XM(XMTrading,エックスエム)の口座開設,登録,申し込み方法や始め方,入金や出金方法、本人確認書類の提出方法や口座タイプ、ボーナスについて徹底解説します。

XM(XMTrading)の口座開設,登録,申し込み方法や始め方

xm

XMはなぜゼロカットで追証なし?特徴やデメリットを解説

投稿日:

XM(XMTrading)
 
XMは
・日本で一番人気の海外エフエックス取引所である
・3000円の入金不要ボーナスが進呈される
・多彩な入金や出金方法に対応している
ことから現在日本で最も人気がある海外FX取引所ですが、いざXMTradingに口座開設して取引したい!と思っても、XMの公式サイトにはゼロカットについてあまり詳しくは記載されておらず分かりづらいですよね。
 
あなたはXMの

「ゼロカットシステムとは?」
「ゼロカットシステムのメリットやデメリットは?」
「ゼロカットシステムはいつ発動する?」
「ゼロカットシステムがあるので追証なし?」

って思ったりしていませんか?
 
海外エフエックス業者のXMにはゼロカットという追証が発生しない仕組みがあります。
 
「ゼロカット」はXMTradingで証拠金維持率20%以下で発動するロスカットが相場の急変に対応できず、口座残高がマイナスになった時の損失補填システムです。
 
残高がマイナスとなった時の損失額はXMTradingが代わりに補填してくれるので、ユーザーには追証を求められることはありません。
 
しかしXMのゼロカットには例外がないのか、あるいは条件があるのかなど疑問点はいろいろあるかと思いますのでこのページではXMの
・ゼロカットシステムの概要
・ゼロカットシステムのメリットやデメリット
・ゼロカットシステムはいつ発動するのか
・ゼロカットシステムがあると追証なしなのか
などについて詳しく説明します。
 
XMTradingのような海外FX業者が初めての初心者でもわかるように詳細に解説しますので、あなたはこのページに記載されている情報を利用することによってエックスエムのゼロカットについて理解して適切にトレードできるようになります。
 
※目次をクリックすると該当箇所に飛びます。

目次
  1. XM(XMTrading)のゼロカットシステムとは
  2. XM(XMTrading)は1000倍のハイレバでもゼロカットの対象
  3. XM(XMTrading)のゼロカットの仕組み
  4. XM(XMTrading)でボーナスがある場合のゼロカットについて
  5. XM(XMTrading)のゼロカットのデメリットとは?
  6. XM(XMTrading)でゼロカットされないケースに注意
  7. XM(XMTrading)のゼロカットと追証に関するよくある質問
  8. まとめ:XMのゼロカットでハイレバでも追証の心配なく取引できる
  9. XM(XMTrading)の関連リンク

XM(XMTrading)のゼロカットシステムとは

XM(XMTrading)
 
エックスエムには相場の急変によりロスカットされても追証が発生しない「ゼロカットシステム」があります。
 
FX通貨ペアの取引では、時に相場の急激な変動により保有ポジションの含み損が膨らむことがあります。
 
このような相場の急変時には通常であれば証拠金維持率の低下により発動するロスカット(保有ポジションの強制決済)が即座に実行されず、残高がマイナスになって決済される場合があります。
 
残高がマイナスになれば通常は損失分を補填する入金が必要となりますが、これが「追証」でFX業者に対する借金のようなものです。
 
しかしXMにはこのような相場の急変時などでのロスカットで口座残高がマイナスになっても、その損失分をXMが補填する「ゼロカットシステム」という仕組みがあります。
 

過去に発生した相場急落事例

XM(XMTrading)
 
2016年10月7日に英ポンドが急落しました。
原因は不明ですが、わずか数分でGBPJPY(英ポンド/円)が131円から124円に急落しています。
 
2019年1月3日にはUSDJPY(米ドル/円)が数分で108円台から104円台に急落した記録があります。
 
また記憶に新しい「スイスフランショック」では、2015年の1月15日午前10時30分にスイス国立銀行がスイスフランの上限を廃止することを発表したことによって、スイスフランの買い注文が殺到し、わずか30分ほどの時間でスイスフランが2000~3000pips暴騰するという大事件になりました。
 
