<< 前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

みなさま、こんにちは。
暑かったり寒かったり天候不順が続いておりますが、体調などは崩していませんか。
先日ニュースを見ていたら、なんと今年既に、蚊が発生し始めていると...梅雨を通り越して夏の気分ですね。
さて、本日はそんな夏の定番?とも言える蚊よけ対策にもってこいの商品をご紹介致します。

1つ目はこちら
Tsushima15-1.jpg
蚊遣り 猫 7,020円(税込)

なんとも言えない可愛さがあるのに、蚊取り線香を設置するとみるみる蚊を退治してくれそうです。
Tsushima15-2.jpg
蓋を閉めた時の真ん丸猫感がとてもたまりません!
猫好きのあなたにおすすめです!
最近は、ペット用の低刺激の蚊取り線香もあるそうなので、ぜひこの夏、愛猫のそばにおひとついかがでしょうか。

続きましてはこちら
Tsushima15-3.jpg
蚊取り線香(紫陽花・柑橘の香り、朝顔・西瓜の香り)各1,404円 (税込)

小さめの蚊取り線香ですが、香りがついており、蚊取り線香独特の香りが苦手な方でもご使用できます。
Tsushima15-4.jpg
このようにスタンドもセットになっている為、ちょっとした贈り物にも最適です!

最後はこちら
Tsushima15-5.jpg

Tsushima15-6.jpg
蚊除け香 匂い袋 各1,080円 (税込)

匂い袋タイプの蚊よけです。
蚊を完全に除ける商品ではないですが、カモミールやレモングラスなどの虫が嫌がる自然の素材を使うことにより、蚊をよせつけにくくします。
見た目も可愛いですので、カバンなどに付けていてもとても自然ですね。
こちらも、ご贈答におすすめです!

本日は蚊よけグッズをご紹介致しましたが、いかがでしたか。
気になる方は、是非お手にとってみてくださいませ。
皆様のご来館、心よりお待ち致しております。

アテンダント津島

カテゴリ:

木々の緑が日増しに濃くなるこの季節、初夏のさわやかな風が気持ちいいですね。
アミューズミュージアム1Fのミュージアムショップでは、
日頃より季節の手ぬぐいを豊富に取り揃えておりますが、
今回新入荷したのは、【かまわぬ×ドラえもん】手ぬぐい!
キャラクター物と侮るなかれ、かまわぬの粋なデザインが大人心をくすぐります。

jeong25-01.JPG
   ドラえもん手ぬぐい 各1,620円(税込)

数量限定で再入荷はございません。
お求めの方はお早めにご来館ください。

jeong25-02.JPG jeong25-03.JPG
   ドラえもんだるま       ドラえもんかまわぬ

jeong25-04.JPG jeong25-05.JPG
   ひしめきドラえもん       どら焼きづくし

jeong25-06.JPG jeong25-07.JPG
   ドラミちゃん格子        ひみつ道具づくし

使用しているのは手ぬぐい用タペストリー棒(税込2268円)。
マグネット式で取り外し簡単!
リバーシブルなので、手ぬぐいの柄や好みによって木の色が変えられてオススメです。


jeong25-08.JPG
        どこでもドア

jeong25-09.JPG
       ジャイアンリサイタル

こちらに使用しているのは、はめ込み式の横柄手ぬぐい用タペストリー棒(税込1,944円)
お気に入りの手拭いを飾ってみて下さいね。

そして番外編。
ここにもいました、ドラえもん!【エニシング×ドラえもん】前掛け。
外国のお客様にも人気の商品です。
jeong25-10.JPG
  ドラえもん前掛けロング 5,292円(税込)


大人も子供もみんな大好きなドラえもんの手ぬぐいと前掛けをご紹介しました。
今後も新商品が続々入荷します。
浅草へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

アテンダント ちょん

カテゴリ:

皆様こんにちは。
ゴールデンウィークはあっという間に終わりました。
皆様いかがお過ごしでしたか。

5月の浅草といえば、浅草神社の例祭ーー三社祭。
今年は、17日の夜に神輿霊入れの義をはじめ、18日朝6時の宮出しから20日の夜まで続きます。
アミューズミュージアムはすでに待機している状態です。
ということで、三社祭で浅草にお越しの皆様へ、オススメの商品をご紹介いたします。

