<< 前の10件 16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26

めっきり寒くなってきました。
浅草も朝晩はやはり冷えます。
秋になって、たくさんイベントがある中で、近年なぜか盛り上がっているのがハロウィンです。
日本て...こんなにハロウィンに熱心な国でしたっけ...?
毎年、渋谷の街にも大量のゾンビが出現したりと、何がなんだかわからなくなっていますが、
もし、皆様にハロウィンパーティーの予定があるとしたら!
大変なことはただ一つ。

「今年の仮装、どうしよう?」

ですね?

しかも、
「全身とか...抵抗ある...」

そんな皆様に、朗報です。
新たに入荷したこちらの狐面をご紹介します。

okada17-1.jpg
プリンアラモード4,104円(税込)

このビジュアルに釘付け間違いなし。
こちらは、戌一さんとふくしひとみさんによる百犬庵というアートユニットの作品です。
紙製の狐面にデコレーションや色付けをして仕上げてあります。
今の時期のオススメはなんといってもこの狐面。

okada17-2.jpg
パンプキンプリン 各3,780円(税込)

ちなみに、狐面の裏はかぼちゃらしく緑色の色付けがされてあります。
そして、さらにゴージャスに、かわいく甘いスイーツのようなデコレーションのオニパフェシリーズ!
角の部分はアイスクリームのコーンですね。
ザッハトルテはオールチョコレートでビターでシック。

okada17-3.jpg
左上から時計周りに
オニパフェチョコミント 4,536円(税込)
オニパフェクランベリー 4,536円(税込)
ストロベリーホリック 4,536円(税込)
ザッハトルテ 4,536円(税込)

ここまでの狐面は、女性からの熱い支持を受けていますが、
ここからは男性にも大人気の狐面をご紹介します。

okada17-4.jpg
白狐面 各2,700円(税込)

白狐の顔に、歌舞伎の隈取りのようなラインが引いてあります。
一点ごとに仕様が違いますので、じっくりご覧いただいて選んで頂きたいシリーズです。
そして、全ての狐面には紐が取りつけてありますので、頭の後ろで結んで着用することができます。

okada17-5.jpg
黒狐面 3,024円(税込)

使わない時はこうして壁に掛けておくだけでも、本当にカッコイイ!
毎年、コスチュームに悩み、予算に悩み、人と同じものは嫌!と思っている人も少なくないことでしょう。
さりげなく着用できて、日本人の粋っぷりも魅せられる狐面。
今年のハロウィンはこれで決まりですね。
それでは皆様、Happy Halloween!

okada17-6.jpg
okada17-7.jpg
なお、1月には、百犬庵も参加するJapaneeZooという展示会を当ミュージアムのギャラリーで行います。
ぜひご来館ください。

百犬庵HPはこちらから

アテンダント:オカダ

カテゴリ:

皆様、こんにちわ。
アテンダントのじゅんです。

暑すぎた夏はすっかり何処へ?
10月になり、秋も一層深さを増したように感じます。

実は10月からミュージアムにも新しい仲間(新入社員)が増え、新しい風が館内にも吹いているような気分になります。10月は、一般的には出会いの季節ではないのでしょうが、やはり新しい出会いというのは気持ちがワクワクしてしまいますね。

今日はそんな新入社員と共に、新しくミュージアムショップの仲間となった新しいお品物を3つご紹介したいと思います。

まずはこちら。

Ohara30-1.jpg
「案山子 ¥1,296-」

丁寧な裁縫で可愛らしい布小物を制作しているアトリエ大瀬さんの新商品です。
野山の秋の実りを温かく見守っている案山子が、へのへのもへじ顔で、可愛らしく出来ています。
ピックの形に出来ているので、いろんな場所へ刺して飾れる秋の小物です。

続いてはこちら。

Ohara30-2.jpg
「着物ボトルウェア ¥3,240-(姫)、¥¥2,592-(侍)、¥2,160-(お太鼓帯桜)」

西洋のワインボトルになんと日本の着物を被せてしまいました!
パーティー会場へこちらを着せていくと、なんだかオシャレなセレブ気分になってしまいそうです。
口の部分がゴムで留めるだけなので、着せ方もとっても簡単!
勿論、日本酒のボトルやビールボトルにも着せられる、とってもオシャレなグッズです。

