<< 前の10件 15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25
じめじめした毎日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
湿った街の雰囲気の中、当館2Fギャラーリー&マーケットは、賑やかな声に溢れています。
そのわけはと言うと、6月29日まで「妖怪展」が開催中だからです。

Ohara28-1.jpg

こちらの「妖怪展」。
妖怪にちなんだ作品を制作している作家さんの、可愛らしく少しだけ怖い妖怪作品の展示販売会です。

いったいどんな作品があるのか、いくつかご紹介したいと思います。

まずはこちら。

Ohara28-2.jpg
「紙舞の妖怪折紙ピアス(¥1,404ー)」

DJもなさっている高☆梵さんの折り紙で作った、妖怪型ピアスです。
写真のピアスは、一反木綿のデザイン。
耳元で妖怪が揺れる女性は、可愛いながらちょっとだけ怪しい雰囲気を纏わせる事が出来ると思います。

続いてはこちら。

Ohara28-3.jpg
「妖怪扇子・豆腐小僧(¥2,160-)」

漫画家のしげおか秀満さんが描いた、妖怪扇子です。
手書きで描かれたキャラクターはとても愉快で、沢山のお客様がお気に入りの妖怪を選んでいます。
その中から、僕のオススメはこの豆腐小僧、臆病で人を驚かせる事も苦手な豆腐小僧は、妖怪であっても可愛さ前回で、恐ろしさは微塵も感じられません。

最後はこちら。

Ohara28-4.jpg
「ソフビ人形・ゆきのちゃん、うらなめ(¥2,700-)

サンガッツさんがソフトビニールで制作した人形たち。
写真の白い女の子は、雪女のゆきのちゃん。そして舌をペロッと出したうらなめです。

こちらの人形たち。
本当に沢山のキャラクターがいて、見ているだけでワクワクしてしまいます。

いかがですか?
とっても個性的で可愛い妖怪キャラクターの集まった「妖怪展」
まもなく終了してしまうので、妖怪たちに会いたくなった方は、ぜひお早めに当館へお越しください。

皆様の御来館心よりお待ちしております。
アテンダント・じゅん。

カテゴリ:

じめじめとした梅雨時を如何お過ごしでしょうか。
そうかと思えば炎暑が続いたりで体調管理も大変です。
家から出るのも億劫だし、家にこもってもダラダラしてしまう。
こういう気が滅入る季節には、
何かおかしなことでも考えて気晴らししましょう。
 
abe06-1.jpg 
訂正:何かおかしのことでも考えて気晴らししましょう。
当館の誇る田中忠三郎コレクションの中から
菓子型のいくつかをご紹介します。
落雁というと現代っ子にはパッとしませんが、
「飲み物じゃない方のラムネ」に近い、
伝統的かつメジャーな砂糖菓子という感じでしょうか。
 
来店されたお客様の中にも、見つけて手に取るや、
「ぅわ〜懐かしい!」
「実家にもあったわ〜」
「うちのも売れるかしら」
などと盛り上がる方々が多くいらっしゃるのですが。
そんなノスタルジーに浸る日本の方が居る一方で、
精巧かつユニークな美術骨董として
どの一品が自宅を飾るオブジェとして最適か
熱心に吟味なさっている外国の方も大勢見受けられます。
 
長雨に因んで「水」つながりのラインナップを揃えてみました。
 
abe06-2.jpg
上:バナナ ¥9,720
中:胡瓜 ¥6,264
下:竹の子(五) ¥7,714
 
みずみずしい青果のみなさん。
100年前のアンティーク品からバナナとはなかなかにハイカラなチョイス。
ごんぶとなキューカンバーに雨後の竹の子・・・
どれもしなり具合が色っぽいですね。
 
abe06-3.jpg
上:しめじ ¥5,400
下:椎茸 ¥4,320
 
じめじめした季節に元気になりそうなキノコのみなさん。
ニョキニョキと伸びていくその姿は生命のシンボルでもあり、
上昇志向で何やら縁起もよさそうです。
椎茸のデザインの割り切った感が清々しいですね。
 
