こんにちわ。
アテンダントのじゅんです。
皆様に緊急速報をお伝えしなければなりません。

実はいま当館のミュージアムショップ、悪魔に侵略をされているんです。

ショップ入口で、いつも皆様をお迎えしている三四郎君(通称)も蜘蛛の巣をあしらったマントを羽織ってしまい、当館の可愛いペット(?)の江戸ネコ人形を、軽々持ち上げている弥彦君(通称)も、お顔が、「オッ~!ジャックオーランタン。。」 カボチャになってしまいました。
Ohara10_1.jpg

(^_^;)

冗談はさておき、つまりはショップもハロウィン仕様に模様替えをしたのです。

元々はケルト民族が一年最後の日(10月31日)に、死者の門が開いちゃうから、お化けから身を守ろうってところから始まったハロウィン。
ただ仮装するんじゃなくて、日本のお盆(死者を迎える姿勢は逆だけれど)になんとなく似てる風習かな?と僕は感じてしまいます。

さて。
そんなハロウィンを彩る新商品をご紹介します。

それは、日本が誇る悪魔ヒーロー、「デビルマン」商品だ!!

まずは注染手拭い。
「デーモン襲来(左)」と「シレーヌの森(右)」(各¥1890-)
Ohara10_2.jpg

迫力のある画と、妖艶な雰囲気を感じらませんか?

続いては、
「ストール・目玉(¥4725-)」
Ohara10_3.jpg

沢山の目玉が不気味ながらも存在感抜群!
だがしかし、巻いてみたら、しっくり服とマッチして着こなしを邪魔しません。
女性だけじゃなく、男性にもオススメ!


どこか可愛げのあるハロウィンの悪魔たち。
きっと夜な夜な悪魔たちも集まってはハロウィンパーティーをしてるのでは?と思えるのは、
先日、当館で個展もされたSANAさんのハロウィンをイメージしたポストカード。
Ohara10_4.jpg

闇の住人なのに、なぜかHappyにさせてくれるハロウィンの悪魔たち。
ぜひ、皆様も当館へ、彼らと遊びにきてくださいね。
来てくれなきゃ、イタズラされちゃうかも知れませんよ(笑)
Trick or Treat~#

皆様のご来館お待ちしております。

アテンダント
じゅん

カテゴリ:

外を歩くと金木犀の良い香りが漂ってくるこの頃ですが、みなさまいかがお過ごしですか?
 
さて、わたくし先日、長野県安曇野市の「大王わさび農場」に行ってきました!

いきなりなんだ?・・・と思われたかと思いますが、
ここは、黒澤明監督のオムニバス映画「夢」のロケ地であり
その映画に当館名誉館長の田中忠三郎先生が衣装提供をされているのです。
 
アミューズミュージアム3Fの「夢の跡」という展示室に
その時の撮影現場の写真と衣装が展示されています。
Yone9-1.JPG
右が黒澤明監督、左が田中忠三郎先生。

私はいつも展示室でお客様をご案内しながら、
「なんてきれいな所なんだろう・・・いつか行ってみたい!」と思っていたのです。

あいにくの雨でしたが、田中忠三郎先生のおっしゃるように、
清らかな川の流れに静かに水車が回る、心洗われるような美しいところでした。
Yone9-2.JPG

川のそばには看板が立っていて、「夢」のロケ地だったことや、
美しい自然が守り続けられている事が書いてありました。
Yone9-3.JPG

完璧主義の黒澤明監督が「青森の本物の野良着を使いたい」ということで田中忠三郎先生にお声がかかったのですが、お二人の審美眼を通過してきた風景と衣類・・・深い緑の風景の中に、鮮やかな菱刺し前掛けが映え、それは美しかっただろうと想像できました!

さてさて、映画の中でも着用されている華やかな菱刺し前掛け、次回企画展でたっぷりとご覧いただけます。

展示されるのは、いち早く重要文化財に登録された為に映画の撮影では使用できなかったものなのですが・・・

次回企画展については、
またスタッフブログで詳しく紹介される事と思いますので、お楽しみに!!
 
アテンダント米岡でした。

カテゴリ:

こんにちは、アテンダント松本です。

いきなりですが、私の部屋には汚れてとても古ぼけた15cm位のこけしが一つあります。
「このこけしを持っていると、美人になれるんだよ。だから私も美人でしょ~?」
そう言って、11歳離れた姉は、まだ四捨五入しても10歳にならないんじゃないかという私に
そのこけしをくれました。
まだ幼かった私がそんな姉のとっさの思いつきと冗談を信じるには十分でした。

それから大人になって家をでるまで私はそのこけしを大事に大事にしてきました。
倒れたら必ず起こして正面を私に向かせる。
誰かを好きになった時にはそのこけしを枕もとに置いて眠る。
少しでも美人になって振り向いてほしくて。

今も大事にそのこけしは私の部屋に置いてあります。
こけしは日本美人の象徴ですね。
「こけしちゃんみたいでかわいいね」
って言われてもあまり嬉しくなかった昔ですが、こけしの中にある『美』がなんなのか、は昔よりは見えてきている気がします。
言葉で説明するには若輩者の自分にはまだ難しいのですが。

っということで!
持ち主を美人にしてくれる(実姉談:確証なし)こけしさんですが、
アミューズミュージアムにはたくさんございます。

置きものや、キーホルダー、こけしモチーフの小物類。
Cakie9-1.JPG

時代は変わっていくものですか、こけしもまた然り、ですね。
髪の毛の色もさまざまです。
ファンキーからロマンチック、ゴシックまで幅広くカバー。

Cakie9-2.JPG

外見での劇的な変化はすぐには期待できなくても、
こけしの中に潜む『美』には気づかされるはずです。

時代は変わってこけしの有り方も変わってきているようですが、
変わらない我が国の伝統工芸のアート美をこちらでもお求めくださいませ~。


ズンッ 
Cakie9-3.JPG

カテゴリ:

どうもこんにちは。今回のブログ担当、平田です。

今日は、先日当館にて行われた "お江戸ル" ほーりーこと、
堀口茉純さんのイベント『TOKUGAWA15』についてのレポをお送りします!

ho-ri-_blog.jpg


そもそもお江戸ルほーりーって???と思われる方のためにおさらいしましょう。
ほーりーは、ただの暦女(レキジョ)ではなかった!!
数少ない江戸文化歴史検定1級の最年少合格者なのです。
江戸検1級の持ち主にはさまざまな特典があるらしく、うらやましい限りですが
そのぶん難易度も凄まじい(らしい)。
お江戸のアイドルは伊達じゃない!(マサムネか!)

そんな彼女がこのたび徳川15代にフューチャーした
『TOKUGAWA15-徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本-』
をご出版されました!!パチパチー!!

ho-ri-3.jpg

カバーからして欲しくなっちゃうでしょ?
あのほーりーが書いたんだから、面白くないわけがないw
発売開始したら、私とアテンダント鈴木氏は買う予定。
ミュージアムでもぜひ販売検討おねがいします!(笑)

ho-ri-2.jpg

イベント中の様子
出版に至る経緯や、本の見どころ、ほーりーからのご挨拶などを経て
いつものプロジェクターを使ってプチ浮世絵ナイトに。

そのあとは雰囲気をがらりと変えて、
ほーりーの友人有志の『大江戸華撃団』の皆さんが
歌と踊りで楽しませて下さいました!!!(写真がないのは気のせいです)
どんな感じだったかは『大江戸華撃団』からご想像下さい!笑!