最後はこちら。

Ohara30-3.jpg
「AROUND L 布バック ¥12,960-」

耐久性と通気性に優れた倉敷帆布を、食べ物の皮やかすなど、食品には使わない「のこり」で染色する「のこり染め」で染色したふろしきバックです。
ふろしきバック特有のクシュッとしたフォルムがなんとも愛らしいのですが、丈夫な倉敷帆布で仕上げていますので、可愛いながらもたくさんの荷物をガバッと入れることが出来ます。
お色も秋のい装いにピッタリな落ち着いた配色になっていますので、是非、紅葉狩りにも連れって行っていただきたいバックです。

ー秋ー
なんだかちょっぴりセンチメンタルになる季節。
溜め息も多くなってしまう毎日の中に、ちょっぴり元気をくれる新しい出会いは必ず隠れています。
皆様も、ぜひ毎日の暮らしの中で、新たな出会いを見つけてください。

皆様のご来館、心よりお待ちしております。

アテンダント・じゅん

カテゴリ:

皆様こんにちは。
金木犀の香る9月末だというのに、思い出したかのように暑くなる日がございますね。
まだ、夏が忘れ難いのでしょうか...?
そんな季節の変わり目には、気を付けていても体調を崩してしまいがちです。
 
こんなときは、美味しいもので乗り切るしかありません!!
 
という訳で、今回は「秋の味覚」をテーマにお送りいたします。
 
まずはみずみずしくて甘い、葡萄はいかがでしょう。
 
watanabe08-1.JPG
◆葡萄のブローチ ¥2,700
 
活躍し始めたショールやニットの胸元にピッタリ。
ぷっくりとした粒と、くるりんと丸まった蔓が可愛らしいブローチです。
 
一方こちらは、ご馳走が選り取り見取り。
 
watanabe08-2.JPG
◆てぬぐい  さんま / いも三昧 各¥1,080
       くり / きのこならべ 各¥972
 
お祭りが話題になった秋刀魚、ほくほくとした食感のお芋や栗、旨みの詰まったキノコ...そういえば、今年は国産の松茸が豊作だとか。
季節柄が人気のてぬぐい、既に品薄となっている種類もございますのでお早めに!
 
そして、秋の果物といえば忘れてはいけない、柿。
 
watanabe08-3.JPG
◆手描友禅(綿麻) 各¥1,512
 
食卓を彩るランチョンマットにするも良し、お部屋を飾るタペストリーにするも良し。
つややかな実が描かれた綿麻の生地は、温かみのある色。
「食べると身体を冷やす」と言われる柿ですが、心はほっこりしますね。
 
ほっこりといえば、米織からはこんな秋の限定柄が届いております。
 
watanabe08-4.JPG
◆米織小紋 うさぎ 巾着(中)¥1,296 巾着(大)¥1,620
 
お月見団子の前で元気に跳ねるうさぎが微笑ましく、使い勝手の良い巾着です。
...え?お団子ではなくて満月ですって?
お団子に見えるのは、空腹が原因でしょうか...。
 
皆様も是非、目で愉しむ秋の味覚を探しに、当館へお越しくださいませ。
お待ちしております。
 
「天高く馬も私も肥ゆる秋」になりそうなアテンダント、ワタナベでした。

カテゴリ:

こんにちは。

最近は涼しくなり過ごしやすくなりましたね。
朝晩は寒いくらいです。
季節の変わり目、体調を崩さないようにお気をつけください。

さて、ショップでは続々と秋冬商品が登場しています!
さっそくご紹介していきます。


こちらは秋の色をぎゅっと集めたような靴下。
2種類の糸を切り替えて編んでいるので数か所模様がモコモコしています。
yone29-1.JPG
くつした きりばめ 各¥2,700
(背景のてぬぐい 萩花紋 ¥1,080)

定番のあたたかな5本指靴下。
今年はこんな色です。
yone29-2.JPG
各¥1,620

縞コーマ糸という長繊維で織られているタイツ。
繊維が均一で毛羽立ちも少なく丈夫です。
yone29-3.JPG
縞コーマの水玉タイツ ¥3,780

こちらは異なる素材を組み合わせて作られたバッグ。
yone29-4.JPG
バッグ ひといろ 海松藍・猩々緋
(小)¥9,180  (大)¥11,880
 
伝統模様とゴブラン織りを組み合わせたこだわりのバッグ。
伝統模様の市松や花菱を鹿・木・花のモチーフときりばめ風に配しています。
入り口部分のニット素材もポイントになっていて可愛いです。
yone29-5.JPG
伝統文様×ゴブラン
ポシェット ¥14,580 バッグ大 ¥16,200

まだまだ、ご紹介出来ていない素敵な商品がたくさんありますので、
ぜひ、ショップまで足を運んでください。
お待ちしております!

