1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

皆さま、こんにちは
12月に入ったのに、突然の暑さや寒さと体が追いつかないような気候ですが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、本日は新しく入りました商品を交えてお土産にもご自宅用にもぴったりな物をご紹介致します!
その名もジャパノラマシリーズ!

まずはこちら
Tsushima19-1.jpg
エコバッグ1,296円(税込)

1つ持っておけば便利なエコバッグ!
最近はレジ袋有料のところが多いので、お買い物の際には必須ですね!
容量も大きいため、旅行にももってこいです!

Tsushima19-2.jpg
またこのように小さく畳め収納ポーチもついていますので、とても便利です!

Tsushima19-3.jpg
柄も当館では2種類扱っており、海外の方へのお土産から普段使いする用まで幅広く使えます!

続きましてはこちら
Tsushima19-4.jpg
マグカップ1,296円(税込)

ジャパノラマシリーズの可愛い絵柄で少し大きめのマグカップになってますので、これからの季節はスープやお粥などのご飯を食べる時など色々な場面で大活躍間違いなしです!

最後はこちら
Tsushima19-5.jpg
クッション2,160円(税込)

盆栽に寿司!まさにジャパン!
最近は海外の方の間で盆栽が流行っているとか...。
手触りも良くサイズ感もゴロゴロと寝転ぶ時に枕にしても良し、とお手軽サイズです!

寿司の柄の方は...
Tsushima19-6.jpg
なんと、表と裏で玉子とカッパ巻き、鮪と鉄火巻きとデザインも変わっておりプレゼントにぴったりな可愛さです!

さて、本日紹介しましたジャパノラマシリーズいかがでしたか。
海外の方にお土産として、またご自宅用でも楽しめるデザインですね!

この機会にぜひお手に取ってご覧くださいませ。

皆様のお越しを心よりお待ち致しております。

アテンダント・ツシマ

カテゴリ:

皆様、東北地方の冬を体験したことはありますか。
地元の気候は東京とあまり変わりませんが、
大学は中国の東北地方の長春で、常に-25度くらいの冬と戦っていました。
当時、お洒落より寒さを耐えるには精一杯でした。
そのため、最初にBOROを見たとき、驚きました。

当館の常設展で展示しているBOROは、田中忠三郎先生が極寒の青森で集めてきたもので、

それは、人々が生きていくために、少しでも着物を厚く丈夫にしようとして、
一枚一枚の端切れで継ぎ接ぎしたモノです。

ところで、アミューズミュージアムでは展示だけではなく、販売できるBOROも用意しております。

cho23-1.jpg
35x100cm 10,000円 税込

cho23-2.jpg
32x125cm 4,000円/5,000円 税込

それほど古くないとはいえ、80年ほど前の青森のBORO布です。

cho23-3.jpg

cho23-4.jpg
32x125cm 5,000円 税込

今の使い捨て生活と違って、まだまだ布を大事にする時代でした。
cho23-5.jpg

cho23-6.jpg
1,500円~ 税込
昔、棉が育てられなかった日本の東北地方では、木綿布が普及したのが、明治24年東北本線開通した後でした。
普及と言っても、農山村では木綿は貴重品でした。

cho23-7.jpg

cho23-8.jpg

cho23-9.jpg

cho23-10.jpg
600円~ 税込
当時の女性に、端切れを持っているかどうかはステータスが変わります。
端切れが持っていないと、家族に何も作ってあげられません。
だから、たとえ既製品の服や洋服が普及した時代になったとしても、命より大事にしてきた布は捨てられません。

最後に、使い捨てなかった布で継ぎ接ぎしたものをお見せします!

cho23-11.jpg

後 

cho23-12.jpg
ボロズポン 59,400円 税込
いかがですか。
古布に与えられた迫力を感じられますか。

BOROは単純に寒さを凌ぐためだけではありませんでした。
既に着物を少しでも厚くしようとすることに膨大な手間をかけた上、
更に工夫をして、自分をより格好良く見せようとしています。

アミューズミュージアムで、皆様にもその驚きを感じていただきたい。

アテンダント
チョウ

カテゴリ:

皆様こんにちは。
今年の冬は暖冬と巷で言われておりますが、冬の寒さはやはり苦手な亀本です。

今回は、その冬の寒さに負けない青森県の人の伝統工芸、こぎん刺しアイテムをご紹介いたします。

まずはこちら
kame26-1.jpg
こぎん刺し小銭入れ 各3,800円(税込)
草木染めで染められたナチュラルなグラデーションの刺し子糸が、深い味わいを出してます。

中は半分に仕切られ使い勝手もGood!
kame26-2.jpg


メガネっこ入れ(青森方言風)
kame26-3.jpg
こぎんメガネケース 各6,500円(税込)
質感は硬く、鞄に入れていても潰れなくて安心です。

中はサテンのようなサラサラした肌触りの生地で、レンズに傷がつかないよう配慮されてます。


ここからは力作バッグです

kame26-4.jpg
こぎん刺しミニトート 17,000円(税込)
普段使いに丁度よい大きさです。模様の上部は花こ囲みでしょうか。

模様を拡大するとこんな感じです。

kame26-5.jpg
中も素敵な着物の帯生地で、ポケット1つあり嬉しいです。
kame26-6.jpg



kame26-7.jpg
こぎん刺しショルダーバッグ 25,000円(税込)
ミニトートよりも大きくなり、こぎん刺しの面積が増えてますね。大変な苦労です。
拡大するとこんな感じです。
kame26-8.jpg



kame26-9.jpg
こぎん刺しトートバッグ 36,000円(税込)
大作です。どのバッグも底まで刺し子してあり、もはや芸術作品です。

中もきれいな模様の着物の帯生地で、ポケット2つと使いやすいです。
kame26-10.jpg



最後におまけでこちら
kame26-11.jpg
こぎん刺し模様のクラフトテープ 810円(税込)
いつも青森から届くダンボールは、このこぎん刺し模様のクラフトテープで閉じられており、開けるのがもったいなく感じます。
kame26-12.jpg

kame26-13.jpg

kame26-14.jpg


以上、こぎん刺しアイテムをご紹介いたしました。
青森は東京よりももっと寒いですから、こぎん刺しを見て、自分に喝を入れたいと思います。

ご来館お待ちしております。

アテンダント亀本

カテゴリ:

ご来館されるお客様の中には見るからに古布や襤褸が好きなんだなぁとわかるファッションをされている方が度々いらっしゃいます。

お話を伺うとご自身やご友人の手作りだったりすることも。

一点物ならではの味を活かして皆さん本当に素敵に着こなしていらっしゃいます。

今回は作家さんの手作りの洋服を紹介したいと思います。

・襤褸をリメイクしたジャンパースカート
裾部分は凝った作りになっています。

白Tシャツと合わせても、上着や巻物でアクセントにしても。

いろいろ楽しめそうな1着です。少し大きめなので背の高い方におすすめです。

kaji49-1.jpg

kaji49-2.jpg
¥48,600

・襤褸のリメイクスカート
全体がつぎはぎ襤褸のロングスカート。これ一枚でかなりインパクト大。

ウエストはゴムになっているので着心地も楽チンです。

夏は無地のシャツと、冬は紺のコートにもこもこブーツなんてのもオシャレになりそうです。

kaji49-3.jpg

kaji49-4.jpg
リメイクスカート¥37,800
手織り麻を使ったシャツ¥18,360

・綿の縞地のジャンパースカート

kaji49-5.jpg

kaji49-6.jpg
さりげなくつぎはぎしてあります。
ボロのようなつぎはぎはハードル高いなぁという方には手が出しやすい古布リメイクです。
縞地ジャンパースカート¥34,560
eriko nishiyama raccoonマフラー¥14,580