最後にほーりーが
『お祭りマンボ』と『大江戸〓痛快伝』を粋に歌い上げ、
当イベントは大団円になったのでありました。

お江戸の文化と歴史を愛してやまないほーりー
いつもは浮世絵ナイトの講師として当館で弁舌をふるってくれています。
次の出演は10月6日(木)。18時半から開演です。ご予約なら1500円。
私はほーりーに、浮世絵、実はめっちゃ面白いんだ!!と教えてもらいました。
ぜひ、みなさまも一度ご覧ください!

長くなりましたが今回はこの辺で!
アテンダント平田がお送りしました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

『大江戸〓痛快伝』は間奏の間に江戸の年号が覚えられるので
ぜひ皆さん歌ってみてはいかがでしょうか!
これほんと、いい曲です!

カテゴリ:

みなさま、こんにちは。
残暑厳しい9月いかがお過ごしでしょうか?
中田でございます。
よろしくお願い致します。

今回もオススメ商品紹介!
はい、こちら~

Nakata9.jpg

絹セリシン入り「絹乙女 はんどくりーむ」 ¥420(税込)

絹セリシンとは、絹の1つの成分です。お肌をみずみずしくしっとりと保ち、外の刺激からお肌を保護する働きが優れています。
そして、純天然成分なのでお肌の敏感な方にも安心です。

実は中田、この「はんどくりーむ」様には去年の冬からお世話になっております。
今まで、~塗った後はサラサラ~のキャッチコピーに裏切られっぱなしでしたが、やっと出逢えたのです。

潤ってるのに、超サラサラ♪

乾燥は美容の大敵。
夏の紫外線をいっぱい浴びた手もしっかりケアしてあげましょう!

ということで、アミューズミュージアムのショップはただのお土産屋ではないのです。
様々な選りすぐりの商品が揃うショップです。

やはり...言わせてください。
実際にいらしてください!!!
それが一番です。
皆様のご来店をお待ちしております。

アテンダント中田でした。

カテゴリ:

アテンダント梶です。

容赦ない日差しの毎日 汗っかきな私の必需品は手ぬぐい。
保冷剤をくるんで首に巻いたり、汗を拭いたり、大活躍。
吸水性良く、乾きやすく、かさばらないのでとても使いやすい!
また柄も様々でその日の気分で選ぶのも楽しいものです。

一階ショップの手ぬぐいコーナーから楽しいお知らせをいたします。

ひと足早く秋柄がやってまいりました。 
今年も秋柄はかわいく、キレイな色のものが勢揃い。
新柄もありますので、お楽しみに!!

Kaji9-1.jpg
彼岸花 1,260円

さらに耳寄りなお知らせ!!
秋柄の限定柄が三柄入りました!!!
定番柄夕暮れ版!!!
サバンナがこんなに哀愁漂う渋いかんじになっています!
数量も限定なのでお見逃しなく!!今だけの旬物です!!!

Kaji9-2.jpg
サバンナ 1,365円

まだこれだけでは終わりません。
最後にとても楽しい手ぬぐいを紹介します。

Kaji9-3.jpg
エルモ 1,365円

なんとセサミストリートが手ぬぐいになって登場!!
全部で6柄!!どれもとても可愛いので必見です。 
こちらも限定販売ですのでお早めにどうぞ。

カテゴリ:

こんにちわ
アテンダントのじゅんです。

さて、夏も本番!
お祭りに行ったり花火をしたり、海辺に寝転がって星空を見たり。
夏はイベントが盛り沢山ですね。
そんなイベントには、ぜひ挑戦したいと思うのが、夏の風物詩「浴衣style」です。

Orihime4_s.jpg

色とりどりで、様々なパーツを組み合わせる浴衣style。
「この浴衣にはこの帯が合うかな?でもこれじゃ巾着と扇子に合わないや。」
と、そのコーディネートはまさに色のパズル。

時々、どう合わせれば良いかわからなくなってしまう事ありませんか?

そんな時、是非参考にしたいのが、平安の時より今に受け継がれる雅の色文化。
 「かさねの色目」です。 

「かさねの色目」とは、二色以上の色を重ねることで、季節や自然を表し、名称を付け、季節感を色で楽しむ、言わば色の組み合わせの教科書のようなもの。
大きく分けて、 2枚以上の布(表裏含む)を重ねて表現する「衣の表裏によるかさね色目」と、布を織る時に縦糸と横糸の色の違いで表現する「織糸のかさね色目」とがあります。

実はミュージアムショップにもこの「かさねの色目」の色彩を使った商品があるので、少しご紹介したいと思います。

まずはこちらの「お手ふきん(¥368-)」


これは表が色、裏が色の「橘」という色合わせ。
夏を表した色目です。

続いてはこちらの「かさねの色目懐紙入れ 寒紅梅(¥2,100-)」

Ohara9-3.jpg

細部には、まるで十二単の襟元の合わせを表現したかのような重なりが見られます。

またはこんな他の伝統技法とのコラボレーション商品も。

「印伝かさねカードホルダー(¥1,470-)」。

Ohara9-4.jpg

まさに色の数だけその魅力も広がります。

「もっとかさねの色目について知りたい!」という方には、こちらがオススメ。

Ohara9-5.jpg

「かさねの色目 平安の配彩美(長崎盛輝著)¥1,575-」
まさに至高の教科書。
一家に一冊は持っていたい代物です。

四季が豊かな日本だからこそ生まれた「かさねの色目」文化。
色を通してみると、猛暑も何だか夏の贈り物に感じられませんか?
 
ぜひ、ミュージアムショップにある「かさねの色目」商品を手にとってみてくださいね。
皆様のご来館心よりお待ちしております。
 
アテンダント
じゅん

カテゴリ:

皆様、こんにちは〜。
アテンダント中田ですぅ〜。

では、早速参りますよ〜。

今回のわたくしのオススメ商品はこちら。

NAKATA8-1.jpg

え!?白い布!?
よぉ〜く、ご覧くださいませ、右下を。

こちら、真っ白な木綿の一隅に、ひと模様を染めた「晒(さらし)ふきん」です。

大きさは手ぬぐいの半分サイズ。
通常の手ぬぐいは端の処理がされていませんが、こちらは処理されております。

濡れた食器を拭くだけでなく、
ガラス器みがきや、野菜の水切り、蒸し物などにもお使い頂けます。

おもてなしの際のおしぼりやランチョンマットとしても使えそうですよo(^-^)o

ワンポイントの染めがお洒落ですよね〜。

NAKATA8-2.jpg
各420円(税込)

かわいい柄がたくさんあるので、柄違いで揃えたくなっちゃいます。

お値段もお手ごろなので、たくさんの方にプレゼントする際にもオススメなのです。

NAKATA8-3.jpg

こんなふうに、ミニ風呂敷として包んでプレゼントするのも、いいですね〜。

とにかく、この晒ふきんちゃんは万能選手!!!

ぜひ、浅草にいらした際はアミューズミュージアムにお立ち寄り下さいませ〜。

カテゴリ:

焦げるような日差しの今日この頃、
皆さま、バテてはいませんか?
 
日よけにもぴったりの
お洒落な帽子展開催中です!
 
2Fのギャラリースペースが
また生まれ変わっています。
 
第9段アーティストは
藍染工房ブルーハンズの片岡さん
 
以前こちらのブログでも
1Fショップの作品を何度か紹介しました。
Taji_1s.jpg
 
さて今回の帽子展、
眩しい日差しに海の様な藍色の帽子が映える
夏らしい爽やかな空間です。
来館時の楽しみをとっておいて頂きたいので
写真は少しだけ......
 