アテンダント
米岡

カテゴリ:

皆様、こんにちは。

今年の夏は足早に過ぎて行き、ここ東京・浅草もすっかり秋めいてきました。

9月に入ってからは突然の豪雨にみまわれたり、しばらく不安定な天気が続いていました。
洗濯物がパリッと乾く、そんな秋晴れの空が恋しい今日この頃です。

さてさて、秋といえば、食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋などなど、
「○○の秋」と、よく耳にしますが、皆様はどんな秋にしたいですか?

今回は、秋のテーマ別に役立つアイテムをご紹介します♪

◆読書の秋◆

本にカバーをつけて、いつでもどこでも読書を楽しみましょう。

jeong09-1.JPG
こぎん刺しブックカバー 各2,484円(税込)

◆行楽の秋◆

ピクニックや運動会にオススメ!

jeong09-2.JPG
左/木製漆塗りお弁当箱1段(大)3,564円(税込)
右/木製漆塗りお弁当箱2段 3,672円(税込)

jeong09-3.JPG
ステンレスマグ 2,376円(税込)

◆紅葉の秋◆

お部屋の中でも秋を感じたい人に!

jeong09-4.JPG
手拭い「秋の声」1,620円(税込)/手拭用額縁 10,800円(税込)

◆スポーツの秋◆

アミューズミュージアム、オリジナルTシャツを着て、スポーツで汗を流すもよし!
ということで突然ですが、
<2014年上半期オリジナルTシャツ売れ筋ランキング>を発表〜。

【第3位】 北斎そばTシャツ
jeong09-5.JPG

【第2位】 すしたまごTシャツ & すし鉄火巻きTシャツ
jeong09-6.JPG

【第1位】 すしとろTシャツ
jeong09-7.JPG

オリジナルTシャツ 各3,240円(税込)

◆食欲の秋◆

ショップでは食品の取り扱いがないのですが、食欲の秋にピッタリな催し物があります!


9月28日(日)11:00より1Fミュージアムショップ店頭にて開催されます。
熊本のおいしい有機野菜やお米、乾物などが販売されますよ。
食欲の秋を満たすべく、ぜひお越し下さい!

◆芸術の秋◆

そして最後はやはり、芸術の秋!
アミューズミュージアムでゆったりとアート鑑賞をどうぞ。
特別展「奇跡のテキスタイルアート」は、9月28日(日)までです。

まだご覧になられていない方は、お急ぎ下さい!

それでは皆様、それぞれの秋を満喫して下さいね。
個人的には「睡眠の秋」希望です。

ご来館を心よりお待ちしております。

アテンダント ちょん

カテゴリ:

ぐんと涼しくなったり、
強い日差しが照りつけたり、
季節の変わり目、
皆さまいかがお過ごしですか?
 
9月はコンビニおでんが一番売れるんだそうです。
ちょっと寒くなると食べたくなるその気持ち・・・
わかります・・・。
 
さて、
先月「鉄器」をご紹介した私が、
今月ご紹介するのは
 
「鉄器」です!!笑
 
種類豊富な当店の鉄器商品から、
9月になると1番売れ(そうな気がす)る
「鉄器」商品をご紹介いたします。
 
taji29-1.jpg

taji29-2.jpg
ティーポット カエデ¥7,344
カエデの釜敷¥1,620
 
暖かい煎茶でほっと茶菓子をつまみたくなります。
暖色の赤を選びたくなりますが、
ほら、青もいい味でてますよ。

taji29-3.jpg

taji29-4.jpg
平燗瓶¥5,940
格子模様の釜敷¥3,132
 
こちらはお酒用の鉄瓶です。
内側はホーローになっています。
秋の夜長。晩酌にもってこいです。
 
taji29-5.jpg
さてこちら、シンプルな鉄瓶・・・?
実は多機能なんです。
 
taji29-6.jpg
コーヒーポット¥10,800
ポット・ドリッパー・茶こし3点セット
六角亀甲の釜敷 (大)¥1,620
 
ドリッパーにフィルターを入れてコーヒーに♪
茶こしを使用してティーポットとして♪
直火(電磁調理器対応)にかけ湯沸かしとして♪
ホットドリンクはこれ一つでお任せあれです!
 
