<< 前の10件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16
過去4回、当館2階ギャラリーで個展「甦る古布の世界」を開催し、大好評だったテキスタイル作家の坪内シモナさんの個展を開催します。
Simona5.jpg
※画像はクリックで大きく表示されます。

シモナさんは結婚を機に日本にやってきたルーマニア出身の女性です。
もともと、ルーマニアの服飾学校で学び、洋服づくりをしていた彼女は、来日を機に、日本的なテキスタイルの色使いや細かな刺繍にインスパイアされて、着物や帯など古布をリメイクした独創的な作品を生み出してきました。

これまでも、着物をリメイクしたコート、羽織紐をリメイクしたネックレス&ピアス、男物の帯をリメイクして畳のヘリを装飾に加えたバッグなど、シモナさんのインターナショナルなリクリエイトセンスが満載のコーディネート。
今回はどんな仕上がりの作品を見せてくれるのでしょうか?
 
古い着物地が、洋服やバッグに。
日本の伝統美とヨーロッパの感性が融合した、新たなデザインをお楽しみください。
 
会期初日には特別企画として、シモナ「浅草ファッションショー」が開催されます。
前回はギャラリーに入りきれないほどのお客様にお越しいただき大盛況でした。
今回は、アミューズミュージアム6Fのイベントホールに特別会場が設置され
更に多くのお客様にお楽しみいいただけるようになりました。
華やかなステージにご期待ください!
 
■甦る古布の世界 V ■
共同出展(敬称略 順不同):
石田ふく子(着物リメイク)、清原めぐみ(織)、柴田和子(バッグ)
島田祥子(草木染サクラ織)、保坂光枝(小物)、吉田和代(小物)

場所:アミューズミュージアム二階手仕事のギャラリー&マーケット
期間:2014年4月4日(金)〜4月27日(日)10:00〜18:00
毎週月曜日定休 ※月曜祝日の場合は翌日休館
※最終日、4月27日は16:00までとなります。
 
■特別企画■
シモナ「浅草ファッションショー」
日時:4月4日(金)13:30〜
場所:アミューズミュージアム6Fイベントホール

カテゴリ:

2012年10月に、2Fギャラリーにて開催され、好評を得た小林東洋氏の作品展示が
再度、登場してくださいます。

Toki01.jpg

今回は、ときぐばん(鴇愚版)古布・古道具商 店主とのコラボ展示・販売です。
Toki02.jpg
※画像はクリックで大きく表示されます。

東洋氏が彼と出会ったのは15年程前、
年賀状に使う手すき和紙を買いに、奥久慈に行った時の事。

そばで開催されていた彼の展示会を見て、使う布は主に昔のきもので
手づくりならではの質感の良いセンスのある服の
素晴らしさに圧倒されたと言います。

そんな二人が全く違ったフィールドでのコラボ作品を
アミューズミュージアム2F手仕事のギャラリーで、展開してくださいます。
Toki03.jpg
※画像はクリックで大きく表示されます。

*羊窯 小林東洋
Toki04.jpg 
*鴇愚版店主  小圷 好文
Toki05.jpg

場所:アミューズミュージアム2F手仕事のギャラリー&マーケット(入場無料)
期間:2014年3月18日(火)〜3月30日(日)10:00〜18:00
※最終日、3月30日は16:00までとなります。
毎週月曜日定休

カテゴリ:

BLUE HANDS EXHIBITION 2014
 
BH2014-1.jpg

BH2014-2.jpg
※画像はそれぞれクリックで大きく表示されます。
 
手染め、手作りにこだわった究極の一点ものの藍染品。
伝統を残しつつ、今もかっこいいBLUE HANDSの新作多数!
風呂敷や子供服など今までにないアイテムもございます。
 
職人のこだわりの空間へぜひお立ち寄りくださいませ。

BLUE HANDS: 
創業100年の紺屋さんで働く一方、
「いつまでもカッコいいモノ」をコンセプトにした物作りを展開中。
2013年4月からミュージアム4階にオープンアトリエを設け、屋上で染めている。
 
場所:アミューズミュージアム2階 手仕事のギャラリー&マーケット
期間:2014年3月4日(火)〜3月16日(日)
*最終日3月16日は17:00までとなります。
職人在廊日:3月8日(土)、16日(日)15時頃まで