総数39点!
Taji_2s.jpg

試着できるシステムです!
Taji_3s.jpg

サキオリとのコラボレーション帽子も登場します!
Taji_4s.jpg
 
そして、
実は私がブルーハンズ作品で注目しているのは
作品ひとつひとつの素敵なネーミングです。
(photo5)海の使者・太陽の使者・サンセットバード・赤い幻
 
さらに「スコーピオンズ」や「ドラゴンネイル」が入荷されたときは
身構えましたっ。
 
今回の帽子展では
「半纏と花のいい関係」という名前の帽子が気になっています。
 
2Fギャラリー帽子展は8月5日までの限定です。
1Fショップも合わせて、
是非ブルーハンズ作品をチェックしにいらしてください。


カテゴリ:

みなさんこんにちわ。
アテンダントのじゅんです。
夏ももう真っ盛り!
僕が一番好きな季節がやってきました。

唐突ですが、僕の田舎は沖縄です。
青い海、白い砂浜と上限無しに広がる青空。

そんな大好きな沖縄を感じられる商品を、
ミュージアムショップで発見したので、皆様にご紹介したいと思います。

これだ!!
Ohara8-1.jpg

「ん?珍しくもない普通の手ねぐいじゃねえか。」

そう思いましたか?

実はコレ!
沖縄の伝統的な染め工芸品「紅型(びんがた)」の色彩をモチーフにした手ぬぐいなんです。

紅型の染め技法と、多くの手ぬぐい製作に行われる、染め技法「注染」の方法は良く似ています。
しかし、一番の違いはその色使いではないでしょうか?

昔、琉球王国(沖縄)の人々は、色彩豊かな自然に負けないように、紅型にも鮮やかで大胆な色使いを多用しました。
特に黄色は高貴な色とされていて重宝されていたようです。

さて、この「紅型調手ねぐい」という商品は、その色彩を注染の技法で見事に表現しています。
寄ってみてみると、色のグラデーションも見事!
Ohara8-2.jpg

まさにお江戸と琉球のコラボレーション作品!

他にも、「金魚柄」や、
Ohara8-3.jpg

「菊柄」があります。
Ohara8-4.jpg


「せっかくの夏だし、沖縄行きたいけど行けないな?」と仰る方は、ぜひ当館にお越しください。

この「紅型調手ねぐい」を手に取れば、
浅草寺の向こうに沖縄の青い海が見えてくるかも知れませんよ。

皆様のご来館、心よりお待ち申し上げます。

アテンダント
じゅん

カテゴリ:

こんにちは、アテンダント米岡です。
今回も1Fショップからー。

日々新商品が入荷され楽しい店内となっておりますが、
そんななか私は「鳥獣戯画」柄の商品がじわじわと増えて来ていることに気付きました。
せっかくなので...1ヶ所にギュッと集めてみましたー。
Yone7-1s.jpg

みなさんご存知、国宝「鳥獣戯画」はうさぎや蛙が擬人化され、相撲をとったり水遊びしたりと、
見ているとなんだか楽しい気持ちになりますよね!
Yone7-2s.jpg

てぬぐい、うちわ、懐紙やお茶缶までありますが、
私のオススメはこのマグネットしおり。
Yone7-3s.jpg

磁石で挟むように使うので付箋やクリップとしても使えますよ。

じめじめとして憂鬱な梅雨の時期にちょっと気持ちを楽しくさせてくれる
「鳥獣戯画」グッズはいかかでしょーう??

カテゴリ:

みなさま、こんにちは。
今回、わたくしは、これからの暑くベタベタした季節に活躍する商品をご紹介いたします。

はい、こちら?。
Nakata7-1.jpg

Nakata7-2.jpg

あぶらとりハンカチです。

和紙繊維で作られておりますので、
消臭性・涼感&保湿性・調湿性・抗菌性・紫外線カットの効果があります。

しかも?お洗濯OKなので、繰り返し使えて、とっても経済的なのです。

紙だと、顔にペタっ...と張り付く状態がイケてないと感じておりましたが、
もう大丈夫(^O^)

男性のみなさま、人目を気にせず汗を拭っていいんですっ!!!

女性のみなさま、慌てて化粧室に駆け込まなくていいんですっ!!!

これからは、堂々と汗拭くふりして、こっそりお顔のテカリをスマートに解消しちゃいましょう?。

ワタクシの顔もテカって参りましたので、この辺で...中田でございました。

カテゴリ:

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
5月もあとわずか、
6月に向け、父の日オススメギフトのご紹介です。
 
やはり!やはり今年はコレではないでしょうか。

TAJIMA7-1s.jpg
人気うなぎ昇りのなまず ¥2,100

TAJIMA7-2s.jpg
刺繍扇子(ケース付き) ¥4,410

TAJIMA7-3s.jpg
お土産に人気SENSU! ¥2,625
 
去年に増して種類が豊富で、
売り場が華やかです!
 
母の日ギフトでもご紹介した刺繍扇子は
お父さんにもオススメです。
 
TAJIMA7-4s.jpg
おそろいの手ぬぐいを添えて
手ぬぐい¥1,050、¥945
 
皆さまの
センスある贈り物のお手伝いを......?
 
アテンダント
タジマ

カテゴリ:

こんにちは、アテンダントの鈴木です。
今回は、江戸の夏の必須アイテムである「蚊帳」を紹介いたします。
 
私自身、蚊帳を使ったことはないのですが、日本のひと昔前の夏を連想させるステキなものだと思います。トトロなどで見る緑色の蚊帳は、1626年西川二代目甚五郎(現在のふとんの西川)が、「寝る時も目覚めた時も涼味あふれる緑の中にいるように」と麻を萌黄色で染めたことが始まりと言われています。 
 
初夏になったのか、館内のショップでもイベントでも至る所で「蚊帳」を目にします。
1階のミュージアムショップでは、明治〜昭和初期のアンティークを販売しており、
その中に萌黄色の蚊帳がありました。
suzuki7-1.jpg
田中忠三郎コレクション 「蚊帳長地(麻)」7,665円  (1m)
 
蚊帳の需要が減る中で、蚊帳生地の素材に再注目した奈良の老舗「中川政七商店」の布巾。
蚊帳はたたんで使うと吸水性が良く、広げればすぐ乾くそうです。
suzuki7-2.jpg
 
ミュージアムの展示物の中にも、蚊帳を使った機能的な襦袢がありました。
今では高価な麻ですが、100年程前の日本では木綿より手に入りやすい素材でした。
通気性の良さからも衣類によく使われていました。
suzuki7-3.jpg
 
最後に、前回の浮世絵ナイト(木曜恒例イベント)で紹介されたこの浮世絵。
suzuki7-4.jpg

蚊帳の中で火をつける女性の姿があります。火の真上に注目してみると。。
 suzuki7-5.jpg
なんと「蚊」が描かれています。しかも結構リアルに!

当時の浮世絵のサイズは大体B4くらいですから、この網目といい、蚊といい、江戸の職人芸に魅せられます。このイベントでは超高画質の浮世絵データをブルーレイ対応プロジェクターを使って映しだすので、かなりアップにしても鮮明に見えます。
私もこのイベントから浮世絵を好きになり、毎回参加しています。
 
今年は節電の夏、昔の日本に知恵を借りて乗り越えたいと思います。

カテゴリ:

皆さんこんにちわ。
アテンダントのじゅんです。
 
ついこの前まで花見を楽しんでいたのに、最近はめっきり暑くなりましたね!
夏がもうすぐそこまで来ているようです。
 
皆さんは、夏をキラキラさせるようなグッズはもう取り揃えてますか?
「まだ、なんにも夏っぽいモノ買ってないよー。」という方に、
最近、ミュージアムショップで大人気のグッズを紹介いたします。
 
ミュージアムショップの入り口そばに大々的に置いたその商品は、
藍染め工房、ブルーハンズの藍染め商品です!
 