最後にこちら。
自分で作ってみたい!という方におすすめの一冊「古布を着る。」


kaji49-7.jpg
¥1,814
衣服の作り方が丁寧に載ってる他にも表紙のお二人の古いものと一緒に暮らす素敵な生活ぶりまで写真と文章で紹介されています。

簡単かつ安く衣類がどこででも手に入る時代ですが、お気に入りの1着を大事に長く、そしてオシャレに着こなす。

ミュージアムにいると、それが本当にお洒落ということなのだなぁと感じさせられる日々です。
10月に2階ギャラリーで開催したJAPANVINTAGE展では出展者の方それぞれが自分なりに古布の衣服を身につけていらっしゃったのですが、一人の方はズボンを裏表逆にされていて、でもそれがとてもお洒落な着こなしとなり、新鮮というか斬新!!
ご本人いわく、裏地にこそ当時の職人技が見えるとのこと。

ほぉー。お洒落に型なんてないのだなと感じさせられました。

自分なりのお洒落を探しにミュージアムまでいらしてくださいませ。

アテンダント 梶

カテゴリ:

めっきり秋らしい気候になってきました。
最近では、風邪を引き始めた方をちらほら見かけます。
何よりも首を冷やしてはいけない!
ということで、今回はmatouさんから届いた、ウールのマフラーで
皆様を包み込みたいと思います。

所々に、ドットのような点が散在しているデザイン。
カラフルでカジュアルにも使えるカラーリングが魅力。
Okada42-1.jpg
M1手織りマフラーウール 10,800円(税込)

2つ折りでクルクル巻けば、暖かさも倍増。
派手目の赤から地味目の色で、年齢性別問いません。
Okada42-2.jpg

Okada42-3.jpg

Okada42-4.jpg
M2手織りマフラーウール 各15,120円(税込)

広げてストールのような形で使っても、生地に厚みがあるのでしっかり防寒に役立ちます。
Okada42-5.jpg
M3手織りマフラーウール 各16,200円(税込)

ふんわりやわらかい印象のこちらのチェックは、垂れるように流しているだけでも存在感があって、

キレイに生地が落ちます。
コートの中にこのマフラーを合わせたら、それだけで上品さが伝わるでしょう。
Okada42-6.jpg

Okada42-7.jpg
M4手織りマフラーウール 各16,200円(税込)


毎年、首元を気にして、マフラーを新調しているあなた。
今年はこんなに素敵で、手間のこもったウールのマフラーを使ってみてはいかがでしょうか。
冬はもうすぐはじまりますよ!


アテンダント オカダ

カテゴリ:

秋も深まってきた今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか?

気温も下がって流れる時間もゆったりと感じる秋は、ひとりの時間を過ごしたくなります。
以前に、おひとりさま時間を充実出来、趣味の幅を広げられる書籍をご紹介させていただきましたが、今回は手にとって頂いた後すぐに始められる手作りキットのご紹介をさせていただきます。

多種多様な制作キットがありますが、その中でも、こぎん刺しや菱刺しといった、刺し子のキットに焦点を当ててみます。

まずは、刺し子とはどういうものか?というのを簡単にご説明させて頂きます。
青森県を代表する手工芸品として有名な【刺し子】は、元々は保温、補強の為に藍に染めた麻布や木綿布に、白い木綿の糸を挿し綴ったのが始まりの手芸技法のこと。有名な技法として、日本三大刺し子と呼ばれるのは、津軽地方の【こぎん刺し】、南部地方の【菱刺し】、庄内地方の【庄内刺し子】というものがあります。
当館所蔵のBOROにも、補強や保温の為に、至る所に刺し子が綴られています。

それでは早速、制作キットのご紹介。

まずはこちら。

Ohara56-1.JPG
・リネンの刺繍布と柿渋染めの糸で作る こぎん刺しのがま口キット 2,000円(税込)

コロンとした形が可愛い、小銭入れとして重宝するサイズのがま口が作れるキットです。
柿渋染された落ち着いた茶色の模様は、男性にもオススメです。

続いては2つ続けてご紹介。

Ohara56-2.JPG

・リネンの刺繍布と組番手の刺し子糸で作る こぎん刺しの巾着キット 2,500円(税込)
・こぎんの林檎ピンクッション 1,000円(税込)

こちらも【こぎん刺し】のキット。
巾着は2つの図案があり、お好みの柄にチャレンジ出来ます。
リンゴピンクッションは、そのままインテリアとして玄関に飾るのも素敵です。

