<< 前の10件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12

小正月には浅草へ。
きものと和とハンドメイド「着物deさんぽ」(着物体験、和のハンドメイド作品展示販売会)
を開催いたします。

KdeS-1.jpg

KdeS-2.jpg

※画像はいずれもクリックで大きく表示されます。


・着物体験 
レンタル+着付3,000円+tax
日本の伝統。着物を着てみましょう。撮影も楽しんでください。
・レンタル着物で街歩き レンタル+着付 2時間5,000円+tax
気に入ったら着物も買えま~す!
体験可能日:23、24、30、31日 11:00~15:00
※要予約
※ミュージアム入場料割引有

・打掛着てみませんか? 
レンタル+着付10,000円+tax
体験可能日:23、30日14:00~
※要予約

・藁で作る日本の正月飾り ワークショップ 
参加費:1,500円+tax
体験可能日:24、31日14:00~
※要予約

・風呂敷の使い方 
参加費:無料
一枚の布、色々使えます。
体験可能日:20、22、23、27、29、30日14:00~17:00

〈同時開催〉
和のハンドメイド展
昭和のモダン着物〈銘仙〉を加工した雑貨、ビーズアクセサリーなど。
リーズナブル価格の作品を取り揃えたハンドメイド展です。
風呂敷や手ぬぐい、和布のハギレや糸などの販売もあります。

【ご来場特典】チラシデータあるいはプリントをご持参の方全員に粗品をプレゼント!

とき:1月19日(火)~1月31日(日)(月曜休館)10:00~18:00(最終日は16:00)

ところ:アミューズミュージアム2F手仕事のギャラリー&マーケット

○着物 de さんぽ 協力団体さん、募集中です。
着物で下町を散策する企画に協力してくださる方を募集中です。
店舗さん、通訳、案内、着付けなど、企画を一緒に楽しんでくれる方を募集しています。

○問い合わせ先
ぎゃらりーひまわり 渡辺
TEL03-5809-8841

カテゴリ:

当館ショップでも人気の草木染・手織り作家、藍織成(Aina)さんの個展を開催します。

2016_aina.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

色鮮やかなストールや藍のタペストリーなど自然の色の魅力がギュッと詰まった空間をぜひご覧ください。


藍織成(Aina) 岡田 藍プロフィール

2000年 松阪もめん伝統継承者取得、
2006年 個人制作に入る 元美杉村にて、自然の恵み、織り染め遺伝子に問いかけるような物づくり、空間つくりを探求(日本織物研究会:帝塚山大学で学ぶ)

現在 三重伊勢市二見の昭和初期の元旅館を拠点として、日本橋三越、銀座三越、名古屋松坂屋等各百貨店やギャラリー、ミュージアムで展示会を開催中

世界的デザイナーうさぶろう氏の京都上賀茂神社にてファッションショーに手織り布でコラボ

祈り白鳥監督のライフワークである蘇生プロジェクト・アーシアン公式グッズコラボ販売中


草木の恵みを頂き天然素材にこだわり染め上げました。
科学染料にまけない美しい世界、天然染料の深み、天然素材の優しさを表現いたしました。
今回は、新しい素材にも挑戦いたしました。美しくも楽しい世界になったと思います。
多くの方に是非手にとって見ていただきたいと思っております。

岡田 藍

アミューズミュージアム2階手仕事のギャラリー&マーケット
2016年1月5日(火)〜1月17日(日)10:00〜18:00
※月曜日休館
※最終日、1月17日は16:00までとなります。

カテゴリ:

表面.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

「大怪展」とは今回で4度目となる多数の妖怪作家による企画展です。
妖怪が好きな方もそうでない方も、「怖そう!」「楽しそう!」なんでもOK!
とにかく、POPに!かわいい!こんなのまで!的に妖怪を表現した作品が大集合!

過去には
2014年夏 「妖怪展〜浅草縁起物〜」
2014年冬 「冬の浅草 大怪展」
2015年春 「大怪展〜浅草×妖怪×未知の駅〜」
2015年夏 「大怪展DE渋谷」
とけっこうな勢いで浅草の妖怪スタンダードを目指しているたくさんの妖怪作家さんが参加する企画展!
最近は渋谷の東急ハンズまで出張してとにかく大盛況!
お客さんも作家さんもたくさんの妖怪に囲まれて楽しめる展示です。

12月19日(土)にはレセプションパーティーも開催します。
18時〜20時 参加費500円予定
ライブパフォーマンス&作家さんとのお話あり

詳しくはこちらで。


追加情報(12月3日):