abe06-4.jpg
上:蛤 ¥4,115
下:大鮭 ¥20,520
 
お次は海のもの。
何だか化石を見ているようですけれど、
それでいて景気のいい雰囲気も伝わってきます。
今年の夏こそ何処か泳ぎに行きたいですね・・・
 
abe06-5.jpg
左:花大輪 ¥8,400
中:大輪花大中小 ¥25,920
右:蓮花 ¥16,200
 
朝露に濡れる大輪の花たち。
何しろ立体造形ですので、
画像のように2段組みになっている型も沢山あります。
何というか、ものづくりの執念を感じますね・・・
 
最後に、
先達て開幕したというFIFAワールドカップへの水向けとして、
abe06-6.jpg
上:国旗 ¥7,560
下:大菊 ¥21,600
 
日本と韓国とブラジルが表彰台を独占したら、
下の花の画像のような絵面になりそうですね。
筆者も決勝戦くらいは視てみようかなという意気込みです。
 
おまけ。
abe06-7.jpg
落雁ブローチ/落雁ヘアゴム 各¥972
 
菓子型を飾るスペースがないですという方には、菓子型で型を取った
まさに「スイーツ(笑)」という表現がピッタリな愛らしいアクセサリーも。
落雁と申しましても澱粉質の粉や水飴砂糖を混ぜる代わりに、
陶土を材料としていますのでご安心を。
 
田中忠三郎先生が蒐集した、それぞれの家庭の大切な記憶を収めた菓子型の数々。
ここに掲載したのはそのほんの一部に過ぎません。
それがまた新しいお客様の手に渡り、新しいおうちで年月を刻み、
お子さんお孫さんひ孫さんやしゃごさんと代を重ねる毎に、
50年後、100年後に新たな「懐かしさ」を持ったご実家の象徴となる。
100年後に当館を訪れた数代後のお客様が、また、
「あ〜懐かしい、うちにもあったなあ」
とはしゃいでくだされば、私たちも幸甚の至りでございます。
 
 アテンダントABE 拜

カテゴリ:

関東地方も梅雨入りし、浅草にも雨の匂いが立ち籠めています。
茹だるような暑さから一転、急に涼しくなりましたが、皆様如何お過ごしでしょうか?
 
本日は、そんな雨と共に「涼」をもたらしてくれる「風鈴」をご紹介したいと思います。

 wata06-1.jpg
◆小さないろどり 江戸風鈴 各色¥2,592
 
こちらは小振りの硝子製。
鮮やかな原色が窓辺に彩りを添えてくれます。
洋室にも飾っていただける風鈴ではないでしょうか。
 
wata06-2.jpg
◆南部鉄器の風鈴 HANABI 各色¥1,728
 
続いては澄んだ金属音が美しい南部鉄器。
「HANABI」の名前の通り、可愛らしく彩色されたシリーズです。
以前、当ブログでご紹介した南部鉄器のティーポットと共に、注目度の高い商品です。
 
wata06-3.jpg
◆小田原鋳物の風鈴 ¥2,592
 
先程の「HANABI」に対して、こちらは落ち着いた金属そのものの色。
短冊も同じく渋い色合いで、ゆかしい和室にお似合いの一品。
 
また、ショップ内には、個別にご紹介出来なかった風鈴が其処此処にディスプレイされております。
中にはこんな、ユニークなものも...
 
wata06-4.jpg
 
是非、お気に入りを探しに、当館へお越しくださいませ。
 
長引きそうな梅雨の楽しみ方を模索中のアテンダント、ワタナベでした。

カテゴリ:

暖かで過ごしやすい日が続いていますね。
 
さて、6月15日は父の日です。
日頃の感謝の気持ちを込めて素敵なプレゼントを
贈りましょう!
オススメの商品はこちら。
 
こちらは定番の扇子とハンカチ。
トンボ柄とつばめ柄をご用意しております。
これからの猛暑に向けて汗びっしょりで
働いてくれるお父さんにぜひ!
Yone27-1.JPG
蕉風扇子¥2,700 ハンカチ¥648
 