最後は【菱刺し】キットのご紹介。

Ohara56-3.JPG
・菱刺し トイレサインキット 2,052円(税込)

チラッと見るだけだと、刺し子か?と思われるかも知れませんが、近くでみるとちゃんと菱刺しが並んでいます。

Ohara56-4.JPG

布地は青と茶の2種類入。ご自身用ともうすぐ訪れるクリスマスのプレゼントとして、今から作り始めてはいかがでしょうか?
心のこもった手作りのプレゼントは温もりがあって良いですね。


実は、刺し子は2?3年ほど前から、爆発的な人気になってきています。
先日まで手仕事のギャラリー&マーケットで開催しました、【津軽のこぎんと刺し子展】でも沢山のお客様にご来館頂き、刺し子を愛する皆様の愛情とパワーに圧倒されたばかり。

ぜひ皆様も始められてみてはいかがでしょうか?

新しくレイアウトを変えたショップの刺し子コーナーで、色取り取りの刺し子糸、作品が皆様のご来館をお待ちしております。

Ohara56-5.JPG

大原

カテゴリ:

こんにちは
少しずつ山も紅葉してきて、やっと秋らしくなりましたね。
寒暖差もあり風邪をひいている人を多くみかけますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

さて本日は芸術の秋の夜長にぴったりな商品を、ご紹介致します。

1つ目はこちら

Tsushima18-1.jpg
浮世絵の見方 2,376円(税込)

芸術鑑賞をするには先ず見方から!という事で、浮世絵のはじまりから有名な絵師やその代表作、そして、浮世絵の種類や制作方法など初めての方でも解りやすく書いてあります。

続きましては、こちら

Tsushima18-2.jpg
遊べる浮世絵〜体験版・江戸文化入門〜 2,052円(税込)

こちらも浮世絵の知識が載っております。

判じ絵なども紹介されてあり、難しく感じる浮世絵の知識だけだと足が遠のいてしまう方も面白く楽しく浮世絵そして、江戸文化に触れる事ができます!とても読みやすい1冊です。
また、巻末には絵葉書がついており、これで手紙を書けば「芸術の秋だなー」と感心される事間違いなし!

最後はこちら...

Tsushima18-3.jpg
復刻浮世絵版画 1,620円(税込)

なんと、こちらはプリントではなく実際の多色刷りによる復刻した浮世絵版画です!

Tsushima18-4.jpg

また、このように1つ1つ色味も違っており、選ぶのも楽しいです。
基礎知識を習得したあと、実際に刷られたものを観て楽しむのも良いですね!

当時の人たちに想いを馳せながら秋の夜長を過ごしてみてはいかがでしょうか。

ぜひ、実際に手に取ってご覧くださいませ。
皆さまのお越しを心よりお待ち致しております。

アテンダント・ツシマ

カテゴリ:

少しずつ秋が深まってきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
だんだん日が短くなってくると、なんとなく寂しい気持ちになりませんか?
そんな季節は早く帰って、お家でまったりと過ごしましょう。
今回は、そんな秋の夜長のお供にオススメの、
"なごみ系猫ちゃん"たちを紹介します。

jeong28-1.JPG 
黒ねこ 各3,240円(税込)
アトリエ大瀬さんの古布でつくられた猫のぬいぐるみ。

入荷するとすぐに売れてしまう、ミュージアムの人気商品です。
首には刺し子の蝶ネクタイ、耳にはピアス、
手にはミニバスケットと、遊び心たっぷり!


jeong28-2.JPG
親ねこ 各2,500円(税込)
子ねこ 各1,080円(税込)
こちらは陶器でできたスタイリッシュな猫ちゃん。

ポーズがなんとも猫らしい!
親子並べて飾りたくなりますね。


jeong28-3.JPG
土鈴/えん猫 各918円(税込)

こちらは土でできた鈴、「土鈴(どれい)」。

金属音ではなく、やさしく温もりのある音色がします。
丸いフォルムの猫ちゃんに、心がほっこりしますね。


jeong28-4.JPG
土鈴/バケツ猫 各972円(税込)

バケツからひょいっと顔をのぞかせた猫ちゃん。
愛嬌のある表情がたまりません。


jeong28-5.JPG
左前:土鈴/のび猫 各972円(税込)
右前:土鈴/果報猫 各972円(税込)
左奥:土鈴/夢猫  各972円(税込)
右奥:土鈴/招き猫 各972円(税込)

お好きな猫ちゃんは見つかりましたか?
見ているだけで心が和みますよね。
その他にも魅力的な商品がたくさんありますので、ぜひショップにお越し下さい!


