<< 前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

気が付けばいつも何か作っています
それは日々の暮らしにとけ込んでくれる、そんなモノがいい

はるかな時の流れの中から、縁あって手元に集まった古布や糸
それは新しい時を動き出す為の、カタチとなる素材

ほどいて洗い、つないでみたり、裂いて、織る
用の美から、それぞれの物語が生まれるであろうと
今日も手を動かしています

Sakioriten.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

●会期
2017年11月21日(火)~11月26日(日)
10時~18時(最終日は16時まで)
入場無料

・・・・・・・・

「裂き織り」とは麻や木綿の経糸に
細く裂いて紐状にした古布を横糸にして織り込んだ布です。

この織物は昔から主に東北地方や日本海側の寒冷地で
農作業や漁業の作業着として織られました。

綿花の栽培ができない寒冷地では北前船などで運ばれる
古手の木綿が唯一の供給源でした。

その貴重な布を最後まで使い切るための再生技術として
裂き織りや刺し子などが発達したのです。

このようなリサイクルの知恵は日本各地や世界各地で
同じような布を見ることが出来ます。

裂織 Matouは、現代のくらしにあったおしゃれな裂き織りを
心をこめて バッグや小物にし提案しています。

裂織 Matou 岡﨑美恵子
WEB : http//www.matou65.net/
MAIL : a.matou.shop@gmail.com

みなさまのご来館お待ちしております。

カテゴリ:

アートギャラリー萩舎 岡宗さよみさんの展示会が開催されます。

Kohu_Junrei01.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

●会期
2017年11月7日(火)~11月19日(日)
10時~18時(最終日は16時まで)
※11月13日(月)は休館日です。
アミューズミュージアム 2F 手仕事のギャラリー&マーケット
入場無料


●アートギャラリー萩舎 近年のあゆみ
・2006年10月 フランス・ボルドー市・シアターメガラマにて、

       「日本の四季」をテーマに、ファッションショーを開催する。
・2007年10月 フランス・ボルドー市・シアターメガラマにて、

       「日本の花」をテーマに、ファッションショーを開催する。
・2009年  2月 想い出の曲について、ラジオ(NHK)に出演する。
     11月 フランス・ボルドー市・シティホールにて、

       「世界遺産」をテーマに、ファッションショーを開催する。
・2012年11月 フランス・ボルドー市・アキテーヌ博物館にて、

       「アーティスト」をテーマに、作品の展示会を開催する。
・その他    日本国内のデパート、ギャラリーにおいて、年2回展示即売会を開催する。

Kohu_Junrei02.jpg

Kohu_Junrei03.jpg

Kohu_Junrei04.jpg

Kohu_Junrei05.jpg

Kohu_Junrei06.jpg

●和布の衣裳オーダーお受けいたします。
〈お問合せ先〉
アートギャラリー萩舎 岡宗さよみ
〒651-2268 神戸市西区平野町黒田323
TEL:078-961-3832
FAX: 078-961-4010
WEB: http://www.hagiya.net
MAIL: okamune@kcf.biglobe.ne.jp

みなさまのご来館お待ちしております。

カテゴリ:

自然溢れる栃木県益子町で活動する、父母と娘の家族三人によるクリエイター集団【アトリエ草冠】
アミューズミュージアムにて、3回目の作品展を開催致します。

KSKMR_Matsuri.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

当館でも月に一回開催されている【アトリエ草冠・手作りワークショップ】も人気のクリエイター集団の作品展。
現代の日常生活が楽しく豊かになるような作品をと心がけて製作された作品は、全てオリジナルデザイン。使えば使うほど愛着が湧いてきます。

今回のテーマは「祭」
各々がイメージする「祭」を、写真、染色、工芸といった多種多様な作品で表現いたします。

たくさんの皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。


アトリエ草冠 異ジャンル*ファミリー「祭」展

2017年10月31日(火)~11月5日(日)
アミューズミュージアム2F 手仕事のギャラリー&マーケット
10:00~18:00 (入館受付 17:30まで・最終日は16:00まで・月曜定休)

カテゴリ:

Yano_Tsugaru.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

青森県出身のこぎん刺し作家、矢野全子さんの展覧会を開催します。

バッグやティッシュケースといった身につけるものから、のれんや風炉先屏風まで、その創作は多岐に渡ります。
伝統的なこぎん刺しに矢野さんのセンスが加わり、思わず見入ってしまう作品の数々は必見です!

