XM(XMTrading,エックスエム)の口座開設,登録,申し込み方法や始め方,入金や出金方法、本人確認書類の提出方法や口座タイプ、ボーナスについて徹底解説します。

XM(XMTrading)の口座開設,登録,申し込み方法や始め方

xm

XMの両建ては禁止でばれる?両建てのやり方やルールを解説

投稿日:

XM(XMTrading)
 
XMTradingは
・多彩な入出金方法に対応している
・約定率が高い
・セーシェル金融庁(FSA)が発行している証券ディーラーライセンスを取得している安心安全な海外エフエックス取引所である
ことから現在日本で最も人気がある海外FX取引所ですが、いざXMに口座開設(登録)してトレードしたい!と思っても、XMTradingの公式サイトには両建てについてあまり詳しくは記載されておらず分かりづらいですよね。
 
あなたはXMTradingの

「両建てのメリットやデメリットは?」
「両建てのやり方(注文方法)やルールは?」
「両建ての証拠金や解除方法は?」
「両建ては禁止でばれると口座凍結なの?」

って思ったりしていませんか?
 
XMでのFX取引では「両建て」と呼ばれるポジションを建てることができます。
 
両建てとは買いポジションと反対売買の売りポジションを同時に保有する状態ですが、正直買いと売りのポジションを同時に保有することに何の意味があるのかと疑問に思う方もいることでしょう。
 
ですのでこのページではXMTradingの

・両建てにはどんな役割があるのか
・両建てのメリットやデメリット
・両建てのやり方(注文方法)やルール
・両建てする場合の証拠金について
・両建ての解除方法
・両建ては禁止でばれると口座凍結されないのか

などについて丁寧に解説します。
 
XMのような海外エフエックス取引所が初めての初心者でもわかるように詳細に解説しますので、あなたはこのページに記載されている情報を利用することによってエックスエムの両建てについて理解して適切にトレードできるようになります。
 
さらにはXMでの具体的な両建てのやり方と注意点も説明するので、FX取引のテクニックを向上するのに役立つ内容となっています。
 
※目次をクリックすると該当箇所に飛びます。

XM(XMTrading)の両建てとは?

XM(XMTrading)
 
両建ては同じ通貨ペアで売りポジションと買いポジションを同時に保有することです。
 
両建てでは相場がどのように変動しても、片方のポジションが含み損になる一方で片方が含み益となるのでお互いに損益を相殺します。
 
ただしXMでは両建てを「同じ口座内で」行うことのみを認めており、複数の口座がある場合たとえば買いポジションのある口座とは別の口座で両建てとなるポジションを建てることは禁止されています。
 
ですのでFX取引の初心者は意図せずに、XMの異なる口座で両建てをしてしまうことがあるので注意しましょう。
 

XM(XMTrading)の両建てはFX取引で役に立つ?

XM(XMTrading)
 
両建てポジションを保有している間は損失が生じないかわりに利益も生みませんので、それでは何の役に立つのか疑問という方もいるでしょう。
 
実はXMTradingの両建ては利益を生むためのテクニックとしていろんな役目を持っていますので、以下で分かりやすく説明します。
 

心理的なメリットがある

これは実際に両建てをやってみるとわかりますが、XMTradingの両建てには心理的に大きなメリットがあります。
 
たとえば今XMTradingでUSDJPY(米ドル/円)が強いと判断し買いポジションを持っているとして、予想どおりに値を上げたところで、じりじりと下げ始めたとします。
 
この場合一時的な下げなのでまだ上がると判断する人は少なくないと思われますし、ここからさらに下がればいわゆる「ナンピン」をしてドル円の買いポジションを増やすかもしれません。
 
