<< 前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

SAKIORI_BF.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

青森県の太平洋側で生まれた南部裂織。寒冷地のため綿花の栽培が出来ず、暖かな木綿はとても貴重でした。
人々はわずかに手に入った木綿を最後まで大切に使い切るため、細く裂いて緯糸にし、地機(じばた)と呼ばれる原始的な織り機を使い、新たな布に再生させました。

今回の展示では、南部裂織の技法をアレンジしたカラフルな作品や、手織り用の草木染め糸の展示販売の他、古布が裂織になるまでの過程が視覚的に理解できるよう、ミュージアム所蔵の地機をお借りして実演も行います。
また、古布で作る簡単なシュシュ(ヘアアクセサリー)のワークショップも予定しています。

※実演及びワークショップは、初日を除く3/14.18の在廊時に随時行います。

SAKIORI_BF_WS.jpg


同時開催の、annKoginと1chiの二人によるミニ展示「こぎん刺し-虹色でつくるアクセサリー」では、作品だけではなく、こぎん用の糸の販売も予定しています。


BlueForest_rainbow.jpg

どちらの展示も青森に古くから伝わる技法を使いつつ、色鮮やかにアレンジされた作品となっていますので、ぜひご覧頂ければと思います。

さきおりCHICKA 三好千佳

SAKIORI from Blue Forest
●会期
2018年 3/13(火)〜3/18(日)
10:00〜18:00(最終日は16:00まで)

出展作家

さきおりCHICKA 三好千佳

こぎん刺しannKogin(アンコギン)

虹色工房1chi(イチ)

カテゴリ:

青森の伝統的な刺し子、こぎん刺し。
その美しさ、繊細さに魅せられたこぎん刺し作家6名が集まった展示会が開催されます。

Kogin2018.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

布の目を1,3,5と規則正しく刺していくこぎん刺しですが、

それぞれの作品には、作家さんの個性が現れています。
いろいろな表情のこぎん刺しが一同に見ることができる展示会となっています。
お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

会期中はワークショップも開催されます。
当日でも空きがあれば参加可能です。

「こぎん刺しに魅せられた作家展」

〔日時〕2018.2.27(火)〜 3.11(日)
〔会期〕‪10:00〜18:00‬ *3.5(月)休館 (最終日は‪16:00‬まで)
〔場所〕アミューズミュージアム 2F 手仕事のギャラリー&マーケット

〔出展者〕

un_kogin

sachikogin

紬-tumugu-

needle and smile

mittsu do madeni

modoco

★ワークショップ情報

workshop02.jpg
※画像はクリックで大きく表示されます。

「くるみぼたんで作るこぎん刺しブローチ」
2/27(火)、3/1(木)、3/2(金)、3/7(水)、3/9(金)各回14:00~ 1時間半
3/3(土)、3/4(日)、3/11(日)各回11:00~/14:00~ 1時間半

*各回5~10名様 *2,000円 材料費・税込
[申込]メール: mittsu do madeni 藤本宛

「こぎん刺しのミニ手さげバッグ」
3/10(土)11:00~/14:30~ 2時間
*各回10名様 *3,500円 材料費・税込
[申込]メール:un kogin 松田宛

上記メールアドレスまで、ご希望の時間・お名前・ご連絡先(メールアドレス)を
ご記入の上お申込みください。

*定員に達し次第〆切とさせていただきます。空きがあれば、当日受け付け致します。
*費用な当日のお支払となります。恐れ入りますが、釣り銭のないようお願い致します。
*手ぶらでお越しいただけますが、必要な方はメガネや筆記用具等ご用意ください。

カテゴリ:

東京藝術大学で染織を専攻する学生5名の展示会です。

素材や技法がことなる5名の作品がアミューズミュージアムの「そこかしこ」でご覧頂けます。

"Here and There" is an exhibition held by five students from the Tokyo University of the Arts' textile department. This exhibition showcases a variety of materials & traditional dyeing techniques through each artists' works.

sokokashiko.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

●会期
2018年 2/20(火)〜2/25(日)
10:00〜18:00(最終日は16:00まで)


●参加作家
アレクシーナ ティレマンス
技法:絞り染め、シルクスクリーン、デジタルプリント
Instagram

・阿部 蕗子
技法:友禅
Instagram

河野 紘幸 
技法: 絞り染め、 ろうけつ
Instagram

・澤 彩音 
技法:織物

山田麻緒 
技法: 型染め
Instagram

カテゴリ:

現代アートこけし作家の河内モンブランさんの個展が開催されます。

Montblanc.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

北海道旭川市生まれの河内モンブランさんは、こけしをキャンバスにしたペインティング作品やこけしをモチーフにしたドローイング制作を行っている、気鋭の若手現代アーティストです。