今回は矢野さんの主催するこぎん刺し教室の、生徒作品も展示、販売致します。
繊細ながらも情熱を感じる、矢野全子さん、こぎん刺しの世界を、ぜひ、お楽しみください。


矢野全子 「津軽の手仕事」
日時:2017年10月24日(火)〜10月29日(日) 
OPEN 10:00-18:00 (最終日16時まで)

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

カテゴリ:

和風のハロウィンをテーマにした展示会です!
21(土)はレセプションパーティーを開催予定!
仮装してもしなくてもお気軽にお越し下さい!

ASAKUSA_kabocha01.jpg

ASAKUSA_kabocha02.jpg

※画像はいずれもクリックで大きく表示されます。

◆日時
2017年10月17日(火)~10月22日(日)
10:00~18:00※最終日は16:00まで
入場無料 ※レセプションは有料

◆レセプションパーティーのお知らせ
10月21日(土)18:00~21:00 
ドレスコード ハロウィン 
入場料金...¥1,000(ハロウィンフード付) 
※お飲物は【バー小鬼】にてお買い求め下さい。
※既存のアニメやゲームのキャラクター等、版権物の仮装はご遠慮下さい。
※衣装をお持ちでない方は¥500で簡易仮装セットをご用意しておりますので、お買い求めの上ご入場下さい。

◆出展作家(五十音順)
AOHIGE(青山学院大学比較芸術学科)(twitter)
戌一(日本どうぶつの会代表/美術家)(twitter)
クボデラリョウ(妖怪絵描き)(twitter)
田中良平(paper cut artist)(twitter)
道口久美子(筆耕アーティスト)(twitter)
ふくしひとみ(アーティスト)(twitter)
真巨(deadorundead造形作家)(twitter)


◆企画
日本どうぶつの会

カテゴリ:

和洋折衷エンターテイメント集団「破天航路」降臨、過去と現代のカッコよさ、藍染めと伝統とアートの祭典
浅草事変2017 -アミューズミュージアムで何かが起こる-
が開催されます。

Asakusajihen01.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

破天航路×BLUE HANDS、初コラボ展示会!
京都の着物ブランド『modern antenna』提供の舞台衣装のアート展示を始め、パリ公演の写真やムービーセッション、BLUE HANDSの手仕事によるコラボTシャツやストール等々、ここ浅草だから実現できる心意気の数々を、是非ともご覧ください。


■会期
2017年10月11日(水)〜10月15日(日)
10時〜18時(最終日は16時迄)
アミューズミュージアム2階 手仕事のギャラリー&マーケット


破天航路
各所で活躍する、卓越した技巧派集団によるバンド× パフォーマンス。
8 弦ギター、5 弦ベース、技巧派ドラムが織りなすメタルサウンド、クラシックと民族音楽に裏付けされた、華麗で叙情的なバイオリンによる楽器陣。舞台俳優として多忙を極めながらも海外でも多く殺陣を演じる慈五郎、洋舞、殺陣と和洋折衷を自ら体現するNatsunA、スポーツエアロビック世界チャンピオン経験者であり日舞、洋舞をこなす竹本洋平、幼少から日本舞踊を修練し、若くして師範として名を馳せる花ノ本以津輝、アクション俳優としての伝説であり役者、殺陣指導者として活躍する小松雅樹によるパフォーマンス陣が融合。
さまざまなイベントで活躍中の今最も熱い集団が満を持して見参!

BLUE HANDS
創業100年を超える「相澤染工場」で働く傍ら、江戸時代から愛されてきた粋な紋様と、遊び心を大切にした藍染め作品は、多くの外国人を魅了している。
「いつかは飽きる物ではなく、いつまでもカッコイイもの」を目指して、型紙作りから、デザイン、染め、仕立てと、すべて手仕事、一人作業。そのひとつ一つには、愛情とストーリーが凝縮されている。今回は、人気の藍染半纏リメイク帽子も数多く登場する。


■ワークショップ

Asakusajihen02.jpg
※画像はクリックで大きく表示されます。

「浅草事変2017 破天航路×BLUE HANDS」期間中、手仕事のギャラリー&マーケット(2階)でのお買い物が5,000円を越えた方には、藍染め体験をプレゼント!