まずは、こちら
Cho19-1.jpg
墨絵三社扇子 3,996円 (税込)

Cho19-2.jpg
墨絵三社祭うちわ 1,944円(税込)
墨絵師手書きの作品。
金色に光るお神輿が動いているように見えますね。

お次は祭りに欠かせないもの
Cho19-3.jpg
三社祭手ぬぐい 紺 1,080円(税込)
氏子さん達が荒々しくお神輿を担ぐ景色はびしっと描かれています。
三社祭の賑やかさが感じられます。

浅草の祭りといえば三社祭、三社祭といえばお神輿。
三基のお神輿以外にも、氏子衆がそれぞれお神輿を所持しています。
その数は100基あまりと言われます。
また、ふんどしや法被姿の男性達が担ぐ神輿や、女性だけが担ぐ神輿、子ども達が担ぐ神輿など、
神輿の担ぎ方も地域によって様々です。
それらのお神輿について徹底的に説明してくれるのはこちら
Cho19-4.jpg
神輿大全 3,672円(税込)
本書では、神輿各部の意匠、製作工程、実際の管理から歴史的な背景までを分かりやすく
解説します。
日本人が大切にしてきた伝統文化としての神輿を、より深く理解できます。
神輿の教科書といえます。
ぜひ手にしてご覧いただきたいです。

そして、アミューズミュージアム最後の三社祭りなので、
人混みに負けず、是非浅草にいらしてくださいね。


アテンダント チョウ

カテゴリ:

みなさまこんにちは。

最近の浅草はとても暖かくなってきました。お昼は暑くて汗がでて喉がかわきます。
そんな喉がかわく日の、帰宅後のお酒はまた格別です。

最近僕はそば猪口でビールを飲んでますが、程よい容量なので大きいコップよりもたくさん飲めてしまいます。
そんな僕が気になっている酒器をご紹介いたします。

kame22-1.JPG
片口 1,500円(税込)

kame22-2.JPG
カオス紋様酒器 猪口セット 4,000円(税込)

ねぎし窯さんの酒器になります。
程よい大きさで、飾ってても可愛いです。一輪挿しにも良さそう。
9/11(火)-9/17(月・祝)の期間はギャラリーにて個展を開催されますので、新作陶器をお楽しみに!


そば猪口新柄入荷しました!

kame22-3.JPG
猫と楼閣山水図 (ねことろうかくさんすいず) 2,160円(税込)
中国の美しい風景の中に化け猫がいます。

kame22-4.JPG
七賢人図(しちけんじんず) 2,160円(税込)
竹林で知識人ったちが哲学的な談話をしている伝統柄です。

七賢人がすべてヒゲのおじさんになっています。

kame22-5.JPG
馬場文(ばんばもん) 2,160円(税込)
左向きの馬は、「馬」の裏返しで、舞う(まう)という意味合いから、福が舞い降りる吉祥の文様として用いられてきました。

kame22-6.JPG
鋏文(はさみもん) 2,160円(税込)
植物をモチーフにした縦縞の伝統文様「十草文」を波佐見焼にちなんで、糸切りバサミでチョキチョキ切ったデザイン。

kame22-7.JPG
髭花文(ひげはなもん) 2,160円(税込)
花文が髭のおじさんになったデザイン。更に髭を雲に見立て、雷や雨も描かれています。

一つ一つ手書きで、見ているだけで楽しめます。
石川県の九谷焼窯元『上出長右衛門窯』の6代目、上出恵悟による古い染付の波佐見焼をモチーフにした絵柄のこのシリーズは、サラサラした手触りで、触っても楽しめます。

以上、喉のかわきをよりおいしく潤してくれるアイテムをご紹介いたしました。
これからもっと暑い季節がやってきますので、水分はしっかりとって熱中症に気をつけてくださいね。

ご来館お待ちしております。

アテンダント亀本

カテゴリ:

皆さま、こんにちは。

暖かい日が増え、お出掛けにピッタリな季節になってきました。
僕も先日、国営ひたち海浜公園に行き、ネモフィラとチューリップを見てきました!