Ohara7-1.jpg
 
藍染め職人、片岡正彦さんが「いつまでもかっこいいもの」をコンセプトに、
一点、一点、手作りで仕上げたそれらは、同じものが2つとない一点もの。
 
手にとって眺めていると、
その1つ1つが顔というか、キャラクターというか、それぞれが個性を持っていて、
なんだか唯一無二の友達ができたかのような感覚になります。
 
Ohara7-2.jpg
 
そんなたくさんの友達(商品)の中から、特にオススメなのがこのTシャツ。
 
Ohara7-3.jpg
 
藍染めには、虫よけの効果もあるそうなので、虫がたくさん出ちゃう夏も、
これを着てたら蚊に刺されにくくなるかもしれません。
何より、カッコイイ・・・。かなりのオススメです!
 
青空のようなさわやかな青、紺碧の海のような深い藍は、まさに夏色をギュッと閉じ込めたみたい。
今年の夏を例年よりキラキラさせたい方は、是非、手にとって見ることをオススメします。
なんだか、夏を持ち歩いているかのような、すごくウキウキするような気持ちになりますよ!
 
「どのように作ってるんだろう?」、「もっといろいろ聞きたい!」という方は、
近いところでは5月29日にショップの特設コーナーで、片岡さんが商品制作のパフォーマンスを行っていますので、是非お越しください。
皆様のご来館お待ちしております。
 
アテンダント。じゅん

カテゴリ:

こんにちは。

今回は、1Fショップの書籍コーナーのご紹介です。
こちらのコーナー、どんどん充実してきて現在はこんな感じになっています。

Yone6-1.jpg

私はたくさん本を読むタイプではないのですが、ここには気になる本がたくさんあり
ついつい手に取ってしまいます。

オススメなのはINAX出版社の本。
ややマニアックだと思われるテーマなのに読みやすくて、おもしろい!
「七宝」や「えびす大黒」はショップ商品と関連しているので更におもしろいです。

YOne6-2.jpg

田中忠三郎コレクションの大黒様も、ちゃんと打出の小槌を持ち、袋を背負って、米俵に乗っています!

そして、この「津軽こぎんと刺し子 はたらき着はうつくしい」にはアミューズミュージアムで展示している田中忠三郎コレクションがたっぷりと載っています。

Yone6-3.jpg

これらINAX出版社の本以外にも浮世絵など日本文化に関する本が充実しています。
↓ ↓ ↓ 私は個人的に伊藤若冲や長沢蘆雪に飛びつきました!

Yone6-4.jpg
 
きっとお気に入りの本が見つかると思いますよ?!
 
 
ヨネオカでした。

カテゴリ:

みなさま、こんにちは〜。

今回、わたくしは、アテンダント・タジマさんに続き〜

母の日オススメギフト第2弾!!とさせていただきます。

では、早速いってみましょう〜

わたくしのオススメ品はストールです。

この季節、日夜の温度差や毎日の気温の変化でお出掛けの際にお困りの方が多いと思います。

そんな時は、万能アイテム・ストール(私は個人的に巻物さんと呼んでおります)の登場です。

何枚持っていても困らないし、サイズなど気にしないで済むので送る側としても良いと思います。

当店では様々なストール&スカーフ&ショールをご用意しております。

はい、まずはこちら。

Nakata6-1.jpg

エレガンス系お母様にオススメ。オーガンジーストールです。

次はこちら。ナチュラル系お母様にオススメ。

Nakata6-2.jpg

綿100%リネンスカーフ。

はい、お次はこちら。

Nakata6-3.jpg

エレガンス&ナチュラル系お母様にオススメ。

UVケア対応綿100%スカーフ!!!

そして、最後にワンランク上のおしゃれを目指す、個性派お母様にはこちら。

Nakata6-4.jpg

大判、ショールです。

いかがでしたかぁ?
母の日オススメギフト、少し参考になりましたでしょうか!?

でも、やはり実際に見に来て頂きたい!!!

皆様の御来店お待ちしております。

第3弾があるのかは予測不能ですが...

今回はこれにて〜。

巻物アイテム大好きo(^-^)o中田でございました。

カテゴリ:

皆さまこんにちは。
はや桜も散り、日差しが強くなってまいりました。
 
来月、5月のイベントといえば母の日!
 
アミューズミュージアム1階ショップで
母の日の贈り物を選びませんか?
 
■津軽金山焼 一輪挿しハートカエル 1,890円(写真中央)
Taji6-1s.jpg
使い込む程持ち主に馴染む、青森の「金山焼(かなやまやき)」。
日頃の感謝の気持ちを、カエルくんがお届けします。
一輪のカーネーションと共にいかがでしょうか?
 
■刺繍扇子セット 4,410円

Taji6-2s.jpg
花模様の刺繍をあしらった扇子と収納ケースのセットです。
これからの時期、重宝することまちがいなし!
同じ模様のてぬぐいと一共にいかがでしょうか?
 Taji6-3s.jpg

お店の明かりはいつもより少ないけれど、
初夏(?)の日差し差し込む
明るいミュージアムに是非いらしてください。
 
母の日おすすめギフト、つづきは第2弾で!
 
アテンダント
タジマ

カテゴリ:

皆様こんにちは。アテンダントの鈴木です。

最近ようやく春らしい陽気になってきました。
さて今回は、春に向けて心弾む新商品をご紹介します。
 
「京都の伝統工芸」と聞くと、びっくりするような値段ですが、
京都府と京都伝統工芸協議会が進めていらっしゃる「京もの文化イノベーション事業」の商品は1000円台〜数万円と質に比べて、高くないお値段です。

 suzuki5_1s.jpg
仏壇仏具師が作った「欅製猪口(けやきせいおちょこ)」
 
マトリョーシカのような陶器「京焼清水焼 七宝のまり」
 
suzuki5_3s.jpg
京七宝のネックレス、帯留

suzuki5_4s.jpg 
鳥獣戯画をモチーフにしたピンクッション
 
他にも伝統工芸を生かした商品が多数ありますので、是非お越しください。

全て一点ものですので、お買い逃がしなさらないように!!

photo by SOKA

カテゴリ:

今日の昼休み、春の匂いのあたたかな陽射しに誘われて話題の東京マラソンとやらを見物しにふらりと外に出てみました。

雷門に近づくにつれて人がわんさかわんさか!!!
おーっ!!!なんかいつもと違う賑わいが!!!!

人だかりの後ろからひょこひょこ首を伸ばしてみると次から次へとランナーの姿。
ミツバチやアフロに仮装している人もいたりでなんだかマラソンより祭な雰囲気でした。
Kaji5-1.jpg

ランナーの皆さんのしなやかな足を見て、私もよく歩きたまに走る人間の一人として、第二の心臓とも言われるほどだし、やっぱり足は大事だよなとつくづく思ったのでした。

そんな足を大事に思う私が愛用しているのがこちら!五本指靴下!!!
Kaji5-2.jpg

これはほんとにスバラシイ。
指にぐっと力が入り踏ん張りがきくのはもちろんですが、
私が一番気に入っているのは一日を終えても脱いだ時にサッパリ感が味わえること!
普通の靴下と比べたら断然さっぱりスッキリ!これから汗かく時期にはより快適です。

一度履いたらやみつきです。

ちなみにミュージアム一階ショップではこれでもか!!
というほどたくさんの柄の五本指靴下が販売されています。男性用もありますよ!
気になった方はぜひ実感してみてください。

アテンダント 梶 がお送りいたしました。

カテゴリ:

春が待ち遠しい今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしですか?
 
