1  2  3  4

もうすっかりお馴染み、藍染め工房BLUEHANDSが藍染体験を開催します。
この貴重な機会に是非参加して、自分だけの藍染め作品を作ってみませんか?

また、お子様の夏休み自由研究としても楽しんで頂けるかもしれません。

●体験可能日
8/15(土)、9/21(月・祝)、10/11、25(日)

●受付時間/13:30~15:30
●受付場所/屋上染め場
●体験時間/約30分

■ご料金
ミニハンカチ2枚:1000円
※染め体験の初級編です。20cm位の薄い正方形ハンカチを染めていただきます。
カップルで、親子で記念にどうぞ。

ミニハンカチ+ガーゼタオルハンカチ:2000円
※染め体験中級編です。厚みがあるガーゼタオルハンカチに挑戦。
お父さんへのプレゼントに最適なタオルハンカチに挑戦。

手拭い:3000円
※本格派の絞り染め体験。紐でしばって、どんな紋様が現れるのか。
あなたの感性を本格チェック!

■持ち込み&染直し対応
Tシャツ(M、L):5000円、Tシャツ(LL、XL):6000円
※お好きなTシャツを買ってきて、持ち込みでそめて頂きます。
または、今まで着てきた愛着のTシャツを染めリメイク。綿素材であれば、ほぼ対応できます。
コート等の大きな物は、要相談となります。

■型染め体験(予約制)
オリジナル手拭い&ハンカチ作り:4000円
お好きな型紙を選んで頂き、糊置き、染めまでオーダーメイドで染め体験。(60分~120分)

※型紙や糊の準備をするため、予約制とさせて頂きます。
下記までメールにてお申し込みください。
bluehands9@gmail.com
ご予約は、前日の18時までにお願いします。

※体験料金のお支払いは、屋上にてお願いします。
※藍の状態により染め色が薄い場合がございます。
※雨天の場合は中止になる場合があります。予めご了承ください。

以下は、先日開催された、ミニ短冊の無料体験風景です。

sukumo01.JPG

sukumo02.JPG

sukumo04.JPG

カテゴリ:

some30-1.JPG

ミュージアムの屋上で染めていると、色々と話しかけられる。

大抵は、自分もやった事があるとか、染めてもらえる?とか、へーとか、ほ~とか、Helloとか。
そんな中で、子供たちの反応は一味違う。
染めている時の臭いを嗅ぎ、これはくさやですか、と。
ミュージアムのスタッフさんは、牛舎の臭い~とか、魚介系~とか。
色より臭いが、最初の感想。

先日は、"あなたはこれで食べて行けてるの、家賃は払えてるの、結婚はしてるの。
女はね~、何とかだから、覚えておいた方がいいわよ。結婚だけが幸せじゃないから、でもまだ若くみえるから、大丈夫よ~、そうよ~。"と三人組のお姉さんたちが、アドバイスなのか何なのか、好き勝手にお話されて帰って行かれた。

色にも、臭いにも、興味を示さず、何でここでやっているのかが気になったご様子。ズバズバと切り込む潔さに、きっと浅草人なのかな~、と。女は何だったのか、肝心な所を忘れてしまったが、裏表の無い人は、本当に少ない。本心は、誰しも欲ばかり。私もまた然り。好きな様に染めて、買ってくださる人がいるから、まだここで染められる。

最近は、一晩寝ても、背中や腰の疲労が抜けない。皆々様のお言葉を、有難く聞き流している。



手染めで、手作り。色んな愛着がある藍染品、只今、1階ショップに仰山ございます。
お立ち寄りの際は、ぜひ。入館料がかかりますけど、4階のアトリエへもどうぞ。色んな藍色も楽しめます。

some30-2.JPG
4Fアトリエの風景

ブルーハンズ

カテゴリ:

some22.jpg
※画像はクリックで大きく表示されます。

4Fの一室で型付けをして、屋上で染めて、床掃除。
お弟子さんでも入れば、作業分担できるのですが、何分、コネもカネも無い身、ミュージアムの階段を上り下りをしながら、忘れ物が無い様に、あれこれ考えつつ、染め作業をしている染め人の夏、2014です。

先月募集したお手伝いさん、降臨。とはいかず、雑誌計画も、五里霧中。
夢と現実の距離感が、まだまだとほい、今日この頃。人見知りも手伝って、制作三昧、染め三昧。
それで満足なのだから、便利なお人柄です。