12/19,26(土)
13:00~16:30
妖衆化ソフビペイントワークショップ
参加費 ¥1,000(材料費込)
予約はこちらのフォームから↓
http://otonoke-enoke.jimdo.com/大怪展四/

「大怪展4」
2015年12月1日(火)~2016年1月3日(日)
*月曜休館 入場無料
10:00~18:00 最終日は16:00まで

カテゴリ:

百犬庵企画「コスモ収穫祭」が開催されます。
多種多様な作家が出展する展示となっております。

cosmo_omote.jpg
※画像はクリックで大きく表示されます。

コスモ収穫祭企画:百犬庵 戌一さんからのご紹介文

昔の人々が思い描いた未来像はどこかコミカルで懐かしく、現代人からすると逆に斬新ささえ感じられる事も少なくはありません。その懐古趣味的な未来の描写に対し「レトロフューチャー」という言葉を用いる事が多いようですが、21世紀の現在ではその意味合いも少し変わってきたように感じます。私個人と致しましては「懐かしいのが逆に新しいという感性がもはや古臭い」ような気がして、そろそろ新たな未来像を描く事が、今を生きる表現者の急務のような使命感に駆られ、この度の企画に至った次第であります。

しかし今回我々が表現するのは、決して最先端技術を予期するような現実的な未来像ではありません。もちろん既存のレトロフューチャーに含まれる要素にも向き合い、最新の知識を加味し、取捨選択し、ブラッシュアップした形、どちらかというと平行世界の未来像と言い換えられるかも知れません。

では何故「宇宙」と「収穫」をテーマにしたのかというと、我々百犬庵が思い描く理想の未来像について言及しなければなりません。環境汚染が進み地球に住めなくなった人類が、宇宙にコロニーを作って米を栽培し、その米が貨幣代わりに使用され、そこでは収穫を喜ぶ伝統的な祭りが形を変えて継承されていて、ロボットのような格好で舞を舞ったり音を奏でたりしていたら......それはとても趣き深い光景なのではないでしょうか。それは貨幣成立以前の、原始的物々交換への回帰であります。ただその妄想を形にし、皆様と共有したかったのです。

ちなみにその祭りの様子は、オープニングフェスティバル(収穫祭)とクロージングカーニバル(謝肉祭)で一部再現したいと考えておりますので、お誘い合わせの上奮ってご参加頂ければと思います。

そしてこの確信犯的懐古趣味の、自作自演型レトロフューチャーを、ここに「ネオレトロフューチャー」と名付け、当企画のメインテーマに据えさせて頂きたいと思います。ご覧になって下さる皆様方に、懐かしさと新しさをお伝えできれば幸いに存じます。

出展作家
美術家 戌一 
アーティスト ふくしひとみ 
日本画家 鎌田萌奈美
フラメンコダンサー 永田健 
舞台衣装デザイナー Cyoco&Meize(Chiyoko) 
芸術家 東佑樹 
刺繍屋 gaji 

ライブペイントやダンスなど盛りだくさんの内容となっております。
【オープニングフェスティバル】11月20日(金)18:00~20:00


【クロージングカーニバル】11月27日(金)18:00~20:00

また予約等のお問い合わせ先は、

百犬庵 戌一
までお願い致します。

11/17(火)~29(日)
10:00~18:00(最終日は16:00まで、月曜休館、入場無料)

カテゴリ:

金田花季個展「血統書はついておりません」が開催されます。

カラフルでPOPな世界観で動物たちの絵を描かれる金田さんの当館初の個展となります。
可愛らしい作品から、迫力のあるものまで金田さんの魅力たっぷりの展示となります。
ブローチや便箋など小物の販売もあり。
期間中は金田さんご本人の在廊もありますので、この機会にぜひお越しくださいませ。

HANADA.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

「実家で飼っている猫と、自宅で飼っているオカメインコを主なモデルとした動物画を描いています。
かわいく楽しく、見た人が明るい気持ちになるような作品を目指して制作しています。
花や洋服を選ぶように、自分の近くに置いて楽しむことが出来、生活に寄り添い、彩りを添え、ふと元気づけられるような、そんな絵でありたいと思います。

今回の個展ではふだん展示できない大型作品も出品する予定です。
皆様に楽しんでいただけたらと思います。」

金田 花季

11/3(火)~11/15(日)10:00~18:00

(最終日は16:00まで、月曜休館、入場無料)

カテゴリ:

モダン着物、着物リメイク品から江戸からくり人形の展示販売を行う
「レトロモダン着物販売と和テーマ人形展」が開催されます。

retro_modern.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

和の象徴の一つである着物づくしのイベントです。
レトロモダンな着物の展示販売と
着物を衣装としている人形たちの共演。

着物はモダンな着こなしを楽しんでいただくものよし
リメイクをしてご愛用いただくもよし。

【内 容】
レトロモダン着物の販売

和テーマ人形
 からくり人形の展示・実演
 からくり人形師・半屋春光氏(スタジオぎえもん)
 からくり芝居・源吾朗(ヘブンアーティスト認定)
 白鳥加奈子
 立体あー兎 作品
 SiroMimi 七五三祝兎
 作者:MichikoIkeuchi × Michi66
 球体関節人形作家
 作者:えんじぇる桜

【特別イベント】
<その1>
「レトロモダン着物ファッションショー」
外国人と日本人によるプチ・着物ファッションショー。
日時:2015年10月20日(火)15:00 16:30(2回)
着物スタイリスト ミシェル由衣

<その2>
「からくり芝居」
ヘブンアーティストの源吾朗&白鳥加奈子
茶運び人形とともに口上をお楽しみいただけます。
日時:2015年10月21日ほか(順次掲載いたします)

<その3>
「ちくちくリメーク」ワークショップ
リメイクアーティストHILO
和布でアクセサリー作り

参加費:1,000円
日時:2015年10月30日(土)13:00-17:00

イベントは、随時、追加されます。最新情報はこちらのFBページでご確認ください。


レトロモダン着物販売と和テーマ人形展

アミューズミュージアム2F手作りのギャラリー&マーケット

10月20日(火)~11月1日(日)*月曜休館
10:00~18:00 最終日は16:00まで

カテゴリ:

今年の年明けに開催したCRAFT MARKET 2015に出展していただいた
色とりどりの素敵な洋服、布小物を作っていらっしゃる
ripple(リップル)洋品店さんの個展が開催されます。

「暮らしを彩る虹色の服展」

ripple_omote_s.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。


ripple洋品店さんからのメッセージ:

群馬県桐生市の小さな工房で、
布を染め、服や小物を夫婦で作っています。
長く寄り添える生活着を目指し、ひとつひとつ丁寧に作っています。

場所:アミューズミュージアム2階『手仕事のギャラリー&マーケット』(入場無料)
期間:2015年9月29日(火)〜2015年10月18日(日) 10:00〜18:00
10月5日、13日は休館 ※最終日、10月18日は17:00までとなります。

カテゴリ:

yajima.jpg

矢島与萌

二〇〇九―二〇一五の物語
今日のたき火をここへおこして辺りを見渡せたら、ふしぎな石のある村とつながっている道が見つかる。


愛知を中心に活動している美術作家、矢島与萌の東京で初の個展です。

「ふしぎな石のある村」という物語世界をめぐる作品を6年にわたり創作してきました。

多様な素材や技法=ミクストメディアで作られてきた場所について―絵、巻物、水墨、版画、フレスコ、立体、縫い包み、陶...この展覧会では、6年間に作られた主な作品郡をいくつかのキーワードごとに分類・構成し、そのカテゴリーの解説付きでご紹介します。

日々暮らし、感じ、旅する、ふしぎで小さな世界をどうぞご覧下さい。

矢島与萌ウェブページ

9/15(火)〜9/27(日) 10:00〜18:00
月曜休館 *最終日は16:00まで
入場無料

カテゴリ:

立秋を過ぎてもまだまだ気温も高く、
秋の気配は遠い日々。
それでも、実り豊かな秋に想いを馳せる
ゆったりとした時間を過ごしていただきたい。
そんな時間のお供にぴったりの「紙もの」が大集合。

Kamimono.jpg

書く、読む、贈る、飾る、遊ぶ...
人気の絵葉書や書籍をはじめ、
用途も様々な「紙もの」たちが皆様を賑やかにお迎えいたします。

是非お気に入りを探しに、お立ち寄りくださいませ。

場所:アミューズミュージアム2階『手仕事のギャラリー&マーケット』(入場無料)
期間:2015年9月1日(火)〜2015年9月13日(日) 10:00〜18:00
※最終日、9月13日は17:00までとなります。

カテゴリ:

山梨で藍工房 杏や を営む米山のぶ子さんが、当館で3回目の展示を開催致します。

Yoneyama.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

何度も染め重ね、現れる絞りの模様は
水面のようであり、光の反射のようだったり。
古来より伝わる技法を用いて追及される米山さんの
藍染の世界をぜひ見にいらして下さい。

展示品は販売も行っております。

場所:アミューズミュージアム二階手仕事のギャラリー&マーケット
会期:2015/7/7~7/12(最終日は17時まで)
会期中 作家在廊予定

カテゴリ:

<< 前の10件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
page top