<< 前の10件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12

新年1回目の展示会は当館主催の可愛い作品を集めた展示会、
「KAWAII♡展〜カワイイはつくれる〜」
を開催いたします。

Kawaii17.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

15組の出展作家様による、さまざまなジャンルのカワイイ作品ををお楽しみいただけます!

●出展作家(順不同)
音波屋
じみーじょん
PATRONE Re: LABO 
epadada 
ふうせん蔓 
Ayubeads 
puff jelly 
misa-soup 
Taka☆Hero Creation 
BORO de couture 
よねざわなみ 
シドロモドロ堂 
たびのじ雑貨店 
CANDY STORE 
やさぐれねこ

●会期
2017年1月11日(水)〜1月15日(日)
10時〜18時まで(最終日は16時まで)

●1月15日(日)11時〜16時まで、よねざわなみさんによる編みぐるみ制作実演を開催します!
無料でご覧いただけますので、是非お越しくださいませ。

5日間と短い期間ですので、浅草へいらした際は是非お立ち寄りくださいませ。

カテゴリ:

東京名物観光名所。浅草スカイツリーのお膝元。浅草寺のすぐ横で開催される「妖怪展〜浅草縁起物〜」のご紹介です。

Daikaiten6.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

日本が誇る文化「妖怪」。

海外でも「YOKAI」という単語で寿司や天麩羅と同じように有名な文化「妖怪」。
今回はそんな妖怪を生み出す作家さんを一同に集めてみんなに楽しく見てもらおうという企画展。
でもね、今迄のような当たり前の妖怪じゃつまらない!縁起を担いだPOPで楽しくなるような妖怪達が待ってるよ!

『妖怪展〜浅草縁起物〜』

こんな説明で始まった大怪展。
初めては妖怪展という名前だったんです。
弐怪目からは「大怪展」と名前を変え、参怪、四怪、伍怪と続けてきました。

そして、今年も季節がやってまいりました!
世間のイメージでは妖怪は「夏」みたいなイメージあると思いますが、そんなことはないですよ!
冬こそ大怪展の本領発揮です。

なんと、今年の冬の大怪展は3つのテーマに分けて開催します!

1怪:「浅草縁起物」!
2怪:「クリスマス」!!
3怪:「お正月」!!!

1怪目のテーマは初めに立ち返り「浅草縁起物」と題しまして、縁起のいい妖怪や縁起のいい妖怪作品なんかをテーマします。
2怪目のテーマは「クリスマス」。妖怪なのにクリスマス???はい、色々ありますよね。西洋の文化ですけど西洋にも妖怪たくさんいますし、妖怪ってどんな風にmixしても面白いと思いますよ!
そして3怪目は「お正月」。大怪展は3が日またぎますからね。完全にお正月向けでいきますよ。

●日程:
 ・1怪:「浅草縁起物」
 11/29(火)〜12/11(日)

 ・2怪:「クリスマス」
 12/13(火)〜12/25(日)

 ・3怪:「正月」
 12/27〜1/9(月/祝日)

※月曜休館日(1/2(月)、1/9(月)は営業してます)
※時間は10時~18時まで(最終入館時間は17時30分)
※最終日は16時まで

●作家人数:各怪30組程度予定。
●特別企画:1怪、2怪、3怪とすべてご来場いただいたお客様には特別プレゼント企画中です。

●レセプションパーティー
    12/24(土)18時〜20時30分予定
参加費:¥1,000円
    だれでも参加できる立食形式のパーティー
    作家さんと話して作品の購入もできます!
    ★ライブや企画イベントも予定しております。
※簡単なおつまみと飲み物はご用意します。
※人数制限を設けますのでぜひ参加したい方はご予約をお願します。

詳しくは、音ノ怪 絵ノ怪まで

カテゴリ:

さまざまな古着や古布を使った彫刻作品を制作している大川友希さんの個展が開催されます。

ookawa2s_s.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

今回は狛犬をメインに「シンメトリー」「対極性」「並行」や 似ているようで似てないもの近いようで遠いものをモチーフに作っています。

アミューズミュージアムでは今回が2回目となる展示会で、さらにユニークな作品がご覧いただけます。

●会期 2016年11月15日~11月27日(月曜日休館)
10時~18時(最終日は16時まで)