髭&メガネのお父さんにはこちらがオススメ。
ビニール素材で中にクッションも入っている
モバイルケースです。
水や衝撃から大切なスマホを守ってくれます。
Yone27-2.JPG
ヒゲメガネモバイルケース¥1,728
 
こちらのハンカチとスリッパは、
その名も「チャンピオン小紋」
これぞチャンピオンというものでぎっしり
と埋まっています。
家族を守ってくれる頼もしいお父さんに。
Yone27-3.JPG
ハンカチ チャンピオン小紋 ¥1,080

Yone27-4.JPG
スリッパ チャンピオン小紋 ¥3,240
 
いつまでもオシャレでカッコ良いお父さんで
いてほしいという方には、やはりブルーハンズ
がオススメです。
すべて1点ものなので特別感もありますよね。
 
小銭入れやペンケース、メガネケースなど。
用途に合わせて。種類も豊富です。
Yone27-5.JPG
がま口 ¥3,024~

カッコ良いハンチング。
Yone27-6.JPG
麻の本染めハンチング¥15,120 半纏リメイクハンチング¥9,720
 
その他ご紹介しきれない商品がたくさんありますので、
ぜひショップまで足を運んでみて下さいね。
 
ヨネオカでした。

カテゴリ:

皆さま、こんにちは。
今年も大盛況だった浅草・三社祭。
祭りの後の浅草は少し寂しげですが、
ミュージアムショップは今週も続々と新商品が入荷し、
新しい顔ぶれたちで賑わっております!
それでは、和のテイストたっぷりの新商品をご紹介しましょう。

▼南部鉄器の鉄瓶とティーポット
今や世界的な人気の盛岡の南部鉄器。
こんなモダンでスタイリッシュな南部鉄瓶がミュージアムショップに新入荷しました!
南部鉄器で沸かしたお湯には、身体に吸収されやすい二価鉄を多く含んだ鉄分が溶け出し、
水道水に含まれる塩素も除去してくれるので、まろやかで美味しいお湯になるのだとか。
特有のずっしりとした重みと存在感も魅力です。
jeong07-1.JPG
(左から)しずく型の鉄瓶1L 14,580円/ティーポット蕾0.4L茶こし付 8,100円
サボテン型のトリベット(鍋敷き) 3,456円(すべて税込)
 
▼昔の街並みを再現!?
jeong07-2.JPG
昔の商店の模型たち。お部屋のインテリアにぜひ・・・。
と言いたいところですが、その正体は・・・。
jeong07-3.JPG
2段重ねのお弁当箱でした!
中蓋も付いていて、屋根裏部分には保冷材スペースもあり、意外に実用的!
※おべんとハウス 各2,160円(税込)
 
▼浮世絵ブック!?
jeong07-4.JPG
ご存知の通り、アミューズミュージアムは『布と浮世絵の美術館』です。
1Fミュージアムショップには、浮世絵に関する本もたくさん取り揃えております。
写楽の表紙をめくってみると・・・。
jeong07-5.JPG
なんとこちらもお弁当箱!
ユニークで意外性のあるデザインが、外国人のお友達にプレゼントしたら喜ばれそうですね。
※蒔絵ブック弁当 各2,376円(税込)
 
▼布で包んで
jeong07-6.JPG
各648円(税込)
 
最後は素敵な柄のお弁当包み。
お弁当の下に敷けば、ランチョンマットとしても様になりますよね。
ほかにも大小多数、取り揃えております。

新着の和な顔ぶれたち、いかがでしたか?
どれも心くすぐる商品ばかりですよね。
是非ショップにお越しいただき、お手に取ってみて下さい。

アテンダント ちょん

カテゴリ:

皆様こんにちは!
陽射しが強くなって参りました。
気温の変化に風邪ひかぬようお過ごしください。

実は只今、三社祭最終日の活気ある浅草の町の声を聞きながら
この文章を作成しています。(5月18日です。)
今年も沢山の人人人!
老若男女、法被に褌、はちまきキュッと。
お囃子に御神輿をかつぎ練り歩く力強い声。境内出店の賑やかさ。
かっこいい町です!