藍染め職人と一緒に、浅草寺を見下ろすロケーションで、楽しいひととき。

お一人様も、親子連れも、大歓迎。伝統工芸の扉を開いてみてください。

・体験可能日時(体験時間は約30分間)
 14日土曜日 11時頃〜16時頃
 15日日曜日 11時頃〜15時頃
・場所
 アミューズミュージアム4階 BLUE HANDSアトリエ内
※会期中の浅草事変2017の作品お買い上げレシートをチケットカウンターまでお持ちください。
 藍染体験チケットをお渡しし、スタッフがご案内いたします。
※体験のみご希望の方は、500円を頂戴いたします。

■ハッシュタグ #浅草事変2017

みなさまのご来館お待ちしております。

カテゴリ:

「African Arts &Crafts SOLOLA (ソロラ) 」は、アフリカ産のオリジナル手工芸品と染織•雑貨を扱うブランドです。

solola201710.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

SOLOLA(ソロラ)は西アフリカの産地に足を運び、現地の生産者とともに伝統染織や手工芸品を作り上げています。

今回は「ヨルバ族のアディレ展 -西アフリカの伝統布-」を開催いたします。
ナイジェリアのヨルバ族伝統の藍染布「アディレ」を中心に、SOLOLAによる西アフリカ各地の伝統布が並びます。
時代の流れに伴い、急速に衰退が進む西アフリカの伝統布、SOLOLAは現地の生産者とともに現代と未来へ繋げようとしています。布の服、雑貨、オリジナルの手工芸品もございます。
美しく楽しい西アフリカの伝統布の世界をお楽しみ下さい。

「ヨルバ族のアディレ展 -西アフリカの伝統布-」

日時:2017年10月3日(火)〜10月9日(月・祝) 
OPEN 10:00-18:00 (最終日15時まで)

他にもアフリカのアート作品、木像や椅子、新作のオリジナルアクセサリー、アフリカンプリントの布小物など選りすぐりの品がご覧頂けます。


浅草にお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

SOLOLA Web

カテゴリ:

青森県弘前市に店舗を構える「津軽工房社」。
青森県内をはじめ、全国のこぎん作家さんの作品とオリジナルの草木染の布、こぎん糸・刺し子糸、あけび細工や津軽塗を販売しております。

tsugarukoubou_flyer.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

今回の展示会では、作家さんの個性あふれるこぎん刺しを展示販売いたします。
開催中は、都内ではなかなか見ることの少ない、150年から200年前の古作こぎん「東こぎん」・「西こぎん」・「三縞こぎん」と、古作こぎん収集家で自らも趣味で刺した、石田昭子さんのこぎん刺し作品も展示いたします。

2017年7月、国の重要無形文化財(工芸技術)に指定された、「津軽塗」。
スイッチやコンセントに津軽塗を施したオリジナルプレートをはじめ、津軽塗のティーカップ、津軽塗照明器具等、津軽塗の美しさをぜひお手に取ってご覧ください。

◆会期
2017年9月26日(火)~10月1日(日)
10:00~18:00(最終日は16:00まで)


◆会期中はこぎん刺しワークショップを開催いたします。
こぎん刺し「コースター」または「ミニフレーム」作り
・講師  北の星座さん
・日時
9月27日  10:00~
       14:00~
9月29日  10:00~
       14:00~
10月1日  10:00~
・所要時間 約2時間
・定員    各回4名
・持ち物   なし(眼鏡が必要な方はご持参ください。)
・参加費   ¥2,000(材料費・消費税込み)
ご希望の方はお名前・ご希望の日時・参加人数・電話番号を記入の上
tugarukoubousya@yahoo.co.jp
までメールにてお申込み下さい。


◆出展作家
Kogin de jewel
fecco
kogin-atelier tubomi
*Mitoya*
*miasa*
cokia*
大石栄子
think*pink
kogin*bear style
北の星座
sun3
harcogui
米谷文子
山内えり子
TSUGARU ARTISTIC&CO.