しかし結果として本格的な下げに転じた場合、損切りをせずに次の値上がりがあるまで買いポジションは保有し続けようという人もいるかと思います。
 
こういった行動はFXやCFD取引の初心者が良くやってしまう行動ですが、これは結果として買いポジションは塩漬けになりかねません。
 
このような場面でXMで売りポジションを建てて両建てすれば、相場の流れを冷静に分析できるようになります。
 
当初の上げ予想にこだわることなく、下げに転じたと判断して買いポジションを決済し売りポジションに切り替えることができます。
 

保有ポジションのコスト削減に利用できる

XM(XMTrading)
 
XMで買いまたは売りのポジションを保有している間は、相場は上下動を繰り返しながら上がるか、あるいは下げます。
 
もし上げ続けるならば一時的に下げたところでポジションを決済し、さらに安くなったところで買い戻すことができます。
 
これで買いポジションのコストを下げることになりますが、問題は買い戻したあとにふたたび上昇するかどうかです。
 
このような時にXMで買いと同時に売りポジションを建てて両建てしておけば、もし下げに転じても買いポジションは損失ですが売りポジションに利益が出ますので、トータルの損益は0のままです。
 
下げに転じた後予想どおりに反転上昇すれば、売りポジションを決済して利益を確保できますので、これは買いポジションを安く買いなおしたことと同じで保有ポジションのコスト削減につながります。
 

両建ての注文方法

XM(XMTrading)
 
すでに述べたように両建ての注文方法はXMなどの海外エフエックス業者で単純に同じ通貨ペアを同じロット数で「買いポジション」と「売りポジション」を建てるだけです。
 
ただし2つのポジションを同時に建てることはできませんし、ほぼ同じタイミングで建ててもスプレッド分の含み損となる点に注意しましょう。
 
一方XMでの両建てを解除する方法は
・片方ずつ決済注文を出すこと
・「一括決済」機能を使って同時に決済する
の2通りあります。
 
また両建ては相場の値動きを読んで片方のポジションだけを外し、もう片方のポジションはそのまま保有するやり方もあり。これは「つなぎ売買」と呼ばれFXトレードにおけるテクニックのひとつです。
 

両建てのメリット

XM(XMTrading)
 
続いてXMでの両建てにどんなメリットがあるのかをご紹介します。
 

相場の方向感が掴めない時に役立つ

 
たとえば相場が上昇すると予想して買いポジションを建てたとします。
 
しかし値動きが上下動を繰り返す揉み合い相場となった場合、上がるのか下がるのか判断できなくなります。
 
このような時に同じ銘柄で反対の売りポジションを建てて両建てにすれば、上げ下げのどちらに動いても対応できます。
 
もし買いポジションのみを保有している状態で相場の下落を確認したら、かなり値が動いたところで買いポジションを決済し、さらに売りポジションを建てることになります。
 
この場合下落の勢いが強ければ相当に不利な価格で売りポジションを建てることにもなるでしょう。
 
その点エックスエムで早いうちに両建てしていれば、相場の下落を確認してから買いポジションを決済することで買いポジションは損失が出ますが、売りポジションには含み益が生じることになります。
 

ロスカットされる可能性が低い

XMで同じ通貨ペアを同数量で両建てすれば、相場がどのように動いても証拠金の変動はほとんどありません。
 
たとえば含み益のある売りポジションを保有したままオーバーナイトしたい時、寝ている間に大きな相場変動が生じてロスカットされ含み益が減る、あるいは含み益が損失に転じるといった事態にもなりかねません。
 
その点含み益が出た段階でとりあえず反対ポジションを建てて両建てにしておけば、相場がどのように動いても含み益は確保したままにしておけます。
 

両建てのデメリット

XM(XMTrading)
 
エックスエムの両建てには先ほどお話ししたようなメリットがありますが、良いことばかりではなくデメリットもありますので、以下で詳しく説明します。
 

両建ては解除しないと利益が出ない

XMでの両建ては解除しないと利益がいつまでも出ませんので、含み益のあるポジションかあるいは両建てを同時に決済する必要があります。
 
両建てを同時に決済する場合片方ずつ決済してもよいのですが、同時決済すれば値動きが早い時もほぼ同じタイミングで決済できます。
 
MT4/MT5アプリではできませんが、XMの専用アプリなら両建てを一括決済できます。
 
XMのスマホアプリでの一括決済のやり方については、以下のページで詳しく説明していますので参考にしてください。
⇒XMスマホアプリのダウンロード,設定や使い方を徹底解説
 