さて、9月の展示会。Tシャツ20点程がメインです。
今回は首回りが伸びないように、後縫いで二重に縫い込み加工をしています。何処までステッチを入れるか、楽しく悩んでいます。青や水色、グリーン系と、涼しげな風合いで仕上げています。
龍虎柄も結構あります。夏帽子、手拭い、ポーチ、ガマ口、ハンカチもございます。

今回は、今まで出逢ったソウルクリエイター、刺し子人をはじめ、織り人、書道家、能面師、ペインターなどの作品も一緒に展示します。

そして、"あなたも参加できます。" 企画があります。

作ったモノを、アミューズミュージアムで出展したい!という方は、4Fのオープンアトリエにあるエントリーノートにご記入頂くか、展示期間中にHP情報等をご記帳ください。
"ナイス!"という方は、こちらからメール致します。参加費は無料です。

■information■

「ブルーハンズの新作展、2014夏。」

◉期 間/9.17(水)~28(日) ※9/22(月)はお休み
◉OPEN/10時~18時(最終日は16時迄)
◉場 所/2F:手仕事のギャラリー&マーケット

※入場は無料。1階奥の受付にて見学希望とお伝えください。

カテゴリ:

some28-1.jpg
※写真はクリックで大きく表示されます

ブルーハンズをやり始めて、かれこれ、7、8年。そもそも実態の無い架空
工房でした。取り合えずハギレで物作りして、HP作って、どっかに出して
と。あの頃は、作っていく事が何よりも面白かった。

               ●

今、色々と買ってくださる方が増え、Blue Handsを、みんなの為にある
ように考え始めています。

some28-2.jpg

"十人十色のファッションだから、オンリーoneしか欲しくない。"

"唯一無二の人生だから、一蓮托生。"

"昔もいいけど、今もいい。この先の日本も、これまたイイ。"

"This is JAPAN.  This is cool. This is soul."

そんなお声に出逢えるよう、色んな想いを拾い集めて、人の心が豊かになる
ような雑誌、「Blue Hands」を発行できたらと。
some28-3.jpg

               ▼

     そこで、雑誌編集のお手伝いさんを、少し募集。

イラストレーターを扱える方で、フリーペイパーを作ってみたい方若干名。

◉作業内容/藍染取材、撮影、編集など。(お暇な日での活動でok)

基本、ノーマネーですので、編集、入稿までの手順が何となく出来れば、学
生さんも歓迎します。誌面デザインがメインですが、構成アイデアを一緒に
練ったり、取材したり、広告作ったり、3年位のスパンで発行までと考えてい
ます。遊び感覚で面白いコトを探せるお仲間、カモン!藍染ショップやクリエ
イター等のご応募も、合わせてお待ちしてます。

雑誌のサブテーマは、~ Think JAPAN ~ 大切にしたいモノやコト。です。

◉参加特典/ミュージアム内のブルハンアトリエ訪問可、型染体験可、ミュー
ジアム見学可、屋上からの浅草寺体験可、各種館内イベント参加可、などなど。
この場所ならではの特典をご用意しております。

興味ある方、お気軽にこちらのメールアドレスまで作品HPやPR等お送りください。

      ●

手仕事のギャラリー&マーケット2F
「ブルーハンズの新作展2014夏」
9/17(水)~28(日)

カテゴリ:

to 7.ブランドを立ち上げてから、
願い事は何だろうと、考えている。

お金は程々で、運は少し、
縁があって、夢はいっぱい、
仲間がいて、お酒があること。

毎日、自分の好きな絵柄を、
藍で染められるたら、幸せ。

そこに、"いいコト"が少し。

山のさち、海のサチ、
気持ちいい風。
マジックアワーに、
音楽と、ビール。

そして、

ブルーハンズを着ている人が、
ハッピーな事。
また欲しいと思ってくれるコト。

大切な人に、プレゼントしたくなる事。
想いが伝わること、
その人の願いが叶うコト。

色んな愛着、
色んな勇気、
色んな言葉が、

藍を通して、伝染すること。

手から手、人から人。

このリンクを大切にしていけば、
僕たちは、もっと幸せになれる。

two seven

明日には、叶うこと。

すべての人に、
幸運を。

some27.JPG
※画像はクリックで大きく表示されます。

四ツ葉のクローバー等のロゴ図。

染め人

●近況報告

◉Think Japanプロジェクト第一弾
「いいコト、届け、東北。~国芳からの贈り物~」
ハンカチ&ミニ巾着、妖怪展/2Fに出品中です。

◉龍神T-Shirt 2014 new blue
「天然藍 × Made in Japan × Swarovski」
1階ショップで、登場中です。

◉手仕事のギャラリー&マーケット2F
「ブルーハンズの新作展2014夏」
9/17(水)~28(日)に開催予定です。

4階アトリエにて、製作中の品々、毎日公開中です。

ご来館のおつまみに、是非、どうぞ

カテゴリ:

浅草寺の横にある浅草神社。
ここは、三人の神様をお祀りし、「三社さま」
とも言われています。
この祭りの聖地は、ブルーハンズにとっても神の杜。

some26-1.JPG
三騎の神輿が眠る、とある日の蔵。

三社祭の半纏を染める、紺屋さんで働いて
浅草でミュージアムに出逢って、
屋上でも染めさせて頂いて、
投網にかかったような人生が始まっています。

運命か、ご縁か、悪戯か。

この藍の糸は、一体何処へつながっているのか。
毎回訪れる煩悩は、いつ晴れるのか。
豊かな心は、いずこにあるのか。

some26-2.JPG
願いを叶える「to 7. 」のロゴマーク

Make a wish. for luck to you
ま、きっと、いいコトあるさ

と。


さて、

5月の第三週が近づいて参りました。
15~18日は、浅草がお江戸に変わる日。
お囃子、神輿、お酒に、はちまき。
もちろん衣装は、藍染はんてん。
江戸の風情がウェルカムバック。

some26-3.JPG
三社の網をあしらった藍染印半纏

染める側から、楽しむ側へ行ける日は、
また頑張ろ、と思える時。

威勢よく花開く、春ぼたんの様にデザインされた牡丹字。
吉原の外堀をあしらい、人との繋がりも示した吉原つなぎ。
町の名称に合わせた、色んな動物たち、などなど。

some26-4.JPG
金龍がいる浅草寺は、もちろん龍。

町内会ごとに異なる "しるし" を背負う、印半纏は、
意味があって、洒落っ気があって、本当にカッコイイ。

反骨精神、義理人情、
てやんでいな、職人魂、いなせな姿、
後悔なんて一昨日来やがれ。
思い立ったら、すぐ動け。やってダメなら考えろ。
心意気から始まる物語り、江戸っ子ソウルを、
この日に、思いっきり、吸収します。

三社際で、日本の心を、深呼吸。

some26-5.JPG
とある日の浅草寺・宝蔵門

藍の手
ブルーハンズ

●近況報告

その1
三社祭のために作ったハンチング、
十数点、完成しました。
ミュージアム1階で、是非どうぞ。
お祭りに合わせて、最終仕上げ中です。

その2
5月末から、2階ギャラリーで始まる、
"(仮称)妖怪展"へ、藍染品を出展します。

some26-6.JPG
※この画像はクリックで大きく表示されます。

Think Japanプロジェクト第一弾、
「いいコト、届け、東北。~国芳からの贈り物~」
そんな想いのハンカチ、染めてみます。

カテゴリ:

展示会も終わって、桜も咲いて、
すっかり制作意欲も抜けてきた春、
皆さまはいかがお過ごしですか。

some25-1.JPG
浅草寺のしだれ桜。

お越し下さった方、お買い求め頂いた方、
誠にありがとうございました。

いつも思うのですが、また作ればいいと思いつつ、
お客さまの手に渡った瞬間、そのモノへの愛着は満たされて、
気付けば、いつも一点物。
商売っけは、まるで無しの職人肌。

次は何を染めようか、
次は何を作ろうか、
それを考え続ける事が、
何より楽しい作業なのです。


今は、龍神さまが、マイテーマ。

some25-2.JPG
blue hands Exhibition 2014会場風景
(以下、作品の写真はクリックで大きく表示されます。)

