XM(XMTrading,エックスエム)の口座開設,登録,申し込み方法や始め方,入金や出金方法、本人確認書類の提出方法や口座タイプ、ボーナスについて徹底解説します。

XM(XMTrading)の口座開設,登録,申し込み方法や始め方

tradeview

Tradeviewの仮想通貨(暗号資産)取引を徹底解説

投稿日:

Tradeview
 
Tradeviewは
・cTraderが使える【cTrader口座】がある
・チャットやメールによる即時対応の日本語サポートが充実している
・多彩な入金や出金方法に対応している
ことから現在日本で最も人気がある海外FX会社ですが、いざTradeviewに口座開設してトレードしたい!と思っても、Tradeviewの公式サイトには仮想通貨CFDについてあまり詳しくは記載されておらず分かりづらいですよね。
 
あなたはトレードビューの仮想通貨CFDについて、

「仮想通貨CFD取引のやり方は?」
「仮想通貨CFD取引で取引できる銘柄は?」
「仮想通貨CFD取引のレバレッジや必要証拠金は?」
「仮想通貨CFD取引の取引ツールは何が使える?」
「仮想通貨CFD取引ができる口座タイプは?」
「仮想通貨CFD取引はゼロカットの対象?」
「仮想通貨CFDの取引時間は?」
「仮想通貨CFD取引で両建てはできる?」
「仮想通貨CFD取引のスプレッドやスワップポイントは?」

という疑問をお持ちではありませんか?
 
そんななたのためにこのページではTradeviewの仮想通貨CFD取引で取引できる銘柄、レバレッジや必要証拠金、取引ツール、取引できる口座タイプ、取引時間や両建てのやり方、スプレッドやスワップポイント、ゼロカットの対象なのかなどについて詳しく説明します。
 
※目次をクリックすると該当箇所に飛びます。

Tradeviewの仮想通貨(暗号資産)取引の特徴

Tradeview
 
トレードビューnoの仮想通貨(暗号資産)は取引できる銘柄数は少ないもののメジャーな仮想通貨は取引できますし、必要証拠金も少額からとなっているので初心者でもFX取引のような感覚で取引できることでしょう。
 
まずはTradeviewで取引できる仮想通貨銘柄の特徴を説明します。
 

取引できる仮想通貨の銘柄

トレードビューの仮想通貨銘柄は、
・BTCUSD(ビットコイン)
・ETHUSD(イーサリアム)
・LTCUSD(ライトコイン)
・XRPUSD(リップル)
の4種類があります。
 
なおトレードビューの仮想通貨CFDの銘柄リストには「BTCJPY」もありますが、取引できない状態になっています。
 

仮想通貨銘柄の取引サイズ

Tradeviewでは仮想通貨銘柄の取引サイズは、1ロットあたり「XRPUSD」のみ「10,000」でほかの銘柄はすべて「1」となっています。
 
なお取引サイズは口座タイプによる違いはありません。
 

仮想通貨取引所のウォレットは不要

Tradeviewの仮想通貨はFX通貨ペアのような差金決済取引ができますので、コインチェック,DMMBitcoin,GMOコイン,ビットフライヤー,バイナンス,bitbank,LINE BITMAX,リキッドバイコイン,bitpoint,bitbank,ビットポイントのような仮想通貨取引所のアカウントもウォレットも不要です。
 
ただしTradeviewの仮想通貨取引では現物を保有することはできず、差金決済で保有ポジションを決済することで損益が口座残高に反映されます。
 

仮想通貨取引ができる口座タイプ

トレードビューの仮想通貨取引は、
・XLev口座(MT4・MT5)
・ILC口座(MT4・MT5)
・cTrader口座(cTrader)
の口座タイプで取引ができます。
※カッコ内は使用する取引ツールです。
 