カテゴリ:

 mase_invi_omote.jpg
※画像はクリックで大きく表示されます。

昨年5月に行いましたアミューズミュージアムでの個展に続き、今回はフォトグラファー伊藤大介氏とイラストレーター伊東昌美氏とのグループ展になります。

前回は書のワークショップも同時開催し、多数の方々にご参加いただきましたが、今回はお客様のお好きな言葉などをお描きする作品制作の実演を在館日に行います。

新作を含めた書画作品の展示はもちろんの事、八荒ブランドのぽち袋・ポストカード・手ぬぐいなどもございますので是非ご来館いただければ幸いです。



間瀬八荒 Hakkou Mase
■プロフィール■
1958年横須賀生れ 鎌倉在住 六歳より書道を始め、十二年間書の基本を学び、多摩美術大学染織デザイン科卒業後、書画・壁画作品を中心に創作活動を開始。
またグラフィックデザイナーとして、ロゴタイプデザイン・アパレルプリントデザイン・映画DVD・音楽CDパッケージデザインなど、1200点余りのデザイン制作をする。

■最近作 展覧会■
●ビッグ錠/USTREAM用「ビッグ錠のほろ酔い塾」 タイトルロゴタイプ
●BEGIN/瑞泉酒造BEGIN20周年記念泡盛「びぎんのしまー」 商品ロゴタイプ
●CASCADE/音楽DVD「えええぢゃないか」タイトルロゴタイプ
 *上記3作品 PIE BOOKS刊「筆文字・手書き文字ロゴ大全集に収録」
●Mプロジェクト/楽曲配信「ひとりじゃないの」タイトルロゴタイプ
●横浜銀行本店壁画     昭和女子大学 学生サロン壁画
●「間瀬八荒 書画作品展」 2011/5逗子マリーナ
●間瀬八荒「書画」展 2013/5浅草アミューズミュージアム


場所:アミューズミュージアム2F手仕事のギャラリー&マーケット
2014年2月18日(火)~3月2日(日)10:00~18:00(入館は17:30まで)
*24日(月)休館、最終日~16:00まで
入館料:無料
※「布文化と浮世絵の美術館」には別途入館料が必要です。

カテゴリ:

~作者は音楽で言えば作曲家♪~
~陶芸作品で奏でるハーモニー♪~
Claywork.jpg
※画像はクリックで大きく表示されます。

恵比寿にある陶芸教室の作品展です。 

陶芸家・齊藤昌一が主宰する陶芸教室イエロークレイは、
「あなたのかたちを大切に育てます。」とうたう、
自由な発想で制作を楽しめるユニークな教室です。

触っているだけで楽しく、どんな形にも変わる土。
わくわくする気持ちで、土と向き合い自然と生み出されたやきものは、
使って楽しい飾って楽しい作品となりました。 

陶芸の魅力とそれぞれの作者の想いが詰まった作品展を、ぜひご覧ください。

場所:アミューズミュージアム2F手仕事のギャラリー&マーケット
2014年2月4日(火)~2月16日(日)10:00~18:00
*10日(月)休館、最終日~16:00まで(入館は17:30まで)
入館料:無料
※「布文化と浮世絵の美術館」には別途入館料が必要です。

カテゴリ:

"捨てられる素材に命をもういちど"

MODECOは、消防服やフローリング、シートベルト、ネクタイシルク、ブーツ生地の製造過程で発生する端材などの、多種多様な産業廃棄物をバッグに生まれ変わらせるブランドです。

MODECO_Invi.jpg
※画像はクリックで大きく表示されます。

今や『アップサイクル』の代名詞となったバッグブランド『MODECO』。
代表の水野浩行は、なぜ廃材を使用してバッグを作ろうと思ったのか。
立ち上げから現在に至るまでのエピソードや想い等、MODECOの全てをご紹介。
一部の商品の販売会も同時開催致します。

【水野浩行】
2008年、様々な業種ごとに多くの未使用・規格外の素材がゴミになっている事実を目の当たりにし、使命感を感じ、MODECOを立ち上げる。2010年に初のSHOPを名古屋市大須にOPEN。
近年、アメリカで発祥し、浸透しつつある『アップサイクル(質の向上を伴う再生利用)』を日本でいち早く実践したブランドとしてヒューレッド・パッカードのイメージPVに出演、テレビ東京「ガイアの夜明け」や日本テレビ「未来シアター」などで紹介され、話題となる。2013年に大丸京都店、松坂屋名古屋店、松坂屋上野店をOPEN。