次の連休はゴールデンウィーク。
皆さまはどこへお出掛けいたしますか?

今回は、この時期のお出掛けが楽しくなるような商品をご紹介いたします。


Kachi13-1.jpg
籠バッグ 縞×縞
各色19,440円(税込)

籠には【バンクアン】という、湿地帯に生える葛芋の一種を使用。
使い込むほどに良い風合いに馴染んでいきます。

Kachi13-2.jpg
スペック染リネンの籠バッグ
左:縞 右:千筋 14,040円(税込)

デニム地のような味わいあるムラ感が生まれる【スペック染め】
この技法で染めたリネン糸をチェック柄に織り上げ、籠を合わせてあります。
持ち手と袋のひもには【真田紐】を使用。
日本を感じる籠バッグとなっております。


Kachi13-3.jpg
アンダリ手編みバッグ
左:生成 右:黒 10,800円(税込)

ペーパーラフィアで作ったバッグ。
丁寧な手編みで繊細に作られており、裏地にはオックス生地を合わせてあります。

Kachi13-4.jpg
ガーナ産かごバッグ 18,500円(税込)

ガーナ北部の小さな村で、細部まで丁寧に編まれた、とても丈夫なバッグです。
取っ手を外してクラッチバッグとしてもお使いいただけます。
使ううちに飴色になり馴染んでいきますので、時間をかけて色の変化もお楽しみください。


今回は、今の時期にピッタリのバッグをご紹介させていただきました。
普段使いはもちろん、川や山へのレジャーにもいかがでしょうか?

ここ浅草も、来月は三社祭がありますのでぜひぜひ遊びにいらしてください。


アテンダント 加知

カテゴリ:

こんにちは。
桜があっという間に咲き終わり、新緑の時期ですね。
先日外を歩くと、気持ちよさそうに青空を泳ぐ鯉のぼりを見かけました。もうすぐ端午の節句です。
当館ショップにも可愛らしい鯉のぼりたちがやってきました。
いくつかご紹介させて頂きます。

ゆらゆら揺れるのが可愛らしい、張り子の鯉のぼりのやじろべえ。
ちょっと飾るのにもちょうどいい大きさです。
kaji45-1.jpg
親子鯉のぼり ¥2,160

金太郎とクマが鯉のぼりを持ってちょこんと並び、なんとも愛らしいですね。
こちらは手のひらサイズなので、場所も取らずお土産にも喜ばれそうです。
兜もそろって、端午の節句尽くしです。
kaji45-2.jpg
金太郎張り子ミニ福々 ¥1,080

一つ一つ手作り、本格的な鯉のぼりのミニチュア版といった飾りもこざいます。
kaji45-3.jpg
台が糸巻という変わりもの。和室に飾ると映えそうです。
鯉のぼり(糸巻付き) ¥4,000

飾るだけでなく、子供が身につけられるアイテムもございます。
kaji45-4.jpg
金太郎さんが靴下に!?
履いたら元気な子に育ちそうですね。こちらは贈り物としても人気です。
めでたび ¥1,080 サイズ 9〜12センチ

kaji45-5.jpg
私の一押しはこちら。
よだれかけならぬ腹掛けです。

グリーンとピンクがあるので、男の子でも女の子でもお使い頂けます。
子供の成長はあっという間。腹掛けつけたこんな写真もいいですね。
腹掛け ¥972

浅草の春は桜から始まり、来月は三社祭もあり、イベント尽くし。
当館ラストの春です。ぜひ遊びにいらしてください。
スタッフ一同お待ちしております。

アテンダント 梶

カテゴリ:

4月になって、新生活をスタートさせた方もいらっしゃると思います。
入園、入学、入社、転校や転職した初日を迎える方・・・
みなさま、おめでとうございます!