なおTradeviewの仮想通貨取引は、上記のデモ口座でも仮想通貨銘柄を取引できるようになっています。
 
Tradeviewの口座タイプについては、以下のページで丁寧に説明していますので参照してください。
⇒Tradeviewの口座タイプの種類の違い,おすすめを比較
 

仮想通貨取引のレバレッジ

Tradeview
 
Tradeviewの仮想通貨取引では、どの口座タイプでもレバレッジは100倍となっています。
 
Tradeviewのレバレッジについては、以下のページで具体的に解説していますので見てください。
⇒Tradeviewのレバレッジの規制(制限),計算,確認,変更方法を解説
 

仮想通貨取引でボーナスが使える口座

Tradeviewではボーナスを提供していないので、ボーナスが使える口座はありません。
 

仮想通貨取引はゼロカットの対象

ゼロカットは口座残高がマイナスになった時そのマイナス分は追証とならずゼロにリセットされる仕組みですが、トレードビューにはゼロカットシステムがあります。
 
Tradeviewでは証拠金維持率が100%以下になるとロスカット(強制決済)されるので、よほどの相場急変がない限りは残高がマイナスになることはありません。
 
仮に口座残高がマイナスになった場合にゼロカットされる仕組みは、仮想通貨取引にも適用されます。
 
トレードビューのゼロカットシステムや追証については、以下のページで具体的に説明していますので参考にしてください。
⇒Tradeviewはなぜゼロカットで追証なし?特徴やメリットを解説
 

仮想通貨取引の取引時間

Tradeviewの仮想通貨銘柄を取引できる時間は
月曜日~日曜日
・夏時間:6:05~翌6:00
・冬時間:7:05~翌7:00
となっています。
※ただし金曜日のみ閉場は夏時間で翌日5:55、冬時間で翌日6:55までです。
 
トレードビューの営業時間(取引時間)や休みについては、以下のページで具体的に説明していますので見てください。
⇒Tradeviewの営業時間(取引時間)を解説
 

仮想通貨取引の両建てのルール

Tradeviewでは仮想通貨銘柄の両建て(買いポジションと売りポジションを同時に保有)を行う場合の証拠金は、同じロット数であれば不要になります。
 
Tradeview
 
たとえば上の図のTradeviewのデモ口座による取引では、「BTCUSD(ビットコイン/米ドル)」で0.1ロットのポジションを保有すると証拠金は「39,023円」となっています。
 
Tradeview
 
一方上の図のようにBTCUSDで同じロット数で両建てにすると、証拠金の欄ははなくなっています。
 
なおTradeviewでは両建てポジションを異なる口座で行えますが、その場合にはそれぞれ証拠金が必要です。
 

 

Tradeviewの仮想通貨銘柄の一覧

続いてTradeviewで取引できる仮想通貨とそれぞれのスプレッド、スワップポイントをご紹介します
※以下の表のスプレッド、スワップポイントは2023年9月15日時点のものです。
 

銘柄
2023.9.14終値
スプレッド
買スワップ
売スワップ
BTCUSD
26573.26
3.64~7.98
-16.771
-9.13
ETHUSD
1627.10
0.50~0.54
-1.059
-0.577
LTCUSD
62.580
0.260~0.270
-0.0404
-0.022
XRPUSD
0.48975
0.00075~0.00088
-10.03
-9.96

※ XRPUSDの1ロット取引単位は「10,000」
 
トレードビューの仮想通貨取引は口座タイプに関わらず、1ロットの取引で取引価格の0.0015%(売り買い往復)の手数料が発生します。
 

仮想通貨銘柄ごとのストップレベル

トレードビューで取引できる仮想通貨銘柄のストップレベルは銘柄により異なりますので、以下の表で示します。
 
ストップレベルは指値あるいは逆指値を指定する際に現在値からどれだけ話す必要があるかという数値です。
 

銘柄
ストップレベル
BTCUSD
100
ETHUSD
100
LTCUSD
100
XRPUSD
0

 
たとえば上の表で「BTCUSD」のストップレベルは「100」とありますが、これは「1.00USD」の値幅以上離す必要があることを示します。
 
Tradeview
 
上の図のの場合は買値「26458.43(USD)」と「1.57(USD)」離れた逆指値なので注文を発注できます。
 
Tradeview
 
一方上の図の場合は買値「26459.37(USD)」と逆指値の差が「0.63(USD)」しか離れていないので、「発注」ボタンがグレー表示され発注できません。
 

Tradeviewの仮想通貨ごとの取引数

トレードビューでは仮想通貨の銘柄と口座タイプにより、1回の注文で発注できる取引数が異なります。
 
以下の表では「最小ロット数/最大ロット数」で表記しています。
 

銘柄
XLev口座
ILC口座
cTrader口座
BTCUSD
0.01/10
0.01/25
0.01/25
ETHUSD
0.01/10
0.01/10
0.01/25
LTCUSD
0.01/10
0.01/10
0.01/25
XRPUSD
0.01/10
0.01/10
1/25