場所:アミューズミュージアム2F手仕事のギャラリー&マーケット
2013年1月21日(火)〜2月2日(日)10:00〜18:00
休館日:月曜、最終日*最終日2月2日(日)は16:00まで~
入館料:無料
※「布文化と浮世絵の美術館」には別途入館料が必要です。

カテゴリ:

日本ならではの正月文化。
食事に遊びに飾り物まで。
 
正月展では改めて日本の正月を感じていただけるよう、
手ぬぐいや骨とう品の凧や菓子型、職人の手による押絵羽子板など
大集合して賑やかに開催致します。

Shougatsu_ten.jpg
※画像はクリックで大きく表示されます。
 
もちろん、2014年の主役「午」商品も多数ございます。
人気の張り子、手ぬぐいは必見です。
数量限定なのでお見逃しなく!
 
手ぬぐいは2階ギャラリー限定柄もございます。
 
それでは年末年始、縁起尽くしで皆様をお待ちしております。

場所:アミューズミュージアム2階手仕事のギャラリー&マーケット(入場無料)
期間:2013年12月25日(水)〜2014年1月19日(日)10:00〜18:00
※最終日1月19日は17:00までとなります。

カテゴリ:

現代アートはよく解らない、という人は多い。ピカソは言っている。
「さえずりは美しい。そう感じるだけでいい。何故理解しようとするのか」/HICO HOSHI
hicohoshi2.jpg
※画像はクリックで大きく表示されます。
 
世界的クリエイターHICO HOSHIさんのオブジェやアートフォト作品の展示のほか、著書、ポストカード、一点モノのアクセサリーなどを販売いたします。
独特の感性が光る世界観をお楽しみ下さい。

【HICO HOSHI】
2005年より海外での活動を始め、EU各国・アメリカ・ロシア・中国・韓国などで多数の実績をつくる。イタリアのアート誌『Art&Art』でアートディレクターとして掲載され脚光を浴びる。女性雑誌内でベネトンとのコラボレーションなど、国内でも精力的に企業とのタイアップ企画を行う。イタリア・スペイン・スウェーデン・サンマリノ共和国など各国大使館への寄贈経歴も持つ。

場所:アミューズミュージアム2F手仕事のギャラリー&マーケット
2013年12月10日(火)〜23日(日)10:00〜18:00
※16日(月)休館、最終日~17:00まで
入館料:無料
※「布文化と浮世絵の美術館」には別途入館料が必要です。

カテゴリ:

1Fミュージアムショップでも人気のアトリエおおせさんが、
-和を着る「津軽こぎんと古刺子展」- を開催します。

oose.jpg
※画像はクリックで大きく表示されます。

青森県弘前市の作家、大瀬恵美子さんのアトリエで制作された刺子、大島紬の洋服や縮緬細工の小物等が1週間限定で展示販売されます。
かつての東北の女性たちが一針一針刺しつづった古刺子や昔の着物生地や帯など貴重な古布を使って作られた作品は暖かさが感じられ、着る人や空間を輝かせてくれます。

全て手づくり、同じものは1つもありません。
和小物が好きな方やご自身でも手芸をされる方等ぜひお誘い合わせの上お越し下さい。

会期中はこぎん刺しの無料講習会も行われます!
参加ご希望の方は手ぶらでOK。

皆様のお越しをお待ちしております。


場所:アミューズミュージアム2階手仕事のギャラリー&マーケット(入場無料)
期間:2013年12月3日(火)〜12月8日(日)10:00〜18:00
※最終日12月8日は17:00までとなります。

カテゴリ:

Wafu_craft.jpg
ちりめんのお細工ものや和雑貨、着物のリメイクファッションなど、和の布を使った手づくり作品とその作り方を紹介する手芸雑誌「和布くらふと」(パッチワーク通信社刊)の創刊10周年を記念した作品展。

過去の掲載作品の中から、季節の歳時を描いた押し絵やつるし飾り、干支やひな祭りのお細工物、タペストリーなど人気の高かった作品約100点を展示します。
現在発売中の和布くらふとVol.34(10月12日発売)と和布くらふと特別号(11月14日発売)の掲載作品も展示。
また、関連商品や書籍、一部作品の販売も行います。

場所:アミューズミュージアム2F手仕事のギャラリー&マーケット(入場無料)
期間:2013年11月26日(火)〜12月1日(日)10:00〜18:00
※最終日、12月1日は16:00までとなります。

カテゴリ:

<< 前の10件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16
page top