特に「スイスフランショック」の場合は世界中で破産するトレーダーが続出し、さらには破産した海外FX業者もありました。
 
このような急激な相場変動ではユーザーの資金を守るはずのロスカットがうまく機能せずに、FX口座の残高がマイナスとなる状態で保有ポジションが強制決済されることがあります。
 

国内FX業者では追証発生も

XM(XMTrading)
 
国内FX業者の多くは証拠金維持率が50%以下をロスカット水準としています。
 
証拠金維持率100%以下でロスカットするFX業者もありますが、一般的に証拠金維持率100%以下でマージンコールによる追証の通知が届き、そのままロスカット水準である50%まで証拠金維持率が低下したら強制決済という流れになります。
 
通常はロスカットされれば追証は必要ありませんが、先ほど申し上げたような相場急変により決済後に残高がマイナスとなれば、損失分を補填する追証が発生します。
 

マージンコールとロスカット,追証の違い

XM(XMTrading)
 
続いてエックスエムなどの海外FX業者の追証についてもう少し詳しく説明します。
 
XMなどの海外エフエックス取引所や国内FX業者ではロスカットされる前には「マージンコール」という通知が届きます。
 
「マージンコール」はロスカットが近いことを知らせたうえでユーザーに、
・追証を入れて(追加の入金をして)証拠金維持率を引き上げる
・ポジションを(一部でも)決済する
のどちらかの選択を要求するものです。
 
「マージンコール」の時点での追証は必須のものではなく、ユーザーに上記の選択肢が与えられるので、追証による追加の入金ができない場合はポジションの決済をすれば問題ないということです。
 
しかし「マージンコール」が届いてもポジションをそのまま放置して証拠金維持率が50%などのロスカット水準に達すると、保有ポジションは強制決済されます。
 
この段階では口座にまだ証拠金があるので追証は必要ありませんので、XMTradingなどの海外FX業者ではロスカットされても必ず追証が発生するわけではないということです。
 
ただし先ほど述べたような「スイスフランショック」などあまりにイレギュラーな事態が発生し、成行注文でのロスカット決済がかなり不利な価格で約定した時に口座残高がマイナスになれば、借金となる追証が発生することになります。
 

そもそもXMにゼロカットがあるのはなぜ?

XM(XMTrading)
 
先ほどお話ししたようにゼロカットはユーザーの損失をXMTradingが負担するシステムなので、XMTrading側が損をするためこのようなシステムを採用する利点がないように思えます。
 
XMTradingでは口座残高がマイナスになっても追証は発生しないのは先に述べましたが、これはXMのような海外FX業者は国内FX業者のように追証を要求することが義務付けられていないからです。
 
追証を要求しないのであれば、発生した損失はXMが負担せざるを得ないことになります。
 
とはいえ追証の請求を義務付けられていなくても、ゼロカットシステムなどという海外エフエックス取引所が損失を負担するシステムを採用するのではなく、XMTrading独自で追証を要求することも可能です。
 
それでもエックスエムが損失を負担するゼロカットシステムを採用する理由は、ユーザーの確保につながるすぐれている点があるからです。
 
特にXMTradingのような海外FX取引所は最大レバレッジ1000倍のハイレバレッジで取引できるのが国内FX業者と比べた大きなメリットですが、これは一方ではハイリスクハイリターンな取引となります。
 
こういった最大レバレッジ1000倍のハイレバでの取引のリスクが証拠金のみに限定されることで、ユーザーは安心してFX取引ができるため、国内FX業者よりもXMTradingなどの海外FX業者を使う動機にもなります。
 
またXMTradingなどの海外エフエックス取引所でも証拠金維持率20%でのロスカットシステムがある以上、ゼロカットが発動するケースはそれほどありません。
 
先ほどお話ししたようなスイスフランショッククラスのまれに発生する相場急変動による損失補填を保証することでユーザー確保ができることが、エックスエムがゼロカットを採用する理由です。
 

 

