らかです。
Okada41-8.jpg

三彩マイカップ 2,000円(税込)

ご家庭でいつもと違った料理に挑戦し、いつもと違ったお皿に盛りつける。
これも食欲の秋の醍醐味かもしれません。

皆様が、素敵な食器と出逢うお手伝いになれば幸いです。

ねぎし釜HPはこちらから


アテンダント オカダ

カテゴリ:

記録的な猛暑はどこへ行ってしまったのか。浅草も涼しい風が吹くようになり、夏から秋へと町の表情が変わって来ています。
急な気温変化で体調が優れない方もいらっしゃるかと思いますが、皆様いかがお過ごしですか?

日に日に陽が沈むのが早くなり、夜が長く感じられるようになって来ました。
そうなってくると、夏はアクティブにアウトドアを楽しまれた方も「家でゆっくりインドアライフを楽しみたいな」と思われる方も多いのではないでしょうか?

インドアライフを充実させるには、趣味に没頭するのが一番早い。
と言うことで、本日はインドアライフを楽しみたい!と思われている方に、お家で没頭出来る楽しい趣味を紹介している書籍をご案内致します。
新しい趣味を見つけたい方も必見です!

まずは初級編としてこちら。

Ohara55-1.JPG
「驚きのパズル・アート SPIROGLYPHICS WORLD CITIES」 1,620円(税込)

ニュージーランド出身の天才パズルアーティストのトーマスバヴィッドのアイディアから生まれた世界的にも有名な一冊。
一見ただの渦が描かれているだけに見えますが、グルグルと渦を塗りつぶしていくと表紙のエッフェル塔のように、世界の都市を彩る様々な絵が出来上がります。

Ohara55-2.JPG

一色塗りよりも様々な色を重ねるとカラフルになってそのまま壁に飾っても素敵なインテリアになりそうです。
まさに大人の為の塗り絵。パズルアートの世界。「パズルアートが趣味!」そう言えると、なんだか知的な大人になった気がします。

続いては中級編としてこちら。

Ohara55-3.JPG
「藁や紙紐で編む猫の家 猫つぐらの作り方」 1,620円(税込)

ネコちゃんのお家、猫つぐらの魅力が詰まったこちらの一冊。

猫つぐらの全体像はこんな形の藁や紙紐で作った猫ちゃんハウスです。

Ohara55-4.jpg

本の中では、日本最高積雪記録を持つ、長野県栄村の伝統的な猫つぐら制作の様子や、お家でも簡単に制作出来る、紙紐を使った作り方を紹介しています。
その他にも、キッチンにある小物や100円ショップで購入出来る材料を使ったオモチャの作り方も掲載されています。
そこかしこに可愛い猫の写真も載っていますので、猫好きの方にもオススメです。
大好きなペットの為に趣味を広げるのも、なんだか粋に感じられます。

続いては、もしかしたらそのままプロになれるのでは?と思う技術が掲載されている上級編。

Ohara55-5.JPG
「誰でもできる草木染めレッスン」 1,728円(税込)

当館でも個展を開催していただいたことのある箕輪直子さんが、家庭でできる草木染めを丁寧に紹介しています。
このようなHowTo本は他にも沢山ありますが、なによりこの本は写真が沢山!

全然知識のない初心者でも分かりやすい作りになっています。
専門店で購入出来る染料だけでなく、野草やお料理に使う野菜まで、幅広い草木染めの技法が詰め込まれています。
中でも私がオススメしたいページが、染色早見表のページ。初めてだとどんな色に染まるのか不安だと思いますが、こちらのページを見れば一安心。

どんな材料を使えば、求めている色に染まるのかが一目瞭然です。

まずはご自身の為の作品作りから始めて、次は贈り物。

そしてプロの染色家として活動出来るかも知れません。
それ程、しっかりとした草木染めの世界を垣間見せてくれる一冊です。

最後は私のように不器用で、これまでご紹介したものでも難しいと思っていられる方への一冊。

Ohara55-6.JPG
「本当に飲みたい!世界のビール」 756円(税込)

そうズバリお酒!ビールです!
インドアな趣味は何かを作ったり机に向かうものだけではありません!
晩酌の時間だって立派な趣味の時間になるのです!