さて、アミューズミュージアム1Fショップは日々進化を続けています。
新商品が続々と入荷されています。
 
そんななか、今回は押絵羽子板をご紹介します。
羽子板といえばここ浅草の羽子板市が有名ですが、1Fショップには素晴らしい羽子板があります。
Yone4-1s.jpg
 
制作したのは、
親子2代にわたり羽子板制作に携わってきた職人さん、高瀬松寿さんと奥様の鶴寿さんです。
新作の羽子板を見せていただくとき、
お二人は自慢の息子、娘を紹介しているかのように誇らしげです。
 
高瀬さんが得意とされているものの中に、「見立て物(道成寺、藤娘、汐汲等)」があります。
羽子板という限られたスペースの中に華やかで美しい女性が描かれています。
完璧な構図で、日本美術の装飾美がここに集まっているようです。
Yone4-2s.jpeg
 
美しい着物や飾りにも目を奪われますが、羽子板で大切なのは顔!「かお」です。
時代によって流行があったようで、明治見立・大正見立はすっきりとした目元。現代見立はクリクリ、キラキラの目元です。
Yone4-3s.jpeg

ミュージアムに飾られているこちらの女性は美人見立といい、松寿さんが考案した顔です。
聡明な美しい女性の表情です。
Yone4-4s.jpeg
 
昔に比べると、羽子板を求める人も減ってきているようですが、
素晴らしい日本の文化、大切にしていきたいですね。

カテゴリ:

みなさま
こんにちは。アテンダント松本です。

この前クリスマス。で怒涛な感じで、
新年迎えたか?って思ってたらもう節分が終わってしまっていました!
時の流れはトメドなくて容赦なくて、いつも正しい。
そうですよね、仏陀さん?
Cakie4-1.jpeg

そうです。今回はアミューズミュージアム、1Fショップのニューカマー達を少しだけご紹介!

上の仏像、明治時代作の座釈迦像。蓮の花の上に鎮座されてなんて穏やかなお顔...
この境地に我々はあこがれ続けて仏像を彫り続けて作り続けてきましたね。
科学じゃ解明できないモノに私たちは努力と時間とお金と命を費やしてきました。
答えはいつでも、模索中。です。

もちろんこちらのお釈迦様もミュージアムにて販売させて頂いております。

そしてこちら。
Cakie4-2.jpeg
 
純ハンドメイドの藍染商品達です!
これは本の一部なんですが、これら全て一人のデザイナーさんが、
型紙彫り、染め、デザイン、仕立てまでの全工程を行っているため
スタイルが同じものはあっても全て一点モノ。
同じものは二つとない、唯一無二なのです!唯我独尊なのです!
小物雑貨に始まり、バッグや衣類まで全て手作業の魂の品々!
全てお手頃価格でお待ちしておりますよ!

Man, it's so cool!! 
ブルー好きにはたまりませんYO! (^ム^)フフ~

こちらの作家さん、アミューズミュージアムデビューの日にちも決まっています。
2月13日(日)の10:30から1Fショップにて店頭 パフォーマンス兼販売促進をしてくれます!
これから定期的にミュージアムに来てくれるので皆様もしよろしければ、
Come on in & check 'em out!

それではそれでは。
2月に入っていきなり暖かめの日々が続いているように見えますが、油断せずにご自愛のほどを・・・

カテゴリ:

こんにちは2月!

浅草はとっても寒い毎日です。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

自宅も職場も東京なのに
遂にしもやけができてしまいました。。。
今回は、万年冷え性の平田がお送りします。

巷ではインフルエンザが流行っていますね。
アテンダントの中ではまだ被害者は出ていないようですが
ミュージアムは毎日たくさんのお客様と接する場所でもありますので
風邪を引かない&うつさないように!
うがい手洗い、心がけなきゃいけませんねー...


さて、当館も大忙しのお正月でございましたが
ちょっと顔がほころぶ出来事がありました。

ミュージアムの正面入口に、いつも皆様をお出迎えしている
張子の福助人形くんが二体居るのですが

Hirata4-1.jpg

初詣に来たお客さんが置いていったのでしょうか。
福助くんのおひざの上にお賽銭(?)が!!
日本人に根付いた民間信仰を垣間見た瞬間でございました。


こういうのが面白いんだ!


まだまだ人生お勉強でございます。


では最後に、お約束のセリフを(笑)


Hirata4-2.jpg


ではまた!
アテンダント平田でしたー^^

カテゴリ:

みなさま〜こんにちは〜。 
初詣でのおみくじで凶を引いた...中田でございます。 
どうぞ、よろしくお願い致します。

 今回、わたくは、長い間密かに可愛がっております商品をご案内致します。 

 はい、こちら〜

Nakata4-1.jpg

黄金だるまさんです。
 なんともまぁ?ほっこりさせられるご尊顔ではありませんか。 

以前、紹介されている、うとうダルマさんの眼力の迫力には負けてしまいますが

Nakata4-2.jpg


手のひらサイズの黄金だるまの皆様も全員集合させればこのとおり?。

Nakata4-3.jpg

ピカピカオーラ全開です。 
きっと金運アップ間違いなしでしょう!!!

 他にも店内にはだるまさん商品がたくさん隠れているみたいです。

Nakata4-4.jpg


Nakata4-5.jpg


新年早々残念だった私は運気上昇のために、 
どうにか!!!なんとか!!! 
縁起物のだるま様にあやかりたいと... 
そのご尊顔にほこりなど付かぬよう 毎日、お手入れさせていただいているのでございます。 

今回はこれにて〜
ありがとうございました。

カテゴリ:

みなさんこんにちは。

最近のマイブームは煮物。暇さえあれば作っています。
ども!織り姫しゅくです。

お正月も過ぎて、そろそろ私のお腹も冬仕様になってきたので健康な食事に気をつかわねばいけません・・。
 
ミュージアムでご好評中の手ぬぐいちゃんも、新メンバーが続々と入荷しています。
 
私のお気に入りはコレ!

syuku4-2.JPG

Shuku4.JPG 

 「商店街シリーズ!!」
 
いいですねぇ。
懐かしいですねぇ。
小さい頃はスーパーは少なく、八百屋さん、魚やさん、肉やさん、豆腐や乾物やさんもありました。
最近おからをよく買うのですが、昔は豆腐やさんでタダでもらえたような。。。
 
そんな懐かしい気分にさせてくれるのが、この手ぬぐいです。
 
全10種類あります。
 
新しくお店をオープンする方へのお祝いや、ちょっとしたプレゼントにも喜んでもらえると思います。
 
ちなみに私はクリーニング屋さんを買いました。
 
なにを隠そう、実家がクリーニング屋なのです!
 
最近かわいいてぬぐいを見つけては、ついつい買ってしまいます。
おうちで食器を拭くのにもちょうどいいし、持ち歩くのもタオルより気軽だし、プレゼントを包むのにもかわいいんです。
本当に便利なてぬぐいちゃんです。
 
今は毎日六区で昭和歌謡レヴューショーの公演をしている織り姫ですが、
ショーが終わるとミュージアムで機織りの実演を行っています。
 
織り姫てぬぐいが早く出来るようにがんばります。
 
是非、浅草にお越しの際は、織り姫に会いにいらして下さい(^-^)
 
心よりお待ちしております。 
 
 
しゅくでした。

カテゴリ:

新年も明けましてミュージアム開館から早一年ちょい経ちました。

この一年あまり、刺し子の着物やタッツケの展示にこぎん刺しの品物、はたまた自作の刺し子を纏って来館されるお客様と様々なところで刺し子を目にしてきた私は、刺し子の美しさ、魅力をまざまざと感じてきました。そこには時間の隔たりなど関係ないようです。

そしてある日。。。元来手作業好きな私はついに刺し子を実践してみることにしました。
藍色の麻布はありませんが私にはデニム地がある!!というわけで四苦八苦しながらも刺し綴ってみたのです。

はじめは目を数えて刺すのもまっすぐ刺すのもうまくいかずでしたが,大雑把な性分なのでそのままなんとなく刺し続けていくと菱形が出来上がってきました!!