XM(XMTrading)は1000倍のハイレバでもゼロカットの対象

XM(XMTrading)
 
XMTradingでゼロカットが適用される条件は特に定められていませんので、禁止行為がなければゼロカットシステムは適用されて口座残高がマイナスになるとゼロにリセットされます。
 
そのためXMTradingでは損失リスクを限定して最大レバレッジ1000倍のハイレバでのFX取引を可能とするのが利点です。
 

XM(XMTrading)のハイレバでのFX取引例

XM(XMTrading)
 
XMTradingではUSDJPY(米ドル/円)の取引は最低で1,000通貨(0.01ロット)から行えます。
※ただしマイクロ口座は10通貨から行えます。
 
例えば今XMに証拠金を10万円入れた場合、1ドル=130円であれば証拠金は13万円必要なので、レバレッジなし(1倍)では証拠金不足でポジションを建てることができません。
 
しかしレバレッジ100倍であれば証拠金は100分の1の1,300円で0.01ロットのポジションを保有できます。
 
レバレッジ100倍で10万円の証拠金を目一杯使うと0.76ロット(76,000通貨)、レバレッジ1000倍なら7.6ロット(760,000通貨)のポジションを建てられます。
 
XMの証拠金と保有可能なポジションの計算方法については、以下のページで詳細に解説していますので参照してください。
⇒XMの証拠金の計算方法と維持率,ロスカットについて解説
 

ゼロカットありのハイレバならローリスクハイリターンの取引ができる

XM(XMTrading)
 
XMTradingのドル円の取引でレバレッジ1000倍なら、
・わずか10pips(0.100円)の値動きで760,000×0.1=76,000(円)の損益が生じる
・20pips動けば152,000円の利益となるか、ロスカットされるかのどちらか
となります。
 
エックスエムではゼロカットがあるので、上記の例で仮に相場が20pips逆行してマイナス残高でロスカットされても、その損失はゼロカットによりリセットしますので損失は最大で10万円の証拠金=入金額までに限定されます。
 
一方で20pips思惑通りに動いて利益になれば、入金した10万円を超える152,000円で実に152%もの高いリターンが期待できます
 
このようにXMの最大1000倍のハイレバとゼロカットを組み合わせると、ローリスクハイリターンの取引ができることがわかります。
 

XM(XMTrading)のゼロカットの仕組み

XM(XMTrading)
 
次はエックスエムのゼロカットの仕組みは具体的にどのようなものかを解説します。
 
なおエックスエムでゼロカットを適用するための手続きや事前申請は不要で、普通にトレードをすれば自動的に適用されます。
 

ゼロカットシステム発動までの流れ

XMTradingで保有ポジションがあり含み損が発生し、証拠金維持率が50%以下になると「マージンコール」を通知するメールが届きます。
 
この時点で追証(入金)をして証拠金維持率が50%を超えればマージンコールの発動は停止しますが、すでにお話ししたようにXMでは追証は必須ではありません。
 
その後そのまま証拠金維持率が低下して20%以下になると「ロスカット」が発動し保有ポジションは強制決済されて、XMからその旨メールが届きます。
 
この時点で口座残高がプラスであればエックスエムのゼロカットは発動しませんが、急激な相場の動きにより口座残高がマイナスになればゼロカットが発動します。
 

すべての口座タイプがゼロカットの対象

XM(XMTrading)
 
XMTradingには
・スタンダード口座
・マイクロ口座
・ゼロ口座
・KIWAMI(極)口座
4タイプの口座がありますが、そのすべてがゼロカットの対象となります。
 
エックスエムの4種類の口座タイプについては、以下のページで具体的に解説していますので見てください。
⇒XM(XMTrading)の口座タイプの種類の違い,おすすめを比較
 

XM(XMTrading)の全銘柄が対象

XM(XMTrading)
 
XMで取引できる銘柄は、
・FX通貨ペア
・貴金属CFD
・株価指数CFD
・商品CFD
・エネルギーCFD
のものがありますが、上記全ての銘柄がゼロカットの対象です。
 