スワップによる損失が生じる

XM(XMTrading)
 
XMで両建てによるポジションを建てている時、オーバーナイトで日をまたいで持ち越すと買いと売りのスワップポイントの差による損失が生じます。
 
買いポジションと売りポジションはどちらかでプラスのスワップポイントが発生することもありますが、XMのような海外エフエックス取引所では売り買いの両方でスワップポイントはトータルマイナスになる仕組みとなっています。
 
XMのスワップポイントについては、以下のページで丁寧に説明していますので見てください。
⇒XMのスワップポイントは悪い?一覧や確認,計算方法を解説
 

同値での両建ては含み損になる

XM(XMTrading)
 
エックスエムで
買いポジションまたは売りポジションを同値で決済したら損益はゼロですが、同値で両建てにすると買いポジションと売りポジションそれぞれのスプレッド分が含み損として発生します。
 
つまりXMで両建てする場合、スプレッド分×2以上の値幅を確保しないと損失が生じることを心得ておきましょう。
 

大きな値動きで損失となることも

XM(XMTrading)
 
上の図はエックスエムで売りポジションを保有しながら、つなぎ買いを行っているトレードです。
 
押し目の上げで買いポジションを建てて下げたところで利確決済して、そのたびに新規売りポジションも建てています。
 
XM(XMTrading)
 
上の図ではXMTradingのドル円(USDJPY)で0.06ロットでの133.954円買いポジションを133.960円で決済し、0.02ロットの売りポジション3本を133.800円で利確決済するという注文を出していました。
 
XM(XMTrading)
 
しかし17:00にドル円(USDJPY)は窓を開けて急落し、売りポジションは逆指値の133.800円で決済して494円の利益が出ました。
 
XM(XMTrading)
 
一方でXMTradingのドル円(USDJPY)で133.960円での逆指値決済注文を出しておいた買いポジションは133.443円と低い位置で決済されてしまったため、-3086円と大きな損失となっています。
 
ドル円(USDJPY)の値動きは値下がりするという想定したとおりの流れでしたが、窓を開ける急激な変動により両建てでも損失を出すケースです。
 

 

XM(XMTrading)での両建てのやり方

XM(XMTrading)
 
続いてXMでの両建てのやり方を詳細に説明します。
 

両建てには理由が必要

まずはエックスエムで両建てをする理由付けをしましょう。
 
単純に相場の動きがわからないから両建てをするのではスプレッド分の損失が出るだけですが、両建てをする理由が明確であればポジションを建てるタイミングも明確になります。
 
ただしこれから両建てのやり方を覚えたいという場合には、とりあえず練習でXMTradingで同時に売り買いのポジションを建てる練習をしてもよいでしょう。
 

同時に両建てのポジションを建てる方法

XM(XMTrading)
 
次はXMTradingで売り買いのポジションを同時に建てる方法を説明しますが、まずは通貨ペアを選び、ロット数を決めましょう。
 
エックスエムではFX通貨ペアでの両建ては、同じロット数であれば必要証拠金はゼロになります。
 

ロット数の決め方

ただし先ほどお話ししたように相場の急変などによりXMでスプレッドが開くと含み損が発生しロスカットされる可能性がありますので、両建ては必要証拠金がゼロだからといってむやみに大きなロット数にしないようにしましょう。
 
また両建てはすでに保有するポジションの反対売買をすることで、両建てになれば必要証拠金はゼロになりますが、反対売買をするための証拠金は必要です。
 
ですので反対売買をするための有効証拠金がなければ、同じロット数での両建てができないので注意しましょう。
 

同じタイミングで両建てする方法

XM(XMTrading)
 