祭りの余韻に浸りながら
本日も元気に開店しております浅草アミューズミュージアム。

新商品をご紹介します。
こちら
taji27-1.jpg
名前はhacomo Box!
種類は3つ(上から写楽・富嶽三十六景・富士山)
¥1,080

自分で組み立てられる立体オブジェです。
番号通りに、パーツを組み立てていくと、
小さな箱の中に奥行きのある景色が広がります。
taji27-2.jpg

taji27-3.jpg
単純な作業なのですが、
徐々に浮き上がっていく楽しみがあり、
作り甲斐がありますよ。
なんともまあ手先の不器用なわたくしも挑戦!
taji27-4.jpg

taji27-5.jpg
どうですか?
だんだん3Dになってきたような~!?
完成品は売り場にあるので、
見に来てくださいね。

さてさて、
もう1つ新商品がございます。

taji27-6.jpg
印傳(いんでん)のような紙のブックカバー
文庫本サイズ
¥540

印傳とは・・・
なめした鹿革に漆で模様を描いたもので、
江戸時代より人々に広く愛用されています。

こちらの商品は、
その名の通り、印伝の「ような」ブックカバーです。
パッと目を引く「日本の色」に
古来から伝えられる縁起のいい文様が
美しく浮き上がります。
taji27-7.jpg

本に合わせて折り込むだけなので、とても簡単。
紙ですが、しっかりした素材なので、
長くお使い頂けます。

taji27-8.jpg
かばんから覗く本も、
このブックカバーだとオシャレでしょ?

以上今月の新商品を
ご紹介いたしました。

ご来館お待ちしております♪

アテンダント
タジマ

カテゴリ:

GWが終わり、浅草の一大イベント 三社祭が近づいてきました。
浅草全体が祭りの準備で賑やかになってきています。

祭りにはやっぱり浴衣が着たくなります。

今回は浴衣にぴったりな品々をご紹介します。

まずは折り紙のピアス。
蝶と金魚の二種類があります。一つ一つ色も異なります。

kaji30-1.jpg
1,620円

大人気の折り鶴ピアス
海外の方にも好評です。浴衣だけでなく、普段使いにもぜひ!和のテイストを気楽に取り入れられます。

kaji30-2.jpg
1,296円

豆うちわ。
今年の新柄から二つご紹介します。
明るいピンクに丸っこいブサイク猫と一変爽やかなツバメ柄。
兄弟でお揃い、親子でお揃い、みんなでお揃いにしたら楽しそうです。

kaji30-3.jpg
864円

男性におすすめは小判型うちわ。

kaji30-4.jpg
972円
浴衣にこの団扇を持てば一気に粋な日本男子です!

いやいや、もっと浴衣を粋に着こなしたい!と思う方にはこちらがおすすめです。
現役歌舞伎役者直伝の浴衣着付け教室「男のための粋な浴衣着付」


はやくも夏が待ち遠しいカジでした。

カテゴリ:

皆様こんにちは!
いよいよ5月になりました。
GWはいかがお過ごしですか?
今年はお休みが6日までということで、GW期間中も当館は元気に営業しております。
今週のみ、変則的に7日(水)にお休みをいただきますのでご了承ください。

5月に入り、浅草はかなりそわそわし始めました。
もちろん、15日から三社祭が始まるからです!!
今年は、15日の夜から18日までの4日間で取り行われます。
当館の入口にも例年のように提灯が付けられ、本番を今か今かと待っている状態です。
okada14-1.jpg

ということで、本日は三社祭で大賑わいとなる浅草にお越しの皆様へ、
当館のオススメグッズをご紹介いたします。

まずは、こちら。
その名も・・・「わっしょいだるま」!
okada14-2.jpg
(税込2,700円)
こちらはだるまの名産地で知られる群馬県高崎市の職人が作ったもの。
はちまきを締めて、ぐっと気合いの入った表情。
そして背中には・・・
okada14-3.jpg
「祭」の一文字が!渋いです。これは。

そして、お次は当館おなじみ手ぬぐいのご紹介。
浅草にいらっしゃる墨絵師の方の作品、「三社祭手ぬぐい紫」。
okada14-4.jpg
(税込1,080円)
御神輿の躍動感がびしっと染められていて、飾るのにもいいですね。
これを見る度に、三社祭の興奮が蘇って、ワクワクしてしまいます!