XMの取引銘柄,商品については、以下のページで詳しく解説していますので見てください。
⇒XM(XMTrading)で取引できる銘柄,商品を徹底解説
 

ゼロカット金額に上限なし

XM(XMTrading)
 
エックスエムでゼロカットが執行される際には、損失補填に上限はありません。
 
XMでレバレッジ1000倍などのハイレバで大きなポジションでトレードしてゼロカットした場合、かなりの損失がリセットされる可能性があります。
 
ですがXMのゼロカットには補填する損失額に上限はなく、たとえ1億円でも10億円でも補填されるので安心です。
 

ゼロカット回数に制限なし

XMのゼロカットには回数の制限もなく、何回でも口座がマイナスになった時の補填はされるのでハイレバレッジでのFXやCFD取引で何度でもハイリターンを狙えます。
 

ゼロカットは他の複数口座に影響しない

XM(XMTrading)
 
XMでは1つのアカウントで最大8つの口座を作れて、複数の口座それぞれに資金を振り分けてFXなどの取引ができますが、ゼロカットはそのすべての複数口座に適用されます。
※ユーザーが保有できるのは1人1アカウントのみです。
 
そしてここで大事なことは、XMで保有している複数口座のどれか1つの口座でゼロカットが適用された場合、その口座のみでマイナス残高の損失が補填されます。
 
つまりXMでは1人のユーザーが複数口座を持っていてほかの口座に残額がある状態でゼロカットが発動しても、ほかの口座の残高がゼロカットによる損失補填に使われることはありません。
 

ゼロカットはいつ発動する?

XM(XMTrading)
 
XMのゼロカットは口座残高がマイナスになった時に発動しますが、通常は口座残高がマイナスになる前に強制的に「ロスカット」が発動します。
 
エックスエムの「ロスカット」は証拠金維持率が20%以下になった時、つまり口座残高が保有ポジションを維持するための必要証拠金の5分の1になった時にポジションを強制決済するものです。
 
XMで「ロスカット」が発動した場合口座にはポジションを建てた時の証拠金の5分の1は残る計算になりますが、口座残高はプラスなのでゼロカットされることはありません。
 
ではXMのゼロカットがいつ発動するのかと言えば、ボラティリティが高いマイナー通貨ペアなどが急激に変動したような時があげられます。
 
あるいはドル円やユーロ円、スイスフランなどメジャー通貨ペアでも世界経済で大きなニュースが発表されたような時には、ゼロカットされるケースがあります。
 
つまりXMでは証拠金維持率20%をはるかに下回るタイミングでロスカットされると、口座残高がマイナスとなりゼロカットが発動するということです。
 

ゼロカットが実行されるタイミング

XM(XMTrading)
 
エックスエムで追証なしのゼロカットが実行されるのは、ロスカットによる強制決済が行われたタイミングではありません。
 
XMでロスカットによる強制決済が行われた時点では口座残高はマイナスのままとなっており、この状態で追証は発生しませんがそのまま放置しても残高表示はマイナスのままです。
 

マイナス口座に入金すればゼロにリセット

XM(XMTrading)
 
ここでエックスエムの残高がマイナスとなっている口座に入金すれば、マイナス残高は自動的にゼロにリセットされます。
 
もちろんゼロカットのおかげで入金した金額から損失分が補填されることはありません。
 
XMTradingでは入金額は最低入金額のみであっても、200万円や1000万円などの大きな損失額でも、とにかくマイナス口座に少しでも入金すれば即座にマイナス残高はゼロリセットされます。
 

口座間の資金移動

XMではゼロカットが発動してマイナス残高となった口座に入金しなくても、ほかの口座から資金移動すれば入金時と同様にマイナス残高は即座にゼロにリセットされます。
 

自動的にゼロリセット

XMではゼロカットされたマイナス残高の口座に入金しなくても、稀に自動的にゼロリセットされることがあります。
 
この場合は特に条件があるわけではなく不定期にXM側でリセットしているようですが、自動的なゼロリセットはいつもされるわけではないので基本的にはすでに申し上げたように残高がマイナス口座に入金か資金移動でゼロリセットするのが基本です。
 