イラストレーター、コラムニストとしても活躍されている藤原ヒロユキさんが、国内外問わずオススメのビールを紹介しています。

私のお気に入りポイントとしては、知っておきたいビール用語や、シチュレーションに合わせるビール紹介など、多角的な目線からビールを紹介しているところです。
「この国のビールはこの原料だからこういう味なのか」、「この料理にはこっちのビールを試してみよう」など、これまで何気なく飲んでいたビールの味を吟味して飲むようになりました。
また、ビギナー、スタンダード、マニアと項目を分けて紹介もしているので、友人へのプレゼントの時にも参考にしています。

秋の夜はなぜか心が穏やかで、自分自身とゆっくりお話したくなる季節。
本日紹介させていただいた本を参考に、ぜひ皆様も趣味に没頭するひとり時間を設け、有意義なインドアライフをお楽しみ下さい。

皆様のご来館、心よりお待ちしております。

大原

カテゴリ:

皆さま、こんにちは
9月に入っているのに、まだまだ暑さ残る日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
さて、本日は自分用にもお土産にも最適で便利なキーリング・小物入れをご紹介致します。

1つ目はこちら
Tsushima17-1.jpg
想い出キーリング大¥1,620(税込)
Tsushima17-2.jpg
想い出キーリング小¥1,296(税込)

こちらは見た目もおしゃれ、そして、なによりしっかりした作りになっております!
ご自分用に使うもよし、日本・東京・浅草に行って来ました!とお土産用にするもよしの素敵なキーリングです。
パッケージは密封されており、ハサミなどで切り、中を取り出します。
外側も達磨の形になっており、切り方次第ではキーカバーにもなりそうですね!

続きましてはこちら
Tsushima17-3.jpgTsushima17-4.jpg
魚キーケース¥2,000(税込)

こちらは銘仙や絹の素材を使っており、1つ1つ手作りとなっているため同じ物はございません!

とても可愛い魚の形になっており、よく鍵をなくしてしまう方にも適度な大きさがありますので、おススメです!


最後はこちら
Tsushima17-5.jpg
SHUTTO¥540(税込)

こちらは小物入れですが、便利な事にファスナーにも付けられる仕様となっております!
鞄の中に1つ忍ばせるだけで、鍵や薬など簡単に出し入れできてとても便利です!
ちなみに、私は写真のように小銭を入れて使っております。

さて本日紹介した商品はいかがでしたでしょうか。
お土産にも喜ばれ、自分用にも意外と重宝するキーリングや小物入れの紹介でした!
気になった方は是非お手に取ってご覧くださいませ。

皆様のお越しを心よりお待ち致しております。

アテンダント・津島

カテゴリ:

厳しい残暑が続いていますが、ほんの少し秋の日差しを感じられるようになってきましたね。
夏の疲れが出る頃ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

今回は、ミュージアムショップで人気の裂織商品のご紹介です。
裂織は布の温もりが感じられ、一つ一つ違った表情があって面白いですよね。
今回はショップでも安定した人気の『裂織Matou』さんの商品を取り揃えてみました。

jeong27-1.JPG  
裂織テトラポーチL 各5,400円(税込)

jeong27-2.JPG
裂織テトラポーチM 各4,320円(税込)

jeong27-3.JPG
裂織テトラポーチS 各3,240円(税込)

コロンとした形がかわいい、当店人気のテトラポーチ。
Lサイズは革ストラップとキーリング付。
ケータイと財布を入れて、バッグとして使うのもオススメですよ。
Mサイズはストラップあり、Sサイズはストラップなし(ループ付)となっています。
鍵や薬の他、充電ケーブルやイヤホンを収納するのに良さそうなサイズですね。


jeong27-4.JPGjeong27-5.JPG
裂織丸バッグ竹 各17,820円(税込)

三角の次は丸です。
丸い竹の持ち手と、丸い裂織の袋が可愛いバッグ。
落ち着いた配色なので、年齢を問いません。
内側にファスナー付ポケットもあり、しっかりとした作りです。


jeong27-6.JPGjeong27-7.JPG
裂織ショルダーバッグ 各21,600円(税込)