さらに新商品の手拭いも登場!
「まつりてぬぐい三社祭」です。
okada14-5.jpg
(各・税込1,620円)
こちらは2色展開となります。実際見て頂くとわかりますが、とても鮮やかです。
三社祭をモチーフにしてあり、大胆に染められています。

そしてこちらも当館ではおなじみの蚊帳ふきん。
「まつりふきん東京三社祭」という新柄が登場です。
okada14-6.jpg

okada14-7.jpg
(税込432円)
三社祭にちなんだものがぎゅっと詰め込まれています。
ちなみに、蚊帳ふきんは繊維がつきにくいので、
「コップやグラスなどを拭くときの残った繊維が気になる!」
という方は一度お試しいただきたいと思います。
ぴっかぴかになりますよ。

最後は、携帯電話等に貼っておけば、いつでも三社祭と共にいられる「うつし金蒔絵シール」と、
お祭りのとき、何かと入り用になる「三社祭ポチ袋」です。
okada14-8.jpg
(うつし金蒔絵シール税込515円/三社祭ポチ袋税込154円)
この時期、本当にこのうつし金蒔絵シールをご購入される方が多く、
スマホや携帯電話の裏側に粋な模様を貼っていらっしゃる方がいらっしゃいます。
綺麗な貼り方もお教えしますので、お気軽にお聞きください!

三社祭の期間は、本当に浅草は人で溢れかえります。
皆様もあのパワーを体感してみてください。
もちろん、御神輿は当館の前も通ります。
今年の三社祭も大いに盛り上がること間違いなし!
この機会に、是非!活気あふれる浅草にお越しください。

アテンダント オカダ

カテゴリ:

今年の桜はどこへやら。。
なんだか例年よりも春らしくない4月は、あっという間に終盤になり、
もう5月もすぐそこに近づいて来ています。

皆様こんにちは。
アテンダントのジュンです。

「5月の行事はなぁに?」と問われると、
誰もが迷わず「5月5日の子どもの日!」と答えるのではないでしょうか?

Ohara27-1.jpg

「子どもの日」=「端午の節句」
昔から男の子の健やかな成長を願うこの日に、こんな素敵な五月人形セットでお祝いすると、男の子の第一希望の夢が叶うような気がしませんか?
まだまだ小さい男の子の将来の職業を想像する親御さんは、この日一日中ワクワクしているんではないでしょうか?。

「この子は運動神経がいいから野球選手になっているのか?」
「甘い物が好きだからケーキ屋さん?」
ご両親の夢は膨らむばかりでしょう。
沢山の選択肢がある、想像の中の男の子の将来の職業。
僕なら是非、せっかく日本男児に生まれたのだから、
「歌舞伎役者」になったご子息を想像して欲しいと思います。
(実は僕も小さな頃に夢みてました)

今日は、男の子の御両親へ「息子を歌舞伎役者へ」という想像を持って頂くために、ミュージアムショップで販売している人気の歌舞伎グッズをご紹介致します。

まずはこちら。
Ohara27-2.jpg

こちらの根付(ストラップ)、隈取をした顔をドドーン!!とアップで表現しています。
隈取には約束事がるそうで、「目のこの部分にこの色を塗ると悪者」、「このメイクは主人公」というように、登場しただけで、キャラクターの個性をすぐにお客様に伝える効果があるんだそうです。

是非、この隈取根付とにらめっこしていただいて、「うちの息子はどれが似合うのか?」を想像してみてはいかがですか?。

次はこちら。
Ohara27-3.jpg

ユニークな猫達が一列になって行進をしている手拭いです。
よく見ると、猫それぞれに名前が付いているではありませんか!
デザイナーさんにお伺いしてみると、この手拭いは歌舞伎の人気演目である「義経千本桜」をイメージしたもので、猫の名前は、その登場人物の名前だそうな。
まずはこの手拭いで登場人物名を覚えて、息子さんと生の歌舞伎をご覧いただくのはいかがですか?