鉄器で沸かしたお湯には、
身体に吸収されやすい鉄分が含まれています。
皆さま、秋のおともにいかがですか?
 
ご来館お待ちしております。
 
アテンダント
タジマ

カテゴリ:

急に朝晩涼しくなってきた今日この頃です。秋の訪れを感じますね。

ミュージアムショップにもたくさんの秋がやってまいりました。

まずは今年の新顔。
手ぬぐいの秋の新柄をご紹介します。

kaji32-1.jpg
実ざくろ ¥1,080
ピンクのグラデーションが綺麗です。
中の実のつぶつぶ感がいいですね。

kaji32-2.jpg
銀杏ちらし ¥1,080
よく見ると一粒銀杏が混じっています!

秋といえばお月見。
夏は花火を見ながら一杯。
秋は月見酒、いかがでしょうか。
そんなお供にぴったりなのがこちらの猿杯。

kaji32-3.jpg
サイコロを振って、出た目でワイワイ盛り上がるという遊び方もできます。
猿杯 ¥3,240  餅つきうさぎ手ぬぐい ¥972

食欲の秋のお供に。
ジュースやお酒の瓶も手ぬぐいで包めば立派な贈り物になります。

kaji32-4.jpg
キンモクセイづくし ¥1,296

包み方は簡単です。
くるんで、ねじって、結ぶ。これだけです。
kaji32-5.jpg

最後に9月17日から28日まで2階ギャラリーで個展を開催する藍染ブルーハンズの秋の一作品をご紹介。
kaji32-6.jpg
花唐草 麻2mの大作です。
型から染めまで全て手作業。
次回展示では新たな藍染作品が多数出展されます。

どうぞ秋の浅草散策がてら、お気軽に遊びにいらしてください。

アテンダント 梶

カテゴリ:

もう少しで夏休みも終わりですね。
当館にも、食品サンプル製作体験やミュージアム見学など、たくさんのお子さんがきてくださいました。
宿題も無事終わって、あとすることといえば...

毎日がんばってくれるママやパパのお手伝い! 

掃除や食器洗いのように、ちょっとしたことをしてくれると、とても嬉しいですよね。
そして、そういったお手伝いでも、ものを大切にすることや地球にとっての良い選択などを学ぶことが出来ます。 
今回は、そんなときに使える便利でかわいく、地球に優しいグッズをご紹介します。 

北欧やドイツではフキンの定番として使われているスポンジワイプです。
 
Okada16-1.jpg
左上から時計回り 
グリーティングワイプカード 各778円(税込)
ムーミン谷の仲間たちブルー
トーベ100thアニバーサリー
スニフはどこ?(カード)グリーン「ムーミン谷の彗星」より
海の真珠集め(カード)ホワイト/ブルー「ムーミン谷の彗星」より
トーベ100th アニバーサリー(カード)アップルグリーン
ムーミン谷の仲間たち(カード)オレンジ

Okada16-2.jpg
左・グリーティングワイプカード エイプリル グレー
右・グリーティングワイプカード エイプリル レッド
各778円(税込)

水を含むスピードはとても早く、乾きも早いという特徴があります。 
少しだけの洗い物なら、この上に乗せておけば水切りカゴ代わりになります。
生乾きやカビが生えるなんてこともないくらい、カラッと乾く優れもの!
また、セルロースとコットンで出来ているため、使い終わっても土に還るという、地球に優しいスポンジワイプ。
煮沸も出来るので、いつでも清潔ですね。
今年、生誕100年を迎えたトーベ・ヤンソンのムーミンや、リサ・ラーソンのイラストもとてもかわいらしく、贈り物としても使えます。
Okada16-3.jpg
封筒とカードがセットになっているので、メッセージを添えてこのまま郵便として送ることができちゃいます!
封筒に120円の切手を貼ったら、ポストに直接投函してOK!
これはちょっとセンスあるプレゼントになりそうですね。