皆様のご来館お待ちしております。

カテゴリ:

100年前の南青森のめらしっ娘たちは、動植物や身の回りのモチーフを、二対一の菱形の中にデザインしていました。
現代作家による菱刺しの〈不変〉と〈進化〉をお楽しみください。

IRODORI.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

●会期
2016年11月8日-13日
朝10時-18時まで〈最終日は16時まで〉

〈販売〉
山田友子(つづれや)
青森県八戸市出身。20代の頃は海外ばかり目がいっていたが、結婚出産を経て改めて郷土の伝統工芸『南部菱刺し』に出会う。天羽やよいさんに師事後独学で草木染めを始め、2011年つづれや開店。以来各メディアで菱刺し普及、県内外でワークショップ、教室の講師を務める。

齋藤友貴(雨と麦)
日本民藝館の展示で『南部菱刺し』と出会い、その模様の独自性、色使いの美しさに魅了され、独学で製作を始めました。製作の中心はブローチで、前垂れに代表される菱刺しのお洒落を楽しむ心を伝えたいと思っています。

〈展示〉
女子高生が考える新しい型っこ!
(青森県立名久井農業高等学校)

南部菱刺研究会の皆さんの前垂れ

カテゴリ:

着物をリメイクした作品をつくる石田実佐衣さんによる個展が行われます。

もとの着物の色や柄などを楽しみつつ、新たに生まれ変わった作品をご覧ください。

Ishida_Masae.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。


会期:2016年10月25日~2016年11月6日(10月31日休館日)
   10:00~18:00(最終日は16:00まで)

会場 : アミューズミュージアム2階 手仕事のギャラリー&マーケット

   入場無料

カテゴリ:

"津軽こぎん刺し模様を世界に!"「こぎんワールド~津軽こぎん刺し×デザインの研究~」

Kogin_DM.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

先人の知恵で生まれた津軽こぎん刺し模様を、これからも大切にしていくための様々な活動をしているkogin.net(主宰:山端 家昌)が、「こぎんワールド~津軽こぎん刺し×デザインの研究~」と題して、個展を開催致します。

本展では、こぎん刺しのルーツとなる貴重な古作こぎん刺し着物の緻密な模様やkogin.netのこれまでとこれからをご覧いただき、こぎんの更なる魅力を再発見していただけます。
作家在廊予定日には解説や実演も行いますので、ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

●展示の見どころ●

・本展のテーマは『こぎんワールド』!
メインビジュアルの○は丸い地球のイメージで、これまでもこれからもそれぞれ特色を持ったこぎんの世界が増殖して、どんどん広がっていけばとの想いをデザインに込めました。
会場ではご来場記念プレゼントとして、先着順にて本展メインビジュアルのパターンをこぎん刺しできる拡大版の図案を差し上げます。

・『古作こぎん刺し』模様のデザインに注目
展覧会のメインはkogin.netがライフワークとして続けている、古作こぎん刺し着物の模様データ化プロジェクトを通してその魅力を探るコーナーです。
今回、特別に石田昭子所蔵古作こぎん刺し着物をお借りし、その歴史ある模様をデザインの視点から紐解いてみます。
2016年春、鳴海要記念陶房館ギャラリー(青森県弘前市)にて大好評だった「宙とぶこぎん展」の東京巡回展となります。

・可能性無限大!こぎん模様の楽しい活用法
これまでのkogin.netの活動のご紹介として、お仕事サンプルなどで『こぎん刺し』や『こぎん模様』を使った伝統模様の活用法もご提案します。
こぎん刺しならではの特徴を生かしたデザインやアートをお楽しみください。

・伝統模様が楽しいkoginグッズが多数登場!