 

Tradeviewの仮想通貨取引に関するポイント

続いてTradeviewの仮想通貨銘柄取引に関するポイントについて詳しく説明します。
 

仮想通貨銘柄のスプレッドは変動制

Tradeviewではスプレッドが変動制で常に動いています
 
特にビットコインの変動幅はかなり大きいので、指値あるいは逆指値で注文する際には広めに想定して価格を指定するとよいでしょう。
 
Tradeviewのスプレッドについては、以下のページで分かりやすく説明していますので参考にしてください。
⇒Tradeviewのスプレッドは狭い?広い(広がる)?スプレッドを解説
 

仮想通貨銘柄のスワップポイント

トレードビューの仮想通貨銘柄はスワップポイントが発生しますが、土日のスワップポイントは金曜日にオーバーナイトした場合にはまとめて付与される仕組みです。
 
Tradeviewのスワップポイントについては、以下のページで詳しく解説していますので参考にしてください。
⇒Tradeviewのスワップポイント一覧や確認,計算方法を解説
 

Tradeviewの仮想通貨銘柄の必要証拠金

TradeviewのXLev口座での最小取引ロット数における仮想通貨銘柄それぞれの必要証拠金は次のようになります。
 
なお以下の表では仮想通貨それぞれの価格とレートは2023年9月14日終値で計算しています。
※1米ドル=147.463円
 

銘柄
2023.9.14終値
レバレッジ
取引単位
最小ロット
必要証拠金
(日本円)
BTCUSD
26573.26
100
1
0.01
391円
ETHUSD
1627.10
100
1
0.01
24円
LTCUSD
62.580
100
1
0.01
1円
XRPUSD
0.48975
100
10,000
0.01
72円

 

Tradeviewの仮想通貨銘柄の取引手順

続いてTradeviewで仮想通貨銘柄を取引する手順を説明します。
 

取引ツールを用意する

Tradeviewで仮想通貨銘柄を取引するためにはMT4・MT5あるいはcTraderが必要です。
 
以下はすべてMT5の「XLev口座」の例ですが、ほかの口座タイプでも手順は同じです。
 
Tradeviewの取引ツール(MT4・MT5・cTrader)のダウンロード方法や使い方については、以下のページで詳しく解説していますので参考にしてください。
⇒TradeviewのMT4,MT5,cTraderのダウンロードや使い方を解説
 

気配値のリストに仮想通貨銘柄を加える

下の図のように取引ツールのMT5を開いて「気配値」をクリックすると下の図のように銘柄が表示されているので、ここに取引する仮想通貨の銘柄を追加しますので画面上の検索窓をタップ
 
Tradeview
 
検索窓をタップすると下の図のような画面が開きますが、Tradeviewの仮想通貨銘柄は
・BTC
・ALternative
のカテゴリにあります。
 
Tradeview
 
「BTC」か「ALternative」のカテゴリを開くと、下の図のように銘柄が表示されます。
 
「BTC」
Tradeview
 
「ALternative」
Tradeview
 
ここで仮想通貨の銘柄の左にある緑の「+」をタップすれば下の図のように気配値に追加できます。
 
Tradeview
 

仮想通貨銘柄のチャートを表示する

気配値画面の銘柄をタップして「チャート」を選ぶと下の図のようにチャートを表示できます。
 
Tradeview
 
MT5のチャートの使い方は以下のページで具体的に解説していますので参照してください。
⇒TradeviewのMT4,MT5,cTraderのダウンロードや使い方を解説
 