今回の展示会では、木を削ってこけしの形からご自身で作成した新作が登場します。

●会期
2018年 2/14(水)〜2/18(日)
10:00〜18:00(最終日は16:00まで)

皆様のご来館お待ちしております。

カテゴリ:

アフリカ大陸の北側。
そこに、海と山と砂漠を有する文化のるつぼのような国・モロッコが存在します。
旅人にも人気があるモロッコ。一度は訪れた方も多いのではないでしょうか?
興味はあるけどまだ行ってみたことのない方も、初めて名前を聞いた方も多いかもしれません。

モロッコはアフリカ大陸にあるものの、メディア等でよく伝えられる「アフリカ」とは一味もふた味も違った魅力が満載です。
ある人はその文化に。
またある人はその街に。
砂漠に。化石に。伝統に。人に。
モロッコは色々な面で世界中の人たちを魅了し続けています。
様々な魅力があるモロッコを、今回は、
モロッコのアンティーク布で鞄をデザインするtextlile tripと、
織物のスカーフを担当するテルメ、
化石を担当する渡邊 祐太、
写真を担当する加藤夕佳の4人でご紹介します。
モロッコの魅力がたくさん集まった、なんでもありの(?)モロッコ百貨展です。

どんな魅力が発見できるのか?
今回は4人それぞれが別のタイミングで旅に出ているので、各人によって見たモロッコも違うはず。
その違いは一体どんなものなのか? よければ会場で確かめてみてくださいね。

Moroccot_flyer.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

モロッコの鞄!織物!化石! 写真!展
facebookイベントページ

〔日時〕2018.2.6 (火)- 2.12 (月・祝)
〔会期〕‪10:00-18:00‬(最終日は‪16:00‬まで)
〔場所〕アミューズミュージアム 2F 手仕事のギャラリー&マーケット

〔出展者〕
●鞄(かばん)/ Textile Trip 
●織物 / テルメ
●化石 / 渡邊祐太
●写真 / 加藤夕佳 

カテゴリ:

鳥は古来より人々の憧れであり、広く愛されてきた動物です。
羽根を持ち空を羽ばたく能力から、鳥は「自由」の象徴とされてきました。
物語では「幸運の訪れ」の暗示として用いられたり、神話では「天からの使者」として登場しています。
その他にも、鳩は平和、梟は知恵、鷲はリーダーシップ、鶴は長寿、ツバメの巣は商売繁盛
といった具合に、縁起の良い動物として生活に根付いています。

本展ではこのような鳥(BIRD)に対する私達のイメージを、
「アート=多様性」を理念に掲げるアーティスト集団C-DEPOTの作家24名が
独自に解釈し作品を制作しました。
絵画、立体、映像、写真、メディアアートなど
多様なジャンルのアーティスト達が表現するBIRDをご堪能ください。

C-depot_bird.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

●会期 2018年1月30日(火) - 2月4日(日)
●時間 10:00 - 18:00 ※最終日は16:00まで
●会場 アミューズミュージアム 2F 手仕事のギャラリー&マーケット

●アーティスト
青木伸介 青山健一 赤池ももこ 飯野由美恵 稲田貴志
大石麻央 大西高志 金丸悠児 かなやまひろき コニシマキコ
小松宏誠 上脇田直子 桜井美奈子 鮫島弓起雄 juliaM
堤あすか 堤岳彦 BlockingWood 八田大輔 山田だり
山本理子 依田恵 Riyo wondimensiontoys

C-DEPOT Web Site 

カテゴリ:

チャーリーとは何か?

写真家、野口さとこの相棒、モデルである。

たいていの人は、その写真の前で口元を緩める。

そして、どうしてモデルにしたのか?

衣装はどうしているのか?

どうやって旅にでているのか?

疑問があふれる。

Charly_flyer.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

参加作家は、このチャーリーさとこに惹かれ、

この度初のグループ展を開催する。

あなたもチャーリーに会いに来ませんか?