そして、洗う方に最適なスポンジにはこちら。
Okada16-4.jpg
左上から時計回り
ポップアップスポンジ 
ムーミンママ レッド 
ムーミン ホワイト 各432円(税込)
型抜き迷子のヒツジ グレー&ピンク2枚入り
型抜きしろくま ブルー&ピンク2枚入り 540円(税込)

ムーミンや、羊などかわいい柄ばかり。
もちろんこちらもセルロース。水を含むとかなり膨らみます。
ふわふわしているので、これなら食器も傷つけないし、洗ってる最中にスルッと手から滑り落ちる心配もありません。
お風呂洗いにも使えます。
お風呂洗いやお皿洗い担当を決めたら、ぜひプレゼントしてあげてくださいね!

最後にMT x Lisa Larson WRAPとマスキングテープをご紹介。

Okada16-5.jpg
MT x Lisa Larson WRAP 1,512円(税込)
マスキングテープ各種 各248円(税込)

このラップは両サイドに糊が付いているので、簡単に封筒や袋などが作れます。
ちょっとしたお菓子なども、これにいれて渡せば喜ばれること間違いなし!
そして、貼ってはがせるマスキングテープの柄は、リサ・ラーソンではお馴染のMIKEYとIGGY、そしてドット牛。
全柄を揃えたくなるかわいさ。
和紙で出来ていて、海外の方からも人気です。

まだまだ暑い日が続きます。
これからも浅草はたくさんの行事が予定されています。
夏休みが終わっても、当館は元気に営業しておりますので、ぜひ気軽にお立ち寄りください。
お待ちしております。

アテンダント オカダ

カテゴリ:

皆様こんにちは、アテンダントのじゅんです。

今年の夏は、例年以上に暑くて暑くて、「体調が少し優れないな?」という方も多いと思います。
例にも漏れず汗っかきな僕もこまめに水分補給をしながら、「夏バテなんかにまけないぞ!」と気合を入れて生活をしています。
 
うだるような暑い夏。
そんな中、人間よりも元気に活動しているのが昆虫たち。
その中で、ひときわ元気に大合唱をしているものがいます。
それはセミ。
真夏の象徴でもある彼等は、水分補給する時間さえ惜しむように、休みなく鳴き大空を羽ばたいています。
彼等を見ていると、なんだかこちらままで元気になるような感じがしませんか?
 
そんな元気イッパイのセミをあしらった可愛い小物が当館ショップにも登場いたしました。
 
Ohara29-1.jpg
「蝉袋 1,620円」
 
力強く羽ばたく羽まで見事に付いた、セミ型の巾着袋です。
手のひらほどの大きさなので、スマートフォンを入れるのにも良さそうな、使い勝手の良いセミ袋です。
袋の入り口となる大きな口は、なんだか癒されるような可愛いらしい表情をしています。
 
元気なセミに続いては、そのフォルムがまるでロボットみたいで、元気なセミとは一味違った、孤高の芸術性を感じられる、僕が昆虫の中で一番好きなトンボのグッズをご紹介いたします。
 
まずはこちら。
 
Ohara29-2.jpg
「トンボ柄手ぬぐい 青 1,080円 水色 864円」
 
マシンのようなトンボのフォルムを、さらにデザインかさせたかのように全体にあしらっています。
 
続いてのトンボはブローチになっています。
 
Ohara29-3.jpg
「トンボブローチ 1,620円   蛍柄扇子 2,808円」
 
こちらはトンボのフォルムを丁寧に古布で作った作品です。
胸元につけると、まるで本物のトンボが止まっているかのように見えるブローチです。
透明なテグスを使って天井から吊るして、インテリアとしてお使いいただくのもオススメです。
そして、お隣はトンボと共に僕の好きな蛍をあしらった扇子です。
夜の帳の中、ポゥと光る蛍の光は少しだけせつなく、短い夏の一瞬のきらめきを表しているかのようです。
 
猛暑の夏。
エアコンの効いた室内でのんびりしがちですが、思い切って外へ出て力いっぱい生きる昆虫たちと出会って元気を貰うのも「気持ちの夏バテ対策」になるのかも知れません。
夏も後半戦に向かいますが、まだまだ夏を満喫してお過ごしください。
そして、夏の思い出の1ページとして、当館へお越しいただければとても幸せに感じます。
 
皆様のご来館、心よりお待ちしております。
 
アテンダント・じゅん
(お出かけの際は、水分補給を忘れずに!)