パズルが完成した時のような達成感!!!刺し子の楽しさが実感できた瞬間でした。

そして出来たのがこちら
kaji4-1.jpg kaji4-2.jpg
刺すことで確かに丈夫になりました!!刺し子補強効果ありです。刺し子の良さを肌で感じます。

しかし膝部分のみの刺し子で苦労した私からすると,着物やタッツケ全体に刺した青森の娘さん達はほんとに根気がすごい!そしてオシャレに飾りたいという想いをすごく持っていたのだなと再認識しました。

青森で育まれた津軽刺し子,菱刺し。今年も多くの方に見ていただきたいなと思う年明けでした。


それではまた

カテゴリ:

こんにちわ&明けましておめでとうございます。
アテンダントのじゅんです。
 
新しい年を迎え、ウサギのように跳ね上がる忙しさの浅草です。
当館1Fのミュージアムショップにも、元旦からたくさんのお客様がお見えになりました。
新年早々、嬉しい限りです。
誠にありがとうございます。
 
さて、そんなミュージアムショップに新しく登場したグッズを紹介します。
江戸ネコ、BOROエコバック、大吉マグカップに続いて、
またまた人気になりそうなオリジナル商品が登場しました。
 
こちらのTシャツです。
 
jun4-1s.jpeg
 
ショップの中でも目立つ、コミカルなキャラクターもの。
お子さんのお土産に喜ばれそう。
 
さてそんなTシャツを、以前、アテンダントの米岡さんもこのブログでご紹介した、
アンティークの工芸品を使って作られたアクセサリーブランド、
Ventriloquist(ヴェントリロクィスト)のマフラーとバックとで合わせてみましょう。
 
jun4-2s.jpeg
 
ちょいと気取ってポージング。

jun4-3s.jpeg

す、すみません。。

マトリックスみたいにブラックでまとまってしまいました【笑】

でもきっと商品の魅力って、
実際に触れてみたり、羽織ってみたりしないとわからないものだと思います。
そう、それは当館の田中名誉館長が、「ものは実際に触れないと良さがわからない。」
そのお気持ちから、ご自身のコレクションを「触れられるもの」として展示されてる理念とものすごく近い感覚だと思います。
 
皆様も、当館のショップのグッズに触れて、五感で吟味して、素敵な商品と出会ってください。
ご来館お待ちしております。
 
アテンダント・じゅん

カテゴリ:

クリスマスあたりから
浅草もすっかり寒くなってきました。
冬の風を感じます。
みなさんは風邪などひかれていないですか?
"かぜ"つながりで話をつなげてみました。


さてさて、ミュージアムではお正月商品を沢山取り揃え、
皆様のお越しをお待ちしております!
今日はそんな商品の裏話を☆

田中忠三郎先生の数あるコレクション、
題して"タナチューコレクション"。
その中でも様々な形でわたしたちを楽しませてくれる
"菓子型"のお話です。

Yuki3-1.JPG

この商品が店頭に出るまでには沢山の行程があります。
その中でも一番楽しくやりがいのあるのが
"菓子型磨き"。

Yuki3-2.JPG

クルミを古布に包んでその油で磨きます。
最初はカサカサだった表面が
クルミの油でどんどん潤ってテカテカになります。
そうすることで
細かい彫りの模様などがよりくっきりと現れてきます。
それから少し休ませて
店頭に並びます。

Yuki3-3.JPG

皆さんが何気なくご覧になっているコレクションも
沢山の行程を踏んで
大切に店頭に並んでいるんですよ〜!

実はわたくし、
趣味は菓子型磨きと書きたいくらいに
この作業が大好きです☆

菓子型をご購入のお客様には
お家で磨けるクルミセットをプレゼントさせて頂いておりますので、
是非、お家でも磨いてみてくださいね!

たくさんの商品がありますが、
ひとつひとつに愛情をもって大切にしてゆきたいと思います。


今年ももう終わりですね。
みなさんにとってどんな年になりましたか?

わたしはミュージアムからまねきねこ館のショーまで、
激動の一年でしたが、
ほんとうに充実した一年となりました。
この場をお借りして御礼申し上げます。

本当に、ありがとうございました!

ミュージアムにまだ行った事ないなぁ〜という方も、
そうじゃない方も、
まねきねこ館のレビューショーとまだ観たことないなぁ〜
という方も、そうじゃない方も。
初詣は是非、パワーズポット浅草寺へ!!
そして、
ミュージアムとまねきねこ館で
満腹の新年を迎えてくださいね☆

Yuki3-5.JPG

全スタッフ一同、大好きなミュージアムにて
みなさまとお会いできる日を
心よりお待ち致しております!

わたしたち織り姫も、稽古やショーのない日は可能な限り
みなさんとミュージアムでお会いしたく思っておりますので
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

そして、
みなさんにとって
来年がステキな一年になりますよう、
心よりお祈り申し上げます。

そして今日、2010年最後の一日が
ステキな日になりますように!


織り姫 ゆき

☆ゆきサン今日の一句
  浅草で
    みんな心も
        テカテカに 

  あなたの笑顔がクルミかな。

カテゴリ:

こんにちは、アテンダント米岡です。

1Fショップに新しいコーナーができました!
Ventriloquist(ヴェントリロクィスト)というブランドのアクセサリーやバックが飾られています。
Yone3-1.jpeg

こちらはアンティークの工芸品を使って作られたアクセサリー達。
Yone3-2.jpeg

1点、1点タグに年代や作られた国、素材、用途等が書かれています。
アクセサリーから、その時代、その国の人々の生活が想像できて見ているだけで楽しくなります。
Yone3-3.jpg
このミュージアムで、古いものの美しさを日々実感している私は、
このコーナーができてうれしい限りです。

アクセサリーだけでなく、マフラーやバックもかなりオススメです。
スタッフの間でも大人気!!
可愛いなかにも、ちょっとおもしろさがあります。
Yone3-4.jpg
マフラーはこんな感じ。

Yone3-5.jpg

バックはこんな感じ。
コインケース(?)が私にはどうしてもベロ(舌)に見えてしまうのですが・・・。
どうですか??


みなさま、1Fショップの新コーナー、要チェックですよ!

カテゴリ:

わぁ。もう順番が回ってきました。(笑)
御無沙汰でございます。アテンダント平田です。

Hitrata3-2.jpg

先日、タナチューコレクションエリア(と私たちは呼んでいます・笑)に
新しい什器が入り、オリジナルの押絵の羽子板も新入荷したりして
とても賑やかで見ごたえのあるエリアとなりました!
前回ご紹介した善知鳥彫ダルマさんたちもなんだか満足そうです(笑)

Hirata3-1.jpg


あ、そうそう。

私もちょびっとだけお手伝いさせていただいた虎姫一座の
PR30秒スポットが届いたみたいですよ!


モガモボ含め、その辺の風俗史大好きな私にとって注目すべきは
衣装と照明の色選びでしょうか!(笑)

御婦人の、グローヴの上から嵌める指輪や時計に
とてもときめきますーー(ノ∀`*)

とにかく盛り沢山な内容で、見ごたえ抜群!
レヴューの雰囲気もふんだんに織り込まれておりますので、


ぜひ!要チェックですー!!



もーいーくつねーるーとー
     クーリースーマースーー♪

クリスマスにはーケーキ食べてー
 シャンパン飲んでー騒ぎましょー

はーやーくーこいこい クリスマスー♪


以上平田でした^^

カテゴリ:

お久しぶりです!アテンダントの奥村です。
今日は『干支グッズ』を紹介します。
 
もう11月ですね〜。
SHOPには、来年の干支のグッズが続々と増えています。

来年の干支、皆さん何だか分かりますか?
 