XMでの両建てを売りと買いの片方ずつポジションを建てるやり方だと、時間差により相場が変動して含み損が大きくなるリスクがあります。(逆に含み益になる可能性もありますが。)
 
たとえば両建てで買いポジションを建てた直後に相場が急落すれば、売りポジションはかなり低い価格で建てることになります。
 
ですのでエックスエムで同じタイミングで両建てをする場合には、指値と逆指値での予約注文を利用しましょう。
 
XMTradingの指値と逆指値での予約注文については、以下のページで詳細に解説していますので見てください。
⇒XM(XMTrading)の注文方法(決済方法,取引方法)を解説
 

予約注文で両建てする際のコツ

XMで予約注文で逆指値を入れる時にはコツがあります。
 
たとえば今XMでスプレッドは2pips(0.02円)の場合にUSDJPY(米ドル/円)で両建てをするとします。
 
まず現在値が135.600円の時に135.500円の逆指値で売り注文を出すとした場合、この時の買値はスプレッド2pips(0.02円)を足して135.520円のはずです。
 
ここで両建てするために135.519円以下の指値で買い注文を入れた場合、相場が反転上昇してしまうと買い注文は約定しません。
 
つまり買い注文は約定しないため両建てにはならずに、含み損を抱えた売りポジションのみを保有することになってしまいます。
 
そこでこのような場合買い注文は必ず135.520円以上の指値をする、つまりスプレッド以上の価格差で指値を入れることで確実にXMで両建てができるということです。
 
同様に135.700円で指値の売り注文を出す場合には、135.720円以上の逆指値で買い注文を出すことになります。
 

つなぎ売買で両建てをする方法

XM(XMTrading)
 
つなぎ売買とは反対ポジションを利用して保有ポジションで有利に利益を出す方法です。
 
たとえば売りポジションを保有している時、一時的に相場が上昇するとします。
 
この上昇を利用して買いポジションで利益を出せば、ただ売りポジションを保有している時よりも多くの利益を得られますが、この買いポジションを決済するまでの間は一時的に両建てとなります。
 

反対ポジションを建てるタイミング

つなぎ売買は保有ポジションが不利となる値動きの時に反対ポジションを建てることになりますので、例えばXMTradingで売りポジションを保有していれば価格が上昇した時に買いポジションを建てます。
 
このタイミングは裁量により自分の判断で反対ポジションを建ててもかまいませんし、あるいは何か節目となるような高値があれば、その高値超えで買いポジションを建てるように逆指値を使ってもよいでしょう。
 
XM(XMTrading).jpg" alt="XM(XMTrading)" style="width:800px;">
 
上の図のドル円のチャートで、例えば直近の高値である「135.591円」を上抜けたらXMで買いポジションを建てて両建てするとします。
 
XM(XMTrading).jpg" alt="XM(XMTrading)" style="width:800px;">
 
「135.591円」を抜いたところでXMTradingで買いポジションを建てて両建てとします。
 

つなぎを外す両建て解除のタイミング

つなぎ売買は必ず反対ポジションを決済して本玉となるポジションを保有し続けます。
 
たとえばエックスエムで売りポジションを保有し、相場の上昇時に買いポジションを建てた場合、買いポジションを外すのは相場が反落した時です。
 
ここで上昇中に含み益があるからと買いポジション決済してしまうとその後さらに上昇する可能性があり、そうなると本玉の売りポジションの含み損が大きくなってしまいます。
 
つなぎ売買はリスク回避の意味もあるので、つなぎのポジションは本玉に有利な値動きの時に決済するようにしましょう。
 
たとえば売りポジションを保有している時につなぎの買いポジションを建てたならば、節目となる安値を下回るタイミングで買いポジションを決済するといった方法がおすすめです。
 