今回は各種お問い合わせを多数頂いているkoginグッズの物販にも力を入れたいと思います。
いろんなkoginグッズを実際に触れて、試着などもしていただきお気に入りのものを見つけてください。
新作も準備中ですので、どうしてもという方は早めのご来場をおすすめします。


●作家紹介●
山端 家昌(Iemasa Yamahata)
グラフィックデザイナー

1983年生まれ、青森県出身。東京都在住。弘前で過ごした時期に津軽こぎん刺し着物と出会う。
グラフィックデザイナーの視点で模様の研究・応用に取り組んでいる。現代に生きるこぎん模様を『kogin』と名付け、その魅力をkogin.netを通じ世界へ向け発信している。

OACクリボラ展2006 外務大臣賞
(最高賞) 受賞
香港国際ポスタートリエンナーレ 入選
2006年度 ADC年鑑 掲載
雑誌ブレーン 掲載

works

星野リゾート 界 津軽 koginプロジェクト
みちのく銀行 年金受給者向けアイテムデザイン
神戸ファッション美術館 特別展 ご来場記念品デザイン
三越伊勢丹JAPAN SENSES こぎん模様アイテム監修/店舗装飾協力
ベルメゾン(千趣会)オリジナルこぎん刺しキットデザイン
フェリシモ×kogin.netコラボアイテム制作販売
香川手袋 2015-2016秋冬コレクション参加
DMC×kogin MADE IN JAPANキット商品開発
津軽中学校「こぎん刺しキット」デザイン

media

NHK番組「美の壺」青森の刺し子 出演
NHK番組「もういちど、日本」出演
NHK番組イッピン「針と糸が作る
−ひし形の宇宙~青森 こぎん刺し~」取材協力
婦人画報(ハースト婦人画報社)2015/11月号掲載
Né-net 2016S/S コレクション ムック本(祥伝社)掲載
日本の染と織(パイインターナショナル)掲載
ステッチidees vol.16(日本ヴォーグ社) 掲載
オリンパス「PENがいる場所」掲載
読売新聞、東奥日報、陸奥新報、河北新報 掲載

その他 koginグラフィック制作、書籍/web掲載多数

●展示会情報●

こぎんワールド〜津軽こぎん刺し×デザインの研究〜

会期:2016年10月4日(火)−10月23日(日) 10時〜18時・最終日は16時まで 

会場:アミューズ ミュージアム 2F 手仕事のギャラリー&マーケット
開館時間:10時〜18時・最終日は16時まで・入館の最終受付は17時30分です
入場料:無料
休館日:11日(火)、17日(月)
※常設展への入場には観覧料が必要です

※作家在廊予定日:10/4、7、8、10、12、15、16、20、23

カテゴリ:

猫だらけのかわいいグループ展が開催されます。

NECO.jpg
※画像はクリックで大きく表示されます。


参加作家
・踊る小鬼亭
・小林三枝子
・福嶋吾然有
・金田花季
・Namiko Mitoma
・青猫堂
・中尾ルミ子
・葉ッppyぷらんつ
・わくわくずー
・gaji
・やすねこ工房
・陶アトリエ 花*花


絵、刺繍、写真、陶器などさまざまな猫達を是非お楽しみください。


●会期
2016年9月13日~10月2日(10時~18時)

●休館日
9月20日(火)、9月26日(月)

カテゴリ:

豪華な羊毛フェルト作家10組のグループ展「和」が開催されます。

YOMO_WA.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

会期 : 2016年8月30日(火)~ 9月11日(日)(5日月曜日休館)
   10:00~18:00(最終日は16:00まで)
会場 : アミューズミュージアム2階 手仕事のギャラリー&マーケット 

参加作家

●akatin(あかころ):TwitterCreema 

●上田こうすけ:Blog ※体調不良のため不参加となりました。

●coto coto felt works 児玉彩:Blog

●deme*tyoubi 矢萩ひかる:WEBFacebook

●土方クロネ:HP兼BlogアメブロTwitter

●Hinali:WEB

●miru:Blog

●mochi mochi nao':WEB

●Lynxtail:WEB

●True Style Lab.:WEBTwitterInstagram 


作家様と直接お話するチャンスです!
(在廊予定日は各作家様へ直接お問い合わせください。)

----
また、イベント期間中にcoto coto felt works 児玉彩さんによるワークショップが開催されます!
2nyokkinWS.jpg
『三毛猫にょっきんワークショップ』
日時:9月1日(木)13:00~15:00 9月4日(日)①10:30~12:30 ②13:00~15:00(満席)
場所:アミューズミュージアム2F 手仕事のギャラリーマーケット
定員:8名様(予約が定員になり次第受付終了)
参加費:3,200円(税込、材料費込)