中には、お子さんの初めての入園でどきどきしているパパママもいらっしゃるでしょう。
これからどんな未来が待っているのか、当の本人よりも、不安と期待でいっぱいかもしれません。

新しい世界に出て、新しいものを見て、学んで、吸収する。
子どもの脳は柔らかく、実に可能性に満ち溢れています。
そんな子どもたちのために、当館では様々な児童書もお取扱いしております。
この機会に、何か1冊の本をプレゼントしてみるのもオススメですよ。

まずは、触ることで脳に刺激を与えられる本からご紹介します。

Okada38-1.jpg
左:さわれるまなべる やせいのどうぶつ 1,674円(税込)
右:さわれるまなべる みぢかなどうぶつ 1,674円(税込)

Okada38-2.jpg
左:さわれるまなべる さむいくにのどうぶつ 1,674円(税込)
右:さわれるまなべる ぼくじょうのどうぶつ 1,674円(税込)

それぞれの動物の毛並や質感を感じる事で、好奇心を増幅させ、
感覚を敏感にさせてくれます。
まさに触って楽しく学べる、大人気の本です。


Okada38-3.jpg
左:はじめてのこっきカード 1,944円(税込)
右:はじめてのにほんちずカード 1,944円(税込)
【対象年齢:6歳以上】

幼児から小学校高学年まで、幅広い年齢で楽しめるカードです。
リング式になっており、持ち運びもできます。
外出時に空いた時間に、このカードでクイズ大会!なんてこともできます。
国名・首都・挨拶が、国旗の裏に書かれている「こっきカード」と、
県庁所在地・各県の特徴・方言が、都道府県地図の裏に書かれている「にほんちずカード」。
どちらも楽しく覚えられるとあって、お勉強熱心なママに人気です。

次は、さらに小さな子ども向けの本をご紹介します。


Okada38-4.jpg
左:おいしー!べーっ! 918円(税込)
右:ねんねのじかん 918円(税込)

Okada38-5.jpg
左:おしっこ おしっこ どこでする? 918円(税込)
右:おふろ だ~いすき! 918円(税込)
【対象年齢:2歳以上】

バイリンガル版では、こちらのシリーズが人気です。
全世界で大ヒットを記録したトレーニングブックの決定版。
子どもたちも、本で楽しくお風呂やトイレ、食事や寝る事を覚えていきます。
寝かしつける際にぜひ読んであげてほしい1冊です。


Okada38-6.jpg
左:でんしゃから みつけた 972円(税込)
右:くるまから みつけた 972円(税込)
【対象年齢:0歳以上】

こちらは「おおきさ」「かたち」「いろ」「かず」が学べる赤ちゃん絵本です。
「おっきいねぇ」「たくさんいるねぇ」「これは何いろ?」と親子での会話も弾みます。

無限の可能性を秘めた子どもたち。
彼らのために、様々な経験、体験を用意してあげる大人はなかなか大変ですよね。
何が良いのか、悪いのか。
こればっかりは、育ってみないとわかりません。

当館は、ミュージアムを含む、複合アート型ビルです。
もちろんお子様のご来館も大歓迎。
6階のイベントホールでは、音楽や演劇やお話の回もあります。
2階の手仕事のギャラリー&マーケットでは、子ども向けの作品が展示される場合もあります。
1階のショップでは、子ども向け書籍や、子どもの肌にもぴったりのガーゼ商品や、
昔ながらの玩具を取り扱っています。
大人のおでかけのついででも構いません。
全世代が楽しめる空間をご用意して、お待ちしております。

アテンダント・オカダ

カテゴリ:

春が訪れました!皆様いかがお過ごしでしょうか?