表についた裂織のポケットが特徴的なバケツ型ショルダーバッグ。
収納力もあり、シンプルなデザインなので、男性にもオススメです。


『裂織Matou』さんの商品は、どれもしっかりとした作りで、

見れば、その丁寧な仕事がわかりますよ。
また、ふだん使いできるアイテムが多いので、裂織を気軽に生活に取り入れられそうです。
そのほかにも他では手に入らない魅力的な商品がたくさんありますので、
ぜひショップにお越し下さい!
スタッフ一同心よりお待ちしております。

アテンダント ちょん

カテゴリ:

こんにちは。
皆様いかがお過ごしですか。
お盆休みではちゃんと疲れを取れましたでしょうか。

先週の浅草サンバカーニバルの日に熱中症の方がたくさんいたようで、
皆様もお体にお気をつけてくださいませ。

今回はこの鬼のような暑い日々が早く終われるようにという希望を持って、
秋っぽい品物を紹介させていただきます。

まずこちら
cho21-1.jpg

焼き芋 1,188 円 税込  柚づくし 1,080 円 税込
稲穂束 1,188 円 税込  菊づくし 1,188 円 税込

日本人には欠かせない手ぬぐい。特にこの夏に。
外国人の私にとっても持っていないと困る存在になっております。

また額装用の柄も用意しております。
cho21-2.jpg

富士に紅葉  1,296 円 税込

cho21-3.jpg
秋草桔梗   1,296 円 税込

cho21-4.jpg
うつろい紅葉 1,296 円 税込

遊び心満載の限定柄
cho21-5.jpg
温泉猿    1,296 円 税込
里山の化け狸 1,296 円 税込

ブックカバーとしても使っていただけますよ!
cho21-6.jpg


次はこちら
cho21-7.jpg

秋の幸・ぶどう立涌文・秋桜繁文 各 432 円 税込
蚊帳生地を5枚重ねで縫い合わせた丈夫なふきん。
吸水性や速乾性に優れており、プレゼントにもオススメです。

最後は、この夏で毎日強い紫外線と戦うお肌にご褒美の一品
cho21-8.jpg
エッセンスマスク(プリントなし)
上:ビタミン・ヒアルロン酸・アルプチン・真珠
下:EGF・Q10・金・アロエ
各 130 円 税込

植物性素材のコットンを使用したシートが、高純度紫根エキスと配合したパックで
心地良いスキンケアを楽しめます。
女子だけではなく、男性軍もどうぞ!

今週は少し涼しくなるようで、
ぜひ浅草へ遊びにいらしてください。
AMUSE MUSEUMでお待ちしております。


アテンダント  チョウ

カテゴリ:

みなさまこんにちは。

今年の夏は猛暑、台風、ゲリラ豪雨と、過酷ですね。
早く秋になって欲しいです。

秋になったら行楽シーズン!
お出かけのお供に御朱印帳はいかがでしょう。

最近は御朱印集めをする女子のことを「御朱印ガール」と言ったり、御朱印にスマホのカメラをかざすと神様が飛び出すアプリなんていう物もあったりして、世はまさに御朱印集めブーム!神様もびっくりです!

という訳で、御朱印帳を紹介します!

と、言いたいところですが、今回はそんな大切な御朱印帳を入れる御朱印帳袋をご紹介いたします。


まずはこちら
kame24-1.JPG
ふくれ織り縦型がま口 2,916円(税込)
小物類はもちろん、手帳や御朱印帳などの収納にもお使いいただける便利な縦長サイズのがま口で、表面と裏面で色が反転する「ふくれ織り」を使用してます。

可憐な花模様で凛とした上品なデザインです◎

kame24-2.JPG

【ふくれ織り】 漢字では「膨れ織」と表記します。

紋様がふくれたような凹凸のある織物で、ジャガード織りの技法のひとつ。

立体的に織り出された生地は、独特な手ざわりが特徴で高級感があふれます。光の当たり具合で表情を変えるその織りの美しさから、着物や帯など日本では古くから親しまれてきた織物です。