 

XM(XMTrading)でボーナスがある場合のゼロカットについて

XM(XMTrading)
 
XMTradingでは
・現金(キャッシュ)
・ボーナス(クレジット)
の2種類があり口座ではそれぞれ分けて管理されていますが、口座にボーナス(クレジット)がある場合ゼロカットのルールは次のようになります。
 

損失は証拠金残高から差し引かれる

XM(XMTrading)
 
XMの口座に証拠金の現金(キャッシュ)とボーナス(クレジット)の両方がある場合、保有ポジションの含み損はます現金(キャッシュ)から差し引かれて、現金の残高がマイナスになるとボーナスクレジットから差し引かれていく仕組みになっています。
 

ボーナスがプラスならゼロカットされない

XMでは現金(キャッシュ)の残高がマイナスになっても、ボーナス(クレジット)があればマイナス分に補填されます。
 
そのためロスカットされた時点で現金(キャッシュ)が0になってもボーナス(クレジット)が残っていれば証拠金残高はマイナスにならないので、ゼロカットは発動しません。
 

ボーナスクレジットがマイナスならゼロカットされる

XMでは現金(キャッシュ)とボーナス(クレジット)ともに0かマイナスになれば、ゼロカットが発動します。
 
この場合ボーナスクレジットはゼロとなり証拠金残高がマイナス表示されますが、先ほどお話ししたように、その後に残高がマイナスの口座に入金か資金移動すれば、証拠金残高はゼロにリセットされます。
 

XM(XMTrading)のゼロカットのデメリットとは?

XM(XMTrading)
 
XMのゼロカットシステムは残高がマイナスになった場合損失を補填してくれるため、ユーザーにとっては追証が発生しないメリットがありますが、一方でデメリットはないのか気になりますよね。
 
通常の取引においてはゼロカットされることでデメリットとなる影響は受けませんが、先ほど述べたようなスイスフランショックやリーマンショック級の金融危機など突発的な出来事により相場が急変した場合、ゼロカットが相当数発動しその損失補填でエックスエムにとっては相当の負担となることが考えられます。
 
この場合損失額によっては正直な話XMが倒産する可能性もないとは言えません。
 
ただしXMTradingはユーザーの資金を分別管理しているので、倒産による債権者への支払いにユーザーの証拠金が使われることはありません。
 
そのため万が一XMがゼロカットの補填が原因で大きな損失を抱えて倒産したとしても、預けている証拠金が戻らないわけではないので影響はありません。
 
エックスエムの安全性については、以下のページで詳細に説明していますので参考にしてください。
⇒XM(XMTrading)の安全性を徹底解説
 

XM(XMTrading)でゼロカットされないケースに注意

XM(XMTrading)
 
XMでは条件によっては口座残高がマイナスになってもゼロカットされないケースがあるので注意しましょう。
 
XMでは、
・異なる口座で両建てをしている
・ほかのFX業者との両建てをしている
・指標発表前にハイレバでポジションを建てる
などは禁止行為に該当し、これらの場合にはゼロカットは発動しないのでご注意ください。
 
ですのでここではエックスエムでゼロカットは発動しないケースについて分かりやすく説明します。
 

異なる口座で両建てをしている

XM(XMTrading)
 
XMでは最大で8つの口座を作れますが、異なる複数口座で両建てをするとマイナスになった口座はゼロカットされないので注意しましょう。
 
XMTradingの両建てについては、以下のページで分かりやすく解説していますので見てください。
⇒XMの両建ては禁止でばれると口座凍結?やり方やルール,解除を解説
 

両建ての実例

両建てとは
・口座Aで買いポジション
・口座Bで口座Aと同じ通貨ペアで同じロット数で売りポジションを建てる
行為です。
 
たとえばXMのUSDJPY(米ドル/円)が130.500円(スプレッドは2pipsとする)で10,000通貨の両建てをしたとします。
 
その後、USDJPYが130.200円になるとそれぞれの口座のポジションは
・口座A(買い):130.520→130.200(-3,200円)
・口座B(売り):130.500→130.220(+2,800円)
のような含み損益になります。
 