春といえば新しい何かが始まる季節。
当館でも3/30から

【アミューズミュージアム 開館10周年特別展 美しいぼろ布展〜都築響一が見たBORO〜】

を開催しております。

Ohara52-1.jpg

写真家・編集者の都築響一氏が撮り下ろした写真作品34点と、現物のBOROを同一空間内に展示する特別展。
これまで開催された特別展とは一味も二味も違った印象となっており、ぜひ皆様にご覧頂きたいです。

開館10周年を記念した特別展が始まったばかりなので、本日は当館が誇るBOROに関係する商品をご紹介させていただきたいと思います。

まずご紹介させて頂くのは今回の特別展とあわせて、ご覧頂きたいこちらの書籍。

Ohara52-2.JPG

『BORO つぎ、はぎ、いかす。青森のぼろ布文化』 3,672円(税込)

都築響一さんが著者 小出由紀子さんと共に2009年に出版されたBOROの写真集です。

入社当初、初めてこの本を見た時、私はBOROからある種の挑戦的な印象を受けた事を今でもよく覚えています。
それまではオシャレ雑誌に掲載されているような作り込まれたポートレート写真しか見たことがなかったのですが、こちらに掲載されているBOROから熱いパワーと生活感、それでいてクールで時代の最先端を行っているかのような対極する印象が同時に襲ってきて、これまで見てきたファッション雑誌とは強く何かが違うと感じさせられました。

ぜひその衝撃を皆様にも味わって頂きたいです!

続いては開館以来、根強い人気があるこちらのミュージアムオリジナルグッズ。

Ohara52-3.JPG
『BORO エコバック』
Sサイズ 750円(税込) Mサイズ 1,000円(税込)


第一展示室で実際に展示されている仕事着の柄をポリエステルにプリントしたエコバッグです。
こちらの特徴はなんといってもとても軽い。
Mサイズは持ち手も長く、肩から掛けられ、また付属の小さなポケットに折りたたんで持ち運ぶ事も可能なので本当に使いやすいです。

ご来館の記念としてオススメです。

最後にご紹介させて頂くのは、もう何度もご紹介させて頂いていますが、やはり当館の根幹にある想いが凝縮されている、こちら。

Ohara52-4.JPG
『物には心がある。』 1,080円(税込)


田中忠三郎名誉館長の想いが詰まったこの一冊は、BOROをご覧になって頂く際には外す事の出来ないものです。
BOROが使用されていた当時の風景、人々の想いがひしひしと伝わり、BOROだけでなく様々な民具と向き合い、収集してきた田中名誉館長の生き様を感じられる一生モノになる一冊です。

さて、当館は現在の特別展を最後に、2019年3月31日をもって閉館いたします。
そう!開館10周年=ラストイヤーなのです!

「残念だ!寂しい!」そう言ってくださるお客様も沢山いらっしゃって感謝の気持ちでいっぱいです。
寂しい気持ちもありますが、アミューズミュージアム、ラストイヤーをただただ過ごすつもりはございません!
ご来館下さる皆様が心から楽しんで頂けるよう、様々な企画を準備しております。
近いうちに、その第1弾を発表させていただきます。

BOROを浅草でご覧頂ける最後の1年。お見逃しのないよう、【アミューズミュージアム 開館10周年特別展 美しいぼろ布展〜都築響一が見たBORO〜】へ足をお運びくださいませ。

皆様のご来館、心よりお待ちしております。

大原

カテゴリ:

開館10周年の感謝と閉館のお知らせ
Appreciation for our 10th anniversary and Announcement of closing of Amuse Museum


2009年の開館以来、たくさんのご声援を頂いて参りましたアミューズミュージアムですが、建物の築年数が50年を超え老朽化が進んできたため、開館10周年をひとつの区切りとして、2019年3月31日(日)をもって閉館する運びとなりました。

Amuse Museum, which has been received a lot of cheers and supports, since the opening in 2009, however, will be closed because of the aging of our building, on Mar. 31st (Sun), 2019 as a milestone of 10th anniversary.

浅草の地にアミューズミュージアムを開館させてから10年の月日が経ちました。

その間に二天門の修復が完了し、スカイツリーが開業し、訪日外国人観光客が急増し、アミューズカフェシアターをはじめ、新しい施設も次々とオープンしてきました。刻々と変化を続けるこの街で、田中忠三郎という民俗学者が残した素晴らしいコレクションをロングラン展示し続け、BOROをはじめとする日本の布文化や、浮世絵の魅力を国内外の多くのお客様に知って頂けたこと、年間数百に及ぶイベントやワークショップを開催し、多くのアーティストや作品を紹介し続けて来られたことは、当館を愛してくださる皆様のご支援の賜物と深く感謝しています。今まで本当にありがとうございます。

Ten years have passed since we established Amuse Museum in Asakusa.