そうは言っても、「歌舞伎って料金高いし、敷居が高いわ」と言う方には、
5月10日に当館で開催されるこちらのイベントをオススメ致します。

Nyabuki_new_flyer.jpgのサムネイル画像

野菜市、着付け教室なども当館で開催してくださっている歌舞伎役者市川笑三さんの出演するイベントです。

歌舞伎、演歌、江戸芸を「猫」をキーワードにゆったりと行うイベントなので、歌舞伎初心者の方も安心してご覧いただけるでしょう。

イベントの詳しい情報はこちら

江戸の頃より語り継がれる歌舞伎の世界。
未来の日本を背負って立つ男の子達にも、是非伝えていきたい伝統です。
いつの日か「アミューズミュージアムで歌舞伎の世界に目覚めて、俺は歌舞伎役者になったんだ!」
そう言われる事を夢見て。。

皆様のご来館心よりお待ちしております。

アテンダント・ジュン

カテゴリ:

新芽疼き出すこの季節、
4月は卯月ということでウサギ特集と参りましょう。

Abe05-1.jpg
手拭い各種(左上864円、右上907円、左下1,080円、右下1,296円)
 
それぞれ畳んであるのを広げると15倍の大きさに。
どんな柄かは店頭でお確かめを。

abe05-2.jpg
てぬぐい物語「うさぎとび」(1,296円)
"うさぎ"とび、"トラ"ンポリン、"ちゅう"がえり・・・
このノリ、きらいじゃないです。ぃゃ、すきです。

abe05-3.jpg
左:ふりそでアニマル(各486円)
右:香りうさぎ(各432円)
ひとつひとつ微妙に表情が違って味わい深いですね。
そんなつぶらな瞳で見つめられると何かを見透かされていそうで・・・

abe05-4.jpg
上:エコバッグ(756円)
下:麿紋Tシャツ(KIDS 3,024円、S〜L 4,104円、2L 4,320円)
 
手のひらサイズのエコバッグの中から取り出した折り畳みの大きなエコバッグの容積は手のひらサイズの約30倍。
エコバッグを持ち運ぶ用のエコバッグとはすごい時代です。便利。
うさぎ紋のシャツも紺に白抜きなのが渋可愛いです。

abe05-5.jpg
うさみみ(1,080円)
 
人気のパラパラブックス。
謎の生物うさみみがこちらに向かって飛んできます。小さいのに大迫力。
大量発生しておりますので、農家の皆さんはお気を付けください。

abe05-6.jpg
干支一連つるし飾り(8,424円)
 
12匹揃って吊るされています。爽快。ウサギはここでも4番目。
今年の主役は見切れてすらいないのに、関係ないピエロがこっち向いて笑ってます。菩薩級の微笑。

abe05-7.jpg
練り香水(各540円)
 
うさぎマークでお馴染みの固形香水。
「ダフネ」って月桂樹のことかと思ったら沈丁花の意味もあるんですね。

abe05-8.jpg
立うさぎ(4,860円)
 
読んで字の如く、瀟洒な着物を纏った立ってるウサギ。
大きさと可愛さを兼ね揃えた驚異の小動物です。
着物はもとより耳から尻尾まで全て絹製でございます。
 
まだまだ小物大物、それに鳥獣戯画シリーズもいろいろ・・・
ここまで改めて数えてみると、この倍の紙幅があっても
到底うさぎグッズを紹介しきれないことにうさうさと、
もというすうすと気付いてきましたのでここらで打ち止めといたします。
 
アテンダントABE 拜

カテゴリ:

<< 前の10件 15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25
page top