両建てによる効果

XMでレバレッジ1,000倍でポジションを建てた場合、口座Aと口座Bそれぞれ必要証拠金は1,305円です。
 
仮に口座Aと口座Bの口座残高がともに2,000円だったとすれば、口座Aの残高は「2,000円-3200円=-1,200円」になります。
 
ここで口座Aがマイナス残高のためゼロカットされると、口座Bの売りポジションを決済すれば2,800円の利益が残ります。
 
ですので仮にXMの複数口座で両建てをすればスプレッド分のコストだけでリスクなしに利益を出すことが可能となります。
 
ほかの海外FX業者も同じですがXMでは当然このようなゼロカットを悪用した両建て行為を行為を禁止しているので、この場合は残高がマイナスになってもゼロカットされることはありません。
 
もっともこのようなケースでは通常、証拠金維持率が20%以下になった時点で口座Aのポジションはロスカットされています。
 
なおXMTradingでは同じ口座内で両建てをする場合証拠金は不要になりゼロカットは関係なくなるので、同じ口座内で両建てをするのは問題ありません。
 

ほかのFX業者との両建てをしている

すでにお話ししたXMの異なる口座で両建てをする行為と似たようなもので、例えばXMとgemforexなどほかのFX業者を利用して両建てをすることも禁止されています。
 
XMと他のFX業者間で同じ通貨ペアを同じロット数でXMでは買いポジション、ほかの業種で売りポジションを建てるといった行為はできないということです。
 
現在海外FX業者や国内FX業者はたくさんあるので業者が異ればバレないように思えますが、取引情報はFX業者間で共有されるので大きなポジションで複数のFX業者間で両建てをすれば発覚します。
 
そのためこういった複数のFX業者間で両建てをしていた場合口座残高がマイナスとなりロスカットされてもゼロカット処理はされませんのでご了承ください。
 

指標発表前にハイレバでポジションを建てる

XM(XMTrading)
 
XMTradingでは雇用統計やFOMCなど相場が大きく動くことが予想される重要な指標発表での前にハイレバレッジで証拠金すべてを使ったポジションを建てると、ロスカットにより口座残高がマイナスになってもゼロカットされません。
 
これはXMで指標発表前のハイレバレッジ取引を禁止しているからです。
 
ただしXMではポジションを保有してオーバーナイト(翌日に持ち越すこと)をしていれば禁止行為に該当しないので、オーバーナイト後に残高マイナスでのロスカットとなればゼロカットの対象となります。
 

ゼロカットされない場合は追証が発生する

このようにXMTradingでは、
・異なる口座で両建てをしている
・ほかのFX業者との両建てをしている
・指標発表前にハイレバでポジションを建てる
などは禁止行為に該当しこれらの場合にはゼロカットは発動しません。
 
しかしもしXMで上記の禁止行為を行って万が一口座残高がマイナスの状態でロスカットされると恐怖の追証が発生しますので、マイナス分を補填するための入金が必要になるということです。
 
ただしXMでは通常は残高がマイナスになる前に証拠金維持率が20%以下になった段階でロスカットされますので、現実的にはロスカットされずに追証になるケースは歴史に残るショック級の事件でも起こらない限りほとんどないと考えてよいでしょう。
 

 

XM(XMTrading)のゼロカットと追証に関するよくある質問

最後にXMのゼロカットと追証に関する疑問点とその回答をご紹介します。
 

Q.XMのゼロカットの回数に制限はありますか?
A.XMのゼロカットに回数制限はありません。
ただしXMが禁止している取引行為があればゼロカットの対象外となるので注意しましょう。

 

Q.エックスエムでゼロカットの対象はFX通貨ペアだけですか?
A.XMではFX通貨ペアすべてを含め、仮想通貨や貴金属、株価指数など取引できるあらゆる銘柄がゼロカットの対象となっています。

 

Q.XMのゼロカットのマイナスはほかの口座から補填されないですか?
A.XMではマイナス残高となった口座のほかに証拠金がある口座があっても、その口座の証拠金からゼロカットした口座の損失分を補填することはありません。
 