そう!「兎」です!そして実は私、兎年です。

十二支の逸話を一つ紹介しましょう。

動物の神様が動物達に「元旦に新年の挨拶に来なさい。早い順に一等から十二等まで選んで、その一年の間動物のリーダーとし、人間世界を一年ずつ守らせてやろう」と、いうお触れを出しました。
そして、動物たちは我先にと競争をしました。
今の十二支は、その競争の順位で決まったという話です。
諸説はあるのですが、この競争で、兎は眠らず走り続けたため目が赤くなってしまったそうですよ。

では、SHOPの干支グッズを紹介します。
てぬぐい〜人形、ストラップまで様々な兎グッズを販売しています。
 
oku3-1.jpg
 
 
なんと兎コーナーも作ってあります。
 
oku3-2.jpg
 
可愛いですよね!

ではでは、今年もまだまだよろしくお願いします。


カテゴリ:

こんにちは市崎です。    

私、ミュージアムでは1Fのお土産コーナーを主に担当しています。

和雑貨に毎日囲まれているとなんだかほっこりした気分になります。         
そこで今日は皆さんに、てぬぐいについて語りたいと思います。

実は私、てぬぐいって自分で買う物ではなく貰う物でしょーってずっと思っていました。
よく町内会で配ってたりしますよね。手を拭くにはハンカチで充分だし布きれにそんなお金をかけるなんて、なんて贅沢な!!と憤慨してました。

でもでも、てぬぐいの魅力にとり憑かれてしまった私は、この1年間でなんと10数枚ものてぬぐいをゲットしてしまいました。

てぬぐいマジック!!!

では、一体何がそんなにいいのか...

私共のショップにあるてぬぐいは、注染(ちゅうせん)という昔ながらの技法によって職人さんの手仕事により手間隙かけて染められています。

ザックリ簡単に説明致しますと、布を何重にも重ねて、上から染料をドバドバーっとかけ、下から吸引するという方法なので、布に裏表がありません。普通はプリントされてるだけとかなので片面印刷が多いですよね。

そして素晴らしいのが生地です。綿100%の特注の晒生地を使用しているので、とっても丈夫ですし、使い続けるうちに柔らかくなり、風合いが増してきます。これがてぬぐいの醍醐味です!
染められた色がだんだん薄くなっていって自分色になってくるのです。

使って使って使いまくって、色と柔らかさがだんだん変わっていくのを楽しめるのです。
てぬぐいは切りっぱなしなので乾きがとっても早く、夏の時期は1?2時間で乾いてしまいます。
昔の人はケガをしたり下駄の鼻緒が切れたりしたら、てぬぐいを裂いて利用していたそうですよ。

またてぬぐいの柄にもちゃんと意味が込められていたり、ダジャレになっていたりします。            

Itchy3-1.jpg
例えばフクロウ。
        
当て字で【不苦労】と解釈し、縁起担ぎの柄として親しまれてきました。














Itchy3-2.jpg
こちらは歌舞伎役者の三代目尾上菊五郎が考案した図柄です。

斧は【よき】とも読み、
琴柱を【こと】、
菊花を【きく】と読ませ

【良い話を聞く】と洒落ています。














Itchy3-3.jpg
こちらの唐草模様はよく泥棒が使用するイメージがある柄ですが、連続した模様が【永遠に続く】という縁起の良い意味として、商売道具の風呂敷などに多く用いられていたんですよ。














Itchy3-4.jpg
今の時期はクリスマスの柄が大変人気ですね。こちらはサンタと富士山のコラボレーションです。サンタが日本にやってきたーーー!!!感激です。















昔からある柄や最近のデザインにも洒落や願いが込められて作っているので、ぜひ店員さんに聞いてみて下さい。カンニングペーパーを用意してお待ちしております(笑)

どうですか?ちょびっとだけでもてぬぐいが欲しくなりましたか?
ぜひ1度あなただけのてぬぐいを探しに来てみて下さいね!お待ちしております。

カテゴリ:

浅草も寒くなってまいりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

二度めましてこんにちは、アテンダントの平田です。

今回は、先日1Fショップに入荷いたしました
青森県指定伝統工芸"善知鳥彫(うとうぼり)ダルマ"の
撮りたてホヤホヤのフォトをお届けいたします!

hirata2_1.jpg

hirata2_2.jpg

(じっ)

こちらのダルマさん
自然な木の形に合わせて作られているので、同じものはふたつとないそうです。
一般的なダルマのイメージとは対照的にほっそりとしています。

hirata2_3.jpg


アングルを変えるだけで
上のものと同じダルマなのに、表情がこんなにも変わるんです。
皆様にはどのような表情に見えるのでしょう。
(ちなみに、私はアイヌ民族の雰囲気を感じました)


7月から始まった企画展「藍きもの〜美しいはたらき着展〜」も残りわずかです。
まだご覧になっていない方は、ぜひアミューズミュージアムへお越し下さい。
善知鳥彫ダルマもあなたのお越しを待ってます!(`・ω・´)b

カテゴリ:

みなさんこんにちわ!はたまたこんばんわ!織り姫のなおです(^_^)
 
ハロウィンが近付いて来て、日本人の私たちだってなんだかとてもウキウキしますよね♪
 
仮装はちょっと。。という人も、ハロウィングッツで年に一度のハロウィン楽しみましょー!!
 
 
1階ミュージアムSHOPも、ハロウィンコーナーがあって、盛り上がっていますよ!

nao2_2.jpeg
ハロウィン柄のてぬぐいがたくさん!
 
nao2_1.jpeg 
お部屋に飾ってあるだけで陽気になれそう(^_^)
 
 
くま君やお兄さんも仮装を楽しんでるよ☆
 
 nao2_3.jpeg

 nao2_4.jpeg

 こんな感じで、いつもSHOPでは、色んなテーマでお店を模様替えしてます♪
 
イベントがあるときは、ぜひ、ハイセンスな和小物たちをのぞきに来てくださいね!

カテゴリ:

暑かった夏も終わり、あっという間に10月。
雨も多い中、皆様いかがお過ごしですか??

今回のミュージアムブログは、私ゆきがお送り致しまーす!

一階のミュージアムショップには楽しい商品がたくさーん揃っています。
中でも私が一番大好きな商品をご紹介!

yuki02.jpg

ミニベアーです☆

毎日ミュージアムの一回に降りると必ず手に取るこの子達。
見ているだけで思わず笑顔になってしまいます。
ひとつひとつ模様も表情も違い、和柄の布が使用されていて、
様々な模様がくま達の表情をとても豊かにしてくれています。

今日もまた可愛いくまを見つけました!

実はわたしも、
自分のネームプレートにつけています!

yuki03.JPG

273円というお手頃価格もとても魅力的☆

お友達へのメッセージカードに一緒につけたり、
勿論、携帯やポーチ、カバンにも。
同じものが二つとないので、
アナタだけのくまがきっと見つかりますよ!


こちらのブログでは、
私たちの愛する商品、展示品を沢山ご紹介してゆきまーす!
書きたい事は沢山あるのですが、すこしづつ...☆


☆ゆきさん今日の一句
   見つけてね
      あなた好みの
          ミニベアー
  
  三つセットもできました〜!
yuki01.jpg

カテゴリ:

こんにちは、はじめまして。
当館でアテンダント及び翻訳などをしている松本でございます。

いきなりですがちょっと小話を。

何年前になるかな、10年近く前かしら?
海外で、現地のおじさんに「どこから来たの?」って聞かれたのです。
「ジャパンですよ。」って答えたのですがそのおっちゃんの反応は・・・

「ジャパンって、どこ?」

そんな返しうけたことが無かったヤングな私は、
ちょっと衝撃でどう説明しようって思い言葉に詰まっていたらそのおっちゃん、
「あ、もしかしてMade in Japanのジャパン?」と言い納得・自己完結してくれたのです。

そう、つまりは、ジャパンがわからなくてもMade in Japanなら
アジアの国に興味すら持ったこと無い人でもわかる、、、のかも。

つまり、言いたかったのは、

そんなMade in Japanがここにはたくさん置いてありますよってこと。

浅草のここにいるとMade in Japanなの!?ってお客様に聞かれること結構あります。
いっぱいありますよ。手ぬぐいはもちろんかわいい和雑貨も日本製多いです。
Cakie01.jpg
こんなん一部一部!!