どんな龍神伝説を創造するか、
3.11、東北、日本、手と手、未来、
そんなキーワードとリンクできる物語
にしたいなと、おぼろげに考えています。

最後に、展示会で春の藍染コーディネイトをしてみました。

some25-3.JPG
7分丈の羽Tと濃華のサンダーマフラー

some25-4.JPG
般若のロンTと彼岸花のバーコードスカーフ

some25-5.JPG
家紋と友禅柄のがま口ショルダー

春のお友にいかがでしょうか。

1階フロアで、まだ売れ残っているかもです。
詳しくは、スタッフ様にお尋ねください。

ぶるーはんず。

●近況報告

只今、三社祭りに合わせて、
新作ハンチングを制作中です。
5月の第3週、
1階ショップで吟味してください。

some25-6.JPG

いざ、浅草。

カテゴリ:

some24-1.jpg
※各画像はクリックで大きく表示されます。

昨年の4月から
4階の楽屋をお借りして
始めたオープンアトリエ。

ボロを見たお客様に、
もっと楽しんで欲しいと
制作風景を公開し続けてきました。

展示物が無くなったり、
冷やかされたり、
イロイロありました。

好きなモノを作り続ける為に、
休日を返上して染め続けました。

染め上がりを持ち帰り、
仕立て続けました。

型も彫り続けました。

昔の職人さん達が、
分業していた理由が
骨身に染みて分りました。

クオリティを高めるには、
同じ作業を
日々、同じ人が続ける必要があるのだと。

結局、柄から、染めから、仕立てまで、
一人でやると、
展示会をやるのに、約1年
かかりました。

ブルーハンズエキシビジョン2014

昔の職人さんたちへの敬意と、
粋な心、そして、色んな繋がりを
写真映像と、制作物で、
表現しました。

お越し頂いた方の心に、
何か
日本のエキスが染みればと
思います。

some24-2.jpg

いよいよ、明後日から。

カテゴリ:

some23-1.jpg
※画像はすべて、クリックで大きく表示されます。

物作りをしていると、ゴミが出る。
生地の切れ端、糸くず、梱包のビニール、
あて紙や、段ボール等々。

もったいないと思っても、何に使えばいいのかと、
いつしか色々、溜まってしまい、
小さなストレスも抱えています。

Think.

例えば、商品のタグに、
カッコいい雑誌を切り抜いて、
あて紙に貼って、好きな様にトリミング。

溜まる一方だった切れ端を、
完成品の中に一緒に入れて、
再利用方法もお客様にゆだねてみる。

some23-2.jpg

好きなモノを作って、そこから広がるリンクを
イメージしてみる。

Link.

今回のエキシビジョンは、何かを売るだけでなく、
そこから生まる種を、色々撒いてみたいと
思っています。

some23-3.jpg

"いつまでもカッコいい"、モノやコト。

コロコロと変わっていくその答えを、
「BLUE HANDS EXHIBITION 2014」で
投げかけてみたい、
今日この頃です。

ブルーハンズ

some23-4.jpg

■INFORMATION

3/4(火)〜16(日)
2階手仕事のギャラリー&マーケットで、
藍染展させて頂きます。
(10時〜18時/月曜定休)

カテゴリ:

新年あけまして、おめでとうございます。

some22-1.JPG
※画像はすべてクリックで大きく表示されます。

ご挨拶が遅くなりましたが、2014年の染め人ライフ、
今日から始まりました。

また4階で型付けして、屋上で染めて、
のんびりと、ゆっくりと、腰を押さえて
歩いて行きます。

空や鳥、雲や風、光や雷。

どこか気持ちよくて、カッコいい、
風光明媚なデザインを追い求めて参ります。

浅草だから、Blue Handsだからを、
もう一歩踏み込んだ、
エコで豊かなモノ作りも考えて、
型彫って、生地を選んで、手染めして。

まずは、3月の展示会。

some22-2.jpg

For earth, For your child, For our future.
Thanks for WHAT.

昨年4月から染めたモノで、
色んな想いが表現できたら、
と、思っております。

some22-3.jpg

ひと味違った即売会を目指して、
会場レイアウト、ムービー編集、仕立てに、にっきと、
師走から走り続けています。

今年も、皆様のご感想、どしどしお聞かせくださいませ。
本年もよろしくお願い申し上げます。

笑顔に出会えるよう、また頑張ります。

ブルーハンズ

ps.
2回ギャラリーのお正月展で
忠三郎さんコレクション、羽子板のお菓子型をゲットしました。

some22-4.JPG

掘り出し物が、ぽつぽつ並んでいます。
19日までだそうで

カテゴリ:

1  2  3  4
page top