XMTradingでは複数の口座で証拠金を管理できますが、それぞれ独立したものとして扱われますので、ロカットの補填を別の口座で行うことはないので心配は不要です。

 

Q.追加入金してもエックスエムでゼロカットされない時はどうすればいいですか?
A.もし口座残高がマイナスとなり追加入金してもゼロカットされない場合は、XMのサポートに連絡しましょう。
ライブチャットであればリアルタイムで対応してくれます。

 

Q.ゼロカットされる前に入金したら損失は補填されますか?
A.XMのゼロカットは入金した時点で発動するので、いかなるタイミングであってもマイナス残高の口座への入金額で損失補填されることはありません。

 
XMのゼロカットと追証に関するよくある質問の解説は終わりです。
 

まとめ:XMのゼロカットでハイレバでも追証の心配なく取引できる

XM(XMTrading)
 
XMTradingのゼロカットは禁止行為さえなければ基本的にどんな時でも執行されて追証による損失補填も必要ありませんので、ユーザーにとって損失額は入金額までに限定されるのでメリットはかなり大きいです。
 
XMでは最大で1000倍のレバレッジが使えるので、ゼロカットシステムのおかげでハイレバでもローリスクハイリターンの取引ができます。
 
ただしXMTradingでトレードする際は異なる口座での両建てなどゼロカットが発動されない禁止行為がないように注意して、ゼロカットによる追証の心配がないFX取引で大儲けしましょう。
 
以上でXMのゼロカットと追証についての説明は完了です。
 

 

XM(XMTrading)の関連リンク

XMの口座開設方法やサイトの詳細については、以下のページで詳しく説明していますので見てください。
⇒XM(XMTrading)の口座開設,登録,申し込み方法を解説
 
 エックスエムの口座開設にかかる時間については、以下のページで丁寧に解説していますので参考にしてください。
⇒XM(XMTrading)の口座開設の時間はどれくらいかかる?
 
XMの本人確認(口座有効化)のやり方については、以下のページで分かりやすく解説していますので見てください。
⇒XM(XMTrading)の本人確認書類(身分証明書),住所確認書類の提出方法
 
XMのマイナンバーの提出については、以下のページで分かりやすく説明していますので見てください。
⇒XM(XMTrading)でマイナンバー提出は必要?【不要です】
 
XMの退会(解約)のやり方については、以下のページで詳しく説明していますので参照してください。
⇒XM(XMTrading)の退会(解約)のやり方を解説
 
エックスエムの入金方法については、以下のページで分かりやすく解説していますので参考にしてください。
⇒XM(XMTrading)の入金方法,反映,入金できない原因を解説
 
XMTradingの出金方法については、以下のページで解説していますので参考にしてください。
⇒XM(XMTrading)の出金方法,ルール,手数料を解説
 
XMの出金時間(出金日数)については、以下のページで詳細に解説していますので見てください。
⇒XM(XMTrading)の出金反映時間や出金日数を実測
 
XMTradingに銀行振込(銀行送金)で入金や出金する方法については、以下のページでも分かりやすく説明していますので参考にしてください。
⇒XM(XMTrading)に銀行振込(銀行送金)で入金や出金する方法
 
XMにクレカで入金する仕方については、以下のページで詳しく解説していますので見てください。
⇒XM(XMTrading)にクレジットカードで入金や出金する方法
 
エックスエムにビットウォレットで入金する仕方については、以下のページで詳細に説明していますので参考にしてください。
⇒XM(XMTrading)にbitwalletで入金や出金する方法
 
エックスエムにコンビニから入金する方法については、以下のページで詳しく説明していますので見てください。
⇒XM(XMTrading)にコンビニから入金する方法を解説
 
XMのサポートの利用方法については、以下のページで丁寧に説明していますので見てください。
⇒XM(XMTrading)のメール,チャットサポートの利用方法
 
エックスエムのボーナスについては、以下のページで丁寧に説明していますので参照してください。
⇒XM(XMTrading)のボーナスを解説(受け取り方,期限,復活など)
 