XM(XMTrading).jpg" alt="XM(XMTrading)" style="width:800px;">
 
先ほどのチャートの続きですが、上の図では安値を下回ることなく高値を切り上げています。
 
ですので直前の安値である「136.705円」を下回ったら、XMTradingで両建ての買いポジションを決済する注文を逆指値で出しておきます。
 
XM(XMTrading).jpg" alt="XM(XMTrading)" style="width:800px;">
 
その後安値の「136.705円」を下抜けてXMで買いポジションは利確決済し、売りポジションが残ります。
 
ここで追撃をするならばさらに追加の売りポジションを建てるのもよいでしょう。
 

本玉が逆転することもある

XMで売りポジションを保有している時に、つなぎの買いポジションを建てて一時的に両建てしたとします。
 
その後もし相場の上昇が本格的になったと判断すれば、つなぎの買いポジションが本玉になり、最初の売りポジションがつなぎの役割になる逆転現象が生じます。
 
この場合は相場の下落を待つのではなく、上昇時に売りポジションを決済するタイミングを早めに決めなければなりません。
 
また一時的な下落場面で売りポジションを決済すると同時に、買いポジションを増やすといった操作も必要になるでしょう。
 
XMの両建てはこのように玉(ポジション)の操作にも役立てることができるので、練習しながらスキルを磨くとよいでしょう。
 
XM(XMTrading).jpg" alt="XM(XMTrading)" style="width:800px;">
 
XMで売りポジションに対してつなぎの買いポジションを建てたものの、上の図のように高値を更新し続けている場合には高値を上抜けたところで売りポジションを決済し、買いポジションを本玉とすることもできます。
 

XM(XMTrading)での両建て解除の方法

XM(XMTrading)
 
XMの両建てを解除する方法は、
・つなぎを外すための決済
・利確あるいは損切りのための同時決済
の2つあります。
 
つなぎを外すための両建て解除の方法はすでに説明しているので、ここでは同時決済の方法を説明します。
 

両建て解除の方法は2つある

XM(XMTrading)
 
MT4/MT5のアプリには両建てのポジションを同時に決済する機能はありませんが、XMの公式アプリには「一括決済」という機能があるので両建てを同時に決済できます。
 
XMのスマホアプリでの一括決済については、以下のページで丁寧に説明していますので参考にしてください。
⇒XMスマホアプリのダウンロード,設定や使い方を徹底解説
 
もしXMのスマホアプリの一括決済を利用しないのであれば、予約注文を使って両建てを同時に決済しましょう。
 
この時の予約注文の価格はどのタイミングで決済しても含み損益はほとんど変わらずに証拠金に加算されるのでいくらでもかまいません
 

予約注文での両建て解除におけるコツ

XM(XMTrading)
 
XMで指値あるいは逆指値を使って両建てを解除する場合、必ず「確実に両方のポジションが決済される注文を出す」ことを行う必要があります。
 
たとえばエックスエムでドル円(USDJPY)の両建てをしており、現在値は135.500円だとします。
 
ここでエックスエムのスプレッドは1.5pipsから2.5pipsの間で変動しているとして、135.700円を目安に両建てを解除するとしましょう。
 
この場合まず135.700円の逆指値で売りポジションを決済する注文を出します。
 
この時の買値はスプレッド分を加味すると135.715円から135.725円のどこかにあるはずです。
 
ですのでたとえばより高い価格である135.725円の指値で買いポジションを決済する注文を出したとします。
 
しかし135.725円の買値をつけることなく下落してしまうと、買いポジションは含み益を減少させるか、あるいは含み損を増加させてしまいます。
 
そこで135.715円以下の指値で買いポジションを決済する注文を出しておきます。この時点で売値はまだ135.700円に達していなくても、そのまま上昇すれば売りポジションも決済されます。
 