アテンダント ちょん

カテゴリ:

一気に寒くなりました。やっと秋らしい天気になってきました。
インフルエンザは流行っているようで。皆様お体にお気をつけてお過ごしくだいね。

今回はタイトル通り「赤」商品を紹介させていただきます。

まずはこちら
cho22-1.jpg
美味しそうに見える冬柄
蟹づくし 1,188円 税込 / 海老つなぎ 864円 税込 / れんこん 1,188円 税込

cho22-2.jpg
ハレムク色手ぬぐい
波唐松 972円 税込 / 菱菊 972円 税込 / ねじ梅 864円 税込
慶事を祝う清らかな色、ハレムク色。
新しい年を迎える時はいつも清らかな気持ちでいたいもの。

身の周りを清め、一年の慶事と平穏無事を願います。
おめでたいハレの日の紅と、清らで無垢な白。
ご挨拶やご結婚、ご出産の贈り物。

cho22-3.jpg
赤富士づくし 864円 税込
波にうさぎ/福猫づくし/めで鯛菱 各 972円 税込
中国では、赤はめでたい色だけでなく魔除け色とも言われます。
なので、年男や年女は大晦日に赤い服(下着)を着る習慣があります。

次は
cho22-4.jpg cho22-5.jpg

    金太郎/Lsize 2,808円 税込       コダルマ/Msize 2,700円 税込
よく伸びる生地で、着心地の良い腹巻です。冷え性の方々に寝るときの着用もおすすめ。
端もしっかり補整されており、丸まりませんよ。

最後はこちら
cho22-6.jpg
長暖簾 椿 3,024円 税込
素材:棉100% 寸法:150cm×86cm
日本の伝統民芸をプリントした暖簾。
古き良き日本を感じさせる柄や色合いで海外のお客様にも非常に人気。
赤以外にも色々な柄をご用意しておりますので、ぜひお店へお越しくださいませ。

アテンダント チョウ

カテゴリ:

みなさまこんにちは。

大好きな金木犀の香り漂う心地よい季節になってきました。
晴れた日は特に用事がなくても香りを嗅ぎにお出かけしちゃいます。
そんな秋のお出かけにぴったりなオンリーワンなバッグたちをご紹介します。

まずはこちら
kame25-1.JPG
刺し子のガマショル 6,000円(税込)

kame25-2.jpg
刺し子のハンドバッグ 5,000円(税込)

ゆるかわいい刺し子が、手仕事の温かみを感じさせてくれます。
内側にはポケットも付いていて地味に便利ですね。
kame25-3.jpg


ご近所、キャンパス用はこちら
kame25-4.JPG
A4トート 2,000円(税込)
A4サイズのノートなどが、縦にも横にも入ります。薄型ノートパソコンもOK!


財布と携帯程度ならコレ!
kame25-5.JPG
ミニトート 1,000円(税込)


スマホだけなんだけど、ポケットには入らないけどバッグは持ち歩きたくない人はコレ!
kame25-6.JPG
スマホポーチ 3,000円(税込)
ズボンにつけてライバルに差をつけろっ!
シガレットケースにも良さそうです。


以上、オンリーワンな藍染アイテムをご紹介しました。
こちらの商品は藍染作家のBlue Handsさんがご自身で染めたり、半纏の生地から作った手作りのもので、他では手に入りません!

店頭には他にも沢山の藍染アイテムがございます。
是非お手にとってご覧ください。
Blue Handsさんは時々、店頭販売で現れますので、是非お話してみてくださいね!
Blue Hands ウェブサイト

ご来館お待ちしております。

アテンダント亀本

カテゴリ:

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
page top