XMTradingの4種類の口座タイプについては、以下のページで具体的に説明していますので見てください。
⇒XM(XMTrading)の口座タイプの種類の違い,おすすめを比較
 
XMの取引銘柄,商品については、以下のページで詳しく説明していますので見てください。
⇒XM(XMTrading)で取引できる銘柄,商品を徹底解説
 
エックスエムのレバレッジについては、以下のページで具体的に説明していますので参照してください。
⇒XMのレバレッジの規制(制限),計算,確認,変更方法を解説
 
XMの両建てについては、以下のページで詳細に説明していますので見てください。
⇒XMの両建ては禁止でばれると口座凍結?やり方やルール,解除を解説
 
XMの追加口座、複数口座の作成や削除方法については、以下のページで具体的に説明していますので参考にしてください。
⇒XMの追加口座,複数口座の開設方法や資金移動,メリットを解説
 
XMTradingのスマホアプリについては、以下のページで具体的に説明していますので見てください。
⇒XMスマホアプリのダウンロード,設定や使い方を徹底解説
 
エックスエムの取引プラットフォーム(MT4・MT5)のダウンロード方法や使い方については、以下のページで具体的に説明していますので見てください。
⇒XMのMT4・MT5のダウンロード,注文方法や使い方を解説
 
XMTradingの注文方法(決済・取引方法) については、以下のページで丁寧に説明していますので見てください。
⇒XM(XMTrading)の注文方法(決済方法,取引方法)を解説
 
エックスエムのデモ口座については、以下のページで詳しく説明していますので見てください。
⇒XMのデモ口座開設や使い方,リセット,期限,投資額を解説
 
XMの証拠金とロスカットについては、以下のページで詳しく説明していますので見てください。
⇒XMの証拠金の計算方法と維持率,ロスカットについて解説
 
XMの安全性については、以下のページで丁寧に解説していますので参照してください。
⇒XM(XMTrading)の安全性を徹底解説
 
XMTradingの税金や納税については、以下のページで具体的に説明していますので見てください。
⇒XMで税金の計算や納税,確定申告の方法を解説【脱税ダメ】
 

以上でXMのゼロカットシステムの概要、メリットやデメリットいつ発動するのか、追証なしなのかについての説明は終了です。
 
何か質問や聞きたいことなどありましたらこちらのお問い合わせページから遠慮なくご相談ください。
ただちにお答え致します。
 
当サイトの情報が、あなたのXM利用の手助けになれば幸いです(^_^)

 

 

>XM(XMTrading)の口座開設,登録,申し込み方法や始め方はこちら<

海外FX会社(業者)のランキング

当サイトでは様々な角度からおすすめの海外FX業者をランキング形式で紹介していますので、海外FX会社を選ぶ際の参考にしてください。

FX会社(業者)を総合的に評価したおすすめランキングについては、以下のページで詳しく説明していますので参考にしてください。
⇒海外FX会社(業者)のおすすめランキング比較

銀行振込(銀行送金)で入金や出金可能な海外FX業者については、以下のページで詳しく説明していますので参考にしてください。
⇒銀行振込(銀行送金)で入金や出金できる海外FX一覧

クレジットカードで入金や出金できる海外FX会社については、以下のページで詳しく解説していますので参考にしてください。
⇒クレジットカードで入金や出金できる海外FX一覧

仮想通貨(ビットコイン)で入出金できる海外FX会社は数多くあります。 仮想通貨(ビットコイン)で入出金できる海外FX業者については、以下のページで分かりやすく解説していますので参考にしてください。
⇒ビットコインで入金や出金できる海外FX一覧

出金スピード(出金日数)の早い海外FX会社については、以下のページで丁寧に説明していますので参照してください。
⇒出金反映が早い海外FX一覧

ボーナスが受け取れる海外FX業者については、以下のページで説明していますので見てください。
⇒海外FXの最新入金ボーナス,口座開設ボーナス比較

-xm
-, ,

Copyright© XM(XMTrading)の口座開設,登録,申し込み方法や始め方 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.