カテゴリ:

毎日暑いですね。 
クールなことを考えましょう。

abe07-1.jpg
ネイルクリッパー侍の五右衛門 648円

クールって書いてあります。
確かに「武士は食わねど高楊枝」や「武士道は死ぬことと見つけたり」はクールな感じがします。
そういえば「浪人は長いものから食い始め」というのも割り切った感じがクールです。
江戸時代、武家は総人口の一割に満たなかったようですが、
百万都市・江戸に限ればその半分が武士階級だったそうです。多いですね。
「抜けば玉散る氷の刃」というように、この爪切りの切れ味も相当クールなんじゃないでしょうか。

abe07-2.jpg
東京路線マップてぬぐい 691円
風神が風を起こし、雷神が雨を降らせてくれればさぞや涼しくなるでしょうが、
それはそれとして、俵屋宗達の風神雷神図と都内鉄道路線図のコラボがまたクールです。
因みに、アミューズミュージアムの最寄り駅は、
東京メトロ銀座線、そして都営浅草線の浅草駅です。
 
abe07-3.jpg
スカイツリーが見える名所江戸百景 1,080円
浮世絵マグネット富士寺ツリー 324円
コラボといえば、19世紀半ばの江戸の風景と21世紀東京のスカイツリーの競演もクール。
「名所江戸百景」といえば、「東海道五十三次」と並ぶ歌川広重晩年の連作浮世絵名所絵の代表作です。
ゴッホが精巧な模写を油彩で残した「大はしあたけの夕立」と「亀戸梅屋舗」もこのシリーズでした。
写真は左より「(浅草寺)駒形堂吾嬬橋」「浅草川大川端宮戸川」「浅草川首尾の松御厩河岸」。
ジャポニズムはまさに150年前のクールジャパンですね。

abe07-4.jpg
浮世絵額「当時三美人」 86,400円
 クールといえばクールビューティーですが、
美人画の泰斗・喜多川歌麿が描いたこの寛永の三美人の華やかさには突出したものがあります。
上が吉原の芸者・富本豊ひな、左は両国の水茶屋の娘・高島屋おひさ、
そして右の難波屋おきたは浅草の随身門、つまり二天門脇の水茶屋で働いていました。
まさに現在アミューズミュージアムがある処です。
写真はボストン美術館に名高いスポルディング・コレクションの、極めて保存状態の好い浮世絵を
高精細デジタル複製により現代に蘇らせた額入りの一品です。
サイズは大判(39x26.5cm)、額縁を合わせると縦横プラス30cmといったところ。
人気絶頂の歌妓と千客万来の看板娘ふたりを店先に飾れば、商売繁盛間違いなしでしょう。
それでは最後に現代のクールジャパン、そしてトーキョーポップに戻るといたします。

abe07-5.jpg
美少女の美術史 2,700円
書籍コーナーの一角でも異彩を放っている一冊。
今年の青森県立美術館が開催している同名展覧会の公式カタログでもあります。
表紙はルイ・ヴィトンとのコラボやTOKYO MXのキャラクター制作でも知られる
村上隆さん主催のアーティスト集団KaikaiKikiのMr.さんの作品。
海外オークションで村上さんの等身大フィギュアに16億円の値がついたと新聞で読んだ時は、
私も凄い時代が来たと思ったものです。
ページを開くと、本邦における日本絵画の歴史、
絵巻・屏風絵・浮世絵・洋画・広告・挿絵・イラスト・マンガ・アニメ・フィギュアなどなど、
少女絵にまつわるムーブメントや技術の変遷がかなり真面目に研究されていて、一読の価値有りです。
クールを求めるあまり、予想外に熱く語ってしまいました。
皆さまも適度な休養と水分補給を忘れずに、残りの夏を愉しんでください。
 アテンダント ABE

カテゴリ:

<< 前の10件 16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26
page top