もし135.700円に達することなく反落すれば、売りポジションは利益を生むことになります。
 
つまりスプレッドは1.5pipsから2.5pipsの間で変動している場合は、スプレッド(1.5pips)よりも少ない価格差で指値あるいは逆指値を入れておくことで、確実にXMで両建てを解除できるということです。
 
この場合もしうまく相場が反転すればラッキーで、片方のポジションは残り利益を生じます。
 

 

XM(XMTrading)の両建てのルール

XM(XMTrading)
 
次はXMで実際に両建てをする時に注意すべきルールを説明します。
 

同一口座での両建てはOK

XMでは同一口座内での両建てのみ可能としています。
 
もし両建てのための反対ポジションを建てるのに必要な証拠金が不足している場合は、エックスエムに入金するかほかの口座からの資金移動が必要です。
 
または保有ポジションを一部決済して有効証拠金を増やせば、両建てすることができます。
 

異なる口座間での両建ては禁止

XM(XMTrading)
 
XMでは異なる口座間で両建てを行うことを禁止しています。
 
これはXMで採用されているゼロカットシステムを悪用して利益を出すことにつながるのが理由です。
 
XMのゼロカットシステムについては、以下のページで分かりやすく説明していますので参考にしてください。
⇒XMはなぜゼロカットで追証なし?特徴やデメリットを解説
 
XMTradingのゼロカットシステムを利用すれば、ハイレバでも低いリスクで利益を得ることが可能となりますが、うっかりと別の口座で反対ポジションを建ててルール違反することがないように注意しましょう。
 

ほかのFX業者との両建ても禁止

XM(XMTrading)
 
XMTradingの2つの口座を使わずに、ほかのFX業者とXMの2つの口座を利用して両建てをすることも禁止されています。
 
このような両建てを行った場合、XMかほかの業者のどちらかがゼロカットシステムの悪用による損失を被ることになるからです。
 
ほかのFX業者とXMTradingの両建てはばれるので注意しましょう。
 
ばれる原因は国内FX業者や海外エフエックス業者はMT4またはMT5という共通のプラットフォームで取引をしているため、FX業者間でユーザーの取引内容も共有できるのが理由です。
 
ほかのFX業者での取引内容はXMでも把握していることを留意しておきましょう。
 

XM(XMTrading)の両建てに関するよくある質問

最後にXMTradingの両建てに関する疑問点とその回答をご紹介します。
 

Q.両建てをすればロスカットすることはないですか?
A.XMTradingの同一口座内で同数量の両建てをしていれば通常はロスカットすることはありませんが、指標発表後のようにスプレッドが大きく開く時には両建てでもロスカットされる可能性はあります。
 
特にロット数が多い場合、スプレッドが大きく広がると相当な含み損を発生することがあるので注意しましょう。

 

Q.XMでEA(自動売買)を利用しているが注意点はありますか?
A.エックスエムでポジションを保有している口座とは別の口座でEA(自動売買プログラム)を稼働している場合、意図せずに両建てとなりルール(規約)違反となる可能性があります。
 
ですのでXMで保有しているポジションと同じ通貨ペアでEAが注文を出す可能性があれば、別口座の保有ポジションは決済しておいたほうがよいでしょう。

 

Q.XMで異なる口座間で両建てをするとペナルティはありますか?
A.異なる口座での両建てはXMの規約違反に該当するため、利益取り消しのペナルティが生じます。
 
さらに最悪の場合口座が凍結されて、XMではアカウントを作れなくなるといった重いペナルティが発生する可能性があるので注意しましょう。

 

Q.XMTradingで異なる通貨ペアやロット数が同じでなくても異なる口座間の両建てはNGですか?
A.XMでは異なる口座間で異なる通貨ペアでの両建てをしても規約違反になるので注意しましょう。
 
たとえばXMのある口座でUSDJPYで買いポジション、別の口座でEURJPYの売りポジションを建てると、USDJPYとEURJPYは値動きが同調することがあるので同じ通貨ペアでの両建てと同じような効果を生みますので規約違反になります。
 