仮想通貨銘柄の注文を出す

MT5の気配値画面でで取引する銘柄をタップし「トレード」を選択すると、下の図のように取引画面が開きます。
 
Tradeview
 
トレードビューの注文方法(決済・取引方法) については、以下のページで分かりやすく解説していますので参考にしてください。
⇒Tradeviewの注文方法(決済方法,取引方法)を解説
 

 

Tradeviewの仮想通貨のスプレッドと価格との比率

;
Tradeviewでは仮想通貨銘柄ごとにスプレッドが違いますが、スプレッドは取引における手数料となります。
 
ですので仮想通貨銘柄ごとにスプレッドと価格との比率をチェックすると、その手数料が割高なのか割安なのか判断できます。
 
またスプレッド手数料が高くても、ボラティリティが大きいと利益を出しやすいので、高値と安値の当落率も記載しておきます。
 
以下は2023年8月の高値・安値の月間騰落率と、8月の安値に対する銘柄それぞれの平均スプレッドの割合になります。
 

銘柄
2023.8月の月間騰落率
平均スプレッド
スプレッドの8月安値に対する割合
BTCUSD
16.96%
5.81
0.023%
ETHUSD
19.25%
0.52
0.034%
LTCUSD
41.84%
0.265
0.483%
XRPUSD
40.34%
0.000815
0.193%

 

Tradeviewの仮想通貨取引におけるポイント

続いてトレードビューで仮想通貨を取引する際のポイントをご紹介します。
 

仮想通貨取引の証拠金

Tradeviewの仮想通貨銘柄は基本的にレバレッジ100倍で取引できますので、取引価格が大きな「BTCUSD」でもFX通貨ペアのレバレッジ500倍での証拠金とほぼ変わらない証拠金で取引できます。
 
ですので資金が少ない初心者でもトレードビューならば無理せずに仮想通貨取引ができることがわかります。
 
Tradeviewの証拠金については、以下のページで詳細に説明していますので見てください。
⇒Tradeviewの証拠金の計算と維持率,ロスカットについて解説
 

仮想通貨のスプレッド

先ほど述べたようにTradeviewでは口座タイプにかかわらず仮想通貨のスプレッドは同じなのが特徴です。
 
これは口座タイプにかかわらず一律で取引手数料がかかるためで、そのためどの口座タイプをメインに使っていても仮想通貨取引を併用できる利点があります。
 
トレードビューのスプレッドについては、以下のページで詳しく解説していますので参照してください。
⇒Tradeviewのスプレッドは狭い?広い(広がる)?スプレッドを解説
 

Tradeviewの仮想通貨取引に関するよくある質問と回答

最後にTradeviewで仮想通貨取引をする際の疑問点とその回答をご紹介します。
 

Q.仮想通貨銘柄でスキャルピングはできますか?
A.Tradeviewでは仮想通貨のどの銘柄でもスキャルピングができます。
 
価格に対するスプレッドの割合もFX通貨ペアとさほど変わりませんし、価格変動率も高めなので仮想通貨でのスキャルピングは十分に可能です。

 

Q.違う仮想通貨なら異なる口座でも両建てできますか?
A.トレードビューでは両建てに関する禁止事項を定めていないので、同じ口座内でも異なる口座での両建ても問題なく行えます。
 
ですので仮想通貨を使った自動売買(EA)も問題なく行えるでしょう。

 

Q.仮想通貨取引での利益も税金の対象ですか?
A.仮想通貨銘柄での取引で生じた利益は税金の対象となることもあり、その場合には確定申告が必要です。
 
Tradeviewでの取引で生じた利益は「一時所得」として申告しますが、仮想通貨取引の税金について詳しくは国税庁のサイトを確認しておきましょう。

 

Q.Tradeviewのデモ口座でも仮想通貨取引はできますか?
A.Tradeviewではデモ口座でも仮想通貨の取引ができますが、デモ口座の場合レバレッジが100倍に固定されるわけではないので注意しましょう。

 

Q.Tradeviewの仮想通貨取引で仮想通貨の現物が買えますか?
A.トレードビューの仮想通貨取引は差金決済取引なので、仮想通貨の現物は売買はできません。

 