Meanwhile, the restoration of Nitenmon Gate was completed, Tokyo Sky Tree opened, new facilities opened one after another, including Amuse Cafe Theatre, the number of foreign tourists visiting Japan increased rapidly.

In this constantly changing area, as the consequence of your strong support, we had could continuously exhibited the wonderful collections, such as BORO by folklore scholar: Chuzaburo Tanaka, the attractiveness of Ukiyo-e printings to express unique Japanese culture, and introducing so many artists via more than hundreds of events and workshops annually, to many visitors from all over the world.
Through these activities, we have the great results.

We deeply appreciate you who loved our Amuse Museum very much for your support until now.

当館閉館以降の田中忠三郎コレクションの運用については、所有者である田中家様と相談中ですが、ここ浅草でBOROが見られるのは2019年3月31日まで。皆様の思い出の一つにして頂けるよう、最後の最後までBOROの魅力を存分にお伝えする。これが私たちなりの皆様への恩返しです。目で見て触って感じてください。きっと皆様の心に何かが残るはずです。

Regarding to the operation of the Chuzaburo Tanaka collection after the closing of our museum, we are in consultation with the owner Tanaka family, and, you are able to see BORO, only until March 31, 2019, in Asakusa.

In order to make it one of your memories, we keep trying to deliver the full charm of BORO to the last minute. This is a Return of a favor to all of you who visits our museum.
Please watch with your own eyes, touch by your fingers, and then feel it.
Surely something will remain in your heart.

閉館までの1年間、アミューズミュージアムのラストイヤーは様々な企画をご用意して皆様をお待ちしております。展示もミュージアムショップもイベントも盛り上げて参りますので、ぜひご来館ください。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げています。

For one year to closing of Amuse Museum, we are preparing various projects and waiting for you. Special exhibits, museum shop, and various events are also excitedly waiting for you, so please come by all means.
We are looking forward to welcoming you from the bottom of our heart.

2018年4月1日
「布文化と浮世絵の美術館」アミューズミュージアム
スタッフ一同

April 1, 2018
"Museum of Textile Arts and Ukiyo-e" AMUSE MUSEUM
All the staff

カテゴリ:

皆様こんにちは
先週は突然の雪など、春が来たり冬に戻ったりと天候が慌ただしかったですが、風邪など引かれてませんか。
さて、今回は春...を超しまして初夏に向けた藍染め商品をご紹介致します。

まずはこちら
Tsushima14-1.jpg
絞り染トップス14,800円(税込)

1枚でワンピースのようにサラッと着られて、肌寒い時には白い羽織物をすると藍の色が生えていいかもしれません。
また、この絞り染めのワンポイントや袖も色合いや柄がアシンメトリーになっており、凄く素敵です。

次はこちら
Tsushima14-2.jpg
藍染Tシャツ6,800円(税込)

こちらは同じ作家さんが染められたTシャツです。
似た柄が絞り染めされており、お揃いで着るのも素敵です。

上の2点は藍染作家のBlue Earthさんの作品です。


続きましてはこちら
Tsushima14-3.jpg
藍染コースター1,080円(税込)

身につけられる藍染めも素敵ですが、部屋の中で使う藍染めも夏は涼しく冬は暖かみがあって、とても素敵です。

こちらのコースターは藍染作家の米山のぶこさんの作品です。
米山さんの作品は、コースターはもちろんベストやショールも扱っております。


最後はこちらです
Tsushima14-4.jpg
日本の藍~ジャパンブルー~1,296円(税込)

こちらは書籍で、藍染についての知識や豊富な藍の色合いを分かりやすく、また、写真付きで紹介してあります。
本日ご紹介した商品で藍染に興味を持った方は合わせてこちらの書籍も手に取って藍染の魅力にどっぷり浸かってみてはいかがでしょうか。

皆様のご来館心よりお待ち致しております。

アテンダント津島

カテゴリ:

<< 前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
page top