またロット数が同じ両建てでなくても、一部のロットでゼロカットによる利益を狙えるためXMTradingでは規約違反に該当します。

 

Q.XMの両建ては同時に決済しないとだめですか?
A.XMの同一口座での両建ては片方ずつ決済しても構いませんが、相場変動により残ったポジションで損失が生じないように両建ての決済はなるべく素早く行うようにしましょう。

 
以上でXMの両建てに関するよくある質問の解説は終わりです。
 

まとめ:XM(XMTrading)の両建てを有効利用して利益をあげよう

とても重要なことなので再度繰り返しますが、エックスエムの両建ては同一口座でのみ可能で、(他のFX業者含む)異なる口座での両建ては禁止されているので注意しましょう。
 
両建てを利用すれば有利にFXやCFD取引ができるようになりますし、すでに述べたようにつなぎ売買にも活用できるので、取引のスキルアップにつながります。
 
XMTradingには少ないロットで取引できるマイクロ口座もあるので、まずは少ないロット数で両建てとその解除を練習して、ある程度両建てになれたら大きなポジションで両建てをフル活用して大きな利益を狙うことをおすすめします。
 
以上でXMの両建ての解説は終わりです。
 

 

XM(XMTrading)の関連リンク

XMの口座開設方法やサイトの詳細については、以下のページで解説していますので参照してください。
⇒XM(XMTrading)の口座開設,登録,申し込み方法を解説
 
 XMの口座開設にかかる時間については、以下のページで具体的に説明していますので参考にしてください。
⇒XM(XMTrading)の口座開設の時間はどれくらいかかる?
 
XMの本人確認(口座有効化)のやり方については、以下のページで丁寧に解説していますので見てください。
⇒XM(XMTrading)の本人確認書類(身分証明書),住所確認書類の提出方法
 
エックスエムのマイナンバーの提出については、以下のページで具体的に説明していますので見てください。
⇒XM(XMTrading)でマイナンバー提出は必要?【不要です】
 
XMTradingの退会(解約)のやり方については、以下のページで解説していますので参照してください。
⇒XM(XMTrading)の退会(解約)のやり方を解説
 
XMTradingの入金方法については、以下のページで具体的に解説していますので見てください。
⇒XM(XMTrading)の入金方法,反映,入金できない原因を解説
 
XMの出金方法については、以下のページで具体的に説明していますので見てください。
⇒XM(XMTrading)の出金方法,ルール,手数料を解説
 
XMの出金時間(出金日数)については、以下のページで分かりやすく説明していますので参考にしてください。
⇒XM(XMTrading)の出金反映時間や出金日数を実測
 
XMTradingに銀行振込(銀行送金)で入出金する方法については、以下のページでも分かりやすく解説していますので参考にしてください。
⇒XM(XMTrading)に銀行振込(銀行送金)で入金や出金する方法
 
XMにクレジットカードで入金する仕方については、以下のページで詳細に説明していますので参考にしてください。
⇒XM(XMTrading)にクレジットカードで入金や出金する方法
 
XMにbitwalletで入金する仕方については、以下のページで具体的に解説していますので参考にしてください。
⇒XM(XMTrading)にbitwalletで入金や出金する方法
 
XMにコンビニから入金する方法については、以下のページで詳しく説明していますので参照してください。
⇒XM(XMTrading)にコンビニから入金する方法を解説
 
XMのサポートの利用方法については、以下のページで詳しく説明していますので見てください。
⇒XM(XMTrading)のメール,チャットサポートの利用方法
 
XMTradingのボーナスについては、以下のページで具体的に説明していますので参照してください。
⇒XM(XMTrading)のボーナスを解説(受け取り方,期限,復活など)
 
XMの4種類の口座タイプについては、以下のページで分かりやすく解説していますので参照してください。
⇒XM(XMTrading)の口座タイプの種類の違い,おすすめを比較
 