Q.仮想通貨取引には保有期限がありますか?
A.Tradeviewでは仮想通貨銘柄の取引は先物取引ではないので、ポジションの保有期限はありません。

 

Tradeviewの仮想通貨取引のまとめ

Tradeview
 
トレードビューの仮想通貨は銘柄が少ないものの、ビットコインとイーサリアム、ライトコインとリップルのメジャーな4種類を取引できます。
 
また仮想通貨取引の必要証拠金も最小ロット数であれば少額なので初心者でも負担なく取引できるでしょう。
 
ただしTradeviewの仮想通貨取引では売買手数料とマイナススワップが発生する点には注意が必要です。
 
なお売買手数料とマイナススワップはデモ口座では発生しないので、リアル口座で取引する際には留意しておきましょう。
 
以上でTradeviewの仮想通貨CFD取引についての解説は終了です。
 

 

Tradeviewでは仮想通貨(暗号資産)以外の銘柄も取引できる

トレードビューでは仮想通貨以外(暗号資産)の銘柄も取引できます。
 
Tradeviewで取引できるFX通貨ペアについては、以下のページで解説していますので見てください。
⇒Tradeviewで取引できるFX通貨ペアを解説
 
トレードビューの株式(株価)指数取引については、以下のページで詳しく説明していますので参考にしてください。
⇒Tradeviewの株価指数(株式指数)取引を解説
 
Tradeviewの貴金属メタル(金,銀,プラチナ,パラジウム)取引については、以下のページで説明していますので参照してください。
⇒Tradeviewの貴金属メタル(金,銀,プラチナ,パラジウム)取引を解説
 
トレードビューのエネルギー(原油,天然ガス)取引については、以下のページで解説していますので見てください。
⇒Tradeviewのエネルギー(原油,天然ガス)取引を解説
 
Tradeviewの現物株式取引については、以下のページで具体的に解説していますので見てください。
⇒Tradeviewの現物株式(米国株)取引を解説
 

Tradeviewの関連リンク

トレードビューの口座開設方法やサイトの詳細については、以下のページで分かりやすく説明していますので見てください。
⇒Tradeviewの口座開設や申し込み方法,登録の流れを解説
 
トレードビューの入金方法については、以下のページで解説していますので参考にしてください。
⇒Tradeviewの入金方法,反映,手数料,入金できない原因を解説
 
トレードビューの出金方法については、以下のページで丁寧に解説していますので参考にしてください。
⇒Tradeviewの出金方法,ルール,手数料,出金できない原因を解説
 
Tradeviewの出金時間(出金日数)については、以下のページで分かりやすく説明していますので参照してください。
⇒Tradeviewの出金は早い?遅い?出金してみた出金反映時間や出金日数
 
Tradeviewの本人確認(アカウント認証)のやり方については、以下のページで分かりやすく解説していますので参照してください。
⇒Tradeviewの本人確認書類,現住所確認書類の提出方法
 
Tradeviewのサポートの利用方法については、以下のページで説明していますので参考にしてください。
⇒Tradeviewのメール,チャットサポートの利用方法を解説
 
Tradeviewのボーナスについては、以下のページで分かりやすく解説していますので参照してください。
⇒Tradeviewにボーナスはない?詳細を解説
 
Tradeviewの評判(口コミ)については、以下のページで解説していますので見てください。
⇒Tradeviewの良い評判,悪い評判(口コミ)を徹底解剖!
 