もっとオリジナリティ感じたい方はこちら
kame24-3.JPG
御朱印帳入れ 2,500円(税込)
こちらは手作りの作品でまさに唯一無二です!
裏地もとても綺麗でリバーシブルで使えます。
kame24-4.JPG

和服に合いそうな作品もあります。
kame24-5.JPG
御朱印帳入れ 2,314円(税込)
着物リメイク作品でおなじみ、やすねこ工房様の作品で、着物の素敵な柄が気分を高めてくれます。


御朱印帳2冊持ち歩きたい!という方はこちら
kame24-6.JPG
御朱印帳巾着 2,160円(税込)
マチがゆったりで大きく2冊持ち運べますので、沢山御朱印を集められる方は是非こちらをどうぞ。
同じ柄の御朱印帳もあります。
kame24-7.JPG
御朱印帳 1,728円(税込)


御朱印帳袋まで欲しくないが、少し守りたい方はこちら
kame24-8.JPG
御朱印帳カバー 324円(税込)
カバンの中がかさばらず、大切な御朱印帳を守ってくれます。


以上、御朱印集めを楽しくするアイテムをご紹介いたしました。
秋の気持ち良い気候になったら、是非御朱印集めに出かけてみてください。

アテンダント亀本

カテゴリ:

皆さまこんにちは!

相変わらず暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
僕は先月、友人の結婚式に参列する為、地元の愛知県に帰省しておりました。

久しぶりにたくさんの友人にも会い、結婚や出産の報告を受けました。

とても嬉しいのですが、お祝いに何をあげようか悩んでおります。
そんなお悩みを抱えている方も、実は多いのではないでしょうか?

今回は当館で取り扱いのある、結婚、出産のお祝いにピッタリな商品をご案内いたします!


Kachi15-1.JPG
めでたび ¥1,080(税込)

とっても可愛い赤ちゃん用の靴下です。
年齢は0~2歳、大きさは9~12cmで、まさに出産のお祝いにピッタリです!


Kachi15-2.JPG
腹掛け ¥972(税込)


Kachi15-3.JPG
犬張子
左:¥2,700(税込) 中央:¥3,240(税込) 右:¥1,620(税込)

犬張子とは、魔除けや子供の健康と幸福を願い、宮参りなどのお祝い品として贈られる縁起物です。


Kachi15-4.JPG
金封福布 祝儀袋 ¥864(税込)


Kachi15-5.JPG
てぬぐい祝儀袋 ¥864(税込)

飾りを外すと、半分サイズのてぬぐいとして使用できるため、贈って喜ばれる祝儀袋です。


以上が、僕がオススメする結婚、出産のお祝いの商品です!
自分が貰えるのはいつになるのか...!
それまでは親戚や友人の子供を、精一杯可愛がってあげようと思います!

それでは皆さま、暑い日が続いておりますので、体調にはくれぐれもお気を付け下さい。


アテンダント 加知

カテゴリ:

毎日暑いですね、、いえ、暑過ぎると言った方がいいかもしれません、、
猛暑に続き台風と波乱の今夏ですが、先日無事隅田川花火大会が開催され、夏の風情を感じておりました。

夏休みに突入し、お子様連れのご家族を見かけることも多くなりました。

夏休みのワクワク感がお子様達から伝わってきます。

子供だけでなく大人も一緒に夏休み気分を楽しめる工作書籍をご紹介したいと思います。
Kaji47-1.jpg
昆虫の模様切り絵 ¥1,728
夏と言えば虫捕り。虫捕り網を手に木の上のほうを一心に見つめ、虫探ししている子供の姿を見かけると、昔よくやってなぁと懐かしくなります。
本物はあんまり、、という方にもオススメなのがこちらの切り絵の本です。