日本製って実用性と見た目の良さが揃っているのが当たり前なんですね!
細部の細かさとか、日本人ってすごいなって思わずにはいられません。

これとか、Made in Japanっていうより

Made,Used and still Alive in Japan(青森にて)って感じ。
cakie02.jpg
  Yay!!


Made in Japanって、なんかもうフレーズがブランド化している感じですが、
そんなフレーズさえ聞いたことも考えたこともない偉大なるご先祖サマたちが、
作って使ってきたもの達がMade in Japanって言葉の重みと責任を作り上げてくれたんですね。

使って使い古して使い切って、彼らが眠る日本の土に返したいなって思える商品ばっかりです。

実際に見て何かを感じ取れたなら是非持って帰ってあげてください。
一点物多しですし、お値段も決して高くはないはず!

世界にホントに誇ってる Made in Japan、是非見に来てください。   
お待ちしています。

カテゴリ:

みなさま初めまして。
アミューズミュージアムアテンダント兼、
デザイン担当の平田と申します。

ミュージアムの案内図やイベントの告知、
最近はライヴイベントの記念手ぬぐいデザインまで
いろいろなものを作っていくのが私のお仕事です。
なので、一日の大半をパソコンと睨めっこして過ごすことも!


先週の或る日も、そんな感じで作業をしていましたら
新しくミュージアムに届いたという鏡台を発見しました。

見知らぬ人の生活を、こっそり覗き込むような
ちょっとワクワクした気持ちで引き出しを開けると
なんとお化粧品がそのまま入っていたんです!!


それがこれです!!

HIRATA01.jpg

カワイイ!

口紅がふたつと、頬紅がひとつ。
しかもスティックタイプの方の口紅には、
当時の値札がついていて5.00円の文字が・・・(これって5円?)!

う〜ん、浪漫だねぇ?(´.`)


古いものに触れるとき、いつも思うことがあります。
どんな人が、どんな風に、
どんな気持ちでこれを使っていたのかな?

どうかみなさま。
今一度、これらの道具たちを手にとってみてください。
きっと様々な感情に出合えると思います。


ではまた、展示室で。

カテゴリ:

みなさまこんにちは。
 
 
9月になっても厳しい暑さー!そして台風ー!?
どんな天候でも、さわやかな笑顔で過ごしたいものです。
 
ということで、
今日は展示室の隠れスマイルキラーをご紹介します!
 
まず2階には...
taji01.jpg
ミュージアムの看板娘、織り姫作の人形です。
糸くずや布切れで作られています。
実はこれ、織り姫なおさんがゆきさんをイメージして作ったとのこと。
小さな看板娘です、人気者なんです♪
 
そして3階...
taji02.JPGtaji03.JPG      
奥ゆかしい人形に対するは迫力のお面!(これはスマイル!?)

他にも3階にはまだまだ小物が隠れています。
これらも全てBOROや藍きものと同じ、田中忠三郎さんのコレクションです。
 
是非ミュージアムに来て見つけてみてください。
 
そんなあなたを
正面入口では「福助(ふくすけ)」が笑顔でお出迎えいたします♪
taji04.jpg
 
 
アテンダント
タジマでした。

カテゴリ:

初めまして!アテンダントの奥村です。
今日は、私のお気に入りの「張子人形」を紹介します。
 
張子人形とは、和紙を何枚も重ねて下地を作り絵具で色付けして作られる人形です。
和紙を重ねて作ってあるので軽いのに、とても丈夫なんです。
Hariko01.jpg    Hariko02.jpg
人の形をしたものや動物等、沢山の種類があります。

当館では、青森市の福原英治郎さん作のものをはじめ、
多くの張子人形を販売しているのですが、アテンダント達に
「どの張子人形が好きか?」と質問すると十人十色の答えが返ってきます。


ちなみに私は、この写真の虎の張子人形が一番のお気に入り。
Hariko03.jpg


そして面白い事に「好きな理由」で一番多いのが「なんとなく」という理由。
各々が、その張子人形と「運命」というか「フィーリング」を感じているみたいです。
 
あなたも是非当館で、運命の一体を見つけてみませんか?

カテゴリ:

こんにちゎ☆
 (・o・)ノ
 
アテンダントのジュン。です。
 m(_ _)m
 
今日は。
 最近ミュージアムショップでも大人気の和柄クマ。
 
クマ吉。くんとお届けします。
 
 
クマ吉。くんよろしくね!
  
Kuma01.jpg
 
さて。
 うだるような猛暑の毎日。
 
暑くってこうなる!
 f^_^;
 
暑すぎてこうなる!
 (;`皿´)
 
 
僕は最近、地球温暖化が心底心配になってしまってます。
 (;_;)
 
頑張れ!地球!
 o(`▽´)o
 
 
クマ吉。
「ねぇねぇ、ジュンちゃん。暑さ対策に素敵な物見つけたよ!」
 
 Kuma02.jpg
 
 
クマ吉。くん。
 1Fミュージアムショップで何かを見つけたようです。
 
 
早速。
 ショップの中へ。
 レッツらGo!
 ε=ε=┏( ・_・)┛
 
Kuma03.jpg
 
 
 。。
 。。。
クマ吉。くん。
 暑いからってウダウダしいで。。
 ちゃんと歩いてください。。
 
 
 
そして。
 ついにクマ吉。くんチョイスの素敵な物とご対面☆
 その名も「刺繍扇子」
 
Kuma04.jpg

 
なんて風流?♪
 涼しい風が気持ち良い?♪
 (⌒?⌒)
 
 
まだまだ暑い夏。
 クマ吉。くんも素敵な暑さ対策グッズを見つけたようです。
 
 
皆さんも。
 ぜひお手に取ってご覧ください♪
 
ご来館お待ちしております。
 
 
じゅん&クマ吉。

 
【本日の紹介商品】
 
20cm和柄ベア(クマ吉)
¥1,050-

刺繍扇子
¥4,410-
※共に1Fミュージアムショップにて販売中。

カテゴリ:

皆様はじめまして。ミュージアムショップを主に担当している市崎です。

当館のミュージアムショップでは、手ぬぐい・和雑貨・古美術品などなど実にさまざまな品物で埋めつくされています。フラッと立ち寄っただけなのに「あら不思議!!もうこんな時間?!」という体験をされるかもしれません。

そんな数ある商品の中から私がオススメする商品はこちら、
Take_towel.jpeg
竹のタオルです。このタオル、普通のタオルとはワケが違います。
まず一つに竹の繊維を使用しているので抗菌性と吸水性が抜群です。
この夏の猛暑にピッタリですね。触り心地もフワッフワッしています。
(実際の商品の色は、下の写真が近いです。)

そして何よりもこの刺繍のネコです!
Neko.jpeg
癒し効果で現代人が抱えるストレスを緩和してくれます。
このタオル1枚で心と身体の汗をきれいに拭き取ってくれちゃうのです!

ホレてまうやろぉぉぉー!!!!

ぜひ、ご来館の際はこのネコちゃんを探してみて下さいね。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

カテゴリ:

page top