Tradeviewの口座タイプについては、以下のページで分かりやすく説明していますので見てください。
⇒Tradeviewの口座タイプの種類の違い,おすすめを比較
 
Tradeviewの取引銘柄,商品については、以下のページで詳しく解説していますので参照してください。
⇒Tradeviewで取引できる銘柄,商品を徹底解説
 
Tradeviewの注文方法(決済・取引方法) については、以下のページで分かりやすく説明していますので参考にしてください。
⇒Tradeviewの注文方法(決済方法,取引方法)を解説
 
トレードビューのレバレッジについては、以下のページで丁寧に説明していますので参考にしてください。
⇒Tradeviewのレバレッジの規制(制限),計算,確認,変更方法を解説
 
Tradeviewのゼロカットシステムや追証については、以下のページで丁寧に説明していますので参考にしてください。
⇒Tradeviewはなぜゼロカットで追証なし?特徴やメリットを解説
 
Tradeviewの証拠金とロスカットについては、以下のページで説明していますので参考にしてください。
⇒Tradeviewの証拠金の計算と維持率,ロスカットについて解説
 
Tradeviewのデモ口座については、以下のページで分かりやすく解説していますので参考にしてください。
⇒Tradeviewのデモ口座開設や使い方,期限,投資額を解説
 
Tradeviewの追加口座、複数口座の作成や削除方法については、以下のページで説明していますので見てください。
⇒Tradeviewの追加口座,複数口座の開設方法や資金移動,メリットを解説
 
Tradeviewの取引プラットフォーム(MT5)のダウンロード方法や使い方については、以下のページで分かりやすく説明していますので見てください。
⇒TradeviewのMT4,MT5,cTraderのダウンロードや使い方を解説
 
トレードビューのロット数の計算方法や目安,変更や確認方法については、以下のページで具体的に解説していますので見てください。
⇒Tradeviewのロット数の計算方法や目安,変更や確認方法を解説
 
Tradeviewの両建てについては、以下のページで分かりやすく説明していますので参照してください。
⇒Tradeviewの両建てのやり方やルール,解除方法を解説
 
Tradeviewのスプレッドについては、以下のページで解説していますので見てください。
⇒Tradeviewのスプレッドは狭い?広い(広がる)?スプレッドを解説
 
Tradeviewのスワップポイントについては、以下のページで具体的に説明していますので見てください。
⇒Tradeviewのスワップポイント一覧や確認,計算方法を解説
 
Tradeviewの営業時間(取引時間)や休みについては、以下のページで具体的に説明していますので見てください。
⇒Tradeviewの営業時間(取引時間)を解説
 

以上でTradeviewのトレードビューの仮想通貨CFD取引で取引できる銘柄、レバレッジや必要証拠金、取引ツール、取引できる口座タイプ、取引時間や両建てのやり方、スプレッドやスワップポイント、ゼロカットの対象なのかなどについての説明は終わりです。
 
何か質問や聞きたいことなどありましたらこちらのお問い合わせページからお気軽に質問してください。
ただちにお答えさせていただきます。
 
当サイトの情報が、あなたのTradeview利用の参考になれば幸いです(o^∇^o)

 

 

>Tradeviewの口座開設,登録,申し込み方法や始め方はこちら<

海外FX会社(業者)のランキング

当サイトでは様々な角度からおすすめの海外FX業者をランキング形式で紹介していますので、海外FX会社を選ぶ際の参考にしてください。

FX会社(業者)を総合的に評価したおすすめランキングについては、以下のページで詳しく説明していますので参考にしてください。
⇒海外FX会社(業者)のおすすめランキング比較

銀行振込(銀行送金)で入金や出金可能な海外FX業者については、以下のページで詳しく説明していますので参考にしてください。
⇒銀行振込(銀行送金)で入金や出金できる海外FX一覧

クレジットカードで入金や出金できる海外FX会社については、以下のページで詳しく解説していますので参考にしてください。
⇒クレジットカードで入金や出金できる海外FX一覧

仮想通貨(ビットコイン)で入出金できる海外FX会社は数多くあります。 仮想通貨(ビットコイン)で入出金できる海外FX業者については、以下のページで分かりやすく解説していますので参考にしてください。
⇒ビットコインで入金や出金できる海外FX一覧

出金スピード(出金日数)の早い海外FX会社については、以下のページで丁寧に説明していますので参照してください。
⇒出金反映が早い海外FX一覧

ボーナスが受け取れる海外FX業者については、以下のページで説明していますので見てください。
⇒海外FXの最新入金ボーナス,口座開設ボーナス比較

-tradeview
-,

Copyright© XM(XMTrading)の口座開設,登録,申し込み方法や始め方 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.