    ※ニードルやマットは貸し出しますので、お持ちいただく物はございません。
お申し込み:お名前、ご希望日時、ご参加人数、お電話番号をご明記の上、

cotocoto.youmou@gmail.com まで、メールをお願い致します。
----

※注意事項
◆ 現在のところ抽選販売は予定しておりません。基本先着順とさせていただきます。
◆作家様によっては、期間中に展示作品がなくなることを防ぐため、展示会終了後の発送とさせていただきます。(なお、着払い伝票に記載していただく形となります。)

よって初日は混雑が予想されると思いますが、ご理解・ご了承いただけますと幸いです。


みなさまのご来場お待ちしております。

カテゴリ:

和のハンドメイド作品&リサイクルきもの展示販売
浅草・納涼 和んどめいど

Wandmade1608.jpg

※画像はクリックで大きく表示されます。

アミューズミュージアムの2階。そこは賑やかな浅草にある隠れ家的スペース。
涼しいギャラリーで、手仕事作品をゆっくりご覧ください。
作家さんとの対話も楽しいオーダーや手作り体験を是非ご堪能ください。

とき:8月23日(火)~28日(日)10:00~18:00(最終日は16:00)
ところ : アミューズミュージアム2F 手仕事のギャラリー&マーケット

EVENT:

●着物・リメイク相談(無料) 
平日15:00~17:00 要予約
着物や帯を日常使える物に。袋物、コサージュ、服など、ご相談に応じます。

●Workshop
ゆかた・和布でうちわ 
火・木・土 15:00~17:00 要予約
プラスチックの骨に和布を貼ってうちわを作ります。参加費500円(税込)

●Performance
リメイク服+創作ダンス
8/28(日)15:00~16:00
リメイク服を着用したダンサーによるパフォーマンス。
終了後、出展クリエーターの紹介、作品紹介をいたします。

●Present
浴衣でいらっしゃい!
浴衣でのご来場で素敵なプレゼント

----------------------------------------------------
主 催:やすねこ工房 伝統技能保存組合
協力:NPO法人隅田川リバーサイドまちづくりネットワーク アトリエクレーハウス 

お問合せ:やすねこ工房 江東区白河3-1-16 

HP / BLOG / Facebook / e-mail

TEL : 090-9304-2277 FAX : 03-5809-8842 (担当 田端)

カテゴリ:

「African Arts &Crafts SOLOLA (ソロラ) 」は、

アフリカ産のオリジナル手工芸品と染織•雑貨を扱うブランドです。

Africa_DM.jpg
※画像はクリックで大きく表示されます。


SOLOLA(ソロラ)は西アフリカの産地に足を運び、現地の生産者とともに伝統染織や手工芸品を作り上げています。

今回は「アフリカ浴衣と夏のかご展」を開催いたします。
民族衣装に使われるアフリカンプリント布の浴衣と各地のかごが並びます。

「アフリカ浴衣と夏のかご展」

日時:2016年8月16日(火)〜21日(日) 

   OPEN 10:00-18:00 (※最終日16時まで)

会場:アミューズミュージアム 2F「手仕事のギャラリー&マーケット」

Tel: 03-5806-1181 (代表)


オーナーが現地の布市場を巡り集めたカラフルな布の浴衣は、手縫いとミシンを併用し、全て日本国内で縫製を行なったこだわりの品です。
着ているだけで元気になるSOLOLAの浴衣で、今年の夏はお出かけしてみてはいかがですか。

他にもナイジェリアの藍染布「Adire (アディレ)」、各地の織物や手工芸品、仮面、アフリカンプリントの布小物など選りすぐりの品がご覧頂けます。

出展品のモシ族のビンテージの藍布は、アミューズミュージアム常設展「東北のぼろ布」にも通じる、庶民の暮らしの中から生まれた大変味わい深い布です。

浅草にお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

African Arts & Crafts SOLOLA

お問い合わせ先 : solola.africa@gmail.com

カテゴリ:

<< 前の10件 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12
page top