津軽工房社

カテゴリ:

神奈川県で作陶しています、大内瑤子です。
日々に、暮らしに、しずかに寄り添う器づくりを心がけています。
今回の個展では、鎬(しのぎ)や線刻(せんこく)といって、器の表面に模様を彫りつけたシリーズの作品を中心に出展します。ぜひご高覧下さいませ。

KOKU_KOKU.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

◆大内瑤子 個展 刻々(こくこく)
2017年9月20日(水)〜24日(日)
10:00〜18:00(最終日は16:00まで)
アミューズミュージアム2F 手仕事のギャラリー&マーケット


◆作家情報
大内瑤子(おおうちようこ)
神奈川県出身。
多摩美術大学工芸学科陶専攻卒業。現在は神奈川県・相模原にて作陶。

カテゴリ:

TONE_to_flyer.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

「とーんとくる」は「惚れた」を意味する江戸言葉。
沖縄で出会った4人がそれぞれに、とーんとくるカタチを表現します。
驚くほど軽い磁器の食器やアクセサリー、手描きで絵付けをしたモダンなだるま、草木染めと手織りの小物、セミオーダーメイドの洋服など、展示販売いたします。
皆さまのご来場を心よりお待ちしておりま す。

日時 2017年9月12日(火)‐18日(月・祝)
   10:00‐18:00(最終日は16:00迄)

TONE_to01.jpg

TONE_to02.jpg

TONE_to03.jpg



TONE_to04.jpg



★会場にて、ワークショップも開催します★
各回とも材料費・消費税込みです。
ご予約は、お名前・ご希望のワークショップ名・ご希望のお日にち・ご参加人数・お電話番号をご明記の上、mejm39-a★yahoo.co.jp(★を@に変えてください)までメールにてお申し込みください。
皆さまのご参加をお待ちしております。

●「紅型染め体験」
沖縄の伝統染物の色差しを体験しませんか。
30㎝四方の布に古典柄の色付けをしていただきます。
講師:永冨まり子
日時:16(土)11:00/13:00/15:00
   17(日)11:00/15:00
   18(月・祝)11:00/13:00/15:00
所要時間:60分
持ち物: なし
対象:5歳以上 
定員:各回5名程度
※申し込み締め切り9月11日

TONE_to05.jpg
※絵柄は画像と異なる場合がございます。


●「草木染め糸のタッセルアクセサリー作り」
草木染めした糸でタッセルを
作り、アクセサリーやキーホルダーにします。絹や芭蕉、パイナップルの糸をご用意しています。
講師:神谷あかね
日時:16(土)11:00/14:00/16:00
   17(日)1100/1600
   18(月・祝)11:00/14:00
所要時間:45分
持ち物:ハサミ
対象:10歳以上
定員 :各回5名程度

TONE_to06.jpg



●「陶ヘアゴムと陶ブローチ作り体験」
土や磁器土の質感を生かしながら、世界にひとつだけのお気に入りを作りましょう。
作品は、焼き上がり後の郵送となるので、約1ヶ月後ご自宅にお届けとなります。焼成費と送料込。
講師:中村かおり
日時:17(日)13:00/14:00/16:00
   18(月・祝)13:00/14:00/15:00
所要時間 :60分
持ち物:タオル
対象:小学生以上
定員 :各回6名

TONE_to07.jpg


●「カード織り体験」
織をしてみたいけれど、道具がなくては...と思っている方必見。身近に手に入るもので、織物体験してみませんか。ストラップや、リボンのような、細長い織物が作れます。
講師:横田裕子
日時:16(土)13:00
   17(日)13:00
所要時間:180分
持ち物:なし
対象:小学生以上
定員:各回5名程度


●だるまの絵付け体験も会期中適宜受け付けております。お問い合わせください。


★作家プロフィール★

神谷あかね
沖縄県立芸術大学大学院 織専攻修了
染織作家。現在、日本工芸会 東海支部 研究会員。
絣の着物や帯を主に織っています。糸を布にするとき、布を着物にするとき、どうしても出てしまう残糸や残布で小物やアクセサリーも制作。

中村かおり(petit papillon)
沖縄県立芸術大学 陶芸専攻卒業
2017年3月まで沖縄にて制作。4月より拠点を千葉に移し活動。日常の中にふと夢を見られるような陶磁器をつくっています。

永冨まりこ(鞠米 ‐marikome‐)
沖縄県立芸術大学 染織専攻卒業
手描きで絵付けをした「絵だるま」の制作販売や染色のワークショップを開催するなどして、創作活動を楽しんでいます。

横田裕子(陽々‐yoyo‐)
沖縄県立芸術大学大学院 織専攻修了
時間をかけた一点モノの服作りをしています。お気に入りの服がありましたら、サイズや色など相談させていただきながらお気に入りの一着をお作り致します。

カテゴリ:

<< 前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
page top