リアルなのに気持ち悪くない!虫って綺麗!面白い!とどんどん切りたくなる一冊です。
私は切った虫達を繋げてモビール風にしてみました。

ゆらゆら揺れるクワガタやてんとう虫を見て子供も楽しんでくれています。
Kaji47-2.jpg


次は男の子のハート鷲掴みは今も変わらず。恐竜の切り絵の書籍です。
Kaji47-3.jpg
切り紙で作る恐竜図鑑 ¥1,728
こちらは切るだけでなく立体に折ったり組み立てる作業があるのでプラモデルを作るような楽しさもプラスされています。大人の方がはまってしまうかもしれません。
たくさん作って遊んでもよし。並べて飾ってもいいですね。
Kaji47-4.jpg

男の子目線な本ばかりだったので、最後はこちら。
Kaji47-5.jpg
カワイイヲリガミ細工 ¥1,620
動物から鬼など、いろんな生き物?が折り紙で作れちゃいます。

愛嬌の表情が可愛らしくて飾っても楽しめそうです。
Kaji47-6.jpg
こちらは指人形にもなる鬼と犬です。作って遊んで2度楽しめます。

暑くとも楽しい夏を満喫してくださいね。

アテンダント 梶

カテゴリ:

連日の猛暑、そして自然災害と一日も気のおける日がない今年の夏。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

昔から、災害が起こると、やれ河童だ妖怪だと、異形のものの仕業に違いない!とされてきたのが、日本。
ちょっと怖いけれど、その世界を覗いてみたら、意外や意外。
実はとっても愉快でかわいい集団だったのです。
昨今の妖怪ブームで、あらゆるフェアが開催されておりますが、今回はそんな妖怪関連書籍から
こちらをご案内致します。


【図説】日本の妖怪

Okada40-1.jpg
1,944円(税込)

これぞ日本にいる妖怪!というメジャーな妖怪が沢山出てきます。
最後には妖怪名鑑も載っているほど。
可愛くて愉快な妖怪が満載です。
妖怪に関する研究が、ひとまとめに分かりやすく解説されています。
大人の入門書としてオススメです。

【図説】百鬼夜行絵巻をよむ

Okada40-2.jpg
1,944円(税込)

こちらは、妖怪の大行列を描いた、百鬼夜行絵巻を読み解く本です。
ことの始まりは、平安時代。京の都を、行列をなして徘徊する妖怪の姿があったとされています。
室町時代には百鬼夜行ブームが到来。
その後、江戸での妖怪ブームまで、様々な変化を経て、その時代ごとの百鬼夜行絵巻が描かれました。
ここではその変化をしっかりと解説しているので、移り変わる様子がよく理解できます。


日本の幻獣図譜~大江戸不思議生物出現録~

Okada40-3.jpg
2,484円(税込)

妖怪と云えば湯本豪一。
江戸を騒がせた妖怪や、幻獣たちの記録を元に、
妖怪や幻獣の伝説が生まれた社会的背景までも、しっかりと考察されています。
これを読めば、彼らの存在を認めていた時代の面白さに、ワクワクすること間違いなし!
この夏は、この本を片手に、河童や人魚を探しに出てみては?

最後にご紹介するのは、大人気のこの本!

YOKAI NO SHIMA~日本の祝祭-万物に宿る神々の仮装~

Okada40-4.jpg
4,104円(税込)

フランス人写真家シャルル・フレジェ。
彼は、世界中のあらゆるコミュニティに出向き、そこで行われている独特の文化風習を写真に収め続けています。
今回の撮影は、日本。
地方には、五穀豊穣や子孫繁栄を願う、その土地ならではの風習や伝統があります。
そこへ出現する、独特の装束に身を包んだキャラクターたち。
日本に住んでいる我々ですら知らないこの文化風習を、シャルル・フレジェが撮影し、伝えてくれています。
一体、これは、神様なのか?お化けなのか?妖怪なのか?
自然と密接に関係している、地方ならではのキャラクターが満載です。


日本人はとっても想像力豊かです。
不思議なことが起きると、「ん?何かがいるな?」という風に、人間以外のものの存在を考えます。
もしかしたらそれは、「いたらいいな~」という心が生んだ何かなのかもしれません。

今年の夏、とりあえず私は、茨城に河童を探しに行ってきます。
皆さんは、何を探しに行きますか?
何か見つけたら、浅草まで報告しにいらしてくださいね!


アテンダント オカダ

カテゴリ:

<< 前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
page top