◆会期
2018年1月23日(火)〜1月28日(日)
10:00〜18:00(最終日は16:00まで)

詳しくはこちら

カテゴリ:

各分野で活動する 色に魅せられたアーティスト5名が織りなす空間


昔から受け継がれているもの、また時代とともに変化してゆくものづくりの伝統や文化を大切に想い、5名のアーティストがそれぞれの感性で創り上げた色彩豊かな作品を展示販売いたします。


イロトリドリな作品を通して、その土地で生まれた文化や色が紡いだ時間の流れを感じて下さい。

Tsumuida.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

色が紡いだ時間  〜 色に魅せられたアーティスト展 〜
facebookイベントページ

〔日時〕‪2018.1.16 ‬[tue] - 1.21 [sun]

〔会期〕‪10:00-18:00‬(最終日は‪16:00‬まで)

〔場所〕アミューズミュージアム 2F 手仕事のギャラリー&マーケット


〔参加作家〕

◆ Blue Earth( 藍染め作家 ) : Facebook

◆ 一般社団法人 糸かけ曼荼羅協会 (糸かけ曼荼羅 ) : Home Page

◆ Peace Candle ( ハンドメイドキャンドル ) : Instagram 

◆ SelvedgeWork+藍 ( 藍染・シルクスクリーン ) : Home Page

◆ kaze-no-oto nanoha ( ニャンドゥティ・刺繍 ) : Instagram

カテゴリ:

菱刺しとは、南青森に古くから伝わる着物の強化と防寒を目的とした刺し子の一種です。
2回目となる『南青森のイロドリ 菱刺し展』では「暮らしの中の菱刺し」がテーマ。
伝統と現代の暮らしの共存の新しいカタチをお楽しみ下さい。

Irodori.jpg
※画像はクリックで大きく表示されます。

◆会期
2018年1月10日(水)~1月14日(日)
10:00~18:00(最終日は16:00まで)


山田友子〈つづれや〉

斉藤友貴〈雨と麦〉

カテゴリ:

秩父、浅草を巡回!めいせん展

MEISEN01.jpgMEISEN02.jpg

和布リメイクのやすねこ工房(江東区白河)は、アミューズミュージアム、秩父ふるさと館と共催で11月末~2018年1/8、銘仙(平織の絹の着物地)を主体にした作品展示販売会を開催します。
<やすねこ>の郷里、秩父。秩父夜祭(12/2~3)の秩父。銘仙の産地、秩父!
<めいせん展>(パネル展示・羽織レンタル・リメイク作品の展示販売等)を秩父、そして浅草で巡回展示を行います。

MEISEN03.jpg

MEISEN04.jpg

※画像はいずれもクリックで大きく表示されます。
◆ワークショップ、イベントも盛りだくさん!!!
1/3は、お正月の浅草を満喫!<着物・リメイクコラボショー><猫に小判の和装行列>をいたします。

ドレスコードは<和装>。あなたもモデルデビュー!お気軽に参加いただけるイベントです。


◆「ちちんぶいぶい」
西武鉄道のCM 2017秋冬編で、土屋太鳳さんがダンスしている着物が、銘仙です。

銘仙は、先染めした糸を織った絹織物。
MEISEN05.jpg
モダンで斬新なデザインで大正から昭和にかけて庶民のおしゃれ着として一世を風靡しました。
8月放送のNHK「ブラタモリ」秩父編でも大きく取り上げられています。
西武鉄道のHPにも掲載されました!


◆タイトル:うっとり レトロ めいせん展

@秩父
と き : 2017年11月30日(木)~12月24日(日)
     10:00~17:00(最終日は16:00)水・木・12/15休
ところ : 秩父ふるさと館 談話室 集 秩父市本町3-1 TEL 0494-23-7300

@浅草
と き : 2017年12月26日(火)~2018年1月8日(月)
     10:00~18:00(最終日は16:00)
ところ : アミューズミュージアム 2F 手仕事のギャラリー&マーケット

◆event schedule

12/28(木) エアホーレンのシアバター・ハンドマッサージ
12/29(金)・30(土) 銘仙羽織レンタル
12/29(金)・30(土) 私の銘仙コレクション 折本づくり
1/3(水) <着物・リメイクコラボショー><猫に小判の和装行列>
1/6(土) エアホーレンのシアバター・ハンドマッサージ
1/6(土) つつみ純子の伝統柄と風呂敷トークショー
1/7(日)   私の銘仙コレクション 折本づくり
1/7(日)・8(祝)  銘仙羽織レンタル


◆来場特典:@秩父 チラシ提示でお茶のサービス
      @浅草    〃  かわいいおみくじプレゼント

主催/アミューズミュージアム やすねこ工房 秩父ふるさと館 談話室 集

模様銘仙生産工程写真提供/秩父銘仙館 秩父銘仙協同組合
協力/ 浅草かっぱ村逸品店 伝統技能保存組合 江東支部 外国語ボランティアコートーク

詳細はお気軽にお問い合わせください。


お問合せ:やすねこ工房 (ameblo, FB, e-mail) 

江東区白河3-1-16 
TEL : 090-9304-2277 FAX : 03-5809-8842 

(担当 田端)

カテゴリ:

<< 前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
page top