<< 前の10件 1  2  3  4
本日は雨。本当に雨男。6月生まれだからか、神の悪戯か。運があるのか無いのか、よく分らない。
と愚痴った所で、本日のにっき。

今日は、オープンアトリエのご案内を色々とぶら下げて、お客様のお出迎え作業。
some0421-1.JPG

それから、4階の一室を型付け部屋に変えて、音楽かけて、自分のBOROズボンを飾って、準備色々で、もうぐったり。
some0421-2.JPG

染めの仕込み作業がまたひと苦労。
乾燥したすくもを水に浸して、ひたすら練り込む。9kgもあるので、かなりの重労働。
some0421-3.JPG
すくもとは、藍の葉を発酵させて作った物で、乾燥した藍玉の事。

ブルーハンズでは、すくもの栽培から行っている、あさもと工房さんからお裾分けして頂いている。
染めの作業は、染めるまでがなかなか長い。すくもを練り込んだら、今度は水を入れて藍の具合を見る。そして、柄を付けから染める。3時間位染めていると、染まらなくなってくるので、また藍の具合を整える。

そしてまた次の日まで待つ。人と一緒で藍も疲れてくるので、様子を見ながらの染めないとダメ。
自分勝手には進まない事ばかりなんです。お天気しかり、藍しかり、人の心もまた然り。
お陰さまで、今日も無事終了しました。

来週は、練ったすくもに水を入れて、藍建てです。朝一で行えば、夕方には染められるかな〜。
色がちゃんと出るまでは、いつもヒヤヒヤ、まだまだ青二才です。

4階のオープンアトリエでは、浅草寺が独り占めできるので、型紙使って、遊べます。是非、皆様もどうぞ。
some0421-4.JPG

レインマンでした。

カテゴリ:

今日は、染め道具の移動日。前日の春の嵐が、前途多難な門出を祝ってくれた。

広告制作をしていた20代、
日々変わっていくクライアントの要望に、自分の作りたい物なんて、いつしか何処かへ行っていた。
伝統工芸の道へ入った30代。
日々変わる事の無い同じ作業の繰り返しに、安堵しながらも、自分にしか出来ないモノが作りたくなってきた。

そしてはじめたブルーハンズ。コンセプトはいつまでもカッコいいもの。
フリマへ出して、値切られ、帰宅。手創り市に出しては、1個も売れず。
デザフェスに出しては、接客できず。
作る物が溢れていった3、4年。

浅草へ初詣した3年前。今年は二重のご縁があります様にと、25円をお賽銭箱へ。
そこで、出逢ったアミューズミュージアム。BOROの世界。田中忠三郎コレクション、もったいない、LOVE Handmad。空を舞うタッツケたち。藍が愛に溢れていた。
1階での実演。震災。2階での個展。自分の価値観がゴロゴロと動かされて行ったここ2年。

40代。自分が出来る事を、みんなの為に試してみたい。

そして始まる、オープンアトリエ。
BH0407_1.JPG
大切にしたいのは、人との繋がり。ありがとうの言葉。
やっておけば良かったと思わないように、言っておけば良かったと思わないように、その日の事はその日に清算していく。震災から学んだ教訓と、忠三郎さんから学んだ、人への優しさという心得。
色んな想いをグルグルに巻き込んで、次は、ひとつ一つをカタチにしていく。
それが、ブルーハンズの40代の歩む道。なのかなと、想いを吐き出し、粋な心を骨身に刻む。

さて、4/21からは、本格始動。
型付けをして、すくもも練って、染められるようにしないと。
若沖さんの新作Tシャツも色々、はよ、染め上げたい。
そして、スカイツリーや浅草寺をバックに撮影したい~。
BH0407_2.JPG

青いつぶやき
ブルーハンズでした。

カテゴリ:

<< 前の10件 1  2  3  4
page top