XMの取引銘柄,商品については、以下のページで詳しく解説していますので参考にしてください。
⇒XM(XMTrading)で取引できる銘柄,商品を徹底解説
 
エックスエムのゼロカットシステムや追証については、以下のページで具体的に解説していますので参考にしてください。
⇒XMはなぜゼロカットで追証なし?特徴やデメリットを解説
 
XMTradingの追加口座、複数口座の作成や削除方法については、以下のページで具体的に説明していますので見てください。
⇒XMの追加口座,複数口座の開設方法や資金移動,メリットを解説
 
XMの取引プラットフォーム(MT4・MT5)のダウンロード方法や使い方については、以下のページで詳しく説明していますので参考にしてください。
⇒XMのMT4・MT5のダウンロード,注文方法や使い方を解説
 
XMの注文方法(決済・取引方法) については、以下のページで詳細に説明していますので参照してください。
⇒XM(XMTrading)の注文方法(決済方法,取引方法)を解説
 
XMのデモ口座については、以下のページで解説していますので見てください。
⇒XMのデモ口座開設や使い方,リセット,期限,投資額を解説
 
XMの証拠金とロスカットについては、以下のページで詳細に説明していますので参考にしてください。
⇒XMの証拠金の計算方法と維持率,ロスカットについて解説
 
エックスエムのスプレッドについては、以下のページで分かりやすく説明していますので参考にしてください。
⇒XMのスプレッドは狭い?広い(広がる)?スプレッドを解説
 
XMのスワップポイントについては、以下のページで分かりやすく解説していますので参考にしてください。
⇒XMのスワップポイントは悪い?一覧や確認,計算方法を解説
 
XMTradingの安全性については、以下のページで詳しく解説していますので見てください。
⇒XM(XMTrading)の安全性を徹底解説
 
XMTradingの税金や納税については、以下のページで具体的に説明していますので参考にしてください。
⇒XMで税金の計算や納税,確定申告の方法を解説【脱税ダメ】
 

以上でXMのXMの両建てのやり方(注文方法)やルール、禁止事項、証拠金や解除方法、ばれると口座凍結の可能性がある件についての解説は終わりです。
 
何か疑問や不明な点などありましたらこちらのお問い合わせページからお気軽にご相談ください。
スピーディーにお答えさせていただきます。
 
当サイトの情報が、あなたのXM利用の一助になれば幸いです(^^)

 

 

>XM(XMTrading)の口座開設,登録,申し込み方法や始め方はこちら<

海外FX会社(業者)のランキング

当サイトでは様々な角度からおすすめの海外FX業者をランキング形式で紹介していますので、海外FX会社を選ぶ際の参考にしてください。

FX会社(業者)を総合的に評価したおすすめランキングについては、以下のページで詳しく説明していますので参考にしてください。
⇒海外FX会社(業者)のおすすめランキング比較

銀行振込(銀行送金)で入金や出金可能な海外FX業者については、以下のページで詳しく説明していますので参考にしてください。
⇒銀行振込(銀行送金)で入金や出金できる海外FX一覧

クレジットカードで入金や出金できる海外FX会社については、以下のページで詳しく解説していますので参考にしてください。
⇒クレジットカードで入金や出金できる海外FX一覧

仮想通貨(ビットコイン)で入出金できる海外FX会社は数多くあります。 仮想通貨(ビットコイン)で入出金できる海外FX業者については、以下のページで分かりやすく解説していますので参考にしてください。
⇒ビットコインで入金や出金できる海外FX一覧

出金スピード(出金日数)の早い海外FX会社については、以下のページで丁寧に説明していますので参照してください。
⇒出金反映が早い海外FX一覧

ボーナスが受け取れる海外FX業者については、以下のページで説明していますので見てください。
⇒海外FXの最新入金ボーナス,口座開設ボーナス比較

-xm
-,

Copyright© XM(XMTrading)の口座開設,登録,申し込み方法や始め方 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.